› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › コンサルタントが感じたこと
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2018年10月17日

凄い進化の一番のきっかけは?

3週間の日本滞在のミッションを完了し、
次はアメリカに3週間の滞在です。

今回もコンサルティングや講演を通じて、
圧倒的な売上向上やブランド力の向上、求人の成功、
人生が変わったというお言葉を数多く頂戴いたしました。

もっと多くの方の人生を更に良い方向に変えて、
世界規模で成果を上げるためにベストな方法を追求し実践して参ります。


今回5年ぶりに日本で再会した方に質問をされました。

「前回お会いしてから、凄い進化をされていますが、
 その一番の要因は何だったのですか?」

と聴かれました。

素直にお答えしたのは、

「5年前は日本とアジア展開をしていました。
 日本全国&アジア全域で成果を上げて感じたのは、
 世界ブランドを構築する重要性でした。

 そこで世界No1ブランド構築のお手伝いを進め、
 世界中のマーケットで成果を上げ、
 世界視点でお会いした方の人生を最適化する決意をしたのが一番の要因です。

 世界視点で人生とブランド、そしてビジネスを展開したことが最大の理由です。」

とお伝え致しました。




ご一緒にニューヨークに行き、
一緒に行動した全員から言っていただく言葉があります。

「一緒にニューヨークに行って、 
 人生が変わりました。

 数日間という日程をニューヨークで一緒に行動することで、
 世界視点に変わり商談にご一緒することで、
 世界中どこでも成果を上げることが出来るようになりました。

 家族とも上手くいき、会社の業績も好調続きです。」

という嬉しいお言葉をいただいています。

更に一人でも多くの方の人生を変え、
世界を舞台に夢を実現する方を増やして参ります。

ありがとうございます。  

2018年09月25日

明日から3週間、日本に滞在します。




3週間のニューヨーク・ロサンゼルス・ボストンでのミッションを完了し、
次は3週間の日本滞在です。

今回は、名古屋→東京→横浜→大阪→和歌山→広島→福岡→東京→名古屋→兵庫→横浜→東京と滞在し、
皆様の成果を上げます。

今日はボストンに滞在していますが、
最高気温は14度と一気に冬のような涼しさになってきました。

暑がりなので寒いくらいがちょうど良い私としては、
日本もかなり涼しくなっているようで楽しみです。

今年は日本に変える度に、水害や台風に遭遇している気がします。

ニューヨーク在住の方の個別コンサルティング際に聴いたのが「日本は災害が多いので帰るのが心配」という声です。

日本に住んでいる人は「海外はテロや治安が心配」という声を聞きますから、

人間には「自分が住んでいる所が一番安全」と感じるバイアスがかかっているのだと感じました。


今回も日本でのコンサルティングが予定満載ですが、
時間をつくり皆様のお役に立つために講演も4回行いますので、
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

人生を変えるインパクトある内容で、
一気に世界視点になりビジネスや人生が変わる時間になることをお約束致します。

詳細はお申し込みは下記ブログよりお待ちしております。

●9/29東京 緊急開催! 世界で勝ち抜くグローバルビジネスセミナー
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2053243.html

●10/6福岡「世界に通用する自社ブランドづくり&売上向上実践講座・ワークショップ」
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2053093.html

●10/9東京「アジア・世界での売上向上&No.1ブランドづくり」講演のご案内
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2053001.html

●10/10名古屋「世界に通用する自社ブランドづくり&売上向上実践講座・ワークショップ」
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2051245.html
  

2018年08月22日

ブエノスアイレスでマスタード強盗に遭遇

アルゼンチン・ブラジルに訪問し、世界有数の治安の悪さと聞いていたので、
下記の先日のブログの通り、かなり警戒をしていましたが、
人生で初めてのマスタード強盗に遭遇しました。

●南米など危険な外国の国や地域に行った際の注意点
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2050999.html


ケチャップ強盗がかなり有名になりましたが、
マスタードや黒または茶色の、汚物に似せた液体をかけられり、
インクをかけられることもあるそうです。




ブエノスアイレスの中心部カサ・ロサーダのある5月広場付近に宿泊していたホテルから外に出た瞬間やられました。

まず、頭から背中あたりにひやっとした液体が落ちてきたのを感じます。

屋根のしずくが当たったと思った瞬間、
とても優しそうなオジさんが声をかけてきて、

「鳩がフンをして汚れているよ」といって教えてくれます。

その後近くに近寄ってきて優しそうにティッシュペーパーをくれます。

朝からフンをかけられて嫌な気持ちになっている時に優しくされると、
やはり信用してしまい、

「Thank you」

といってティッシュを受け取りました。

その時に本能的にオカシイと感じたのが良かったのか、
近づいてくる優しそうなオジサンに

「No thank you」

と言って近づかないように手で制止をしました。

なぜか、鳩のフンなのに「マスタード臭い」のがオカシイと感じたのです。

最初は「アルゼンチンの鳩のフンはマスタード臭いのか?」と混乱しましたが、
間違いなくその優しそうなオヤジどもが後ろからかけたものと分かりました。

マスタードを混ぜた得体のしれない液体はかなり臭く、
足から背中、頭までまんべんなくかけられている始末で、
拭くのに5分ほどはかかる量でした。

その間を周りを囲った優しそうなオジサンにかこまれ、
優しそうに波状攻撃のように近づいてくる状況が続きました。

「No!」

と強く言うとようやく遠くに離れ、
遠くからこちらの様子を伺っていました。

周りの人たちは大丈夫か?と聞いてくれて、
いつもの常習犯だと知っているような感じでした。


慌ててタクシーなどに乗ると、
そのタクシーもグルだったり、
周りを強盗団に囲われている可能性もあるので、
近くのホテルやお店などに入るのが一番のようです。

ホテルを出発して、
その日1日のスタートを意気揚々とモチベーションを上げている時のことだったので、
周りを注意深く確認することが足りていなかったと反省をし、
その後の南米の滞在は危ない体験をすることなく、上手くいきました。

今回は強盗被害は無かったのですが、
もっと警戒をすべきだったと感じています。

まずは「狙われないことに細心の注意を払うことが大切」です。

また現地の人たちと同じようなファッションに徹し、
目立たないことが重要です。

治安の悪い国や都市に行く際はどうぞお気をつけて、
安全な旅をされてください。
  

2018年07月10日

日本と欧米のリスクと安全に対する考え方の違い

今回、福岡の実家に帰り豪雨災害に巻き込まれ、
リスクマネジメントの重要性を改めて知ることが出来ました。

先日の体験は下記のブログをご覧ください。

●福岡で豪雨災害に遭遇し脱出不能?
http://marketing.yoka-yoka.jp/e2047892.html




まず、リスクマネジメントとは何でしょうか?

●リスクマネジメント(risk management)とは、

リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセス。
各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための経営管理手法である。

と定義されています。




これが出来ている日本人、日本企業はどの位存在するでしょうか?

私も含めて、今回の災害を機会にリスクマネジメントを更に強化することが大切です。


今までの日本はリスクに対する認識が甘すぎたというのが世界の中で当たり前の認識なのです。

「日本と欧米のリスクと安全に対する考え方の違い」を比較してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●日本のリスクと安全に対する考え方

○ 災害は努力すれば,二度と起こらないようにできる
○ 災害の主原因は人である
○ 技術対策よりも人の対策を優先
○ 管理体制をつくり,人の教育訓練をし,規制を強化すれば安全は確保できる
○ 安全衛生法で,人及び施設の安全化を目指し,災害が発生するたびに,規制を強化
○ 安全は基本的に,ただである
○ 安全にコストを認めにくい
○ 目に見える「具体的危険」に対して最低限のコストで対応し,起こらないはずの災害対策に,技術的深掘りはしなかった
○ 見つけた危険をなくす技術(危険検出型技術)
○ 度数率(発生件数)の重視

●欧米の安全に対する考え方

○ 災害は努力をしても,技術レベルに応じて必ず起こる
○ 災害防止は,技術的問題である
○ 人の対策よりも技術的対策を優先
○ 人は必ず間違いを犯すものであるから,技術力の向上がなければ安全確保はできない
○ 設備の安全化とともに,事故が起こっても重大災害に至らない技術対策
○ 災害のひどさ低減化技術の努力
○ 安全は,基本的にコストがかかる
○ 安全にはコストをかける
○ 危険源を洗い出し,そのリスクを評価し,評価に応じてコストをかけ,起こるはずの災害の低減化努力をし,様々な技術,道具が生まれた
○ 論理的に安全を立証する技術(安全確認型技術)
○ 強度率(重大災害)の重視
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リスクとは,国際安全規格では、

“危害の発生確率と危害のひどさの組合せ”

と定義さています。

安全とは「受け入れることができないリスクが存在しないこと」というのがフォーマルな安全の定義です。


リスクにも程度があり,そのリスクの程度がすべて受け入れられる、または、許容可能な範囲内に低減されているならば安全と言おうというのが国際安全規格の安全の考え方です。

安全をリスクに基づき,定量的に,合理的に,客観的に,体系的に決めて,合意していこうという欧米の考え方には,学ぶべき点が多く,これまでの長い歴史を経て人類が得た知恵なのです。

例えば、リスクマネジメンントの手法として、
下記のような方法があります。


●リスクマネジメントのプロセス

1.リスクの確認
 どんなリスクがあるのかを洗い出す

2.リスクの測定・評価
 リスクの発生頻度や損失規模はどれぐらいかを測る

3.リスク処理技術の選択と実施
 リスクにどのように対応するかを選択する

4.リスク処理結果の見直し
 リスクへの対応がうまくいっているのかを見直す






ビジネスも人生も、リスクに対して適切に準備を行い投資を積極的に行い、
リスクを常に受け入れられる状態にしておき、適切に対応することで、
ピンチもチャンスに出来ることが大切です。

今後、日本と世界の平和が継続することを心から望みますが、
「万が一」に備えてリスクを最小化し損害を最小限に抑えると共に、

リスクが発生した時は、必ずと言っていいほどチャンスが転がっています。

つまりピンチはチャンスなのです。

ピンチの時に致命的な損害を避け、
リスクをマネジメントし損失を最小化し、
そこにあるチャンスを最大化することが重要です。


攻めのマーケティングと、守りのマネジメントの両輪を更に強化し、
経営の安定化、夢の実現に向けて進めて参りましょう。
  

2018年07月02日

今日から日本に帰国し12日間の日本滞在です。

今日から日本に帰国し、12日間の滞在です。

今回も、下記のように日本縦断を2回ほど行って、
アメリカに戻ります。

名古屋 → 和歌山 → 福岡 → 東京 → 大阪 → 東京 → 福岡 → 広島 → 名古屋 → アメリカ

日本でお会いする皆様、圧倒的な成果へ向けて今回も全力でお手伝いをさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

日本はかなり暑い毎日が続いているようですが、
久々の日本なので楽しみです。




徐々にアメリカ滞在を増やしており、
ニューヨークを中心にアメリカでの仕事を増やしています。

アメリカでの拠点づくりがかなり進みましたので、
今後はニューヨークを拠点に南米やヨーロッパへも仕事の範囲を進め、
更にチャレンジを進めて参ります。


日本人や日本企業のポジションはニューヨークやアメリカでは思った以上に非常に低く、
このままいけば「日本沈没」といっても良いほど、そのポジションは下がっているのが現状です。

きっちりとブランディングやマーケティングを行えば、

「世界最高レベルの職人である日本人や日本企業」を世界ブランドにし世界でマーケティングを行うことは十分に可能です。

オールジャパンで世界最高のブランドの街であるニューヨークでブランディングを行い、
世界展開を進めて参りますので、ぜひ皆様のご協力をいただければと思います。

多くの日本人がきっちりと準備をすれば、
ニューヨークで勝負をすることは十分に可能であり、
そのブランド力で日本を含めたアジアや世界中で売上を上げながら更にブランディングを行うビジネスモデルを構築し、
好循環で進めていくことが重要です。

そんな思いの仲間や同志を増やしていければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。
  

2018年06月15日

コンサルタントを受けても成果が上がらない方の共通点

今まで18年間で9000社のコンサルティングを実施して、

80%ほどの方は成果が上がりますが、
残念ながら約20%の方は成果が上がりません。





成果が上がらない方の共通点を明確にしてみました。

逆にいうとこの逆をやれば、
成果が上がるということです。

【コンサルタントを受けても成果が上がらない方の共通点】


●アドバイス通り実際に行動しない。

間違った行動からは、間違った成果しか上がりません。
成果を上げるには、成果を上げるための行動をする必要があります。
私のコンサルティングの特徴に「具体的な行動に落とし込む」ということがあげられます。

お会いした際に具体的な行動のプランを明確にいたしますので、
それを実際に行動していただくだけで成果が上がるのです。

●約束を守らない方・誠実でない方

一時が万事で約束を守らない方は、多くの方に対しても同様の行動をしているため、
協力会社や顧客から信頼を得ることが出来ずに成果を上げることが出来ません。

誰に対しても平等に誠実に対応する方が成果を上げています。


●頑固な方

自分のやり方に固執して、頑固な方も成果が上がりません。
自分の心がブレーキになっているのです。

ほとんどが根拠のない思い込みや過去の成功体験にこだわり過ぎているのが、
原因です。

ゼロベースで素直に聞いていただくのが一番です。

女性の方が成果が上がりやすいのは、
素直だからです。

●発想がサラリーマン・公務員的な方

成果を上げるには起業家や経営者になる必要があります。

決まった給料をきっちりともらえるという発想ではどうしても成果から逃げてしまい、
本気で成果を上げるために全力を尽くす努力をしなくなってしまいます。

成果を上げるためには「成果を上げなければ給料はもらえない」と追い込むことが大切です。

●言い訳が多く問題意識が低い

成果を上げるためには、現実を直視する必要があります。

どんなに数字が悪くても現状の数字をきっちりと受け止めて、
問題を正しく認識する必要があります。

問題意識を持ちながら、当事者として「何をやったら成果を上げることが出来るか?」と、
主体的に考えて行動することが大切です。

●原理原則に反している

世の中は自然界の法則で回っています。
私のコンサルティングの特徴は、
この自然界の法則に従って原理原則を踏まえて進めていけば、
日本全国、世界中で成果を上げることが出来ます。

成果が上がっていないということは、
自然界の原理原則に反しているのです。


ぜひ、新しい視点でコンサルティングを受けて成果を上げていただければと思います。   

2018年02月22日

葛飾北斎の生き様に学ぶ。

葛飾北斎をテーマにした東京都墨田区の両国にある「すみだ北斎美術館」に行ってきました。

時間があれば、世界中の美術館やギャラリーに可能な限り足を運ぶようにしています。

何より「感性を磨くひと時」が最高に心地良く、
心も体も別世界へと運んでくれるアートの世界は大好きです。


墨田区で生まれた北斎の人生を生まれた頃から亡くなるまで、
時系列に作品を飾り、とても心に響く作品ばかりでした。

素晴らしいのが、その作品の多様性です。

90歳の人生で引越しを93回、生涯に30回改号し「北斎」に落ち着いたことからもわかるように、
とにかく変化をいとわない変幻自在の人物だったようです。

引越しは一日に3回引っ越したこともあるという状態で、
当時の人名録にも「居所不定」と記されており、
ほとんどホームレス(笑)のような状態だったと思われます。

私の1ヶ月のうち3週間はホテルか飛行機かキャンプで過ごしていますので、
とても共感します。


葛飾北斎のアートは、宇宙に存在する全てのものである森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表しています。

3万点の作品を生み出すということはとにかく膨大な量を毎日生み出す必要があります。

単純に90歳で3万点の作品を生み出すためには「人生で毎日1日1点以上の作品を発表」するほど、

アウトプットをしまくっていたということが分かります。


その影響力は世界へと波及し、1999年には、アメリカ合衆国の雑誌である『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインしています。

門人の数は極めて多く、孫弟子も含めて200人に近いといわれています。


北斎はアートを生み出すこと以外は完全に無頓着だったようです。


居酒屋の隣りに住んだときは、3食とも店から出前させ、家に食器一つなかったようです。

包装の竹皮や箱のまま食べては、ゴミをそのまま放置し、土瓶と茶碗2,3はもっていたが、自分で茶を入れないほどだったようです。


北斎は金銭にも無頓着で、北斎の画工料は通常の倍を得ていたが、赤貧で衣服にも不自由し金を貯える気は見られなかった。


他にもとにかくアート以外の部分は、ずぼらで天才と変人は紙一重な生き方だったようです。

「北斎は汚れた衣服で机に向かい、近くに食べ物の包みが散らかしてある。娘もそのゴミの中に座って絵を描いていた」

「9月下旬から4月上旬まではこたつにはいり続け、どんな人が訪れようとも画を書くときも、こたつを出ることはなく、疲れたら横の枕で寝るし目覚めたら画を描き続ける。昼夜これを続けた。夜着の袖は無駄だから着ない。こたつに入りつづけると炭火はのぼせるから炭団を使う。布団にはしらみが大発生した」






「天我をして五年後の命を保ためしハ真正の画工となるを得べし」。

この言葉は、嘉永二(一八四九)年四月十八日、北斎が九十歳で亡くなられる間際に、残した言葉です。

「天がもう五年、私を生かしてくれれば、私は本物の画家になれたであろう」という意味です。

つまり北斎は、あと五年あれば絵の本質をきわめることができる と言っています。




そして北斎最後の傑作に「富士越龍図」があります。




富士山から黒雲に乗り、龍が天に昇るこの絵は、北斎が画業を成し遂げ天に昇る図に見えます。

北斎の人生の魂を感じ鳥肌が立つほどの感動を覚えました。

人生をかけて何を極めていくか改めて考えさせられた貴重なひと時になりました。

最後に残るのは「自分の生き様」のみです。

どんな生き様を残していくかを北斎に改めて学びました。


●すみだ北斎美術館
http://hokusai-museum.jp/







  

2018年01月15日

アメリカの祝祭日にもお国柄が反映されている。




今日1月15日はアメリカは祝日です。 キング牧師誕生日(Birthday of Martin Luther King, Jr.)です。


アメリカでは憲法で決められた祝日や各州によって別の祝日が設定されていたりしますが、

特にアメリカ全体の祝日となる『ナショナル・ホリデー “National Holiday”』をご紹介します。

ほとんどの公共機関(銀行、郵便局、学校、会社、市役所などなど)がお休みとなります。

この日は家族や友人達と過しときに賑やかに、ときに静かに祝います。



アメリカのナショナルホリデーは下記の10日間です。

1月1日   新年New Year's Day
1月第3月曜日キング牧師誕生日Birthday of Martin Luther King, Jr.
2月第3月曜日ワシントン誕生日(大統領記念日)Washington's Birthday(President's Day)
5月最終月曜日戦没将兵追悼記念日Memorial Day
7月4日  独立記念日Independence Day
9月第1月曜日労働者の日Labor Day
10月第2月曜日コロンバス・デーColumbus Day
11月11日     退役軍人の日Veterans Day
11月12日月曜退役軍人の日(振替休日)Veterans Day(Observed)
11月第4木曜日感謝祭Thanksgiving Day
12月25日     クリスマスChristmas Day


ちなみに年間の祝祭日のランキングは下記の通りで、
日本は年間15日間が祝祭日で上位3位という祝祭日の多さです。


●年間祝祭日数ランキング

1 インド・コロンビア (18日)
2 タイ・レバノン・韓国 (16日)
3 日本・アルゼンチン・チリ・フィンランド(15日)
4 トルコ(14.5日)
5 インドネシア・マレーシア・フィリピン・ロシア
  ベネズエラ・モロッコ・マルタ・スペイン(14日)



それでは、アメリカのナショナルホリデーをそれぞれ詳しく解説します。

祝日を見るとお国柄が良くわかります。

日本は後付け的な祝日が多く(笑)
みどりの日・海の日・山の日など自然に関する祝日が多いのが特徴ですが、

アメリカの場合は独立・戦争や軍人など「自由を手に入れる」という要素の祝日が多いのが特徴です。

こんな所にもお国柄がよく伝わってきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●1月1日   新年New Year's Day

1月1日はどこも新年のお祝いをしています。ただ、前夜の大晦日(New Year's Eve)で大騒ぎし、元旦はパーティ疲れを癒す日として過ごす人が多かったりするのが日本と似ている所です。

そして2日からいきなり100%平日モードに戻り、日本のようなお正月気分は微塵もありません。
日本と異なり「新規」「キリの良さ」をあまり重視しないお国柄なのです。

●1月第3月曜日キング牧師誕生日Birthday of Martin Luther King, Jr.

1960年代の公民権運動に多大な貢献をし、"I Have a Dream"のスピーチでも有名なマーティン・ルーサー・キングJr.牧師。キング牧師誕生日は、その名の通り、キング牧師を讃える日となっています。
しかし人種問題をはらんでいるため祝日と制定された後も州によっては長年この日を休みとしていませんでした。

●2月第3月曜日ワシントン誕生日(大統領記念日)Washington's Birthday(President's Day)

ワシントン誕生日は、ニューヨークを含めた多くの州で"Presidents Day"(プレジデント・デイ)とも呼ばれます。なぜならリンカーン大統領の誕生日も併せて祝うからです。
この日はセールを開催するお店も多く、ワシントンやリンカーンの肖像画がセールのポスターに使われることもあります。

●5月最終月曜日戦没将兵追悼記念日Memorial Day

戦没将兵追悼記念日(Memorial Day)、復員軍人の日(Veterans Day)と、戦争にまつわる祝日が2日あるのもアメリカという国を物語っています。

メジャーリーグでも、戦没将兵追悼記念日の試合では各チーム、追求の意を表して特別仕様の帽子を着用するのが慣習となっています。






●7月4日  独立記念日Independence Day

アメリカ合衆国の始まりともいえる、「アメリカ独立宣言」が採択された日です。

それまでイギリスの植民地だったアメリカが、一つの国家として独立し、今日の巨大な国となることが出来たことを祝います。

“The Fourth of July” もしくは “July Fourth” と呼ばれ、飲めや歌えや、食は進むし花火はあがる、近所を巻き込むアメリカ国歌の大斉唱・・・アメリカの愛国心を、文字通り体感出来るスゴイ日です。

外国人である私たちも一緒になって楽しむことが出来る、非常に楽しい祝日ですので、ぜひ友人たちと祝ってみてください。

●9月第1月曜日労働者の日Labor Day

労働者の人々に感謝し、その活躍をいたわる日です。

意味合いとしては日本の勤労感謝の日と同じで、普段忙しい労働者の皆さんが心置きなく休める日です。

土日を含んで3連休なので、旅行に出かけたりして家族と共に過ごす人が多いです。


●10月第2月曜日コロンバス・デーColumbus Day

クリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸発見を祝う日です。

しかし、コロンブスは原住民を追いやった侵略者とする意見があります。

加えて歴史的観点から、コロンブス以前にもアメリカ大陸を発見した人たちが居たことから、今ではアメリカ全体の祝日とは言えません。

そのため、一部の州や公共機関では休日としていない所もあります。

●11月11日 退役軍人の日Veterans Day

全てのアメリカ軍人、特に退役された軍人の方に感謝と敬意を表す日です。

元々は第一次世界大戦の終結を記念した日でした。5月に行われる「メモリアル・デー」と似ていますが、こちらは生存していらっしゃる軍人の方を中心としています。

祝日ですが、公共機関全体が休むわけではありません。中には実際の退役軍人に戦時中の体験談を聞く、というイベントが主催されたりします。

●11月第4木曜日感謝祭Thanksgiving Day

秋の恵みに感謝する日です。

元々はアメリカに住みはじめた最初の移民たち(通称、ピルグリムファーザーズ)が、初めての土地で収穫できた農作物を祝う日でした。

独立記念日に続く重要な祝日で、この日は家族全員が集まって、特別な食事を用意し、神の恵みに感謝します。

アメリカ伝統の食事と、いわゆる「おふくろの味」が印象的で、七面鳥の丸焼き、マッシュポテトのグレービーソースかけ、インゲンやニンジン、ホウレンソウの野菜炒め、クランベリージャム、パンプキンパイ・・・日本ではまず食べられないメニューのオンパレードになります。


●12月25日 クリスマス Christmas Day

言わずと知れたキリスト教の祭日です。

大まかな雰囲気は日本と変わりませんが、アメリカでは家々にまばゆいデコレーションを施し、夜には盛大なパーティでどんちゃん騒ぎをします。

日本よりはるかに「祭日」としての側面が強いです。

12月に入った途端に、クリスマス関連の製品やCM、数々の曲が流れ、イルミネーションとデコレーションが施設という施設で施される、というくらいビッグ・イベントです。

日本では(なぜか)恋人の日という扱いですが、アメリカでは普段は会えない親族が一堂に会して祝う、親族会の意味合いが強いです。
  

2018年01月05日

2018年の決意と計画

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は実家に帰って両親や家族・友人と久々に再会をし様々なことを語り合うことが出来ました。




年末年始を活用して、今年一年の決意と計画を明確にいたしました。

昨年は拠点をニューヨークに移し、アメリカと日本とのデュアルライフを実現致しました。

今年は更にニューヨーク・シリコンバレー・ボストン・LA・テキサスなど全米を網羅し、
アメリカ最先端のブランディングとマーケティングのノウハウを吸収・体系化し、

日本人と日本企業の圧倒的な成果と日本の活性化へ向けて、
更に劇的な売上向上などの劇的な成果、多くの方の夢の実現を更にお手伝いさせていただきます。


世界中・日本中のチャンスを多くの方と一緒に手に入れる1年にして参ります。


1日1生の思いで、2018年徹底的にチャレンジし、生きていきます。

今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2018年の決意】

アメリカを中心とした世界最先端&最高レベルのブランドづくり・売上向上など成果の上がるノウハウを、
誰でも実践可能な形に体系化し、圧倒的な成果を上げ、日本を活性化します。

■2018年 スローガン

「アメリカを制する者は世界を制する。
 世界最先端のブランディングとマーケティングのノウハウで圧倒的な成果を上げるために全てを捧げる。」

■目標

日本全国&世界でNo1の「ブランド構築・売上&成果を上げるコンサルティング」を極める。

●重点エリア 

世界3大のマーケット アメリカ・中国・日本で徹底的に成果を上げる。

(1)アメリカ

ニューヨーク 世界のブランドづくり・世界の経済の拠点づくり
シリコンバレー 世界の起業家の聖地で最先端のノウハウ・ネットワークづくり
ボストン ハーバード大学・MITなどと連携
テキサス アメリカハブ統括研究
ラスベガス エンタメ
セドナ パワースポット

(2)日本

東京 世界最大都市圏・世界No1の日本人ハブ&プロフェッショナルづくり
大阪&名古屋 日本第2・第3のマーケット
福岡&地方 豊かなライフスタイル実践の場所

(3)アジア

ASEAN  横断的に諸国を巡りコンサルティング・講演 
香港   コンサルティング・講演・金融ハブ
中国   巨大マーケットを獲得

(4)南米・中南米

将来へ向けた現地視察

(5)ヨーロッパ

ブランディングやライフスタイル研究


■行動指針

(1)健康

健康診断で全て問題なし!
スポーツを毎日最低30分&1日1万歩 体重78kg
炭水化物を減らし休肝日を週に2日

(2)仕事

アメリカビジネス・世界ブランディング・売上向上の第一人者
徹底的に顧客の成果を上げることにより昨年比50%アップの売上向上
世界最先端のノウハウを誰でも実践可能な形で体系化しアウトプット

(3)経済

究極のムダゼロの質素倹約なライフスタイル 
世界経済を更に学び更なる投資のノウハウを体系化
経済的完全自由の実現

(4)家庭

断捨離の徹底化を行い世界中どこでも生きていけるように
毎日笑顔を絶やさずストレスフリーの環境
親孝行を徹底化し2ヶ月に1度は実家へ帰る

(5)社会

日本全国・海外で講演を行い多くの方のお役に立つ
九州志士の会 運営委員・創業メンバーとして故郷九州活性化のお役に立つ
きっちりと納税を行い社会に貢献する

(6)人格

無条件の愛を常に持ち感謝の心で接する
全てを修行と考え、全ての努力・苦労を楽しむ
いつも笑顔でいつも誠実

(7)学習

アメリカの企業分析・株式投資を極める
世界最先端のノウハウを学び誰でも実践できるように体系化する
英語をアメリカ人と交渉出来るネイティブ並みに高める

(8)遊び

アメリカ全土・南米を徹底的に遊び尽くす
新しいスポーツを始め趣味や生きがいを増やす
ウルトラライトを極め大自然の中で生きていくサバイバル能力を更に高める
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

2017年12月28日

今年一年、皆様には本当にお世話になりました。




今年一年、皆様には本当にお世話になりました。

年末年始も2018年の計画を練り
お客様の成果と夢の実現のために企画をしたり
普段出来ない研究を行ったり
引き続きスポーツに専念したり
究極のライフスタイルを追求していきます。


会社の通常業務は、本日までとなり、
来年は2018年1月4日(木)からとなります。

個人的にはいつも仕事をしておりますので、
コンサルティング契約をされております皆様は、
随時ご連絡をいただければと思います。


今年一年も、本当に多くの事がありました。

今年の年初に立てた計画と反省は下記の通りです。

実現出来たもののたくさんありますが、
まだまだ途中のものもたくさんあります。

このように計画を立てることは15年以上前からはじめていますが、
かなり精度が高まっています。

実現出来ていない部分をみると、
やはり具体性がなかったり、日々の毎日の生活に落とし込んでいなかったりと、
反省点もあります。

来年の計画は更に精度を高めていきたいと思います。

今年一年間を振り返ってみて総括をしたいと思います。

今年の正月に立てた計画は下記の通りです。

それぞれの項目について、総括のコメントを記入しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2017年の決意】

世界最先端&最高レベルのブランドづくり・売上向上など成果の上がるノウハウを、
誰でも実践可能な形に体系化し、圧倒的な成果を上げ、日本を活性化します。

■2017年 スローガン「世界最高レベルの圧倒的な成果を上げるために全てを捧げる。」

■目標

日本全国&世界でNo1の「ブランド構築・売上&成果を上げるコンサルティング」を極める。

●重点エリア 

世界3大のマーケット アメリカ・中国・日本で徹底的に成果を上げる。

(1)アメリカ

ニューヨーク 世界のブランドづくり・世界の経済の拠点づくり
シリコンバレー 世界の起業家の聖地で最先端のノウハウ・ネットワークづくり
ボストン ハーバード大学・MITなどと連携

(2)中国&香港

香港&深セン アジアのハブ・中国のシリコンバレー
北京 中国ブランドづくりの拠点
上海 中国経済の中心

(3)日本

東京 世界最大都市圏・世界No1の日本人ハブ&プロフェッショナルづくり
大阪&名古屋 日本第2・第3のマーケット
福岡&地方 豊かなライフスタイル実践の場所

■行動指針

(1)健康

健康診断で全て問題なし!
 →ほぼ達成。4分の3は出張のため、出張時の健康管理を徹底する。

スポーツを毎日最低30分&1日1万歩
 →ほぼ達成。ロードバイクをアメリカ・東京・大阪・福岡の各拠点に起き更にスポーツに励む

体重75kgキープ
 →大幅にオーバー。更に食生活の改善を行う。

(2)仕事

ニューヨーク&シリコンバレーなどアメリカでの拠点づくり
 →ニューヨークに拠点づくり構築に成功。来年はニューヨーク・ボストン・シリコンバレー・テキサスを拠点に全米展開。

徹底的に顧客の成果を上げることにより昨年比50%アップの売上向上
 →達成。更に顧客の成果に徹底的にコミットメントし劇的な成果をご支援する。

世界最先端のノウハウを誰でも実践可能な形で体系化しアウトプット
 →ほぼ達成。更に世界最先端のブランディング・マーケティングのノウハウを磨き提供する。

(3)経済

究極のムダゼロの質素倹約なライフスタイル 
 →アメリカの生活は質素倹約のシンプルライフ達成。実家においている荷物の断捨離がまだ進まず。

世界経済を更に学び更なる投資のノウハウを体系化
 →投資する時間を更にとる必要あり。

経済的完全自由の実現
 →15年前に設定した目標をほぼ達成。更に進める。

(4)家庭

断捨離の徹底化を行い世界中どこでも生きていけるように
 →毎月のアメリカ&日本の行き来で出張のノウハウ構築成功。更に世界中で極めていく。

毎日笑顔を絶やさずストレスフリーの環境
 →ほぼ達成。無条件の愛でお会いする方に接することを更に実践。

親孝行を徹底化し2ヶ月に1度は実家へ帰る
 →達成。アメリカへの引っ越ししたため実家へ帰る機会が増えた。

(5)社会

一般社団法人東京和僑会 理事として世界最高レベルのプロチームを東京に構築
 →毎月勉強会を開催しほぼ達成。更に新しいチームで進めていく。

九州志士の会 運営委員・創業メンバーとして故郷九州活性化のお役に立つ
 →九州でのコンサルティングや講演で達成。更に日本の地方の活性化は重要。

社会にとって有益な講演・情報をアウトプットし日本を活性化する
 →多くの方に提供でき、成果を上げることが出来た。更に日本の活性化へ向けて進めて行く。

(6)人格

毎日無我の境地で目の前にいる方を愛情で救う
 →愛と感謝のノウハウの体系化を行い更に無条件の愛を提供する。

全てを修行と考え、全ての努力・苦労を楽しむ
 →24時間365日、フル活動し全ての努力や苦労を楽しめた。

常に心が落ち着いたリラックスした状態でストレスフリー化
 →瞑想を毎朝行い常にゼロベースで毎日を過ごすことが出来た。

(7)学習

世界&日本で圧倒的な成果を上げるための実践的な方法を更に体系化
 →更に英語を使って世界最先端のノウハウを手に入れる必要あり。

世界最先端のノウハウを学び誰でも実践できるように体系化する
 →誰でも出来るノウハウを構築できた。更に進展する。

英語をアメリカ人と交渉出来るネイティブ並みに高める
 →更に英語力を高めビジネスで対等に交渉できるレベルまで向上する。

(8)遊び

徹底的にクレイジーに仕事以外のスポーツなどの遊びも楽しむ
 →ロードバイクをアメリカ・日本中に配置し更にブルベ200kmなどにエントリーする。

アメリカでのアウトドアを極め北米・中南米・南米を中心に旅をする
 →アメリカでのキャンプを更に増やし南米まで含めた旅を楽しむ。

ウルトラライトを極め大自然の中で生きていくサバイバル能力を更に高める
 →大自然でのキャンプを更に増やし狩猟などを身につけサバイバル能力を高めていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年も大変お世話になり、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

素晴らしい新年をお迎えください。  

2017年11月30日

12/1誕生日を迎えるにあたり、新たなる決意を致しました。

12月1日(金)無事に誕生日を迎えることが出来ました。

多くの皆様から暖かい誕生日のお祝いのメッセージをいただき、
とても感動すると共に感謝いたします。

またこの場をお借りして、

産んでくれた両親、
支えてくれている家族、
仕事でご一緒させていただいている皆様、
元気をもらっている友人

に心から感謝を致します。

いつも、ありがとうございます。


今までの人生を振り返ると、感謝の言葉しかありません。

年中半袖半ズボンで過ごした(笑)健康優良児のような元気な子供時代からスタートし、
大自然の中冒険をしながら過ごした思い出や、
友人達と学び夢を語り合った青春時代。

大学時代の頃1年間貯金してヨーロッパをバックパック一つで貧乏な旅をし、
世界の大きさとチャンスを感じ人生を変える出会いがありました。

就活をする前だったのに、日本の元気のないサラリーマンになりたくなく、悩んでいた時に、
ばったりと知り合ったドイツに住む日本人起業家の方が

眩しい位に本当に輝いていていて

「君も若いのだから、世界で羽ばたきなさい。最高だよ!」

と声をかけていただき、世界を舞台に活躍しようと決意をした出会い。

学生の頃は「自分の力を精一杯発揮するために世界を具体に活躍できる経営者になろう」と決意。



その後、日本の上場企業に就職し「ものづくりの世界」を知る。

QC活動やTPMなど世界最先端のトヨタ生産方式を学び、
そのノウハウを乾いたスポンジが水を吸うかのように五感で吸収し、
新入社員ながら大阪のコテコテのオバちゃん(笑)25名ほどと現場で改善を行い、
成果を上げ1年間をかけて社会人としての基礎を現場現物主義で徹底的に学ぶ。

入社1年ほどして、起業家として毎日自分の力を発揮できないもどかしさを感じていた時に、
父親が大病を患い、サラリーマンを辞め家業の印刷業を手伝うことに。

印刷工程の全てを覚えるため現場で下積みからスタートし、
「経営者になるなら営業を覚えろ」と父親の考えで営業に回り始めました。

父親は放任主義だったが毎日言うことが

「売上を上げろ」

の一言のみ。

印刷の仕事で良かったのは、営業に回ると業種業態関係なく、
多くの社長と話が出来たこと。

そこで知ったのは「多くの経営者が売上を上げることが出来ずに悩んでいた」こと。

両親も売上を上げたがっているし、多くの経営者も売上を上げることが出来ずに悩んでいたのに、
「売上を上げる実践的な方法がどこを探してもない」ことに気づき、

「人生をかけて売上を追求しよう」と決意をしたのが、

ちょうど20年前になります。

その時から独学でコピーライティング・デザイン・マーケティング・ブランディングを学び、
売上を科学的に現場で上げることを追求し始め、

売上が2〜3倍に上がる成功が出始めた。


クライアントの社長と喜んでいたのも束の間、
ところが数ヶ月経つと元の売上に戻ることに気づく。

原因を探すと「社長や社員に夢がない」ことに気づき、

「売上を長期的に上げ経営を安定化させるためには夢が必要」

と感じ、そこから「短期的な売上の向上と長期的な夢の実現」と言う2つの柱の両立を目指し、
現場で経営者や社員の皆様と思考錯誤を繰り返し、

気づくと日本全国&世界中で17年で8500社のコンサルティングや講演を通じて、
数多くの成果を上げることが出来るようになりました。


本当に多くの皆様のお力でここまで進めて来ることが出来ました。



そして今年はアメリカへ引越しを行い、
ニューヨークを拠点にアメリカ半分、日本とアジアに半分滞在し、
仕事やプライベートを過ごしています。

新しい年齢になった本日、更に決意を新たにしたいと思います。




スペインのバルセロナにあるサグラダファミリアの外尾先生にお会いした際に、

「世界中にいる日本人は基本的には職人。
 あなたの役割はその日本人の連携を進め、
 世界で成果を上げること」

というアドバイスをいただきました。





今まで50カ国以上に訪問・滞在し、
ブランド構築・売上向上・仕事術・夢の実現のノウハウを磨き、
経営者を中心に数万人の方と仕事を進めて来ましたが、

まだまだ日本と世界を変えるためには出発点に立った段階というのが正直な所です。


世界のブランドの中心地であるニューヨークを拠点に、
日本を元気にするために、
日本人と日本企業を世界的に活躍出来るブランド化を行い、
売上を上げることで、携わる方やその社員の皆様、そして家族や小さな子供も含めて、
多くの方を幸せにすることを更に追求・実践して参ります。

そのためには、私自身がベストな状態で、
心身共に、そして経済的な面も含め、あらゆるものから自立・独立を行うことで、
お会いした方のために全力を尽くすことが出来る無我の境地へと達することが大切です。


15年前に決意した私の夢があります。

「世界中の夢を実現することが私の夢です」


そのためにベストなプランを改めてゼロベースで構築し、
お会いする方、ご縁のある方と共に、

圧倒的な成果を上げながら日本と世界を更に良くし、
お一人お一人の夢の実現を更に進めて参ります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。
  

2017年11月02日

「世の中は甘くない?」

今まで17年間で8500社のコンサルティングを日本全国・世界中で行なってきました。

年代は10代〜80代まで、男女、国籍関係なく、
多くの方のご支援をさせていただき、
間違いなく断言出来ることがあります。

「原理原則に従い、きちんと必勝パターンを構築すれば、
 誰でも成果を上げることが出来るし、
 夢も実現できる」

ということです。


先日、東京で20代の前半の若い起業志望の方のコンサルティングを行いました。

そこで質問されたのが、

「周りの年配の方からのアドバイスで、
 世の中は甘くない!と良く言われ、君は成功しない」

と言われたというのです。

私は、その若者に、

「そのアドバイスをくれた方は疲れています。

 原理原則に従い、きっちりと当たり前のことをやっていけば、必ず成果が上がります。

 世の中は、甘いです」


とお伝えをさせていただきました。



私は、成果を上げる仕組みを「自然界の法則」の中に見出し、
原理原則を見出しています。


「自然界の法則」とは、

(1)種を蒔く
(2)芽が出る
(3)花が咲く
(4)実がなる
(5)種になる

の良循環のことです。




多くの方がこの良循環を作ることなく、

「果実のみを収穫しようとする」から、上手くいかないのです。

しかも、果実のみを収穫することは悪循環になることも多いのです。


きちんと「自然界の法則」を踏まえて、
愛情を注ぎ、育成をしていけば、
確実に収穫を得られることが出来るのです。


「成功するためには、当たり前のことをきっちりと進めていくだけで良いんです。」


その若者に具体的にアドバイスをして、
笑顔でその日から行動に移していただき成果を上げることが出来ています。


原理原則に従い、
日本全国、世界中で更に成果を上げて参ります。  

2017年09月21日

今年もあと3ヶ月 

今年もあと早くも残すところ3ヶ月です。

今年のラストスパートをするためにも、
今年の念頭に計画を見直すとともに、

達成できていない(笑)内容を、
ラストスパートでなんとか追い込んで形にしていきたいと思います。

今年の年初の計画について、
今後のやるべきことを明確にしてみました。

皆様も今年の締めくくりのラストスパート応援しています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年の決意と計画


世界を舞台にチャレンジして確信をしているのは、

「最初から世界を目指せば、日本でも圧倒的な成果を上げることが出来る」

ということです。

これは、今までの経験上、全ての人に当てはまります。


これからの時代は「世界規模で徹底的に自分に投資をした者勝ち」だということです。


世界は思った以上にシンプルです。

「世界の中でブランド力を上げ、
 稼ぐ力を身につけていく」

時代です。

その最重要な視点を見失うと、これからの時代、
あっという間に日本でも取り残されていきます。

例えば、人工知能などの最先端の技術は確実に私たちの生活を変えます。

まだインターネットが普及して20年、スマートフォンが出来て10年です。

たった10年で世界が激変してしまいます。


実は、その未来は世界のどこかで始まっているのです。

つまり、10年〜20年先の未来はすでに世界のどこかに存在しています。

そのチャンスを掴むためには、
世界規模で自分に投資をすることが重要になるのです。

そのチャンスを多くの方と一緒に手に入れる1年にして参ります。


1日1生の思いで、2017年徹底的にチャレンジし、生きていきます。

今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2017年の決意】

世界最先端&最高レベルのブランドづくり・売上向上など成果の上がるノウハウを、
誰でも実践可能な形に体系化し、圧倒的な成果を上げ、日本を活性化します。

■2017年 スローガン「世界最高レベルの圧倒的な成果を上げるために全てを捧げる。」

■目標

日本全国&世界でNo1の「ブランド構築・売上&成果を上げるコンサルティング」を極める。

●重点エリア 

世界3大のマーケット アメリカ・中国・日本で徹底的に成果を上げる。

(1)アメリカ

ニューヨーク 世界のブランドづくり・世界の経済の拠点づくり
シリコンバレー 世界の起業家の聖地で最先端のノウハウ・ネットワークづくり
ボストン ハーバード大学・MITなどと連携

→アメリカのビザも取得し引っ越しも完了。
拠点づくりを進めることが出来た。
来年に向けて更に具体的にビジネスモデルを構築し、
日本の活性化のために進めていきます。

(2)中国&香港

香港&深セン アジアのハブ・中国のシリコンバレー
北京 中国ブランドづくりの拠点
上海 中国経済の中心

→中国でも一定の成果をあげたが、詰めが甘くまだまだ大きなマーケットを狙って、
やることは数多く残っています。

オールジャパンのチームを構築し世界最大のマーケットになるのは間違いない中国を攻略する必要あり。

(3)日本

東京 世界最大都市圏・世界No1の日本人ハブ&プロフェッショナルづくり
大阪&名古屋 日本第2・第3のマーケット
福岡&地方 豊かなライフスタイル実践の場所

→全て具体的に進めることが出来た。
今後、更に日本での「機能強化」を行い、日本人の連携やプロフェッショナルの育成を行い、
圧倒的な成果をあげていく。

■行動指針

(1)健康

健康診断で全て問題なし!
スポーツを毎日最低30分&1日1万歩
体重75kgキープ

→毎日1万歩は達成出来たが、まだ運動量が足りていない。
ロードバイクやジョギングなどを行い、日本全国・海外でも運動する時間を作る

(2)仕事

ニューヨーク&シリコンバレーなどアメリカでの拠点づくり
徹底的に顧客の成果を上げることにより昨年比50%アップの売上向上
世界最先端のノウハウを誰でも実践可能な形で体系化しアウトプット

→全ての項目でほぼ達成。より具体的にレベルを上げて実践的に進める。

(3)経済

究極のムダゼロの質素倹約なライフスタイル 
世界経済を更に学び更なる投資のノウハウを体系化
経済的完全自由の実現

→ほぼ達成出来たが、まだまだ工夫の余地あり。
更にスピードアップと精度アップを目指す

(4)家庭

断捨離の徹底化を行い世界中どこでも生きていけるように
毎日笑顔を絶やさずストレスフリーの環境
親孝行を徹底化し2ヶ月に1度は実家へ帰る

→こちらもほぼ達成。まだまだ断捨離を続け「持たざる経営・持たざるライフスタイル」を実践

(5)社会

一般社団法人東京和僑会 理事として世界最高レベルのプロチームを東京に構築
九州志士の会 運営委員・創業メンバーとして故郷九州活性化のお役に立つ
社会にとって有益な講演・情報をアウトプットし日本を活性化する

→こちらもほぼ達成しているが更に戦略的に進めていく必要あり

(6)人格

毎日無我の境地で目の前にいる方を愛情で救う
全てを修行と考え、全ての努力・苦労を楽しむ
常に心が落ち着いたリラックスした状態でストレスフリー化

→こちらもほぼ達成。
更にお会いした方にとって最適な形でのご支援をする方法を実践する必要あり

(7)学習

世界&日本で圧倒的な成果を上げるための実践的な方法を更に体系化
世界最先端のノウハウを学び誰でも実践できるように体系化する
英語をアメリカ人と交渉出来るネイティブ並みに高める

→アウトプットがまだまだ足りない。
来年に向けて出版の準備も進めて実践する

(8)遊び

徹底的にクレイジーに仕事以外のスポーツなどの遊びも楽しむ
アメリカでのアウトドアを極め北米・中南米・南米を中心に旅をする
ウルトラライトを極め大自然の中で生きていくサバイバル能力を更に高める

→アメリカなどでのアウトドアが足りていない。
更に世界規模での遊びも追求する必要あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

2017年06月05日

自転車での世界一周へ向けて

ロードバイクが好きになり、
確実に人生が変わりました。

ブルベと言われる200km以上のロングライドイベントで、
1日で標高4000mの山越えをやったり、

今は軽くトレーニングをするだけで1日50km〜100kmほどは走り、
週に一度はロードバイクに乗れないと禁断症状(笑)が出るほどハマりまくっています。


今はアメリカに4台のロードバイク、
日本には福岡の実家に2台、東京に1台と3台、
アメリカと日本で合計7台のロードバイクを持っています。

世界中で最高に楽しいロードバイクライフを送っています。


その中で、アメリカで手に入れたのが、

念願だったSURLY Long Haul Truckerです。






SURLYとは「無愛想な,ぶっきらぼうな」という意味で、
そのロゴマークにもストリート感が抜群にセンスの良い


この自動車社会の国で、自転車に乗って日々の生活や余暇の時間を楽しもうというある種の反骨精神をもつブランディングを行なっており、世界中で熱狂的なファンが多いブランドの一つです。

サーリーのスタッフたちは皆、毎日自転車で通勤したり、週末になれば自転車に乗って遊びに行ったりするリアルサイクリストであり、

1. 排気ガスを出さない
2. 交通渋滞を削減でき、街でも簡単に駐輪できる
3. メンテナンスも容易
4. 老若男女にとってのよいエクササイズである
5. 何より乗って楽しい

という自転車の持つよさが社会に対して大きな貢献をすると信じ、丈夫で、永く乗りつづけることができ、手に入れやすい金額で、雨の日も風の日も毎日楽しんで使えるファンツールを生み出しています。

SURLY の新商品の出し方も特に決まった時期に出さずに、
「随時、新商品を勝手に出す」やり方でとてもマイペースなブランドとして知られています。

その中でも、SURLY Long Haul Truckerは、知る人ぞ知る自転車で、

「自転車で世界1周」する人の御用達ロードバイクなのです。


Long Haul Truckerは「長距離トラック運転手」(笑)という意味で、
自転車の中でも「長距離トラック運ちゃん」というガテン系のイメージそのものの走りが楽しめます。


フレーム・フロントフォーク素材はクロモリを採用している。世界1周を行う人達は軽量化よりも頑丈性を重視し、

世界中で溶接が出来るクロモリを使用します。


フレームには、荷台取り付け台座や、チェーンステーの所に予備スポーク台座があり、ダウンチューブ下にボトルゲージ台座があるなど、旅に必要な物を簡単に取り付けることが可能になっています。

その完成車が、アメリカで飛び込みで入ったお店で交渉すると、25%OFFの900ドルで手に入れることができ、

日本で買う金額の半分ほどで念願だったLong Haul Truckerを手に入れることが出来ました。



前後のバッグで80リットルの荷物を積めて大型スーツケース並みの積載が出来ます。

走った時の感想は「荷物を載せれば載せるほど安定する走り」に特徴があり、
信号停車後の発進など、全くふらつくことなく直進安定性が抜群の所が最高に気に入っています。

また剛性感が圧倒的に高く、いくら荷物を積んでもフレームの歪みがなく、
踏めば踏むほど前に進んでくれる長距離トラックのようなトルクフルな走りが楽しめます。


チェーンステイ長が長く、写真のTREKと比べると一目瞭然です。




これでアメリカで走っていると多くの方から声をかけられ友達が増えます(笑)

これでまずはアメリカ大陸を冒険し、将来は世界一周も楽しみたいと思います。


世界一周を終えた小口良平さんのSURLY Long Haul Truckerのように、

世界を走るための相棒として、世界中を走り回りたいと思います。





夢の自転車での世界一周へ向けて、具体的に経験を積みながら、
進めて参ります。

●世界一周を終えた小口良平さんが帰国しました
http://ride2rock.jp/blog/97432/
  

2017年04月27日

アメリカへの引越をして1週間 vol.1

アメリカに引っ越しをして1週間が経ちました。

備忘録も兼ねて、1週間でやってきたことをまとめておきたいと思います。


まずは、最優先の生活に必要なインフラや住まいの準備です。






●電気・ガス・水道

入居した際に最も重要なのが、電気・ガス・水道などのインフラです。

入居した当日から無事に使えました。

ただし、日本と違うのはリビングには電灯をつけるコネクタはなく、
ライトを買わなくては真っ暗という点です。

他のキッチン・トイレ・寝室にはライトが付いていましたが、
リビングルームには電気が全くないのがアメリカです。

アウトドア用のヘッドライトを持って来ていたので(笑)
ヘッドライトを使いながらの生活が数日続きました。

世界中、どこに行っても必要なのはアウトドアで培ったサバイバル能力です(笑)


●インターネットの申し込み

やはり今の時代に必須なのはインターネットです。

特に最優先で申し込みをしました。

調べてみると、RCNとComcastのどちらか良さそうなので、地元の人に聞くとRCNの方が今はキャンペーンを行なっているので、オススメとのこと。

RCNで自分の住所を入れるとネット環境がどの位のスピードが出るかが分かり、
その申し込み内容もわかります。

工事の時間指定が出来たので土曜日の午前中で指定をすると、

「8:00〜10:00は有料、10:00〜12:00はキャンペーン中のため無料」と表示がされます。

時間帯によって料金を変えるところが、日本と違う発想です。


前日と当日にRCNから電話があり、アポイントの確認です。

これがまたアメリカらしいのが、オートコールなのです。

「承諾するなら1、変更するなら2を押してください」という形で2度アポイントの確認があります。

当日は、ウガンダから来たアフリカ人のソロモン&ジョゼフが英語をアフリカの現地語を取り混ぜながら、
2時間ほどでセッティングをしてくれました。

無印で買った畳を指差しながら「ウガンダにも手で編んだ似たようなものがあるよ」という会話をしながら、
セッティングしてくれました。

さすが、日本ではありえない他民族国家のアメリカです。



●家具

引っ越して来て一番困ったのが、ベッドがないということです。

5日間ほどは、日本で買って来たアウトドア用のシートです。(笑)


フローリングの上に段ボールを敷き、
アウトドア用のシートで寝ましたが、完全にアウトドア&ホームレス状態です(笑)

体が少し痛かったのですが、
外で寝るよりは快適です(笑)

アメリカに住んでいる日本人が引っ越す際に「ムービングセール」でベッドや新品のシーツ、枕などを70ドルという破格値で売っていたので、ピックアップトラックをレンタルして、
無事に5日ほど経過してベッドで寝ることが出来るようになりました。

このムービングセールでかなり助かりました。


このピックアップトラック、キングサイズベッドが余裕で積める巨大なアメリカンサイズで、
アメリカ人が乗る意味がよく分かりました。

アメリカでの生活には、便利過ぎる道具です。












ピックアップトラックで1日買い物に行き、足りないものを買って来ましたが、
最も役に立つ場所は「イケア」です。

日本にいる時は、余りありがたみを感じなかったのですが、
アメリカはとにかく人件費が高く、家具の配達に2万円ほど必要で、注文後3〜4週間で納品というお店も多いのです。

イケアが世界中で流行っている理由が良く分かるのが、
その日に自分で持ち帰り、組み立ててすぐに使えるということです。

日本の場合は配達料が無料のところが多く、迅速に確実に配達をしてくれますが、
海外ではその辺りがかなりのリスクなのです。

DIYの国であるアメリカらしく、自分で可能な限り進めた方が早く確実です。

そんな所も全て楽しめるのがアメリカの良い所です。


アメリカに引っ越しをして1週間で進めて来たことは、
まだありますので、明日のブログでご紹介します。
  

2017年04月21日

オーガニック天国のアメリカと日本の比較

アメリカに引っ越してきて、近所にあるオーガニック系スーパーwhole foodに買い物に行くのが日課になっています。

このwhole foodが凄いのが、オーガニック食材の宝庫なのです。

しかも日本の通常の野菜や果物よりも安くオーガニックを売っているのが、とても助かります。





アメリカのオーガニック市場は、食品市場全体の約5%を占めています。

この20年で10倍以上に成長しています。


現在、アメリカで最もオーガニック商品を販売している小売業は、

なんとコストコ・ホールセールで、2015年には売上高が年間40億ドル(約4800億円)を超えたと発表しました。

アメリカ全体のオーガニック商品市場の10%以上をコストコ1社が占めていることになります。

その位、アメリカの流通は進化しています。


オーガニック貿易協会(OTA)監修の調査によれば81%の家庭で少なくとも時折オーガニック製品を購入しています。




オーガニックの市場規模でいえば、アメリカは日本の143倍の規模があり、

消費者の意識も高いのが特徴です。




日本の食文化も本来は非常に高いレベルにあったのは間違いありませんが、

「安ければ良い」という風潮が食品・外食産業にも根強くあり、

添加物も含めた農薬など、食の安全に対する意識が低いのが今の日本の現状です。



例えば、アメリカでは100%ピュアなものが人気ですが、

日本の場合は、いろんなものを「混ぜる」文化があり、

ありとあらゆる業界で、
その内容を見えなくすることで、誰かが得をすることになっているが現状です。

逆にいうと、日本にはチャンスがまだ数多くあるということです。


アメリカに学ぶこともまだまだあります。

日本の良いところはたくさんありますが、

日本の5〜10年は先をいっている部分も非常に多いアメリカを更に深掘りしていきます。
  

2017年04月07日

祝ブログ執筆10周年




本ブログを書き始めて10年になります。

これもブログの読者の皆様のお陰です。

平日はほぼ毎日書いていますので、
3000記事は書いてきたと思いますが、

まだまだ語り尽くすまで、コツコツと執筆を進めて参りますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。


10年前といえば、会社を設立した頃になります。

先日福岡からアメリカへの引越しを完了しましたが、
北九州の方から福岡市に引越してきたのも10年前になります。

本当に10年間多くの方にお世話になり、
心から感謝致します。

10年前は福岡を拠点にコンサルティングや講演の仕事をしておりましたが、
現在は、ニューヨークを拠点に世界中&日本全国で多くの方と一緒に成果を上げており、

とても感慨深いです。


多くの方に支えられ、
これからもより多くの企業の売上を上げ、
経営を更に良くするお手伝いを進めると共に、

日本を元気にするために世界規模でチャレンジをし続けたいと思います。

10年間ありがとうございました。

そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

ありがとうございます。
  

2017年01月12日

トランプ次期大統領の巧さ「史上最多の雇用生み出す大統領になる」

トランプ次期大統領の記者会見が行われました。

日本時間の1月12日午前1時すぎからニューヨークのトランプタワーで、300人以上の報道陣が集まる中での会見です。


世界中が注目していた会見ですが、意外と筋が通っている内容という印象です。

内容は、やはりトランプはビジネスマンです。

「交渉上手」な所が随時に見られます。

「押すところは押し、引くところは引き、
 アメリカに有利になるように、現実的な落とし所を見つける」印象です。


そして、戦略が明確です。

「史上最多の雇用生み出す大統領になる」と言い切った大統領が今までにいたでしょうか?


世界の政治がよりビジネスの良いところを活かし、
より良くなることを願うと共に、

戦争が新たに起こらない平和な世界へ向かって欲しいと思います。

世界がこれからどう変わるか、とても楽しみです。

変化が起こる時、チャンスがあります。

これからの世界の変化をきちんと把握し、
世界のチャンスを獲得して参りましょう。




以下、NHK NEWSより引用です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010836491000.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「史上最多の雇用生み出す大統領になる」

トランプ氏は記者会見で、「史上、最も多くの雇用を生み出す大統領になる。きちんと結果を出す仕事をしていく」と話しました。

そして、「中国のネット通販最大手、アリババグループのジャック・マー会長など、多くのすばらしい人たちがアメリカにやってきている。彼らはこれからすごいことをするだろう。選挙結果が違っていたら、こうした人たちは別の国に行っていただろう」と自身の成果を強調しました。

また、これまでアメリカ国内の雇用が奪われているとしてメキシコに生産拠点を置く自動車メーカーへの批判を繰り返してきましたが、「ここ数週間で経済にとってすばらしいニュースがあった。大手自動車メーカー、フォードがメキシコへの工場の移転計画を撤回した。フォードに感謝したい。大手自動車メーカー、GM=ゼネラル・モーターズもフォードなどの動きに続くことに期待している」と述べました。

批判の矛先は製薬会社にも向けられ、トランプ氏は「製薬産業はさんざんたる状況だ。製薬メーカーは、たくさんの薬を供給しているがかなりの部分をアメリカで作っていない。適切な価格で購入し何十億ドルという費用を支払わずにすむようにする」と話し、薬の価格の引き下げを求める考えを示唆しました。

そのうえで、「ミシガンやオハイオなど私が選挙で勝利した場所でメキシコなどの外国に工場を移転するために従業員をすべて解雇するようなことはさせない。おとがめなしで海外移転しようとする企業には高い関税をかける」と述べました。

さらに、海外移転しようとする企業に対しては「国内にも競争力があり移転可能な場所はたくさんある。ミシガンからテネシーなどに移転すればいい。私は何も競争力を奪おうとしているわけではない」と生産拠点の移転はアメリカ国内ですべきだという考えを強調しました。

●日本を名指し「貿易の不均衡是正が必要」

貿易政策についてトランプ氏は、「悪い取り引きばかりして貿易で多額の損失が出ている。中国や日本、メキシコなど、どの国とも良い取り引きができておらず、貿易の不均衡となっている」と述べ、中国などとともに日本を名指しして貿易の不均衡を是正する必要があると訴えました。

さらに、「ロシアをはじめ、中国などほかの国々はアメリカを最大限、経済的に利用してきた。中国にいたっては南シナ海に巨大な要塞も作っている。だが、ロシアや中国、日本、メキシコなどすべての国が、今後は、これまでのアメリカのどの政権に対してよりもはるかに大きな敬意を払うことになるだろう」と述べました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そして、「メキシコ政府との合意に至る前に、すぐに壁の建設を始める」と語った。

先日、ニューヨークに行った時に路上でトランプ自ら「Mexican Wall Fund(メキシコの壁基金)」の募金活動を行っていたのが、

感動的でした(笑)


このセンスが、アメリカの面白い所です。






  

2017年01月04日

2017年の決意と計画




新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は実家に帰って両親や家族・友人と久々に再会をし様々なことを語り合うことが出来ました。



年末年始を活用して、今年一年の決意と計画を明確にいたしました。


世界を舞台にチャレンジして確信をしているのは、

「最初から世界を目指せば、日本でも圧倒的な成果を上げることが出来る」

ということです。

これは、今までの経験上、全ての人に当てはまります。


これからの時代は「世界規模で徹底的に自分に投資をした者勝ち」だということです。


世界は思った以上にシンプルです。

「世界の中でブランド力を上げ、
 稼ぐ力を身につけていく」

時代です。

その最重要な視点を見失うと、これからの時代、
あっという間に日本でも取り残されていきます。

例えば、人工知能などの最先端の技術は確実に私たちの生活を変えます。

まだインターネットが普及して20年、スマートフォンが出来て10年です。

たった10年で世界が激変してしまいます。


実は、その未来は世界のどこかで始まっているのです。

つまり、10年〜20年先の未来はすでに世界のどこかに存在しています。

そのチャンスを掴むためには、
世界規模で自分に投資をすることが重要になるのです。

そのチャンスを多くの方と一緒に手に入れる1年にして参ります。


1日1生の思いで、2017年徹底的にチャレンジし、生きていきます。

今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2017年の決意】

世界最先端&最高レベルのブランドづくり・売上向上など成果の上がるノウハウを、
誰でも実践可能な形に体系化し、圧倒的な成果を上げ、日本を活性化します。

■2017年 スローガン「世界最高レベルの圧倒的な成果を上げるために全てを捧げる。」

■目標

日本全国&世界でNo1の「ブランド構築・売上&成果を上げるコンサルティング」を極める。

●重点エリア 

世界3大のマーケット アメリカ・中国・日本で徹底的に成果を上げる。

(1)アメリカ

ニューヨーク 世界のブランドづくり・世界の経済の拠点づくり
シリコンバレー 世界の起業家の聖地で最先端のノウハウ・ネットワークづくり
ボストン ハーバード大学・MITなどと連携

(2)中国&香港

香港&深セン アジアのハブ・中国のシリコンバレー
北京 中国ブランドづくりの拠点
上海 中国経済の中心

(3)日本

東京 世界最大都市圏・世界No1の日本人ハブ&プロフェッショナルづくり
大阪&名古屋 日本第2・第3のマーケット
福岡&地方 豊かなライフスタイル実践の場所

■行動指針

(1)健康

健康診断で全て問題なし!
スポーツを毎日最低30分&1日1万歩
体重75kgキープ

(2)仕事

ニューヨーク&シリコンバレーなどアメリカでの拠点づくり
徹底的に顧客の成果を上げることにより昨年比50%アップの売上向上
世界最先端のノウハウを誰でも実践可能な形で体系化しアウトプット

(3)経済

究極のムダゼロの質素倹約なライフスタイル 
世界経済を更に学び更なる投資のノウハウを体系化
経済的完全自由の実現

(4)家庭

断捨離の徹底化を行い世界中どこでも生きていけるように
毎日笑顔を絶やさずストレスフリーの環境
親孝行を徹底化し2ヶ月に1度は実家へ帰る

(5)社会

一般社団法人東京和僑会 理事として世界最高レベルのプロチームを東京に構築
九州志士の会 運営委員・創業メンバーとして故郷九州活性化のお役に立つ
社会にとって有益な講演・情報をアウトプットし日本を活性化する

(6)人格

毎日無我の境地で目の前にいる方を愛情で救う
全てを修行と考え、全ての努力・苦労を楽しむ
常に心が落ち着いたリラックスした状態でストレスフリー化

(7)学習

世界&日本で圧倒的な成果を上げるための実践的な方法を更に体系化
世界最先端のノウハウを学び誰でも実践できるように体系化する
英語をアメリカ人と交渉出来るネイティブ並みに高める

(8)遊び

徹底的にクレイジーに仕事以外のスポーツなどの遊びも楽しむ
アメリカでのアウトドアを極め北米・中南米・南米を中心に旅をする
ウルトラライトを極め大自然の中で生きていくサバイバル能力を更に高める
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  

2016年12月28日

今年一年、皆様には本当にお世話になりました。




今年一年、皆様には本当にお世話になりました。

年末年始も2017年の計画を練り
お客様の成果と夢の実現のために企画をしたり
普段出来ない研究を行ったり
引き続きスポーツに専念したり
究極のライフスタイルを追求していきます。


会社の通常業務は、本日までとなり、
来年は2017年1月4日(水)からとなります。

個人的にはいつも仕事をしておりますので、
コンサルティング契約をされております皆様は、
随時ご連絡をいただければと思います。


今年一年も、本当に多くの事がありました。

今年の年初に立てた計画と反省は下記の通りです。

実現出来たもののたくさんありますが、
まだまだ途中のものもたくさんあります。

このように計画を立てることは10年以上前からはじめていますが、
かなり精度が高まっています。

実現出来ていない部分をみると、
やはり具体性がなかったり、日々の毎日の生活に落とし込んでいなかったりと、
反省点もあります。

来年の計画は更に精度を高めていきたいと思います。

今年一年間を振り返ってみて総括をしたいと思います。

今年の正月に立てた計画は下記の通りです。

それぞれの項目について、総括のコメントを記入しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2016年の決意】

目の前にいる方の夢と目標達成に向けて徹底的にチャレンジする。

この10年は仕事に集中し、知力と体力と情熱など自分の全てを徹底的に注ぎ込み打ち込む。

いつ死んでも後悔しないように、やりたいことは全部やる。

死ぬ気で生きる1年にする。


■2016年 スローガン「死ぬ気で徹底的に生きる。」


■目標

日本全国&世界でNo1の「課題を解決し売上を上げ夢を実現するコンサルティング」を極める。

重点エリア ニューヨーク・シリコンバレー・ASEAN・東京・香港・シンガポール・中国

■行動指針

(1)健康

健康診断で全て問題なし!
 →ほぼ達成

スポーツを毎日最低1時間以上。暴飲暴食しない。
 →出張中のスポーツが課題。必ず世界中どこにいてもスポーツを行い、食事に気をつけること

ストレスゼロ
 →ほぼ達成

食生活改善し体重75kg
 →体重はまだまだ目標オーバー。来年こそは達成を

月に1日はスポーツを徹底的に行う
 →ほぼ達成

ロードバイクのブルベ200kmを5回走る
 →エントリーは5回行ったが悪天候などの影響で完走は3回


(2)仕事

日本全国&海外で売上向上&ブランドづくり第一人者
 →世界に通用するブランドづくりの体系化は構築できた。

東京1/3、東京以外の地方1/3、海外1/3の割合での仕事スタイル確立
 →ほぼ達成。来年は更に海外へシフト

お役に立つ事によって、売上50%アップ、利益50%アップ
 →ほぼ達成。来年は新規事業を立ち上げ更なるチャレンジを行い多くの方のお役に立つ

今までの集大成を出版(3冊目)して更に多くの方のお役に立つ
 →現在、企画執筆中。本当に良い本を書くため、世界最先端のノウハウの体系化を進める。

圧倒的な成果を上げるコンサルティング 日本全国&海外で年間500件
 →ほぼ達成

講演 日本全国&海外で年間50件
 →ほぼ達成

NY&シリコンバレー&シアトル&香港への海外進出ツアー成功
 →ほぼ達成

人生を豊かにするライフスタイル・コンサルティングの開始
 →更なる体系化必要。更に今後本格化を進める。

(3)経済

ストイックな質素倹約の禅的ライフスタイルの確立
 →ほぼ達成。断捨離を更に進め持たざるライフスタイルを更に確立

世界経済を学び極める
 →世界中で成果を上げる世界経済の分析&ノウハウの構築にほぼ成功

世界の投資の研究と実践 年利10%、前年比20%アップ目標 投資の日 月に1日時間を空ける
 →本業集中により投資の時間を中々取ることが出来ず

月次決算の徹底&毎日のマネジメント強化
 →ほぼ達成したが、月次決算の徹底が更に必要

夢を実現する人生ポートフォリオ体系化
 →夢実現のノウハウを更に構築する必要あり

無駄遣いしない 
 →無駄遣いはしていないが、モノを買いすぎる傾向があるため更に引き締める

(4)家庭

荷物を断捨離しスーツケース一つに入るように
 →ウルトラライトを追求し軽量化を実現。更に断捨離を進める。 

理想のクリエイティブな書斎作り
 →5Sの徹底がまだまだ。更なる理想のクリエイティブな書斎づくりを進める。

親孝行
 →定期的にコミュニケーションを取るように努めたが、まだまだ。

毎日笑顔でリラックス出来る空間づくり
 →瞑想を毎日行いリラックスしながら毎日を過ごせた

イタリア料理をプロ級に
 →ミシュランの技を学び更に精度が上がる。

瞑想の理想の場所づくり
 →ほぼ達成

(5)社会

無条件の愛と優しさ&強さで圧倒的な成果を上げるお手伝い
 →ほぼ達成。携わる全ての方の成果を上げるためにノウハウを高め更に精度を上げる

「世界マーケティング研究会」を立ち上げ、世界企業の分析&ノウハウ体系化
 →世界各地でスタート。更にアメリカをはじめ世界中で展開予定

東京和僑会 監事・公認アドバイザーとして世界NO.1のノウハウを持つプロチームの構築
 →毎月1回定期的に開催。更に世界No1のノウハウを持つプロチームを構築

世界の最先端まちづくりを視察しクリエイターのハブを構築
 →世界最先端のオフィスや働き方を視察し世界最高レベルの仕事術を体系化出来た。

経済産業省などNPO的なコンサルティングで社会貢献
 →故郷九州を中心に実践できた。更なる仕組み化必要

世界中の日本人と連携し海外支援&協業
 →ほぼ達成

(6)人格

無我&悟りの境地で全てを受け入れる
 →ほぼ達成

世界中どこでも生き残るサバイバル術
 →ほぼ達成

笑顔で毎日過ごす仙人のような人間力
 →ほぼ達成

凡地徹底(毎日・週・月・年)
 →まだまだ甘い。特に出張中の更なる規則正しい生活が重要

瞑想を毎日行い常に心をクリアリング
 →ほぼ達成

地球的・宇宙的な発想と地域密着のバランス
 →更なるノウハウ蓄積

(7)学習

独自のノウハウ「夢を基盤にした経営方法」のノウハウを確立
 →ほぼ達成。更に誰でも活用できるノウハウの確立へ

世界最先端の仕事術・ライフスタイル実践
 →ほぼ達成

世界に通用するアートの追求・実践 月に1日アートの時間を取る
 →アートを味わうことは達成出来たが、自ら実践することが出来ず

日本人の文化(禅・神道・茶・歴史など)を学び体系化
 →日本中で高野山や千利休の文化を学ぶことができた

全体最適化&制約理論
 →TOC学会で世界最高レベルのノウハウを蓄積

海外進出&グローバル投資
 →ほぼ実践できた

英語 TOEIC730点
 →定期的に英語を使うことは出来た。来年は英語力をネイティブ並みに極める。

幸福について研究&実践
 →日本と世界の幸福学の研究を継続

(8)遊び

世界中を自由に旅をする(ニューヨーク・シリコンバレー・シアトル・キューバ・メキシコ・ヨーロッパ・アフリカ・アジアなど)
 →ほぼ達成。来年は北米・中南米・南米・ヨーロッパを中心に

スポーツ 毎日1時間以上
 →ほぼ達成。出張中のスポーツが課題

自転車ブルベ200kmを5回
 →ほぼ達成

日本全国&海外の登山&キャンプで自然と一体化
 →ほぼ達成

世界のいいとこ取りをするライフスタイル
 →ほぼ達成。更なるノウハウの体系化

自然と都会のハイブリッドなライフスタイルの確立
 →ほぼ確立

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

素晴らしい新年をお迎えください。