› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › 海外進出・グローバル化コンサルティング
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年06月23日

幸福度ランキング上位デンマークの幸せの理由




幸福度ランキングの上位にいつも上がるデンマークに幸福を調査するために視察に行ってこようと思っております。

そこで、デンマークの幸福の秘密を分析いたしましたので、
ご紹介させていただきます。


デンマークは下記の幸福度ランキングで1位になっています。


●世界的な調査機関のワールドバリューズサーベイ(WVS)の世界幸福度ランキング(2008年)では、デンマークは1位で、日本は43位。

●イギリスの世界幸福地図(WMH:2006年)では、デンマークはやはり1位で、日本は90位。

●国連のWorld Happiness Report 2013でもデンマークは1位で、日本は43位です。

●昨年2016年のWorld Happiness Report 2016でもデンマークは1位で、日本は53位です。




●なぜ、デンマークが幸福度が高いのか?

注目したいのが、ワールドバリューズサーベイ(WVS)の世界幸福度ランキングの中で、

デンマーク人は生活全体の満足度が10段階で唯一8点を超えており、仕事・家庭・家計に関する指標についても最上位(上位10まで)のランクに該当しています。

また、WMHでは、健康、所得、教育の3つのカテゴリーに関する指標が幸福度の評価において重要視され、
デンマークを最も高く評価しています。


デンマークは、北欧の世界でも最も小さな国の一つで、

人口は550万人と福岡県と同じほどの人口で、
面積は九州より2割ほど大きな国です。

経済的には、高級なオーディオメーカー、知育玩具、陶磁器、シューズメーカーなどが有名です。

Flying Tiger Copenhagen
ROYAL COPENHAGEN
LEGO
HAY
normannCOPENHAGEN


また、海運大国、農業輸出国でもあり、食料自給率300%、石油自給率も100%、風力発電が電力供給の2割を占めます。


1972年(第一次オイルショック時)には、エネルギー自給率は2%でしたが、現在では風力、バイオマスを中心とした自然エネルギーを含め150%を超えています。出生率も1960年代半ばまで減り続けていたが、その後回復傾向にあり、現在1.9人(WHO統計)です。


社会的には、デンマーク人による単一民族国家であり、国民の教育水準が高く、高齢福祉や児童福祉も充実し、国民の所得格差が世界で最も小さい国とされています。

国連の人間開発指数の1つである「教育指数」が世界1位、「男女平等度指数」が世界2位、「民主主義指数」が世界3位、一人当たりGDP(2015年)が52,138ドル(日本は32,478ドル)などです。

デンマークは経済的豊かさだけでなく、基本的人権、自由・平等、民主主義などの世界の普遍的価値が最も完備されている国と言えます。

累進課税の所得税及び地方税合計課税率は最高59%で、日本の消費税に当たる付加価値税は25%です。

国民負担率は、デンマークは世界最高の69.5%です。日本は38.5%です。

国民負担率とは、国税と地方税を合わせた租税額の国民所得に対する負担率(租税負担率)と、年金など社会保険料の国民に対する負担率(社会保障負担率)を合計したもので、最終的に国民がどの程度負担しているのかを見ることができる指標です。

しかし、デンマークの教育費と医療費は無料ですから、
高齢者になった時に経済的に心配をすることは全くと言って良いほどないのが、
デンマークなのです。


社会保障が充実していて国民の満足度は高く、選挙の投票率は80%以上に達しています。英国エコノミスト誌系調査機関が発表したビジネスがし易い環境ランキングでも、デンマークの経済環境が世界1位に選ばれています。



デンマーク国民は自ら義務と責任を果たし、自立自尊を旨とする国民性を特徴とする民族ということが、
幸福度ランキングで上位に上がる大きな要因であると考えられます。


デンマークの人々の幸福度を測るキーワードは主に次の3つに集約されます。

(1)自立自尊  自分で考え、判断、行動ができる

(3)ネットワーク  友人・知人・地域・組織やふるさと等とのつながり・連携がある

(3)夢・ビジョン・目標  多くの人と共感を生み協力を具体的にしてもらえる
  

2017年06月21日

6/30まで「平成29年度 海外ビジネス戦略推進支援事業」の二次公募

今までに数多くの補助金を獲得するためのコンサルティングも行って参りました。

サポートをさせていただきました案件は、
ほぼ100%の補助金を獲得出来ております。

今回は、海外進出についての補助金です。

補助金・助成金で審査に通るためのポイントは、
下記のブログに執筆をしておりますので、
ぜひご覧いただけますと、審査に通りやすくなります。

●補助金・助成金 申請書採択のポイント
http://marketing.yoka-yoka.jp/e1994169.html



また、補助金・助成金の申請のお手伝いのコンサルティングも行なっております。

本質は、補助金作成の準備をしながら「売上・利益が上がる事業計画を創ること」になりますので、
補助金を獲得しながら海外ビジネスに成功する具体的なプランを構築することが可能です。

補助金申請&海外ビジネスに成功するプランづくりのコンサルティング希望の方は、
本ブログ末尾の申し込みページよりお申込み、お待ちしております。


それでは、「平成29年度海外ビジネス戦略推進支援事業」の二次公募のご案内です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日より、中小企業基盤整備機構による「 海外ビジネス戦略推進事業」の公募が行われていますので、共有させていただきます。

海外ビジネスを検討する企業にとっては、その入口として必須な業務に対する補助金となっています。
応募は6月30日締切となっていますので、 お早めのご確認を推奨します。


さて、その主な支援内容は、

(1)海外展開事業計画策定支援
(2)現地調査等支援

※ 補助金額は最大50万円〜140万円

となっており、

「海外市場に活路を見出そうとする中小企業者に対して、
 中小機構が専門家チームを組成し、海外展開事業計画の策定支援、
 F/S(実現事業可能性調査)支援、 外国語Webサイト作成支援を行う」

とのことです。対象者は下記の全てを満たす企業です。

(1)海外で通用する商品力や技術力、またそれを活かした海外展開事業計画を持つ企業
(2)海外展開事業計画のブラッシュアップ及び問題・ 課題解決のための支援を必要としている企業
(3)海外展開事業計画を実行するうえで必要となる人員体制、財務基盤(必要資金を調達できる)を有する企業
(4)海外展開事業計画を実行するうえで、現地調査、マーケティング調査などを実施する意欲を持つ企業、または新たに外国語Webサイトを作成する意欲を持つ企業、既に外国語Webサイトを有しているものの有効に活用出来ていないと考えている企業
(5)本事業申請計画の実行によって、国内雇用の増加等の波及効果や他企業のモデルとなりうる企業

いかがでしょうか?
海外進出を検討している企業は、 是非チャレンジしてみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<二次公募実施のお知らせ>

「海外ビジネス戦略推進支援事業」では、海外市場に活路を見出そうとする中小企業・小規模事業者の海外展開に向けた戦略策定や販路開拓につなげるため、F/S(事業可能性調査)支援や、外国語Webサイト作成支援を実施します。

<公募期間>

平成29年5月15日(月曜)~平成29年6月30日(金曜)17時必着

<主な支援内容>

本事業は、海外市場に活路を見出そうとする中小企業者に対して、中小機構が専門家チームを組成し、海外展開事業計画の策定支援、F/S(実現事業可能性調査)支援、外国語Webサイト作成支援を行うものです。
中小企業者は、下記(1)に加え、(2)の1)または2)1.~3.の支援のいずれか1つのメニューを選択することができます。

*ただし、企業側の希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
*専門家チームは、海外事情に精通した専門家(国内外の専門家)で構成します。支援内容によって、中小機構が支援するケースのほか、外部専門機関、民間機関等が支援するケースがありますのでご了承ください。


(1)海外展開事業計画策定支援【全採択企業】
アドバイスを行う中小機構専門家チームの謝金、旅費は中小機構が全額負担します。

(2)現地調査等支援

1)現地調査等支援(投資型)
海外現地同行調査支援【選択】<現地調査経費補助あり>
※補助率:補助対象経費の1/2(補助対象経費上限額280万円、うち最大140万円まで補助)

2)現地調査等支援(輸出型)
 1.海外現地同行調査支援【選択】<現地調査経費補助あり(旅費を除く)>
 2.マーケティング調査支援【選択】<マーケティング調査経費補助あり>
 3.外国語Webサイト作成支援【選択】<外国語Webサイト作成費補助あり>
※補助率:補助対象経費の1/2(補助対象経費上限額100万円、うち最大50万円まで補助)

<対象者>

以下1)~5)を全て満たす事業課題を持った企業を支援対象企業と想定しています。

1)海外で通用する商品力や技術力、またそれを活かした海外展開事業計画を持つ企業
2)海外展開事業計画のブラッシュアップ及び問題・課題解決のための支援を必要としている企業
3)海外展開事業計画を実行するうえで必要となる人員体制、財務基盤(必要資金を調達できる)を有する企業
4)海外展開事業計画を実行するうえで、現地調査、マーケティング調査などを実施する意欲を持つ企業、または新たに外国語Webサイトを作成する意欲を持つ企業、既に外国語Webサイトを有しているものの有効に活用出来ていないと考えている企業
5)本事業申請計画の実行によって、国内雇用の増加等の波及効果や他企業のモデルとなりうる企業
※本事業では、上記に加え、特に海外未展開の企業を主な支援対象とする予定です。

<応募方法>

応募書類及び添付書類を担当の地域本部へ必ず簡易書留にてご郵送ください。
※都道府県ごとにご郵送いただく地域本部が異なります
※詳細は公募要項をご覧ください

<応募書類の提出・問い合わせ先>
独立行政法人中小企業基盤整備機構 各地域本部

▼ 詳細はこちら ▼
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/069550.html

今後もこうした有益な補助金情報などありましたら、積極的に情報共有していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



補助金申請&海外ビジネスに成功するプランづくりのコンサルティング希望の方は、
下記よりお申込み、お待ちしております。

【お申込先】

下記、お申込みフォームにご記入の上、
お申込み先までお送りください。


●申込み先
http://www.dream-marketing.jp/contact/


ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

補助金申請&海外ビジネスに成功するプランづくりのコンサルティング 申込み

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先(携帯電話)】
【E-Mail】
【通信欄】




・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・  

2017年06月15日

6/30横浜 医療・介護・リハビリ関係者のオールジャパンプロジェクト勉強会

顧問先でありニューヨーク・北京・天津など世界中で医療・介護・リハビリのイノベーションを行い、

日本全国・世界中で多くの方を救おうというプロジェクトが進んでいます。



ニューヨークでは世界最大レベルの病院グループとの業務提携、

北京では7兆円規模の国家プロジェクトの医療グループ、

天津では医療大学をベースに中国全土との連携を進めています。









そんな巨大なプロジェクトを推進していくチームづくりを現在「かざぐるま鶴見」さんが事務局になり、

日本全体でチームを作る、「Team all japan-絆-project」を進めています。



その勉強会を6月30日に横浜で開催します。


ぜひ、世界の医療の現場のレポートを通じて、世界の問題点を解決する、そしてそのノウハウをもとに、

もっと日本を元気にしたい方に是非ご参加していただきたいと思います。


医療・介護・リハビリ関係者の方は、もちろん、

興味がある方は誰でも参加可能です。


詳しくは、かざぐるま鶴見さんからのご案内をご覧ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【かざぐるま鶴見プレゼンツ 勉強会&他施設交流会】


6月30日(金)に先着40名様限定で、勉強会を行います。

テーマは「世界の常識と日本の常識~Team all japan-絆-projectの紹介とメンバー募集~&他施設交流会」です。

当社は中国北京・天津、ニューヨークと事業展開をしています。

そこで実際に見て感じた世界の医療、介護情勢や文化についてお話させて頂きます。

例えば中国の病院は実際どうなっているのか?日本との違いは?、ニューヨークの老人ホームはどれだけ進んでいるのかなど

参加頂く方のメリットは

・中国、ニューヨークの医療情勢や世界の常識が知れる
・海外で働ける、活躍できるチャンスがある
・日本のスペシャリストや世界と繋がることができる
・他施設、他職種と繋がることができる

是非、この機会にご参加ください。

日程:2017年6月30日(金)

時間:18:30~20:00

場所:鶴見区豊岡町3-28第二竹内ビル4F
 (JR鶴見駅徒歩1分)

参加費:1,000円

懇親会:20:15~ 鶴見駅西口周辺

 ※会費は別途徴収させて頂きます。

参加ご希望の方は①氏名、②所属、③職種、④懇親会参加の有無を明記の上、kazaguruma-tsurumi@rose.plala.or.jpまでご連絡ください。

なお、先着40名様限定としておりますので、定員になり次第締め切りさせて頂きますので、早めにご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。
  

2017年06月13日

7/31東京【世界プレゼン】日本式おもてなしで医療・介護・リハビリを世界展開

私が委員長を務めております、
東京和僑会のグローバル・ビジネス実践委員会では、

更に海外で活躍したい方を実践的に応援し、
「世界で成功する多くの成功者を送り出すプロジェクト」を開始します。


「海外・世界に向けてチャレンジをしたい方がプレゼンテーションを行い、
 皆様からアドバイスをいただきながら、
 その日から多くの方と連携してプロジェクトチームを立ち上げ、
 海外進出の成功を支援するプロジェクト」を名付けて、

【世界プレゼン】という名前で開催を毎月行って参ります。


【世界プレゼン】にてプレゼンテーションをしていただく方は、
下記の5つの条件に当てはまる方限定とさせていただきます。

(1)世界・海外を舞台にチャレンジをしたい人
(2)事業プランをプレゼンテーションして具体的な成果を上げたい方
(3)夢を持ちこれから世界を変えていきたい人
(4)パートナー・投資家など、多くの方と連携をしたい方
(5)参加者にとってプラスになり具体的な行動を促すプレゼンテーション

最大の特徴は、一方通行のセミナーではなく、
参加者全員がプレゼンの内容を聴き、成功へ向けてアドバイスをすると共に、
事業のパートナー・投資家・紹介などを通じて、
その日から具体的に成功へ向けて前進しプロジェクトチームを構築することを大きな目的にしております。

第5弾の【世界プレゼン】は、下記の通り7月31日に開催をさせていただきます。


今回は私の顧問先でもあり、日本式おもてなしで医療・介護・リハビリを世界展開されている、

ケアブリッジ株式会社COO、Team all japan-絆-project事務局の、
平田裕也さんです。

先日もニューヨーク最大の病院での業務提携でご一緒させていただき、
また北京の国家プロジェクトや天津の中国での学会で中国全土へそのノウハウを広げ、世界展開を着々を進められております。




今後の日本と世界の医療・介護・リハビリでイノベーションを起こすために、オールジャパンで一歩を踏み出す貴重な場になります。

今回は、特に医療・介護・リハビリなどの分野で世界へ向けてのアウトバウンド、海外からのインバウンドで連携をされたい方のご参加をお待ちしております。


今回のテーマは下記の通りです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【プレゼンテーションの概要】

「日本式おもてなし、思いやりの心で世界の人々をハッピーに
~Team all japan -絆-projectの結成と事業提携成功の秘訣~」

神奈川県横浜市で訪問看護・リハビリを展開しています。

また同グループで月10万円以下で入居できる老人ホームと訪問看護・介護を名古屋でも展開しています。

当社では日本の素晴らしい医療・介護の力を世界に発信し、世界で困っている方々をハッピーにすること、そして世界の素晴らしいものを日本に拡げることを目的に世界展開をしています。

当事業所は「訪問看護リハビリステーション かざぐるま鶴見」です。

「かざぐるま(風車)」は風の力を利用して、風車が回ることで、エネルギーを生み出す(風力発電)ことができます。

我々の仕事は、一人一人の風車が回るためのお手伝いをすることで、風車が回り、生きるエネルギー(生命力)、または人生を幸せにすることです。

これこそが世界で通用している「かざぐるまメソッド」です。

例えば、当事業所の利用者様で80代の女性が転倒で足(大腿骨)を骨折。

手術後、自宅に帰ってきたが、認知症の影響もあり寝たきり状態。

同居している娘、夫が困っている。

そこで、私が週1回、1回1時間の訪問リハビリをすると1ヶ月で自宅内を歩けるようになり、4ヶ月でご家族と外出して散歩に行けるようになりました。

認知症の影響で1時間前のことも忘れてしまいますが、この2年間転倒は一度もなく、家族で生活されています。


グループ会社の名古屋の有料老人ホームにおいては、77歳女性で独居の方。

弊社施設に入所された時には、要介護「5」で、車椅子生活。

医療的には「減薬」のアプローチを施し、食事療法を実施して食生活を改善し、施設の利用者様とのコミュニケーションの増加により心を取り戻し、リハビリを目的とした頻回な運動、外出、散歩などを通して最終的にはご自身で歩けるようになり、現在は要介護「1」まで改善。

今では、元気な高齢者になり、あと少しで社会復帰という所まで回復しています。

ちなみに、この方は経済的にも余裕がない方でしたが、ご本人の年金の範囲内で生活したいということで、弊社独自のシステムで月額8万円の費用ででこれまでお世話をして参りました。



世界の医療・介護情勢をみていくと、中国では65歳以上の高齢者が2億人を超え、また病院を受診するために徹夜で8時間以上並ぶ必要があります。

そして、まだリハビリの歴史が浅く、病気を発症しても十分なリハビリテーションを受けられず、回復ができず、病院では家族がリハビリを行っている現状です。


一方ニューヨークでは、日本のような国民皆保険はなく、そのため医療を受けるためには高額な医療費がかかります。

風邪を引けば10分診療で20万円、薬で10万円がかかります。

また膝の靭帯手術を受けるためには1,000万円近く必要になることもあります。

日本では風邪を引けば数千円、膝の手術を受けても十数万円で可能です。



そのような現状があり、日本の素晴らしい力を結集すべくTeam all japan-絆-projectを結成しました。

このTeam all japanとかざぐるまメソッドにより、中国北京・天津、ニューヨークでの事業提携に成功しています。

Team all japan-絆-projectでは医療や介護に限らず、日本の素晴らしいノウハウや技術をもった企業、個人を募集しています。

是非、皆さんの力を合わせて世界で困っている人々の力となり、世界中の人々も事業を行う人々もハッピーになる事業を一緒に展開しませんか?

【参加者のメリット・連携したい内容】

「日本、中国、ニューヨークでの医療・介護情勢について知ることができる」
「中国北京・天津、ニューヨークでの事業成功の秘密」
「中国、米国から見えた日本式のおもてなし、思いやりの心の素晴らしさ」
「Team all japan-絆-projectのご紹介とビジネスチャンス」
「Team all japan-絆-projectメンバー募集」
「今後のパートナー募集」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のテーマは下記の通りです。

第37回『グローバルビジネス実践委員会』月例会
【世界プレゼン】 

日本式おもてなしで医療・介護・リハビリを世界展開

「日本式おもてなし、思いやりの心で世界の人々をハッピーに
~Team all japan -絆-projectの結成と事業提携成功の秘訣~」


●日 時: 2017年7月31日(月)18:30~22:30 (開場受付・18:15)

<タイムスケジュール>

18:15 開場~名刺交換 (参加費徴収)

18:30 開会の辞:脇田勝利 (東京和僑会・委員長)

18:35 1部/プレゼンテーション 
      平田裕也さん
      ケアブリッジ株式会社COO
      Team all japan-絆-project事務局


19:15 プレゼン事業プランについて、参加者からの質疑応答

19:55 次回予定の御案内他  

20:00 2部/懇親&ディスカッションタイム~22:20  

●会 場:『KAMONKA・點(有楽町店)』

  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアプラザ3階
   TEL:03-5224-6422 

●会 費:「6,000円」 東京和僑会会員&非会員共に同額)
   (会費領収書は、東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』発行)

●定 員:「16名」  参加申込先着順受付にて、締切りとさせて頂きます。
 
※会員以外の一般の方々からも、お気軽に参加申込をお待ちしております。

★プレゼンターは、プロジェクターへの接続ケーブル[15ピン」対応のパソコンを、持参願います。



【お申込先】


●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/


ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

7/31東京和僑会 講演 参加申込み

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先(携帯電話)】
【E-Mail】
【通信欄】




・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・   

2017年06月02日

6/22ニューヨーク 第29回NY MBAの会 『プロジェクトファイナンスの理論と実践』

ニューヨーク在住のMBAの皆様主催の講演会のご案内です。

私も今まで可能な限り参加するようにしておりますが、
ニューヨーク進出やアメリカで成果を上げるために、
とても有意義な会です。

MBAホルダーの皆様のロジカルな分析力は、
知的好奇心を満たしてくれます。

今回は、「プロジェクトファイナンスの理論と実践」がテーマです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NY MBAの会は6月22日(木)午後7時より、グローバル・ラボ(545 8th Avenue, Suite 1410)にて第29回月次定例会を開催します。

今月のMBAの会は、日系の金融機関でプロジェクトファイナンスに従事されている佐野さんをお招きして、インフラへの融資に関する手法を議論します。

通常の企業向け融資とは異なり、プロジェクトファイナンスは個別に事業関連契約を作り込み、建設・販売・保守点検といった事業の運営に必要な契約をパッケージにして融資を行います。

仮に毋社企業が非常に信用力の高い企業でも、プロジェクトそのものが頓挫した場合は毋社企業には返済義務のないノンリコース型と呼ばれる融資手法が用いられることが多く、リスク分析と契約の作り込みが鍵となります。


今回はインフラ・プロファイというきわめて専門性の高いテーマですが、佐野さんは非常にスマートで説明が上手な方なので、プロファイに興味はあるけど敷居が高くて今まで踏み込めなかった方におすすめです!

プレゼンター: 佐野和秀さん

東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒業、某大手都銀に入行、一貫してプロジェクトファイナンス畑を歩む。シンガポール駐在を経て2014年〜2016年ハーバード大学MBAに社費留学。MBA修了後は同行米国ニューヨーク支店に配属。現地社員100名を擁するプロジェクトファイナンス部隊で、グローバルマネージャーとしてMBAで学んだ理論と海外駐在で培った経験を活かしながらも、実務との違い・地域の違いに日々悪戦苦闘している。

日時:6月22日(木)

午後7時~8時:ネットワーキング・自己紹介
午後8時~9時:プレゼンテーション
午後9時~10時:懇親会

場所:Global Labo
545 8th Ave. Suite 1410, New York NY(bet. 37 & 38 St.)

費用:【ワンドリンク付き】
社会人-$15、学生・Gラボ会員-$10(当日現金で徴収・学生証をご提示ください)

参加ご希望の方はお早めにFacebookのイベントページ(https://www.facebook.com/events/1968010906789588)から参加ボタンをクリックしていただくか、

Eメール(nymbanokai@gmail.com)にてお申込みください。

また、過去のイベントはNew York MBAの会ホームページ(https://newyork-mba.com/)をご参照ください。  

2017年05月30日

6/16福岡 『WAOJE FUKUOKA第1回定例会』開催のご案内

世界で活躍する日本人をサポートをさせていただいております。

和僑会から実質新しく組織化されているWAOJEが福岡で開催されておりますので、
故郷、福岡&九州の活性化のためにブログにてご紹介させていただきます。

日本人のネットワーク和僑会と共にWAOJEでも、

世界で活躍する仲間と共に、日本を含めた世界で圧倒的な成果を上げて参ります。




下記、WAOJEの公式ホームページからのご案内です。



WAOJEとは、World Association of Overseas Japanese Entrepreneursの頭文字をとったグループで、
海外を拠点とする日本人起業家のネットワークです。

都市を単位としながら、世界中に活動拠点を増やしています。

世界各地で、現地に根を張り、現地の方々を相手にビジネスをしている日本人起業家が、

都市や国を越えてつながることで、有意義な出会いや新たなビジネスチャンスを生み出すことを目的としています。

今後、WAOJEが世界規模のネットワークへ成長することで、日本にとっても重要なビジネスインフラとなると考えています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『WAOJE FUKUOKA第1回定例会』開催のご案内

福岡をベースに上海、香港、シンガポールに海外展開されている明倫法律事務所代表弁護士田中雅敏氏をお招きして「WAOJE FUKUOKA第1回定例会」を開催させて頂きます。
是非、海外ビジネスのメリットを皆さまに知って頂けましたら幸いです。

2017年6月16日(金)18:30受付開始
19:00-20:00(講演&質疑応答)
20:00-21:00(立食パーティー)

会場:天神テルラ
福岡県福岡市中央区天神

明倫法律事務所
講師:代表弁護士 田中雅敏氏


【講師プロフィール】
慶應義塾大学卒。福岡の「明倫国際法律事務所」代表パートナー弁護士。上海、香港、シンガポールに事務所を開設している他、アジア全域及び欧米での国際的ネットワークを有している。また、知的財産権にも精通しており、国際法、知的財産権法、契約法等様々な観点から、海外に展開する日本企業に対する豊富な支援実績がある。




参加申し込みは下記のfacebookイベントページよりお願い致します。

●『waoje Fukuoka第1回定例会』開催のご案内
https://www.facebook.com/events/301280040321783/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22event_calendar_create%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D¬if_t=event_calendar_create¬if_id=1496136662315635



  

2017年05月26日

7/2〜7 南アフリカビジネス研修 〜ジンバブエ政府公認ビジネスツアー〜

ロサンゼルス在住の友人、川又 尋美さんからのご案内です。

2030年には1兆ドル市場を生み出すと言われている南アフリカマーケットの現地研修のご案内です。

ジンバブエ政府公認で個人旅行では行けないVIP対応の滅多にないチャンスです。

以下、川又 尋美さんからのご案内です。

興味がある方は、この機会にぜひご参加をされますことをお勧め致します。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
南アフリカビジネス研修〜ジンバブエ政府公認ビジネスツアー〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応募期間 応募期間:2017/5/22〜6/15

日程:7月2日~7月7日

15名限定の南アフリカVIPとの商談、レセプションツアーです。Zimbabwe警察の護衛、通訳者、同伴者が付いているので安心してビジネスに集中して頂けます。個人旅行では行けないVIP対応のツアーとなります。
この機会をお見逃しなく!
※すでに9名の方が確定されておりますので定員に達し次第応募を締め切らせて頂きます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前にビジネス概要をお伝えください。
御社にマッチした現地政府関係者、VIPとの商談をセッティングさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●アグリビジネスを中心に2030年には1兆ドル市場を生み出すと言われている南アフリカマーケット!VIPとの商談機会は本研修のみ!

アフリカは最後の成長市場と言われています。まさにアフリカは市場争奪戦に突入しています。ポイントは現地政府関係者、VIPとのコネクションです。今回のビジネス研修では直接VIP達との商談機会をご提供いたします。

‐なぜ可能なのか?‐

本ビジネス研修は、Zimbabwe政府重役のPeter氏との提携により実現しています。Peterは南アフリカ市場に日本車を輸出している専門商社の経営もしており実に90%の日本車シェアはAuto Motors社より輸出されています。
顧客にはトヨタをはじめ日本大手企業との提携実績があります。

●ユネスコの世界遺産巡り!ツアーも個人旅行では体験できない特別ルートでご案内します。Zimbabwe警察の護衛だけでなく、日本語によるガイド付きで安心のVIP対応です。

ナイアガラ、イグアスと並ぶ世界三大瀑布の一つである「ヴィクトリアの滝」や国内最大の国立公園をサファリカーで周りながら野生のライオン、ヒョウ、アフリカゾウを間近で観察することができます。巨大な天然岩や王妃が住んでいたといわれる跡地「グレートジンバブエ遺跡」も特別ルートにてご案内いたします。

●ビジネス研修概要

1日目はZimbabwe首都ハラレ内を観光します。通常は訪問ができない政府関連機関や現地VIPからビジネスを学ぶ内容となっております。またユネスコ世界遺産に登録されている「グレート・ジンバブエ」も特別ルートにてご案内いたします。

2日目は、現地VIP達向けのビジネスプレゼンテーション、販売、商談ブースを用意した”日本市”を開催致します。Zimbabwe側には事前に御社の情報を提供しますので効果的なマッチングが期待できます。夕方より現地政府関係者、VIPとのレセプションパーティを予定しております。

3日目は、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産巡りツアーを決行します。ヴィクトリアの滝をはじめ、サファリカーで国立公園を巡るなどスケールが違う広大な大自然をご体感いただけます。日本語が話せる現地ガイドによる特別なルートをご案内いたします。

4日目は、自由行動となります。無料で商談の調整、振り返り研修へご参加頂けます。各自のタイミングで空港集合となりますが、VIP対応のハイヤーを手配いたしますのでご安心ください。


●南アフリカビジネス研修担当

(1)株式会社アクティビスタ代表取締役 河合克仁

筑波大学 非常勤講師(キャリアデザイン担当)
内閣府 地方創生推進事務局拝命 地域活性化伝道師
上場企業経営者勉強会 志絆塾 代表事務局

2006年、筑波大学体育専門学部卒業。同年、人材教育コンサルティング会社に入社。営業、コンサルタントとして社長賞、MVPなどの社内表彰も多数。
2015年株式会社アクティビスタを設立。1000名以上の経営者に会って直接コミュニケーションを取ってきた経験を土台に、社会で活躍する人材育成から逆算した成長空間プログラム作りに励む。1万人を超える上場企業の採用、育成支援、および新規事業プロジェクト・コンサルタントとして現場の指導、育成に取り組み、業績向上に大きく貢献する。
母校筑波大学では、学生向けのキャリア教育授業を担当。また、2016年4月からは人材教育と育成を通した未来創造型ワークショップを通して、地方創生支援事業にも携わる。

(2)Chief Projects Officer, Global Sustainable Solutions Agents
President, Total Motor Mart Co.,Ltd
Peter Gamundani

UMUC BSC Human Resource Management卒業
埼玉県在住。Zimbabwe政府派遣でオランダの大学院を卒業。現地90%以上の日本車はTotal Motor Mart社より輸出されているなど実業家としても国内外で注目されている。日本文化に精通しプライベートでは日本人の奥様と子供たちの良き父親でもある。日本の技術や文化をZimbabweに広めることを目的としている。

(3)Lindoors株式会社代表取締役 川又尋美

ロサンゼルス在住。LindoorsUSA代表取締役。Google Japanのアドバイザーや日本最大級の生活週刊誌の編集長を歴任。台湾、上海、米国に拠点を持ち大手IT企業やメーカーの海外展開支援、プロモーション等多数の実績を持つ。日本と世界の文化価値を共有し繋げることをビジョンとしている。Dell women's entrepreneur conference2017日本代表にも選出されている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●南アフリカビジネス研修概要
2017/7/2-7/7(4泊6日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●応募期間2017/5/22〜6/15

●費用

325,600円(税込)もしくは3,480USD(税抜)

(3日分の朝夕食、レセプション・ツアー・研修費)4日目の自由行動日の昼食費は含まれません。

※航空券は各自手配となります。航空会社などの情報はお申込み頂いた方に折り返しご説明いたします。

●応募条件

・ご応募は20歳以上の方に限らせていただきます。
・本ビジネス研修はお振込みが完了した段階で参加確定となります。
・定員が15名に達した時点でお申し込みを締め切らせていただきます。
・本ビジネス研修の応募規約にご同意いただいた方。なお、お申込みされた時点で本規約に同意したものとみなします。

●個人情報の取扱いについて

・お申込みの際にご連絡いただく住所・氏名・電話番号は、研修の連絡やご本人様確認のために使用いたします。
・その他、個人情報に関しては、当社のプライバシーポリシーをご参照ください。

●クーリングオフについて

・研修費の着金日を含む8日以内
・ただし、研修初日(7/2)までの日数が8日間に満たない場合は、ご解約手数料が発生いたします。
・クーリングオフは、当該クーリングオフを希望する書面を発行したときに効果が生じます。
・クーリングオフがなされた場合、当社は損害賠償又は違約金の支払いを請求することはできません。
・クーリングオフがなされた場合、当社は受領している研修料等の金銭全額を直ちにお返しします。

●研修内容について

・ご参加者には事前研修、現地研修、振り返り研修を提供させていただきます。
・研修は、株式会社アクティビスタ代表取締役河合が担当いたします。
・研修内容、配布資料等の詳細情報を第三者に共有することはご遠慮ください。
・研修の写真等は当社が事前に確認させていただいた写真のみをSNS等でご共有いただけます。※行政関係者、VIPの方が多数ご参加されますので安全のためご理解のほどよろしくお願いいたします。

●参加確定について

・お申込み者先着順となります。15名の定員に達し次第応募を締め切らせていただきます。
・お申込み後は4日以内にお振込みを完了させてください。4日を過ぎますとお申込みを無効とさせていただきます。
・研修ご参加の権利はご本人様のもので、第三者への譲渡や換金はできません。
・研修の換金・清算には応じられません。




●南アフリカビジネス研修お申込み方法

下記サイトよりお申込みください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/zimbabwe
  

2017年05月25日

7/9・10軽井沢 東京和僑会『会員交流サロン』

海外を目指す起業家や経営者にとって、最適な会が和僑会です。

世界を舞台に活躍する日本人のネットワーク和僑会が、
世界各地へ広がっております。

その中でも最大の和僑会が東京和僑会であり、
世界中の日本人のハブとして更に東京の重要度が高まっております。

世界中で活躍する日本人の連携を更に深め、
海外進出やインバウンドなど世界のチャンスを実践的に獲得して参りましょう。


今回は、東京和僑会の特別企画として、

軽井沢での会員交流サロンの開催です。

軽井沢の地で世界で活躍するメンバーと一緒に交流し、

世界を舞台に活躍するきっかけづくりを進めていただけますと嬉しいです。




先着10名限定の1泊バスツアーです。

参加費は、夕食バイキングに飲み放題を付けて「12,000円」で、翌朝のゴルフ組はプレー費込みで「18,000円」と破格値です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京和僑会『会員交流サロン』・17回特別企画、開催御案内!

東京和僑会・会員の親密度を高め、会員同志が本音で語り合い連携出来るチャンスを掴む、交流会を会員交流委員会が『会員交流サロン』と銘打ち運営させて頂きます。

【参加資格】

1、東京和僑会・会員で、あること。
2、他地区和僑会・会員で、あること。
3、海外に拠点を持つ、会員のお役立ち出来る士業様。
       (参加費徴収のゲスト取扱)


<特別企画:1泊バスツアー・軽井沢>

【日 程】2017年7月9日(日)~10日(月) 

【集 合】7月9日(日)・08:45新宿都庁大型バス駐車場

【ホテル】   「ホテル グリーンプラザ軽井沢」

【会 費】  「12,000円」  
         ゴルフ組(4名限定) 「18,000円」

(会費領収書は、東京和僑会『会員交流委員会』発行)

【定 員】  「10名」  ゴルフ組(4名限定)

参加申込先着順、受付締切りとさせて頂きます。 
参加申込は、下記Facebookイベントで、お願いします。

※参加申込者には、旅程詳細をメールにて御案内申し上げます。

●7月9日 東京和僑会『会員交流サロン』・17回特別企画、開催御案内!

https://www.facebook.com/events/201205340370389/227524347738488/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22admin_plan_mall_activity%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D¬if_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1495613649131721  

2017年05月23日

9/3・9/4 2017年 WAOJE世界大会inバンコク

毎年参加している和僑会&WAOJE世界大会のご案内です。

今年の開催は、9月3日〜9月4日にタイ バンコクで開催されます。

現地ローカルの方が多数来場される、同時開催の物産展は9月1日〜3日です。

今年も私も参加予定です。




世界中から日本人起業家が集まる世界大会に参加すれば、
一度に多くの方と連携ができますので、
参加するメリットが十分にある大会です。

さらに世界中で多くの日本人が活躍するお手伝いを進めて参ります。


下記、JAPAN EXPO IN THAILAND実行委員会の皆様からのご案内です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年バンコク開催 WAOJE世界大会の日程が決定!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年、タイのバンコクで開催された世界大会。

アジア各国で事業を営む方々が集結した同大会は、過去最大規模で催されました。

大会では、経営コンサルタントの大前研一氏をはじめ豪華講師たちによる講演の数々や、日本とタイ、アジアを結ぶ物産展の開催、参加者による大交流会など、ビジネスチャンスを求める方々にとって、新たな出会いや発見に溢れたイベントとなりました。



大会名は「WAOJE GLOBAL VENTURE FORUM」

WAOJEとして第一回目となるバンコク世界大会は、大会名称も一新することにいたしました!

今年から「WAOJE GLOBAL VENTURE FORUM」という名称で統一し、世界中で活躍する日本人起業家たちが交流できる大会を目指します。

●WAOJEの新Webサイトが立ち上がりましたので、以下URLからご覧ください。
http://waoje.net/

世界大会に出演していただく基調講演者や、大交流会での趣向を凝らした演出などは、WAJOEの実行委員会メンバーたちが熱のこもったミーティングを繰り返し、候補者を選定しているところです。


基調講演に出演していただく方などが決定次第、お伝えしていきます。




●WAOJE GLOBAL VENTURE FORUM in BANGKOK

開催日程:2017年9月3日(前夜祭)、4日(本大会)/9月1日〜3日(物産展)
開催場所:Centara Grand&Bangkok Convention Centre
MAP:https://goo.gl/maps/jGoNJuoXYaL2

【物産展出展ブースの募集】

大会と併行して催される物産展では、出展ブースを募集しています。

今年の物産展は、JAPAN EXPO IN THAILAND 2017の会場内での開催が決定!

JAPAN EXPO IN THAILANDとは日本の文化や観光、食、モノ、技術、留学、就職をタイ国内で大々的に発信しているイベントです。

購買力の高いタイ人が多数来場しますので、市場調査や販売、周知を目的としてご活用いただけます。


物産展開催日時:2017年9月1日(金)〜3日(日) 11:00〜20:00

会場:サイアムパラゴン5階 ロイヤルパラゴンホール(世界大会の会場から徒歩10分の距離にあります)
MAP:https://goo.gl/maps/oG7Yx8EguzE2

出展ブース数:20〜30(WAOJEメンバー向け枠)

来場者数:100,000人(3日間のべ人数)

出展料:大ブース(サイズ3m×3m) 85,600バーツ(VAT込)
    小ブース(サイズ2m×2m) 64,200バーツ(VAT込)

お申し込み締切り日:2017年6月30日

※世界大会への参加がまだお済みでない方でもお申し込みいただけます。

お問い合わせ・お申し込み先:info@japanexpothailand.org(JAPAN EXPO IN THAILAND実行委員会)  

2017年05月16日

7/13クアラルンプール視察ツアーのご案内

今まで150名以上の方にご参加をしていただき、
多くの方から「人生が変わりました!」「海外進出の第一歩を踏み出す事が出来ました」「今までの海外旅行でも最高の体験になりました」と言っていただく、自信を持ってお勧めするツアーのご案内です。

今回はさらにパワーアップし、現地で最高レベルの専門家と連携し、
より実践的に海外進出のご支援を進めます。







マレーシアクアラルンプールを玄関口にアジア全体に進出をすることが可能になります。

今のうちに、お早めにマレーシアに訪問されて海外進出の一歩を踏み出す事を心からお勧めいたします。



この機会に勇気ある一歩を気軽に踏み出しませんか?


「海外進出したいけど、具体的にどうして良いか分からない」
「これからはアジアの時代というのは分かっているので、アジアの成長を取り込みたい」
「よく分からないけど、観光以外で海外に行ってみたい」
「日本のこれからが心配なので、世界を舞台に何か出来ないかと考えている」
「個人の資産運用や、会社の海外進出など、これから世界を舞台に行いたい」

という方にお勧めのマレーシア視察ツアーのご案内です。
どこにもない海外進出の実践的なツアーです。

一緒に勇気ある一歩を踏み出して、
世界を舞台にチャレンジしませんか?

お申し込みの流れをご説明させていただきます。



(1)お申し込み
末尾のフォームにご記入の上、脇田勝利宛にメールかメッセージを送ってください。

(2)参加費のお振込
下記の金額をお振込お願いします。

100,000円(消費税別途)

(3)ご要望ヒアリング・コンサルティング

下記のご要望をメールにてお送りください。
後日、面談かSkype・メールにてコンサルティングをさせていただき、
今回のツアーで最適な形でカスタマイズを行い、
最大の効果を生む内容にて提供させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
●渡航のスケジュール希望
●今回参加する目的・ご要望
●将来の海外進出の展開についてのご希望
●その他 気になること・課題・ご質問
ーーーーーーーーーーーーーーーー

(4)エア・ホテルの手配

ご自身で予約をされるか、
こちらで格安の旅行代理店をご紹介することも出来ます。

(5)マレーシアツアーの準備・渡航

改めて準備が必要なリストをこちらからお送りさせていただきます。
現地では様々なプログラムを体験していただけます。
詳しくは下記本文をご覧下さい。



●なぜ、マレーシアなのか?

マレーシアは、ライフスタイルとビジネスのバランスが最高に良い国です。


マレーシアは、日本人にも大人気の国の一つで、
「ロングステイに関する意識調査」において、ロングステイをしたい希望国として「マレーシア」が9年連続1位に選ばれています。


また一人当たり GDPもタイの2倍ほどもあり、市場として注目をされています。

親日国としても有名で、ルックイースト政策は、日本・韓国の集団主義と勤労倫理を学べという政策で成果を上げ、

個人の利益より集団の利益を優先する日本の労働倫理に学び、過度の個人主義や道徳・倫理の荒廃をもたらす西欧的な価値観を修正すべきである、とするマハティールの提言がなされ、

集団主義や労働倫理の範を、国内の華人ではなく、外国の日本・韓国に模範を求めたのは、マレーシアに独特の人種問題が絡んでいたという多民族国家ながらの問題もあります。

マレーシアは国家主導による工業化の推進を梃子に順調な経済成長を遂げ、途上国の開発の成功事例と位置付けられてきました。

しかしながら、2000 年代に入ってからは東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の他国の台頭や域内統合の進展の中で、「中進国の罠」に陥っているという指摘もあります。

まさに今後は「製造業からの脱却」が求められており、日本人としてもマレーシアを「コストが安い」という理由ではなく、
アジアのハブとして、また市場としていかに取り込んでいくかが重要になります。

エアアジアの本拠地として、
アジア各国へ格安でアクセスが出来るのも魅力です。

ビジネスとプライベートのバランスが非常に良い国と言えます。







日本人として数時間で行けるマレーシアを活用しないと、もったいないと言えます。

「“日本の常識”を全て捨てしまい、ゼロから世界で何が起こっているかを五感を通じて体感出来る」マレーシアツアーの募集を開始いたします。

今までの多くの方が海外進出・グローバル化をスタートし、成果を上げてきた実績あるツアーです。
私も現地でコーディネイトをさせていただきますので、

ぜひ、ご参加お待ちしております。



『人生の可能性を広げる、マレーシアクアラルンプール視察』

■【日程】2017年7月13日(木)終日




マレーシアでトップクラスの実績を持つ専門家と連携して講演&実践的なコンサルティングを行い、
実践的な海外進出の第一歩を踏み出していただけます。

下記は現地でのスケジュール例です。
参加される方に最適な内容で進めさせていただきます。


●2017年7月13日(木)

9:00〜 ホテルロビー集合
9:00〜18:00 参加者のご要望に応じて、マレーシアクアラルンプール視察・コンサルティング
19:00〜 現地起業家・経営者を集めての講演・プレゼン・交流会

■【定員】

先着5名

■【本ビジネスミッションの特色】

・海外進出の第一歩を踏み出すのに最適
・現地マレーシアでNO.1の実績を誇る専門家に相談できる
・具体的なマレーシアを拠点にしたアジア進出のプランが明確になる
・日本での個人・法人両面からの事前コンサルティング付き
・ワンデイ(One Day)勉強会のため気軽に参加出来る。
・海外進出を将来したいが、どうして良いか分らない方はプランが明確になる
・これから海外進出を考えたい経営者を主な対象
・アジアの熱気を五感を通じて体感出来る。
・日本にいては気付かないビジネス投資チャンスに気づく。
・日本人がコーディネイトするため、安心して参加出来る。


■【参加費】

100,000円(消費税別途)

 ※事前のお振込をお願いいたします。
 ※旅費・宿泊費・食費などは含まれておりません。
 ※お申し込み完了後のキャンセルは100%のキャンセル料がかかりますのでご了承ください。


■お申込先

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

7/13クアラルンプール視察ツアーのご案内

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

下記の確認内容をご確認の上、承諾をいただいた方のみのご参加となります。

※本ツアーの目的は「海外進出の現地視察&勉強会&現地の方との交流」です。
※上記以外の行動は、全て皆様個別の判断で行ったものであり弊社では責任を負いません。
※参加費は、勉強会の参加費と事前の海外進出の経営コンサルティング料であり、旅費・宿泊費・食費などは含まれておりません。
※本ツアーはあくまで、勉強&情報提供を目的としたものであり、勧誘・販売を目的としたものではありません。
※本ツアーによる一切の行為で発生したいかなるトラブル、損失及び損害に対して、責任を問いません。
※反社会的な勢力ではなく、日本・マレーシア・諸外国の法律やコンプライアンスを厳守します。  

2017年05月10日

「楽して稼ぐ」アメリカに学ぶ

アメリカと日本のデュアルライフを通じて感じていることがたくさんありますので、
ぜひシェアさせていただきます。


アメリカという国は、本当に面白い国です。

一言で言うと「楽して稼ぐ」ことを追求しているのがアメリカです。

「楽して稼ぐために、全力を注ぐ」というパワーを感じます。



それに対して、日本は「全力を注ぐことが美学」になっていて、

何のために全力を注ぐのかを見失っている気がします。


例えば、最近日本で旬の話題が「働き方改革」。


残業を減らしましょう、プレミアムフライデーで強制的に休みましょう、というのが前面に出ていますが、

それはあくまでも手段です。


目的は何のためでしょうか?


日本は本当にその本質を見失っています。

手段が目的化してしまい、本来どこに向かっているかが明確になっていません。


アメリカの良いところは「圧倒的な合理性」です。

残業は基本的にしません。

17時頃大リーグを観に球場に行くと、
みんなカジュアルでビールを飲んで騒いでいます。

たまにスーツを着ている人を見かけると間違いなく「日本人」です(笑)





アメリカ人の発想として、
徹底的に家族主義、プライベート重視です。

自分のライフスタイルを守るために、仕事をしています。


そこに圧倒的な投資をすることに糸目をつけません。


例えば、アメリカでは大学に行ってその後、大学院やMBAに行くことが当たり前になっており、

MBAをとって卒業する際は、2000万円の借金を背負って社会に出ていく人はザラです。


その投資を合理的に行い、それを上回るリターンがあるのがアメリカです。

「楽して稼ぐために、全力を注ぐ」ことに自分の時間やお金を投資し、
それを何歳になっても行うことが出来るのがアメリカの凄さです。

アメリカの大学や専門学校、MBAなどは30代・40代・50代の人がザラにいるし、

何歳になってもチャレンジをすることが当たり前になっています。



「日本人の常識」を一度疑ってみることも大切だとアメリカに滞在し感じています。


「あなたは、何のために全力を注いでいるのでしょうか?」

その問いに答えることが、日本人の幸せと働き方を考える上で、
とても重要です。
  

2017年05月09日

5/19ニューヨーク異業種交流会「熊本地震を乗り越えて 熊本から世界への挑戦」

ニューヨークで成果を上げている方や今後ニューヨークでチャレンジしたい方が講演をし、

NYでの連携を進めるニューヨーク異業種交流会のご案内です。




5月は私の故郷九州の熊本から世界を目指す、

ムーンムーン株式会社 代表取締役 竹田 浩一さんです。


外見は少し怖そうなイメージですが、
お会いしてみると全く違います(笑)

抱腹絶倒の講演になること間違いありません。


竹田さんはコンサルティングでお手伝いをさせていただいた後、
ニューヨークツアーに参加していただき、
その後現地に法人を設立し、本格的にアメリカ進出を開始しています。


一年前に起こった熊本地震を乗り越え、
日本全国&アメリカで大活躍をされている起業家です。


竹田さんは、天才的な経営者で特に誰もマネの出来ないほど素晴らしいPR術で、

日本全国のテレビなどで取り上げられるノウハウをお持ちです。


その手法でニューヨーク&アメリカでも暴れてくれること間違いなしです。

当日は私も応援に駆けつけます。

ぜひ皆様のご参加お待ちしております。

ありがとうございます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第168回 月例ニューヨーク異業種交流会 

5月19日(金)

「熊本地震を乗り越えて 熊本から世界への挑戦」

講師: 竹田 浩一氏(ムーンムーン株式会社 代表取締役、睡眠改善インストラクター)
 
NYで頑張る方々の出会いを提供する場として、2002年から始まった月例ニューヨーク異業種交流会。第168回目を迎える今回は「熊本地震を乗り越えて 熊本から世界への挑戦」と題して竹田 浩一さんを熊本からお迎えします。

竹田さんの経営する会社は、熊本県熊本市に位置し、昨年熊本を襲った熊本地震では本社社屋が倒壊の恐れがあり、地震以降2か月間は各自在宅業務にて会社運営を余儀なくされました。結果、本社は移転することになり、2か月後に事業は正常に行われました。

竹田さんは、2005年、大学在学中より、インターネットを使ったコンテンツ企画販売ビジネスを手がけ、大学卒業と同時に法人化。以降6年以上にわたって、少数精鋭、高収益体質のビジネスモデルを構築します。2011年、自身が長きにわたって抱えていた睡眠障害を劇的に改善してくれる商品と出会ったことで、睡眠専門会社の創業を決意されました。

同社では、光で起こす目覚まし時計や横向きに寝る枕など、現在は非常識ですが、将来常識となるような文化を広めるために「非常識を常識にイノベートする」という企業理念の元独自の切り口の快眠グッズを製造販売しています。

先日は、中小企業庁のはばたく中小企業・小規模事業者300社・商店街30選2017に選定されました。また、2016年にはNYでも会社を登記し、今後は自社製品を世界に売り込むべき世界戦略をたたています。そんな竹田さんに、熊本地震のその時と、現状とご自身のビジネスに関してお話をして頂きます。

そして、講演の後は恒例の有志による自己PRコーナーで、皆様の活動を応援します。我こそは発表したい!という方はお気軽にお申し込みください。人脈は力です。本会を、NYに住む様々な日本人との出会いの場所としてご利用下さい。今後も、グローバルラボは日本人コミュニティの繁栄に貢献します。ニューヨーク生活のきっかけはグローバルラボから!

先着60名。


●開催日: 5/19(金) 7:00~9:30pm

●会場:Global Labo
     545 8th Ave Suite 1410 (bet. 37 & 38th St.)
参加費:$45 (一般)、$40(グローバルラボ会員)※1、 $30(学生)※2 
     Buffet & Drink

●主催:Grobal Labo, Inc.

●Email:contact@glabony.com

●協賛 :黒木本店、柳田酒造、渡邊酒造、落合酒造、古澤醸造、京屋酒造、小玉醸造、アサヒビール、

●タイムスケジュール

6時45分 受付開始
7時~8時 交流会(食事・飲み物)
8時 講演
8時50分 1分間自己PRコーナー
9時~9時半 交流会
9時半以降 そのまま2次会へ(飲み物はCash Bar)


※1 Global Labo 会員価格です。この機会に是非、ご入会手続きを。
 NYと日本でご利用できる素敵な会員特典がございます!
 会員特典詳細&お申込みはこちらから。

※2 学割は、大学生、院生、専門学校生、語学留学生の24歳未満。学生証と年齢が確認できるものをご持参のうえ、当日キャッシュバックいたします。

●主旨

クチコミで広がった本会は、参加者メーリングリストが7000名以上が参加するニューヨーク最大規模のイベントに成長しました。NYにはたくさんの日本人が暮らしてますが、なかなか知り合うチャンスは少ないものです。特に異業種の人となると出会う機会は皆無といってもいいでしょう。こうした「出会いの壁」を取り払う場として、本会を活用してください。 独身、既婚は関係なく、年齢層も幅広く誰でも参加できる会です。 入会金や登録費など一切かかりません。 カジュアルですが、まじめな会です。お一人でもご安心してお申し込みいただけます。 本会を通して、ニューヨーク、ニュージャージーでの交流の輪を広げてください。

●ニューヨーク生活のきっかけはGlobal Laboから!

 仲間内で発足したニューヨーク異業種交流会は、今では登録者7000名以上を超える日系最大の会となりました。 すばらしい講師、素敵な会場で、これからも元気溢れ、活気ある会を続けていきます。 ニューヨーク生活のきっかけはGlobal Laboから始まります。



●参加申し込みは下記の公式ページから

http://www.igyoshu.com/
  

2017年05月01日

8/30〜9/1 上海国際ビジネス会議2017 出展社募集

世界中で開催されている展示会に出展することは、海外進出に向けて一回で多くの見込み客を集め、パートナーも含めて多くの方に告知を出来るチャンスです。

私のコンサルティング先の企業も、小さな中小企業であっても、
世界中の展示会に出展し、顧客の獲得やパートナー、仕入先などの開拓に成功し、
今やアメリカ・ヨーロッパ・中東・アジアへの展開に成功しています。


今回のご案内は「上海国際ビジネス会議2017」の出展社募集のご案内です。


下記、主催者からのご案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




●上海国際ビジネス会議SICCとは?

なぜあなたは上海国際ビジネス会議に出席すべきでしょうか?
上海国際ビジネス協議会(SICC)は中国インターネット部門の展示会として事業規模と最高グレードをもって開催しています。中国で開催している全ての社会、産業、ビジネスイベントの中で最も影響力ある展示会です。過去ワンダビジネス協議会として知られている上海国際ビジネス協議会(SICC)は、業界で最も影響力のあるイベントとして認識されていますが、その規模は1300以上の商業プロジェクト、展示会を構成する300の有名ブランドをカバーし、総参加ブランドは、8000以上、延べ参加者数は450万人に達しています

●開催概要

会期:2017年8月30日から9月1日まで(水曜日 - 金曜日)

会場:上海国家会展中心(虹橋)

主催:上海市政府中国商工会議所・ワンダグループ

イベント主催者:ワンダワンダコマーシャルMAPIC
ICSCネットワーク技術

想定入場者:100,000人以上


本展覧会は上海市政府からの招聘に基づき中国商工会議所とワンダグループとの共催展覧会です。上海の国際的地位と影響力の観点ばかりでなく出展者とブランドを向上させることができます。2017会場の従来の開催地北京から上海に移行しました。本展覧会には知名度の高い小売店及びブランドを招待することを計画しています

●上海国際ビジネス会議への参加者は?

・著名なブランド、エージェント、サービスプロバイダー、商業開発と企業支援する業界10万人以上
・国際的な小売ブランドやエージェント及び中国国内25000人以上が参加
・衣類、ブティック、レストラン、子供向けの娯楽、(新しい海外ブランドを含)、600以上の有名なブランドの展示
・著名な企業、ショッピングセンター、百貨店、スーパーマーケット
・商業用不動産として全国ワンダプラザのプロジェクトサイトの中国の有名なブランド300の展示
・商業的供給業者・サービスプロバイダー・商業デザイン・ビジネスコンサルティング・業界全体のサプライチェーン
・著名な経済学者・国際要人・国の省庁・上海市政府・業界団体のリーダー著名な起業家
・100社を超える全国の主流メディア、専門のメディアと新しいメディア


●上海国際ビジネス会議に出席する優位性は?

・多様化した中国ビジネスの世界で最もプロフェッショナルで最も実用的且つ多国間協力のプラットフォームによる商業プロジェクト、
小売ブランド、参加エージェント、ビジネスサービス

・ 商業的なプロジェクトサイトとブランドのエージェントを直接見ることが可能。加えてブランド店舗の場所に直接行くことができる。

商業ブランドは速やかにプロジェクトを実現するため第三者を仲介とした交渉と契約を実施

・総合的な最新の製品展示やビジネス・エンティティと国境を越えた協力のアップグレードを促進するために、営利団体のためにビジネスシナリオの知恵等の「本当の+インターネット」ソリューションを提供

・ラウンドディスプレイやクレジット、投資、銀行、保険、その他金融サービスとネットワークインテリジェンス製品を提供

・商業デザイン、ビジネスコンサルティング、陳列空間等、優れたインテリジェンス・サービス業界全体のサプライチェーン・サービス・プロバイダの協力を協議

・ビジネスリーダーや業界に大きな影響力のある有名な経済学者の基調講演により、最新の世界的なトレンドと情報を入手

・継続的なパラレルトレード交換フォーラムは、業界団体や大手出展者により主催され異なる事業領域に参加し交流することによって発展する。業界の異なる様々な方式を議論し、ロードマップの革新的な管理を共有

・プロモーションを通じ専門のメディアチャネルブランドによって企業の影響力を最大化し参加者のビジネスを強化


●上海国際ビジネス会議(SICC)のハイライトは?

(1)商業的プロジェクト商談会
(2)有名ブランド協力と協議
(3)ビジネスの知恵ソリューション
(4)サミット貿易交流
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




下記、東京和僑会の理事 小川 正さんからのご案内です。

興味がある方は、お気軽にお問合せお待ちしております。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』情報として、御案内申し上げます。

『“上海国際ビジネス会議”万達グループへの出展社募集』

“上海国際ビジネス会議”全体概要は、参考に添付申し上げますので御覧願います。

添付資料には、締切日が5/16とございますが、「5/31」と東京和僑会経由申込の方につきましては、締切を延長願いました。

ご存知の『大連万達グループ』が、“上海国際ビジネス会議”に参加して、グループ出展ブースを確保しておりまして、そのブース内の10小間を日本からの企業出展を受け容れると、私自身が以前所属しておりました「新経営コンサルタント協会」に要請がございました。

そこで、東京和僑会関係者に優先的にと、本情報を配信させて頂きました。

御興味の在る企業様からのお問合せは、メールアドレス「ogawa@o-gatsby.com」宛に宜しくお願い申し上げます。

★開催期間:8/30(水)~9/1(金)

★会場:上海国家会展中心(虹橋エリア)

★展示スペース:5平方メートル

★出展費用総額:324,000円(税込)

●通訳:1日1名/27,000円X3日=81,000円 (日中文化経済発展基金会より手配の場合)

※WANDA(大連万達)グループ関連企業及び中国全土からの流通業者が、多数来場されますのでチャンスを掴めることでしょう!

東京和僑会・理事(グローバルビジネス実践委員会/運営委員):小川 正  

2017年04月25日

6/15大阪「リアル インドネシアと巨大ハラール市場への扉」講演のご案内

海外進出を考える際に重要なことは、

「市場(マーケット)が十分にあるのか?」という視点が非常に重要です。

その中でも、その後のビジネスの展開を考えていく上で重要なのが「人口」です。


日本の将来に問題があるとすれば「人口減少」です。

日本は2005年に人口が減少に転じ、今後減り続けるのは間違いありません。

今後の日本は成熟した今よりも小さな市場(マーケット)として攻略をし、

もっと海外に目を向けて、人口が多く増えていくマーケットを狙う必要があります。



アジアには、人口が少ない国が意外と多いものです。

その中でもインドネシアは、人口が2億4千万人と世界第4位の人口の多い国です。




また国別ではなく、宗教別に考えてみると、イスラム教徒は約16億人で世界人口の23.2%を占めています。

イスラム教徒が住む地域の出生率が高いことを考えると、今後、イスラム教徒の人口と割合はますます増加し、影響力も大きなものになっていくのは間違いありません。

中でも、東南アジアや東アジアにはイスラム教徒の65.9%が集中しており、
インドネシアは世界最大のイスラム教国です。

イスラム教の方が最も重視するのは「ハラール」です。

ハラールとは、生活のガイドラインであり、イスラム教徒にとっては無くてはならない規準なのです。



つまり、インドネシアとイスラムであるムスリム向け「ハラール」を理解し、

来日をしていただいた際のインバウンドや、

インドネシアやハラールマーケットを狙ったアウトバウンドの両面から攻略をしてくことが、

今後、日本人が成長をしていくためには、非常に重要になります。



大阪でインドネシア&ハラールビジネスの第一人者の神原健司さんが講演をされます。

私の友人でもある神原さんが持っているノウハウは素晴らしいものばかりです。

主催者からのご案内は下記の通りです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第17回トレンドセミナーのお知らせです。

みなさんこんにちは、トレンドセミナー代表の古谷です!

第17回トレンドセミナー
「リアルインドネシアと巨大ハラール市場への扉」
のご案内です!

忍び寄る高齢化、人口減少の影・・
ジリジリと縮小していく日本の将来に
不安を覚えている方も少なくないのではないでしょうか?
今回は急成長しているインドネシアに早くから注目され、
ビジネスをすでに展開されている株式会社マリン通商の
神原健司先生を講師にお迎えし、
これからのビジネスのヒントをお話しいただきます。

神原様よりセミナーの詳細を
ご紹介いただいております。ご覧ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

世界人口が、70億人を突破したというのは昔の話。
今や、75億人に到達する勢いで世界人口は増えています。
しかし、我が国は国勢調査開始以来、とうとう減少に転じました。
これから、世界の中でも類を見ないスピードで人口減少が進むと予想されています。

その中で、我々は一体何をすれば良いのか?何ができるのか?
今回は、ASEAN随一の人口を誇るインドネシアにスポットを当てて、
セミナーを実施したいと思います。

インドネシアは、世界第4位の人口2億5,000万人を抱えるASEAN最大の国でありながら、
人口構成はモスク型で、若年層が非常に多い国です。
更に、GDP成長率は約5%!
単純計算で、GDPが約5兆円伸びていることを示しています。(日本は、0.5%で約2兆円)
インドネシアは、まさに日本が経験した「高度経済成長期」に入ろうとしています。

弊社は、そのインドネシアにおいて5年間、様々な人脈を築いて参りました。
皆様にリアルなインドネシアの魅力をお伝えできればと考えています。
これを機会に、ビジネスチャンスの新たな扉を一緒に開きましょう。


【講義内容】(一部変更する可能性がございます)
1.何故、インドネシアなのか?
2.インドネシアとムスリム
3.HALALマーケットの可能性
4.クライアントの事例紹介
5.インドネシア進出成功のための5STEP


<講師 神原健司のプロフィール>

インドネシア、ハラールビジネスコンサルタント
1964年大阪府生まれ
近畿大学商経学部卒業後、繊維専門商社に勤務。

石油製品卸販売・営業、倉庫業経営に携わる他、英会話学校のマネジメントを経験。

欧米、中国、東南アジアへ渡航し、この頃より海外ビジネスに興味を持つ。

1997年、株式会社マリン通商を設立し、不動産ビジネスに参入。

不動産仲介ビジネスを主業とするものの、縮みゆく日本のマーケットに魅力を感じ得ず、
次世代へのステップとしてアジアでのビジネス、中でも2.5億人の人口を擁するインドネシアおよび
巨大なハラールマーケットへのビジネスに着目。

2013年には、インドネシア現地法人PT. Marina Tradaの設立に参画。

様々なコンサルティング業務を受託し、現地企業、インドネシアローカル、華僑とネットワークを構築。

2017年2月に除菌水メーカーのインドネシアHALAL認証の取得に成功。

現在も、食品メーカーからの進出コンサルティングを受託し、第2号となるHALAL認証の相談依頼もあり、日々研鑽中。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第17回トレンドセミナー
「リアルインドネシアと巨大ハラール市場への扉」

日時:平成29年6月15日(木)18:30~21:30(懇親会終了まで)

場所:大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館 5階C室

講師:神原健司氏(株式会社マリン通商 代表取締役
         インドネシア、ハラールビジネスコンサルタント)

電話:06-6264-9800(大阪産業創造館)

会費:5,000円(懇親会費込み)

参加ご希望の方は、下記メールアドレスにご返信頂くか、

maekawa@globaleyes.jp

又はこのメールにご返信ください。

なお、懇親会場の予約の都合上、お申し込み後のキャンセルは

ご遠慮をお願いしております。

よろしくお願いいたします。

  

2017年04月24日

アメリカの格差を見れば今後の日本が分かる。

米国では最上位の高所得者1%の人々が,国全体の所得の22%を占めています。

しかも最近、その格差が広がっています。


億万長者とその他大勢の貧乏な人、という構図になっているのが今のアメリカというか、

世界的な潮流です。


下記のデータは、アメリカの「世帯所得の平均値」です。




都市部を中心に55,000ドル以上(年収600万円以上)のオレンジ色の層が多いのが分かりますが、

それ以外の都市部以外には、30,000ドル以下(年収330万円以下)の黄色の層が広がっているのが分かります。


ひと・もの・お金・ノウハウなどを集めている都市部に高所得なものが集まりどんどん豊かになると共に、

都市以外の田舎はどんどん貧しくなっているのが今のアメリカです。

その格差がどんどん広がっています。


これは、アメリカに限らず日本や世界中に広がっている傾向です。


アメリカ進出をする際には、高所得の主要都市の富裕層向けのサービスを提供するのが必須だと言えます。

逆に、日本でも所得の高い都市でビジネスを展開することが必要だと言えます。


アメリカで起こっていることは、日本や世界で今後起こる未来がすでに始まっているとも言えます。
  

2017年04月19日

6/20東京【世界プレゼン】世界中から注文が殺到する「100%自然素材だけで創る、“ピースイ”」世界戦略

私が委員長を務めております、
東京和僑会のグローバル・ビジネス実践委員会では、

更に海外で活躍したい方を実践的に応援し、
「世界で成功する多くの成功者を送り出すプロジェクト」を開始します。


「海外・世界に向けてチャレンジをしたい方がプレゼンテーションを行い、
 皆様からアドバイスをいただきながら、
 その日から多くの方と連携してプロジェクトチームを立ち上げ、
 海外進出の成功を支援するプロジェクト」を名付けて、

【世界プレゼン】という名前で開催を毎月行って参ります。


【世界プレゼン】にてプレゼンテーションをしていただく方は、
下記の5つの条件に当てはまる方限定とさせていただきます。

(1)世界・海外を舞台にチャレンジをしたい人
(2)事業プランをプレゼンテーションして具体的な成果を上げたい方
(3)夢を持ちこれから世界を変えていきたい人
(4)パートナー・投資家など、多くの方と連携をしたい方
(5)参加者にとってプラスになり具体的な行動を促すプレゼンテーション

最大の特徴は、一方通行のセミナーではなく、
参加者全員がプレゼンの内容を聴き、成功へ向けてアドバイスをすると共に、
事業のパートナー・投資家・紹介などを通じて、
その日から具体的に成功へ向けて前進しプロジェクトチームを構築することを大きな目的にしております。

第4弾の【世界プレゼン】は、下記の通り6月20日に開催をさせていただきます。

今回のテーマは下記の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界中から注文や代理店の依頼が殺到する画期的な商品ピースイ。

開発者であり堀口代表から今後の世界展開について、講演をしていただきます。




「ピースイ」については、下記の情報をご覧いただくと分かりやすいと思います。


魚介類や海藻類、ヒノキチオール(檜やヒバから取れる成分)など、食品あるいはそれに準ずる素材と、RO水(逆浸透膜でろ過した純水)だけでつくられる「ピースイ」は、燃焼効率改善を狙った製品だ。

「エアクリーナーにピースイを噴霧して通過する空気の改質を促し、燃費改善を目指します。使用の目安は、ガソリン車、ガス車の場合、排気量の1%、ディーゼル車の場合1.5%。効果は約8,000㎞持続します。一般向けに販売しているピースイは33ml入りなので、一本あればガソリン車の場合は3,300㏄の車まで対応できる計算です」

 ピースイには、燃費改善だけでなく、もうひとつの狙いがある。それは、排気ガスのクリーン化だ。

「大気汚染の原因とされる排気ガス中のHC(炭化水素:燃料)やNOx(窒素酸化物)等は燃焼効率が悪いと多く発生します。ピースイを噴霧したエアクリーナーを通る空気を改質することで燃料が効率よく燃え、パワーアップを得ながらにして有害排気ガスの低減も可能となります」

 かねてから環境と健康の問題に興味があった堀口代表。

2003年に世界の人口が2050年には100億人くらいになるのを知り、今後ますます大気汚染からの環境と健康の問題が深刻化するのを懸念したのがピースイ開発のきっかけだったと語る。

「ピースイを身体にも地球にも優しい自然素材だけでつくったのは、大気汚染から起こる気候の変化を軽減したいという思いです。そしてそれだけでなく、あらゆる製品の付加価値として“環境”と“健康”がキーワードとなるとも感じたからです。身体にいいものは環境にも良いというシンプルな発想から味噌汁、焼き魚、ご飯という基本の和食に着目。色々な材料で試行錯誤を重ねた末、約1年半かけて第1号が完成しました」

 ピースイ完成の翌2005年にピースイを製造する会社「NAL9962」を設立。しかし、設立当初はユーザーの声を集めるためのテストとして、知り合いに試してもらっていたところから効果を実感した方々からの注文で、少しずつビジネスとしても規模が拡大していった。

「口コミで広がり販売をしたいという人も現れましたが、まだ納得のいく改良や量産体制も整っていなかったので殆どを断っていました。ところが、ピースイを世に広めるための会社をつくろうという機運が知り合いの社長さんたちの間で高まり、2008年に私を含めた7人で別の会社を起こしてピースイのPRに乗り出しました」

 2010年夏には車雑誌で取り上げられるまでになったピースイ。それまでは、定価も決めず知り合いに安く譲っている程度だったが、雑誌で取り上げられる際にガソリンを一回満タンにする程度の今の価格に決定した。ゆっくりとしたペースだが、ピースイはビジネスとして確実に前進した。

「その後も、紆余曲折はありましたが、ビジネスを前に推し進めてきました。今は代理店もあり、海外からも常に問い合わせが来るなど、ピースイは着実に広がりを見せています。コア部分は企業秘密なので自社で生産していきますが、それ以外の分は外注でまかなえます。今までは自社で生産可能な分しか販売してきませんでしたが、新たな海外からの取引の話にも生産量の拡大をして対応し、積極的にビジネスを展開していきます」

下記サイトより
https://superceo.jp/book/company/i61001/#!3


ご参加お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のテーマは下記の通りです。

第36回『グローバルビジネス実践委員会』月例会
【世界プレゼン】 

100%自然素材だけで創る、“ピースイ”とは!

【内燃機関に使えば燃焼効率改善、電気機器に使えば電気効率改善、人体に使えば体調改善】

●日 時: 2017年6月20日(水) 18:30~22:30 (開場受付・18:15)

<タイムスケジュール>

18:15 開場~名刺交換 (参加費徴収)

18:30 開会の辞:脇田勝利 (東京和僑会・委員長)

18:35 1部/プレゼンテーション 

      「堀口真弘・NAL9962(株):代表取締役」

19:15 プレゼン事業プランについて、参加者からの質疑応答

19:55 次回予定の御案内他  

20:00 2部/懇親&ディスカッションタイム~22:20  

●会 場:『KAMONKA・點(有楽町店)』

  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアプラザ3階
   TEL:03-5224-6422 

●会 費:「6,000円」 東京和僑会会員&非会員共に同額)
   (会費領収書は、東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』発行)

●定 員:「16名」  参加申込先着順受付にて、締切りとさせて頂きます。
 
※会員以外の一般の方々からも、お気軽に参加申込をお待ちしております。
 参加申込は、Facebookイベントからお願いします。

★プレゼンターは、プロジェクターへの接続ケーブル[15ピン」対応のパソコンを、持参願います。



【お申込先】

(1)Facebookをしている方

下記イベントページより参加ボタンを押してください。

https://www.facebook.com/events/1257679540996990/

(2)Facebookをしていない方

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/


ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

6/20東京和僑会 講演 参加申込み

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先(携帯電話)】
【E-Mail】
【通信欄】




・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・   

2017年04月17日

NYを拠点に世界を観る「ニューヨークからの飛行時間」




アメリカへ引越しをスタートしました。

3月下旬に全ての荷物を発送し、
アメリカへの引越しをスタートしました。

その間、日本全国の出張を完了し、
ついに自分のカラダもアメリカへの引越しをすることになりました(笑)

アメリカ展開のスタートは、ニューヨークとボストンです。

ニューヨークはご存知の通り、
世界の経済、ブランドの中心です。

この街で現地日本人やアメリカ人と連携して更なる世界展開と、
日本を元気にするための仕事を進めます。


ボストンは、アメリカで言えば京都のような古都で、
アメリカ発祥の街でもあります。

日本で言えば、ニューヨークは東京、ボストンは京都ですね。


ニューヨークを拠点に世界を観ると、
日本から観るのとは全く違う景色が見えてくるので、不思議です。

例えば、アメリカ人が使う世界地図は下記になります。





アメリカ中心の世界地図で、ユーラシア大陸が真っ二つに分かれている、
日本人から見ると不思議な地図ですが、
アメリカではこれがスタンダードなのです。


ニューヨークからの飛行時間を調べてみましたが、
アジアに行く感覚で北米・ヨーロッパ・中南米・南米にアクセス出来るようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ニューヨークからの飛行時間】

ワシントン 1時間
カナダ トロント 1.5時間
シカゴ 2.5時間
マイアミ 3時間
メキシコ カンクン 4時間
ヒューストン 4時間
サンフランシスコ 5時間
ロサンゼルス 6時間
ニューメキシコ 4時間
ロンドン 7時間
パリ 7.5時間
ノルウェイ ストックホルム 7.5時間
イタリア ミラノ8時間
ブラジル サンパウロ 10時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本からのフライトであれば、
どうしてもスケジュールの関係でアメリカの主要都市一箇所への訪問が精一杯になりますが、

日本以外の国、しかもニューヨークのような地球の裏側に拠点を創れば、
更に普段行きにくい国や都市にもアクセスが容易になり、
更なる世界展開が出来るようになります。

私の仕事やライフスタイルも、
更なる世界展開を目指し、

ニューヨーク1週間、ボストン1週間、香港を拠点にアジア1週間・東京を拠点に日本全国を1週間という形で、
更にチャレンジをし、皆様の成果を上げていけますように、
そして日本を元気にしていきたいと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。
  

2017年04月11日

5/10東京【世界プレゼン】「マンションに空間革命を、~日本発国際特許の海外展開!」世界戦略構築ノウハウ

私が委員長を務めております、
東京和僑会のグローバル・ビジネス実践委員会では、

更に海外で活躍したい方を実践的に応援し、
「世界で成功する多くの成功者を送り出すプロジェクト」を開始します。


「海外・世界に向けてチャレンジをしたい方がプレゼンテーションを行い、
 皆様からアドバイスをいただきながら、
 その日から多くの方と連携してプロジェクトチームを立ち上げ、
 海外進出の成功を支援するプロジェクト」を名付けて、

【世界プレゼン】という名前で開催を毎月行って参ります。


【世界プレゼン】にてプレゼンテーションをしていただく方は、
下記の5つの条件に当てはまる方限定とさせていただきます。

(1)世界・海外を舞台にチャレンジをしたい人
(2)事業プランをプレゼンテーションして具体的な成果を上げたい方
(3)夢を持ちこれから世界を変えていきたい人
(4)パートナー・投資家など、多くの方と連携をしたい方
(5)参加者にとってプラスになり具体的な行動を促すプレゼンテーション

最大の特徴は、一方通行のセミナーではなく、
参加者全員がプレゼンの内容を聴き、成功へ向けてアドバイスをすると共に、
事業のパートナー・投資家・紹介などを通じて、
その日から具体的に成功へ向けて前進しプロジェクトチームを構築することを大きな目的にしております。

第3弾の【世界プレゼン】は、下記の通り5月10日に開催をさせていただきます。




今回のテーマは下記の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「マンションに空間革命を、~日本発国際特許の海外展開!」

ロスのない最小限で最大限の空間を手に入れる事ができるシステム、それが「サタカ システム」。

日本のみならず世界での特許取得済みです。

●I.I.E.国際環境研究所 ホームページ
http://www.ss-sataka.com/index.htm





建築家であり代表の左高啓三さんのメッセージ、とても共感出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は1970年大学時代に自由が丘の再開発で集合住宅の提案しました。

当時から「面積で住宅のスペースを語る時代ではない」今後は「容積で語る時代」すなわち平方メートルからリューベの時代へ変化すると考え、居住空間に対する空間の捉え方を一貫して提案して来ました。

おそらく1970年代はその発想が日本の経済力にあっていたとは言いがたいでしょう。 そして時代が経ち、あまりに面積だけで住空間を考える時代、社会状況になってしまい、日本の都市住居は狭くて低い、ごみごみした生活空間になってしまいました。 それでは、自分の建築家としての責務が果たせていない。

なんとか日本の都市住居にお住まいの方々にくつろげるゆとりのある空間を日本の経済状況にあった形で提供できないか。

そんな思いからこの「サタカ システム」を考案しました。

今後さらに民間レベルでインターナショナル化が進むこの時代で「サタカ システムは」時代要求にあったシステムと様々な専門機関から高評価を得ています。

「サタカ システム」は様々な実用的な機能が向上しますが、それにより人々の心に与える影響が多く考えられます。

スキップタイプでは一般の住居より収納率が3倍~5倍向上する事で、使い捨て文化からの脱却。

メゾネットタイプではひとつ屋根の下で暮らす者が別次元の空間を持つ事で、トラブルが生じた際にお互いのことを尊重しあう気持ちを持つ事ができます。

現代の都市住居はスペースではなく、ルーム、部屋になってしまっています。

「サタカ システム」では、家本来の持つ意味を考え、人々へ安定、平和を提供したいと考えます。

地域、街並みから捉えた場合、現在の都市景観は高層化が進み同じ階高設定で非常に画一的です。

人間にとってストレスがかかる環境です。

オフィス環境ではその状況を理解し10年程前から2層ワンフロアー、3層ワンフロアー、5層ワンフロアーに見えるような外観デザインが出てきました。

それにより景観が非常にゆったりしたものになりました。

しかしマンションでは以前の通り景観がマッチしないものになっている状態です。

「サタカ システム」では都市景観全体のバランスを取り戻すことができます。

それにより社会環境がより良い方向へとレベルアップします。

「サタカ システム」は文化的にも文明的にも次の世代、ステージにあがっていくシステムではないかと考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、そのプレゼンテーションを通じて、世界ブランドへと繋げる具体的な方法を明確にし、
参加者全員で連携を進め、海外展開の成功と夢の実現を強力にご支援します。

とてもモチベーションの上がる素敵な講演会場です。




どうぞ、お気軽にご参加お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第35回『グローバルビジネス実践委員会』月例会
【世界プレゼン】 

集合住宅(マンション)に空間革命を、~日本発国際特許の海外展開!

天井高の高い空間の中に、段差のある多彩な住居タイプを組み込んで、文字どおり住む人の「脳」を活性化させる魅力的な「住環境=脳活住居」を生み出します。・・・常識を覆すシステムの誕生!

●日 時: 2017年5月10日(水) 18:30~22:30 (開場受付・18:15)

<タイムスケジュール>

18:15 開場~名刺交換 (参加費徴収)

18:30 開会の辞:脇田勝利 (東京和僑会・委員長)

18:35 1部/プレゼンテーション 「I.I.E.国際環境研究所・代表:左高啓三&海外事業担当」

19:15 プレゼン事業プランについて、参加者からの質疑応答

19:55 次回予定の御案内他  

20:00 2部/懇親&ディスカッションタイム~22:20  

●会 場:『KAMONKA・點(有楽町店)』
  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアプラザ3階
   TEL:03-5224-6422 

●会 費:「6,000円」 東京和僑会会員&非会員共に同額)
   (会費領収書は、東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』発行)

●定 員:「16名」  参加申込先着順受付にて、締切りとさせて頂きます。 

※会員以外の一般の方々からも、お気軽に参加申込をお待ちしております。


【お申込先】

(1)Facebookをしている方

下記イベントページより参加ボタンを押してください。

https://www.facebook.com/events/362996234094728/

(2)Facebookをしていない方

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/


ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

5/10東京【世界プレゼン】「マンションに空間革命を、~日本発国際特許の海外展開!」参加申込み

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先(携帯電話)】
【E-Mail】
【通信欄】




・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・   

2017年04月10日

4/27ニューヨーク『和製Robotics Design Furnitureの米国進出』第27回NY MBAの会

日本を代表するインテリア&家具業界のイノベーション企業I&Cの佐田社長によるニューヨークでの講演です。


業界初の電動昇降機能付き洗面台の開発販売を手掛け創業し、ロボティクス、センサ、IoT、オートメーションなど最新技術を搭載し、デザイン性と機能性を兼ね備え、

今や世界中から受注をしている日本屈指のオンリーワンのブランドを持つ企業です。


私も当日は参加させていただき、現地ニューヨークで活躍されているMBAホルダーの皆様、起業家の皆様と共に連携して、
I&Cの佐田社長のニューヨーク&アメリカ進出、また世界に通用するブランディングのお手伝いを進めさせていただきます。







I&Cの家具のコンセプトは、

日本の最高レベルの職人のインテリア技術を元に、
デンマーク政府の支援による北欧デザインで、
ニューヨーク拠点のブランドづくりを進める、
世界でNo.1の人に最適な家具&インテリアのイノベーションです。


下記のホームページや動画を観ると、その素晴らしさがよく分かります。

●I&Cホームページ
http://www.iandc-inc.jp/index.html

●I&C 動画
https://www.youtube.com/channel/UCb4saMWnNhUGx00miIf3mZg


ぜひ、ニューヨークの皆様のご参加お待ちしております。

世界に通用するブランドづくり、そしてマーケティング、
参加された皆様によるプロジェクトチームづくりと、
共にニューヨークを拠点にアメリカ戦略&世界展開をワクワクして進めて参りましょう。

当日、お会いできますことを楽しみにしております。


下記、NY MBAの会からのご案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今月のMBAの会は、『和製Robotics Design Furnitureの米国進出』をテーマに、電動昇降機能付き洗面台の開発・販売を手掛ける株式会社I&Cの代表取締役社長 佐田幸夫さんをプレゼンターとしてお招きし、同社製品の米国進出における市場分析、戦略立案について皆様と一緒に議論する企画です。
数多くのご参加をお待ちしております。

NY MBAの会 事務局 平口晶子

-----------------------------記-----------------------------

4月27日 (木) 第27回NY MBAの会
『和製Robotics Design Furnitureの米国進出』

NY MBAの会は4月27日(木)午後7時より、グローバル・ラボ(545 8th Avenue, Suite 1410)にて第27回月次定例会を開催します。

今回は『和製Robotics Design Furnitureの米国進出』をテーマに、2008年に業界初の電動昇降機能付き洗面台の開発販売を手掛ける株式会社I&Cを設立され、そのグローバル展開を実現されている同社代表取締役 佐田幸夫さんをお招きし、ロボティクス、センサ、IoT、オートメーションなど最新技術を搭載し、デザイン性と機能性を兼ね備えた同社の電動昇降機能付き洗面台をいかにして米国市場に進出させるかについて皆さんと議論しようという企画です。

当日は、当会エースの齋藤晃さんと西原哲夫さんが市場規模、セグメント、競合、バリューチェーン等の分析を踏まえ、SWOT分析、皆さんとのグループディスカッションをナビゲートし、最終的には米国における売り出し方の提案を目指す盛りだくさんな企画内容となっております。

数多くのご参加をお待ちしております。  

プレゼンター:佐田 幸夫さん

1976年5月30日生。岡山県立落合高校出身。1999年大阪学院大学卒業後、総合リフォーム会社に就職、入社3か月後に三宮支店長に昇格しマネジメント全般を経験する。

その後実家である木製建具家具製造会社の専務取締役を経て、2008年株式会社I&Cを設立し、代表取締役就任。

企業ホームページリンク

http://www.iandc-inc.jp/index.html

日時:4月27日(木)

 午後7時~8時:ネットワーキング・自己紹介
 午後8時~9時:プレゼンテーション
 午後9時~10時:懇親会

場所:Global Labo
545 8th Ave. Suite 1410, New York NY(bet. 37 & 38 St.)

費用:【ワンドリンク付き】
   社会人-$15、学生・Gラボ会員-$10(当日現金で徴収・学生証をご提示ください) 

参加ご希望の方はお早めにFacebookのページ(https://www.facebook.com/events/1703753172973294/)から参加ボタンをクリックしていただくか、
Eメール(nymbanokai@gmail.com)にてお申込みください。

また、過去のイベントはNew York MBAの会ホームページ(https://newyork-mba.com/)をご参照ください。  

2017年04月06日

ボストンの魅力

アメリカは何度行っても本当に奥深い国です。


アメリカの今までに行った都市は無数にありますが、
どの街も個性的で「ここは天国か?」と思えるほど豊かな街もたくさんあります。

アメリカの面積は、日本の25.5倍もあり、
本当に広大な国なので、今後アメリカを拠点にアメリカ国内、北米、南米、ヨーロッパなども味わい尽くしたいと思っています。



その中でも北欧のような綺麗な街並みで気に入っている都市の一つがボストンです。


アメリカ合衆国マサチューセッツ州最大の都市で州都です。

アメリカで最も歴史の古い街の一つであり、「ニューイングランドの首都」と言われています。

日本で言えば京都のような都市と言えます。





ボストン金融街の名を冠するステート・ストリート、それからミューチュアル・ファンド大手のフィデリティ・インベストメンツの本社が立地する金融センターでもあります。


アメリカ独立後、ボストンは主要な海港、そして製造業の中心地となり、その長く豊かな歴史に呼び寄せられて、現在年間1630万人の観光客がこの地を訪れています。


ボストンでは、1635年にアメリカ最初の公立学校であるボストン・ラテン・スクール、
1636年にアメリカ最初の大学であるハーバード大学が設立されました。


市内および周辺地域には多くの総合・単科大学があり、アメリカの高等教育の中心地であるとともに、医療の中心地でもあります。

他にも、研究、エレクトロニクス、エンジニアリング、金融、テクノロジー(主にバイオテクノロジー)などでも有名。

面積当たりの職の数では、ニューヨークとワシントンD.C.に次ぐ規模を誇ります。


世界の215主要都市を対象とした2009年の調査では、ボストンは住みやすさで35位にランクされている[19]。治安も良く、アメリカ国内でも最も安全な都市の一つとされています。


2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第21位の都市と評価されており、アメリカではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、ワシントンD.C.に次ぐ第5位です。

現在、ボストンは学術、科学技術、政治の各面で中心的存在となっています。


ボストンは非常にコンパクトにまとまった町で、人口が66万人。

2007年のアメリカ・コミュニティ調査によれば、ボストンの人種別構成は58.4%が白人(非ヒスパニック系に限れば50.0%)、25.3%が黒人(アフリカ系アメリカ人。非ヒスパニック系に限れば22.2%)、8.7%がアジア系、0.8%がネイティブ・アメリカン、0.1%がハワイ原住民およびその他の太平洋諸島原住民、9.4%がその他、2.6%が混血。


ボストンは、LGBTの割合が最も多い都市の一つである。自らをゲイ、レズビアンまたはバイセクシュアルであると考える人の割合が12.3%であり、アメリカの主要都市の中で第5位となっています。


金融サービス、特にミューチュアル・ファンドと保険がボストンの経済にとって大きな位置を占めています。

ボストンに本拠を置くフィデリティ・インベストメンツは、1980年代に投資信託の普及に貢献し、ボストンを全米トップクラスの金融都市成長させ、バンク・オブ・アメリカなどの大銀行の拠点があり、ベンチャーキャピタルの中心地でもあります。

市内に本社を置く大企業としては、リバティ・ミューチャル保険会社、ジレット、ニューバランス、ボストン・コンサルティング・グループ、モニター・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、ベインキャピタルがあり、

特に州道128号線は、この地域のハイテク産業の中心地としての役割を果たしており、19万1700人のハイテク産業従事者を有し、全米第4のサイバーシティとしてランクされています。


ボストンにフランチャイズを置くレッドソックスを始め北米4大プロスポーツリーグ全てのチームがわずか8年間で各リーグを全て制覇、これはどの都市も成し遂げたことがないアメリカ史上初の快挙になります。