› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › 海外進出・グローバル化コンサルティング
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年02月09日

2/10ニューヨーク 第165回 月例ニューヨーク異業種交流会 

NY在住のGlobal Labo, Inc. CEOの板越ジョージさん主催による、ニューヨーク異業種交流会での講演会です。

ニューヨーク異業種交流会は、
ニューヨーク最大級の日系ネットワーキングで、7000名以上が参加するニューヨーク最大規模のコミュニティです。

NYならではの多彩な業種の方々が参加される予定です。


ニューヨーク異業種交流会の趣旨は下記の通りです。

クチコミで広がった本会は、参加者メーリングリストが7000名以上が参加するニューヨーク最大規模のイベントに成長しました。NYにはたくさんの日本人が暮らしてますが、なかなか知り合うチャンスは少ないものです。特に異業種の人となると出会う機会は皆無といってもいいでしょう。こうした「出会いの壁」を取り払う場として、本会を活用してください。 独身、既婚は関係なく、年齢層も幅広く誰でも参加できる会です。 入会金や登録費など一切かかりません。 カジュアルですが、まじめな会です。お一人でもご安心してお申し込みいただけます。 本会を通して、ニューヨーク、ニュージャージーでの交流の輪を広げてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 第165回 月例ニューヨーク異業種交流会 2月10日(金)

NYで頑張る方々の出会いを提供する場として、2002年から始まった月例ニューヨーク異業種交流会。

第165 回を迎える今回は、あのエンターテインメントバスで有名なThe RideのCEOであるリチャードさんと、現在NYでも最も注目されている日本人ダンサーのToshi Nakazawaさんにご登壇して頂きます。




The Rideは日本のテレビや雑誌でも度々紹介されているNY観光バスです。観光名所をまわりながら、度々路上でダンスやバレエ、歌などのパフォーマーが登場してきて、観客を驚かせます。

その最高責任者であるリチャード・ハムプリーさんがなんと日本人の前で初登場いたします。会場を盛り上げて頂くのは、The Rideで唯一日本人として出演しているToshiさん。トークにダンスと華やかに盛り上がります。

また、今年も中央大学学部生と教授陣が30名弱参加予定になっています。なんとも特別な夜になりそうです。

有志による1分間自己PRコーナーでは、皆様の活動を応援します。
我こそは発表したい!という方はお気軽にお申し込みください。

本会を、NYに住む様々な日本人との出会いの場所としてご利用下さい。今後も、グローバルラボは日本人コミュニティの繁栄に貢献します。ニューヨーク生活のきっかけはグローバルラボから!

Date: 2/10(Fri) 7:00~9:30pm

Place:Global Labo

545 8th Avenue 14th Floor.(bet.37 & 38 Sts)

Fee:$45(一般)$40(会員) $30 (学生) Buffet & Drink

限定:60名 先着順

お申し込み:www.igyoshu.com

協賛:アサヒビール

会員申込み:http://www.igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm
過去の模様:https://www.facebook.com/igyoshu

7時 受付開始
7時~8時 交流会(食事・飲み物)
8時 講演
8時50分 1分間自己PRコーナー
9時~9時半 交流会
9時半以降 そのまま2次会へ(飲み物はCash Bar)

*学割は、大学生、院生、専門学校生、留学生の24歳未満。
学生証と年齢が確認できる物をご持参の上、当日Cash Backいたします。

----------------------------------------------------------------------------
講師: リチャード・ハムプリー氏 経歴
https://www.linkedin.com/in/richard-humphrey-60a7433


●参加申し込み

下記イベントページより「参加ボタン」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/1825082917735539/  

2017年02月08日

2/10・2/11セブ和僑会設立記念パーティー&視察

世界中の日本人ネットワーク、和僑会が広がって参りました。

私も東京和僑会の理事として、
更に多くの世界中の仲間と共に成果を上げることが出来ますように、
お手伝いを進めて参ります。

以前、講演をさせていただきましたフィリピンのセブ和僑会が無事に立ち上がり、
セブ和僑会設立記念パーティー&視察を開催することになりました。



フィリピンセブは、ご存知の通り下記のような魅力ある都市です。

●フィリピン第2位の都市

●メトロ・セブ圏の総人口は235万人

●世界的なリゾート地

●国際線・国内線など多数の航空路線の重要なハブ

●ビジネス・プロセス・アウトソーシング (BPO) の主なハブ

米国系投資アドバイザリー企業Tholons社による2013年の世界のオフショア先ランキング (Top 100 BPO Destinations Report) では、セブ市は8位にランキング

●セブビジネスのメリット

優れた労働力、低い離職率、安定且つ低い物価、英語能力、質の高い生活、安定したインフラなどの理由で海外進出をする企業が多い場所の一つです。

伊藤忠商事・NEC・エプソン・タイメックス・レックスマーク・サムスン、プラモデルで有名な株式会社タミヤも早くから進出。

●高い将来性

フィリピンの人口約1億人で75%が年齢25歳以下です。 現在は高等教育の入学率が28%、15歳から24歳の年齢層では99%の識字率です。 このような統計からスキルの高い労働力が期待されています。




私は残念ながらNYに滞在しておりますので、
参加することは出来ませんが、多くの仲間が世界中からセブに集まっております。

ぜひ、この機会にご参加お待ちしております。





--------------------------------------------------------------------
2/10・2/11セブ和僑会設立記念パーティー&視察
--------------------------------------------------------------------

現在、フィリピン・セブ島は、観光のみならず語学留学、コールセンターやITサービス等の幅広いビジネスチャンスに恵まれ、毎年数多くの起業家が輩出されています。そんな中、2016年5月よりセブ島の起業家が有志で集まり、セブ和僑会準備室としてセミナーや勉強会の開催等の活動をしておりました。
この度、正式に和僑総会に加盟、「セブ和僑会」として活動させていただくことを記念して、下記パーティーを企画しております。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

★お申し込みフォームはこちらから↓
 https://ws.formzu.net/fgen/S84449014/


【セブ和僑会設立記念パーティー概要】

■facebook イベントページ https://www.facebook.com/events/1298203816909999/
 東京和僑会WEB  http://tyo-wakyo.com/event/3257/

■日時:2017年2月11日(土) (2/10は前夜祭)

■場所:Circa 1900(予定)

■参加者:各国和僑会会員様、セブ在住の経営者および社員、著名人

■参加人数: 50~60名(予定)

■スケジュール
 ・2月10日(金) 19:30~  前夜交流会 @Q-Bay

 ・2月11日(土) 【企業視察または不動産視察】
          10:00~  企業or不動産視察ツアー1
          12:00~ 昼食 @QQ English
          14:00~  企業or不動産視察ツアー2
          15:00~  自由行動 @Ayala shopping mall
          17:00~  設立パーティー、事業紹介 @Circa 1900


 ・2月12日 【何もなくて豊かな島、カオハガン島ツアー】
        09:30~17:00  カオハガン島ツアー
        18:00 ホテル着 @Water Front Hotel

■講演者:未定


■参加費用:
 ◇全日参加:30,000円
 ◇2月11日のみ参加:20,000円
 ◇2月12日のみ参加:12,000円


■セブ和僑会のご紹介
  代表理事会長:藤岡頼光(QQ English代表)
  1965年生まれ。セブ島(フィリピン)を拠点とする英会話学校QQ English代表。オンライン英会話、セブ島留学と併せて約800人の教師が在籍する
  フィリピン最大 の英会話学校を経営。1992年バイク便キュウ急便設立、バイクショップ、バイク輸入業を経て、2009年オンライン英会話事業QQ English開始
  現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テヘランに支店を展開している。

  理事副会長:若村雄介((株)セブ社会人留学代表CEO)、鈴木光貴(ユナイテッド・リグロース(株)取締役)
  理事:早川諒(アーグス代表)、池田源成(ゲンセイ企画代表)、山口竜矢(FreeMight,Inc代表)、堀口誠人(LIG Philippines,Inc President)
  事務局長:横田猛夫(Kredo代表取締役)
  監査:佐藤ひろこ(セブポット代表) 参与:佐々木勝(DONNA代表取締役)、本多正治(FirstEnglishAcademy代表)


★お申し込みフォームはこちらから↓
 https://ws.formzu.net/fgen/S84449014/  

2017年02月06日

2/7ニューヨーク「第10回NYエンタメ・スポーツの会」




ニューヨークに2週間滞在し、現地視察ツアーやコンサルティング、拠点づくりを進めております。

現地での人脈やネットワークも広がり、
日本とアメリカ、世界にとってプラスになりますようにチャレンジを進めて参ります。

サグラダファミリアの外尾さんにスペインバルセロナで、
アドバイスをいただいた言葉が忘れられません。

「脇田さんが、世界中の日本人を繋げてください。

 海外に行っている日本人はみんな職人でお互いに協力することが少ないからね。」


更に世界中の仲間と共に連携し、
一人ひとりが持っている強みを活かし、
相乗効果を生み成果を上げていくことが大切です。

ニューヨークも拠点に起き、アメリカの最先端の情報やノウハウを手に入れながら、
世界展開のご支援を更に進め日本を活性化したいと思います。

2月7日にニューヨークで下記のイベントが開催されます。

私も参加しますので、ぜひNYでお会いしましょう。

ニューヨークは遠く感じますが、
12〜13時間で着きますので

高速バス感覚で気軽に出かけていくことが大切です。

目が覚めると地球の裏側に来ているので、
本当に世界は狭いですね。

NYはアートとエンターテイメントでビジネスもライフスタイルも語れる街です。

ニューヨーク流の原理原則であるブランディングやマーケティングのノウハウを更に明確にします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第10回NYエンタメ・スポーツの会

☆ゲスト☆ 撫佐 仁美(女優)

ゲスト紹介:

ニューヨークにダンス留学後、2007年に劇団四季入団。『ウェストサイド物語』エステラ役で四季での初舞台を踏み、のちにマルガリータ、フランシスカを演じる。『春のめざめ』マルタ役、『キャッツ』ジェミマ役、マンマミーアにも出演している。

2012年、劇団四季を退団後は、ニューヨークを活動の拠点とし、『Miss Saigon』、『AvenueQ』、『West Side Story』、『The Little Mermaid』、『White Christmas』、『The Jacky Mason Musical』など、オフブロードウェイ作品含む数々の舞台に出演している。

2015 年には、アメリカで大人気映画『Alvin & the Chipmunks』のミュージカル版全米ツアーに参加し、全米49都市を巡演。FOXテレビの朝のニュース番組に主役Alvin役で出演するなど、高い ダンス力を発揮して米国で活躍している日本人ミュージカル女優である。

2017年5月には、オフブロードウェイで上演が決定している新作ロックミュージカル『Siren's Den』にオリジナルキャストとしての出演が決まっている。


●日時: 2017年2月7日(火) 19時から22時

19時 受付開始
19時~20時 交流会
20時 講演
20時50分〜21時半 1分間自己PRコーナー・交流会
21時半以降 そのまま2次会へ(飲み物はCash Bar)

●会場: Global Labo
    545 8th Ave Suite 1410 (bet. 37 & 38th St.)
●参加費:$10
    ※お支払は当日現金でお願いします。
  ※ドリンク、スナック等は持ち込み可

有志による1分間自己PRコーナーでは、皆様の活動を応援します。
我こそは発表したい!という方はお気軽にお申し込みください。
パフォーマンス:1分〜3分
宣伝、自己紹介:〜1分
ご希望の方は当日受付で予約してください。

●主催:"NYエンタメ・スポーツの会”

*このページへのinvitationのない方も、もちろんご参加いただけます。

*NYエンタメ・スポーツの会について*

ニューヨークで活動する日本人のエンタメ・スポーツの業界人を応援し、新しい繋がりを作るための会です。ゲストの講義から学びをうけ、出逢いから新たな刺激、情報を得、参加者の世界がこれから更に拡がる為の充実した時間づくりを目指しています。

*Facebook Page*

NYエンタメの会
Global Labo

●参加申し込み

下記イベントページより「参加ボタン」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/1183726508401498/  

2017年02月03日

アメリカは日本人にとって起業がしやすい場所




ニューヨーク(CNNMoney) 米国の労働者の31%は自分自身を「フリーランス」と認識していることが分かった。米人材派遣大手ケリーサービスの調査で明らかになった。

例えば、IT系のフリーエンジニアを取り上げて見ると、フリーエンジニアの年収は下記の通りになります。

アメリカ全体のフリーエンジニアの年収、およびシリコンバレーがあるサンフランシスコ、全米で人口が最大の都市であるニューヨーク、2番目に人口が多いロサンゼルスのフリーエンジニアの平均年収を紹介します。

アメリカ全体  :1125万円
ニューヨーク  :1373万円
サンフランシスコ:1170万円
ロサンゼルス  :923万円

 ※Freelance Engineer Salary より
https://www.indeed.com/salaries/Engineer-Salaries


アメリカではエンジニアに限らずフリーランスとして働く人が約5400万人おり、アメリカの労働人口の3割を占めるというデータもありますので、

プロフェッショナルなフリーランスが大きな仕事をするチャンスに恵まれています。


そんなアメリカでの起業について、調べてみました。

日本の2倍以上の起業率を誇る、アメリカは日本人にとっても気軽に会社を創ることが出来る「起業大国」です。

トランプ大統領のリスクに備えるためにも、
アメリカで法人を創るメリットは今後更に増えそうです。




●アメリカで会社を作るメリットは?

・世界最大のマーケットでビジネスが展開できる
・ブランド力の向上
・投資家からの投資を得られるチャンスが大きい
・訴訟リスクの低減
・法人格であることによって信用が獲得できる
・日本法人設立よりも安く簡易に設立できる
・資本金ゼロ、役員は1名から設立できる
・法人格であることにより業者価格を仕入れできる
・会社の維持費が日本に比べて安い
・比較的税金が安い
・自分の会社で自分のビザや永住権の取得のチャンスがある
・個人事業では受けられない税金の免除がある
・海外を意識したビジネスができる

●想定されるリスクとは?

・日本との行き来やビザの問題が常に存在する
・やはり英語力が求められる
・タフな交渉・タフなビジネス環境
・訴訟のリスクがある
・文化の違う多民族国家
・日本以上にビジネスの力量が問われる
・商習慣の違いによるストレス
・契約書の制作

●日本に在住しながら会社設立が出来る

アメリカ各州では、役員が州内に居住していることを条件としていません。従って、役員全員が州外の居住者(外国居住者)でも会社を設立することが可能です。

しかし、州内にオフィスがない場合は、会社を管理するための代理業者(レジスターエージェント)を州内に設置することが必要です。

●会社設立の人数

代表者の一人で設立可能

●注意点

活動を行う州において、州外法人登録をすることが必要です。

●銀行口座

会社を設立すれば日本人でも銀行口座の開設が可能です。

●ニューヨーク州での税率

ニューヨーク州の法人に対する課税は、次の4通りの方法で税額を算出して、一番高い税額を支払います。

(1)純利益に対して7.1%の税率を掛ける方法
(2)純資産(資産から負債を差し引いた額)ベースに0.15%の税率を掛ける方法
(3)減価償却などを繰り戻した最低課税所得に1.5%を掛ける方法
(4)25ドルから175ドルまでの最低税金(売り上げの額により違い、100万ドルを超える売り上げの場合は、500ドルから5000ドルまで)

創業して損失が出る最初の段階では、最低税金の25ドル〜175ドルを納税すれば大丈夫です。
  

2017年02月02日

世界の軍事力を見れば、世界のパワーバランスが分かる。

クレディ・スイスが発表した「グローバリゼーションの終焉か、さらなる多極化の世界か」とのレポートで、世界各国の軍事力総合評価がランキングされています。



このデータを見ると、いかに感情で外交を判断できないかが良く分かります。


3位の中国は世界1位の人口を抱えるだけに現役前線軍人数でもトップで、戦車ではロシアに次いで2位、潜水艦では米国に下回る程度で2位でした。軍事力近代化を急ぐ上に南シナ海での軍事化を図り、アジア周辺諸国ヘの脅威と化しつつあります。

1位はやはり、米国でした。

防衛費はトップ10位の米国以外の国を全て合計しても叶わない、
世界のジャイアンなのは明白です。(笑)




今や世界中どの国も自分の国だけで、自国を守ることは出来ず、

米国・ロシア・中国など軍事大国のどの国と連携をするかが重要なポイントになります。

日本も軍事的に自立すべきという議論もありますが、
基本的にこのデータを見ると、アメリカと組むのが得策とも言えます。





●The World Military Strength Scorecard Top 20.

1位 米国 総合点 0.94
予算:6010億ドル
現役前線軍人数:140万人
戦車:8848両
航空機:1万3444機
攻撃用ヘリコプター:957機
潜水艦:75隻
航空母艦:19隻

2位 ロシア 総合点 0.80
予算:466億ドル
現役前線軍人数:76.6万人
戦車:1万5398両
航空機:3429機
攻撃用ヘリコプター:478機
潜水艦:60隻
航空母艦:1隻

3位 中国 総合点 0.79
予算:1556億ドル
現役前線軍人数:234万人
戦車:9150両
航空機:2942機
攻撃用ヘリコプター:200機
潜水艦:68隻
航空母艦:1隻

4位 日本 総合点 0.72
予算:416億ドル
現役前線軍人数:25万人
戦車:678両
航空機:1590機
攻撃用ヘリコプター:119機
潜水艦:17隻
航空母艦:3隻

5位 インド 総合点 0.69
予算:400億ドル
現役前線軍人数:132.5万人
戦車:6464両
航空機:2086機
攻撃用ヘリコプター:19機
潜水艦:14隻
航空母艦:2隻

6位 フランス 総合点 0.61
予算:350億ドル
現役前線軍人数:20.5万人
戦車:423両
航空機:1282機
攻撃用ヘリコプター:48機
潜水艦:10隻
航空母艦:4隻

7位 韓国 総合点 0.52
予算:623億ドル
現役前線軍人数:62.5万人
戦車:2381両
航空機:1451機
攻撃用ヘリコプター:77機
潜水艦:15隻
航空母艦:1隻

8位 イタリア 総合点 0.52
予算:340億ドル
現役前線軍人数:32万人
戦車:586両
航空機:785機
攻撃用ヘリコプター:59機
潜水艦:6隻
航空母艦:2隻

9位 英国 総合点 0.50
予算:550億ドル
現役前線軍人数:15万人
戦車:407両
航空機:879機
攻撃用ヘリコプター:348機
潜水艦:10隻
航空母艦:1隻

10位 トルコ 総合点 0.47
予算:181.9億ドル
現役前線軍人数:41万人
戦車:3778両
航空機:1007機
攻撃用ヘリコプター:64機
潜水艦:13隻
航空母艦:0隻

11位 パキスタン 総合点 0.41
予算:70億ドル
現役前線軍人数:62万人
戦車:2924両
航空機:923機
攻撃用ヘリコプター:52機
潜水艦:5隻
航空母艦:0隻

12位 エジプト 総合点 0.34
予算:44億ドル
現役前線軍人数:47万人
戦車:4624両
航空機:1133機
攻撃用ヘリコプター:46機
潜水艦:8隻
航空母艦:0隻

13位 台湾 総合点 0.32
予算:107億ドル
現役前線軍人数:30万人
戦車:2005両
航空機:815機
攻撃用ヘリコプター:91機
潜水艦:4隻
航空母艦:0隻

14位 イスラエル 総合点 0.32
予算:170億ドル
現役前線軍人数:16万人
戦車:4170両
航空機:681機
攻撃用ヘリコプター:48機
潜水艦:6隻
航空母艦:0隻

15位 オーストラリア 総合点 0.30
予算:261億ドル
現役前線軍人数:6万人
戦車:59両
航空機:417機
攻撃用ヘリコプター:22機
潜水艦:6隻
航空母艦:2隻

16位 タイ 総合点 0.28
予算:53.9億ドル
現役前線軍人数:31万人
戦車:722両
航空機:551機
攻撃用ヘリコプター:282機
潜水艦:0隻
航空母艦:1隻

17位 ポーランド 総合点 0.23
予算:93.6億ドル
現役前線軍人数:12万人
戦車:1009両
航空機:467機
攻撃用ヘリコプター:29機
潜水艦:5隻
航空母艦:0隻

18位 ドイツ 総合点 0.19
予算:363億ドル
現役前線軍人数:18万人
戦車:408両
航空機:676機
攻撃用ヘリコプター:44機
潜水艦:5隻
航空母艦:0隻

19位 インドネシア 総合点 0.12
予算:69億ドル
現役前線軍人数:47万6000人
戦車:468両
航空機:420機
攻撃用ヘリコプター:5機
潜水艦:2隻
航空母艦:0隻

20位 カナダ 総合点 0.10
予算:147億ドル
現役前線軍人数:9万2000人
戦車:181両
航空機:426機
攻撃用ヘリコプター:0機
潜水艦:4隻
航空母艦:0機
  

2017年01月24日

3/16福岡 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー

ご要望が多かったため、福岡でも「ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー」を開催します。

ニューヨーク在住の板越ジョージ氏と脇田勝利のコラボ講演です。

人生が変わるインパクトある講演になりますので、
ぜひ勇気ある一歩を踏み出しましょう。

トランプ大統領になって、これからアメリカや世界のチャンスを具体的に掴む実践的な講演会です。






ニューヨークやシリコンバレーなどアメリカを始め、
世界50カ国以上で成果を上げるコンサルティングを行って参りましたが、
やはりアメリカは必ず押さえておかないといけない重要なポイントです。

なぜ、アメリカなのでしょうか?

(1)世界最大の市場でありアメリカンドリームは健在

依然としてアメリカは成長する世界最大の市場です。
GDPを購買力評価で換算すると、米国は世界経済の21%であり、圧倒的な購買力のある巨大市場です。

しかも、今後も右肩上がりで成長をしていく市場です。
日本のGDPが横ばいと考えると市場としては、アジアとアメリカの市場は日本人にとって今後獲得しなくてはならない必須の市場です。

世界中からアメリカンドリームを求めて多くのチャレンジャーが集まるチャンスに溢れた今でも魅力的な国がアメリカです。


(2)日本人にとってもチャンスが多い国

日系企業による米国への進出の波は1980年代から本格的に始まり、1980年代後半から加速し、大企業だけでなく、多くの中小企業も米国へ進出しています。

「日系企業の海外直接投資先国の中では、米国が20.4兆円で全体投資金額の33.8%で第1位」(日本の外務省及び米国の商務省より)と、日本からの投資も活発です。

また、日本では当たり前のビジネスが大人気になったりと、日本人が活躍出来るチャンスがたくさんあります。

最近でも、アジアに進出した企業が「やっぱりビジネスはアメリカだ」と考え、アメリカに再チャレンジする例が増えています。


(3)世界的ブランド、世界最先端のビジネスモデルが常に生まれる場所

ニューヨークやシリコンバレーなどは、世界最先端のビジネスが生まれるイノベーションの聖地です。

世界的なブランドやビジネスモデルはアメリカを拠点に始まることが多く、
アメリカの先進的なモデルを参考にすれば、日本でもまだまだチャンスがあります。



今回は世界の経済の中心であるニューヨークがメインのテーマです。

ニューヨークの魅力は、一言で言うと、
世界中のモノ、ヒト、食、文化、宗教など、すべてがぎゅうっと凝縮された小宇宙です。

世界の経済の中心であり、最新ブランドやトレンドが集中していますから、
ニューヨークを知れば世界が分かります。

特に起業家や経営者は観光でなく、ビジネス視点でニューヨークを体感することが重要です。


東京23区の10分の1に満たないマンハッタンには、23区の人口の6分の1以上に相当する人が住んでおり、
マンハッタンの人口密度は、東京23区の倍近くになる世界でも有数の人口集中都市です。

マンハッタンに住む人口の半分がアメリカ以外の移民というデータもあり、
まさに世界の縮図が凝縮されたのがマンハッタンと言えます。

この小さな島に世界中からアメリカンドリームを求め、
多くのチャレンジャーや企業が集まってきているため、

世界中どこにもない独自のカルチャーを構築しています。

つまり、マンハッタンを見ると、世界の流れが手に取るように分かるのです。



海外進出はこれからの日本人にとって、
誰もがチャレンジすべき重要なテーマです。

今まで多くの海外進出のご支援をしてきて、
多くの方が感じているのは、下記のような課題です。


◽︎「海外進出をしたいが、どうやって進めたら良いか分からない」
◽︎「外国語が出来ないので、海外ビジネスは出来ない」
◽︎「海外にパートナーがいない」
◽︎「騙されたという話をよく聞くので海外が怖い」
◽︎「日本で成功してから、海外に進出すれば良い」
◽︎「多くの外国人が日本に来ているが何もビジネスが出来ていない」
◽︎「社内に海外ビジネスが出来る人材がいない」
◽︎「海外旅行でしか海外に行ったことがないので自信がない」



上記に一つでも当てはまる方は、

残念ながら、海外進出に対して間違った認識を持っていると言わざるを得ません。


海外で成果を上げている人は、上記の課題を私たち専門家に相談していただき、

「簡単に成果を上げている人」

も多いのが現実なのです。


多くの成果を上げた人は、その成功のノウハウを紹介することなく、
実はこっそりと儲かっているのが現実なのです。


そこで今回、東京でニューヨーク&アメリカ海外進出セミナーを開催することにいたしました。


参加をしていただくと、

「目からウロコが落ち、ニューヨークやアメリカの海外進出がより簡単に、
 しかも具体的にその日から何をやったら良いのかが、
 分かるようになる実践的なセミナー」

です。

海外を目指すと、日本でも圧倒的な成果を上げることが出来ます。

その具体的な方法を伝授させていただきます。


滅多にないチャンスですから、
ぜひお気軽にご参加をお待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/16福岡 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時:2017年3月16日(木)18:30から21:00(18:15開場)

■プログラム
18:15 開場
18:30 セミナー1部・2部 & 質疑応答
21:00 セミナー終了

セミナー終了後は、希望者のみで懇親会開催の予定です。
(会費は当日実費精算)

当日は新刊「日本人のためのクラウドファンディング入門」、
と「クラウドファンディングで夢をかなえる本」をサイン入りで販売いたします。

■場所:天神・博多駅周辺

参加お申し込みの方にご連絡させていただきます。

■参加費:6000円

■定員:20名

●講演内容

【1部 板越ジョージ Global Labo(NY) CEO】

(1)アメリカ進出でのビジネス成功とその具体的な進め方

(2)アメリカで生き残っていくための会社設立方法とビザ取得やサバイバル術の最新情報

(3)ニューヨーク&アメリカでのビジネスのメリットとその実践ノウハウ


【2部 脇田勝利 株式会社ドリームマーケティング 代表取締役】

(1)NY・シリコンバレー・LAなどアメリカ最新情報&成功事例

(2)アマゾン・スターバックスなど世界的企業の最新ブランド構築&仕事術のご紹介

(3)あなたもすぐに出来る!ニューヨーク&アメリカで成功するためのブランドづくり&進出方法


●受講をお勧めしたい方

◆ニューヨーク・アメリカに進出したい方
◆世界最先端の最新ブランドやマーケティングについて学びたい方
◆海外進出を進めたい方
◆日本でも売上を上げたい方
◆ニューヨーク視察ツアーに興味がある方

後援:税理士法人ASSETS



●講師プロフィール




【板越ジョージ】

Global Labo(NY) CEO、クラウドファンディング総合総合研究所所長、中央大学政策文化総合研究所準研究員

1968年東京生まれ。高校卒業後、バイク便でお金を稼 ぎ1988年に単身渡米。バックパックを背負って貧困の街、内戦地区など世界35カ国を遊訪。1995年に出版・広告業のITASHO AMERICAを設立。7つの会社を経営し、資金調達を 成功させ米NASDAQへ上場を試みるが2001年同時 多発テロの影響で倒産。多額の借金を背負った。現在は、アメリカに進出する企業や起業家へ会社設立や資金調達な どのコンサルティングを行っている。日米のクラウドファンディング事情に精通しているということで、特に最近は クラウドファンディングに関するコンサルティング依頼が 急増している。サウスカロライナ大学国際政治学部卒、中 央大学ビジネススクール(MBA)修了、同大学院総合政 策研究科博士後期課程修了(学術博士)。坂本龍馬財団理事。在NY日本国総領事館海外安全対策連絡協議会委員。元ジャニーズJr.
著書に「クラウドファンディングで夢をかなえる本」「結局、日本のアニメ・マンガは儲かっているのか?」「アニ メ・グローバル競争戦略再考」等多数。







【脇田勝利】

(株)ドリームマーケティング 代表取締役
3分の1をアメリカ・アジアなど世界50カ国に滞在しながら、世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。

売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

http://www.dream-marketing.jp/
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/





◇お申し込み先

下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー名】3/16福岡 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】
【参加人数】  人

※人数追加の場合は下記をコピー&ペーストしてご使用ください

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

2017年01月23日

2/14東京和僑会「中国とのアウト&インバウンドを、中小企業の視点で!」

定期的に開催している東京和僑会『グローバル・ビジネス実践委員会』の月例会のご案内です。

今回は東京和僑の理事であり、グローバル・ビジネス実践委員会運営委員の小川 正先生より、

「中国とのアウト&インバウンドを、中小企業の視点で!」というテーマで講演をしていただきます。




小川さんは、中国ビジネスのプロであり、数十年に渡り中国でのビジネスを展開されています。

また、東京の中国人にとって父親のような存在であり、
その人脈とノウハウは日本でも最高レベルです。

小川さんの講演は滅多に聴くことが出来ないチャンスです。


ぜひ、この機会にご参加をお待ちしております。

中国の真実を把握し、チャンスを確実に手に入れて参りましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京和僑会『グローバル・ビジネス実践委員会』月例会・御案内
<第32回・TWGB> 

委員長:脇田勝利・リーダー:黒田尚彦・運営委員:小川 正

テーマ:【中国とのアウト&インバウンドを、中小企業の視点で!】

中国市場リサーチ情報は、大企業目線で紹介されていて、中小企業はピンポイントで絞る。

日本の魅力とは、中国では見れ無い・味わえ無い・体感出来無いものを、セットしましょう。

「広大な中国を、充分に理解して事に当たれ!」

●日 時:  2017年02月14日(火) 

18:30~22:30 (開場受付・18:15)

<タイムスケジュール>

18:15 開場~名刺交換 (会費徴収&懇親会参加確認)

18:30 開会の辞:小川正 (東京和僑会・理事)

18:35 1部/講師:“小川 正” (体験のお役立ちコンサルタント)

10:35 参加者自己紹介&質疑応答

19:55 次回予定の御案内他  

20:00 2部/懇親&ディスカッションタイム 

●会 場:  『KAMONKA・點(有楽町店)』

 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアプラザ3階 TEL:03-5224-6422 

●会 費:「6,000円」 東京和僑会会員&非会員共に同額)

 (会費領収書は、東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』発行)

懇親会とのセットとなりますので、御了承願います。

●定 員:「16名」  参加申込先着順受付にて、締切りとさせて頂きます。 

※参加申込は、Facebookイベントで、お願いします。

 参加資格はフリー!お気軽に参加申込をお待ちしております。
 下記、Facebookイベントページで参加ボタンを押してください。

https://www.facebook.com/events/185831628554017/  

2017年01月20日

5/18・19ニューヨーク進出ビジネス&最新ブランド視察ツアー




ニューヨークで多くの方が成果を上げておりますので、
次回の日程も決定いたしました。

5月18日(木)〜19日(金)の2日間です。

ニューヨークで開催されているに5月20日(土)21日(日)に現地で見本市が開催されますので、
本ツアーに参加していただいた方はそちらにも見学していただくことが出来ます。

昨年このニューヨークツアーに参加していただいた方のうち、
2社がニューヨークで法人を立ち上げ展示会にも出展し、
アメリカでの事業展開をスタートされています。


世界最大級のイベントを視察することで、
今後の世界の流れを2人の専門家の解説付きで体感し、
世界のチャンスをつかむ人材になることが出来ます。


すぐに申し込みで定員になりますので、
なるべく早くご参加申し込みをお待ちしております。

人生は一回限り。

勇気を持って参加していただくと、その後の人生が変わります。




今まで100名以上の方にご参加をしていただき、
多くの方から「人生が変わりました!」「海外進出の第一歩を踏み出す事が出来ました」「今までの海外旅行でも最高の体験になりました」と言っていただく、自信を持ってお勧めするツアーのご案内です。

今回はさらにパワーアップし、現地で最高レベルの専門家と連携し、
より実践的に海外進出のご支援を進めます。

今回の視察先はニューヨーク。


特に今回は、アメリカ進出、ニューヨーク進出を検討されている企業の経営者や起業家にとって最適なプランになっております。

もちろん、参加していただく方に最適な内容になりますように、
事前にコンサルティング&コーディネイトさせていただきますので、
安心してご参加お待ちしております。

普段は絶対に会えない方、体験することが出来ない人生が変わる衝撃的な2日間になりますように、
コーディネイトをさせていただきますので、
ぜひこの機会にご参加お待ちしております。




ニューヨークの魅力は、一言で言うと、
世界中のモノ、ヒト、食、文化、宗教など、すべてがぎゅうっと凝縮された小宇宙です。

世界の経済の中心であり、最新ブランドやトレンドが集中していますから、
ニューヨークを知れば世界が分かります。

特に起業家や経営者は観光でなく、ビジネス視点でニューヨークを体感することが重要です。


最高のものから最低のものまで、全てそろっています。

ニューヨークに来ると、人生が変わります。

その圧倒的なパワーに誰もが「自分らしく生きよう」と決意をさせてくれる、

世界No1のパワースポットです。





世界の経済の中心であるニューヨークは、まさに世界の人種のルツボと言われる通り、

何度行ってもとても興味深く、今後の日本人にとっても欠かすことが出来ない都市です。

特にマンハッタンは、幅は約4 km、長さ約20 kmの小さな島で、
面積は東京の山手線の内側に相当するほどの小さな所です。

マンハッタンと東京23区に住んでいる人口を比較してみると下記の通りになります。

マンハッタン 59.5 km2 約160万人
東京23区 621km2  約900万人

東京23区の10分の1に満たないマンハッタンには、23区の人口の6分の1以上に相当する人が住んでおり、
マンハッタンの人口密度は、東京23区の倍近くになる世界でも有数の人口集中都市です。

マンハッタンに住む人口の半分がアメリカ以外の移民というデータもあり、
まさに世界の縮図が凝縮されたのがマンハッタンと言えます。

この小さな島に世界中からアメリカンドリームを求め、
多くのチャレンジャーや企業が集まってきているため、

世界中どこにもない独自のカルチャーを構築しています。

つまり、マンハッタンを見ると、世界の流れが手に取るように分かるのです。




ニューヨークには世界の最新の情報が最も早く入ってきます。

やはり、私が提唱している通り、

「世界の良いとこ取りをするビジネスとプライベートの両立を目指した戦略」

が最も重要な視点です。



自分の中でブレーキを踏まずに、世界規模で物事を考えれば、

逆に日本でも圧倒的な成果を上げることが出来ます。


ぜひ、一緒にニューヨークも含めた世界へとチャレンジをして参りましょう。


現在、ニューヨーク在住の現地コーディネイターと連絡を取り合いながら、
内容を調整しておりますが、

下記のようなプラン案で進めております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『5/18・19 ニューヨーク進出ビジネス&最新ブランド視察ツアー』(案)


■【日程】2017年5月18日(木)〜19日(金)

※ご希望により、前後の日程を伸ばす事も可能です。
※現地視察の日程は5月18日(木)〜19日(金)


ニューヨークでトップクラスの実績を持つ専門家と連携して実践的な視察&コンサルティングを行い、
実践的な海外進出の第一歩を踏み出していただけます。

■【プログラム】

現地ニューヨーク在住のNY進出コンサルタント板越ジョージ氏とブランド構築&マーケティングコンサルタント脇田勝利の解説で、

ニューヨーク進出・アメリカ進出を実践的にコンサルティング&サポートし、

マンハッタンの最新ブランドや最新ビジネスなどの視察・体感を行い、参加された方の意識を一気に「世界的な視点」に変えると共に、

今後の日本と世界でのブランド構築方法と売上向上、経営方法を根本から変えるイノベーションを起こすことを目的にしています。

参加された誰もが人生を変えるきっかけにすることが出来ます。

(1)現地ニューヨーク進出&アメリカ進出を個別コンサルティング 

(2)参加者に応じて最適な訪問先&連携先をピックアップ

(3)現地の最新ブランド&最新ビジネス視察

(4)地元ニューヨーカーに注目されている店舗を訪問

(5)現地で在住の起業家&経営者との交流会

(6)参加される方のご要望に応じてコーディネイト


■【視察先(一例)前回の内容】

実際は、参加される方のご要望を可能な限り反映した内容になります。

全体的な流れのイメージは下記のようになり、参加される方のご要望に応じて調整をさせていただきます。

5/18
ホテル9時集合
10:30〜12:00 ニューヨークで活躍されているIT起業家
12:30〜 ランチ
13:00〜15:00 元政府系機関勤務の方:ミッドタウン
16:00〜18:00 飲食系エンターテインメントで大成功の日本人起業家:場所不明
19:00~21:00(18:30会場入り) 現地の講演会&交流会に参加:ミッドタウン

5/19
ホテル9時集合
10:30〜12:00  テック系スタートアップ起業家:ロウアーイースト
12:30〜 ランチ:ロウアーイースト
14:00〜15:30 現地で成功している日本人美容師さん:ロウアーイースト
15:30〜16:30 現地で活躍されている医療系の方:ロウアーイースト
17:00〜 ディナー(ラーメン屋):チャイナタウン
19:00~21:00(18:30会場入り) 現地の講演会&交流会に参加 :ミッドタウン


■【定員】

先着5名

■【本視察の特徴】

(1)少人数制2人から催行可能のため気軽に参加出来ます。

(2)最短2泊4日(延泊可)だから仕事の合い間にすぐ出発出来ます。

(3)世界の最新ビジネス情報や最新ブランドの発信地であり、世界で最も厳しい競争環境にあるニューヨークの現場を、自分の目で見る短期集中視察。日本よりも5〜10年先を先取りするアメリカの最新動向をしっかりと把握出来ます。

(4)最新情報発信地、ニューヨークでモチベーションを上げ日本でもグローバルな視点でビジネス展開が出来ます。

(5)少人数制のプライベート・サービスだから安心です。お客様のご要望にあわせて、フレキシブルなプランが組めます。

(6)ニューヨーク現地在住のニューヨークを熟知したコーディネーターのわかりやすい解説

(7)世界中で成果を上げる有数の実績を誇るブランド構築&マーケティングコンサルタントによる解説

(8)誰もがニューヨークや世界での成功のポイントを理解し、日本や世界でブランドを構築し売上を上げることが出来るようになる。

(9)ツアー後のニューヨークでのビジネス成功の個別サポートも可能

(10)現地在住の起業家やビジネスマンとの交流会に参加



■【同行コーディネイター】

ニューヨークを中心に世界的に活躍している2人のプロフェッショナルが同行し、
最新のニューヨークをわかりやすく解説。

日本や世界でブランドを構築し売上を上げることが出来るようになることを全力でサポート致します。


●板越ジョージ 






Global Labo(NY) CEO、クラウドファンディング総合総 合研究所所長、中央大学政策文化総合研究所準研究員

1968年東京生まれ。高校卒業後、バイク便でお金を稼 ぎ1988年に単身渡米。バックパックを背負って貧困の街、内戦地区など世界35カ国を遊訪。1995年に出版・広告業のITASHO AMERICAを設立。7つの会社を経営し、資金調達を 成功させ米NASDAQへ上場を試みるが2001年同時 多発テロの影響で倒産。多額の借金を背負った。現在は、アメリカに進出する企業や起業家へ会社設立や資金調達な どのコンサルティングを行っている。日米のクラウドファンディング事情に精通しているということで、特に最近は クラウドファンディングに関するコンサルティング依頼が 急増している。サウスカロライナ大学国際政治学部卒、中 央大学ビジネススクール(MBA)修了、同大学院総合政 策研究科博士後期課程修了(学術博士)。坂本龍馬財団理事。在NY日本国総領事館海外安全対策連絡協議会委員。元ジャニーズJr.
著書に「クラウドファンディングで夢をかなえる本」「結局、日本のアニメ・マンガは儲かっているのか?」「アニ メ・グローバル競争戦略再考」等多数。





●脇田勝利





世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。

夢と情熱コンサルタント: 売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。
マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

(株)ドリームマーケティング 代表取締役
http://www.dream-marketing.jp/
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/


■【参加費】

160,000円(消費税別途)

※事前のお振込をお願いいたします。
※旅費・宿泊費・食費などは含まれておりません。
※お申し込み完了後のキャンセルは100%のキャンセル料がかかりますのでご了承ください。

■航空券のチケット・ホテルについて

国内最安値の一つである旅行代理店を通じて航空券のチケット・ホテルの手配が、
全国からお申し込みをいただけます。
状況により売り切れも予想されますので、お早めにお申し込みください。
ご希望の方は私の方までご一報ください。旅行代理店をご紹介させていただきます。


■お申込先

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

5/18・19ニューヨーク進出ビジネス&最新ブランド視察ツアー

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

下記の確認内容をご確認の上、承諾をいただいた方のみのご参加となります。

※本ツアーの目的は「ニューヨーク進出・アメリカ進出・現地視察&勉強会&現地の方との交流」です。
※上記以外の行動は、全て皆様個別の判断で行ったものであり弊社では責任を負いません。
※参加費は、勉強会の参加費と事前の海外進出の経営コンサルティング料であり、旅費・宿泊費・食費・講演会参加費などは含まれておりません。
※本視察はあくまで、勉強&情報提供を目的としたものであり、勧誘・販売を目的としたものではありません。
※本視察による一切の行為で発生したいかなるトラブル、損失及び損害に対して、責任を問いません。
※参加者は、反社会的な勢力ではなく、日本・米国・諸外国の法律やコンプライアンスを厳守していただきます。   

2017年01月19日

3/23東京 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー




ニューヨークやシリコンバレーなどアメリカを始め、
世界50カ国以上で成果を上げるコンサルティングを行って参りましたが、
やはりアメリカは必ず押さえておかないといけない重要なポイントです。

なぜ、アメリカなのでしょうか?

(1)世界最大の市場でありアメリカンドリームは健在

依然としてアメリカは成長する世界最大の市場です。
GDPを購買力評価で換算すると、米国は世界経済の21%であり、圧倒的な購買力のある巨大市場です。

しかも、今後も右肩上がりで成長をしていく市場です。
日本のGDPが横ばいと考えると市場としては、アジアとアメリカの市場は日本人にとって今後獲得しなくてはならない必須の市場です。

世界中からアメリカンドリームを求めて多くのチャレンジャーが集まるチャンスに溢れた今でも魅力的な国がアメリカです。


(2)日本人にとってもチャンスが多い国

日系企業による米国への進出の波は1980年代から本格的に始まり、1980年代後半から加速し、大企業だけでなく、多くの中小企業も米国へ進出しています。

「日系企業の海外直接投資先国の中では、米国が20.4兆円で全体投資金額の33.8%で第1位」(日本の外務省及び米国の商務省より)と、日本からの投資も活発です。

また、日本では当たり前のビジネスが大人気になったりと、日本人が活躍出来るチャンスがたくさんあります。

最近でも、アジアに進出した企業が「やっぱりビジネスはアメリカだ」と考え、アメリカに再チャレンジする例が増えています。


(3)世界的ブランド、世界最先端のビジネスモデルが常に生まれる場所

ニューヨークやシリコンバレーなどは、世界最先端のビジネスが生まれるイノベーションの聖地です。

世界的なブランドやビジネスモデルはアメリカを拠点に始まることが多く、
アメリカの先進的なモデルを参考にすれば、日本でもまだまだチャンスがあります。



今回は世界の経済の中心であるニューヨークがメインのテーマです。

ニューヨークの魅力は、一言で言うと、
世界中のモノ、ヒト、食、文化、宗教など、すべてがぎゅうっと凝縮された小宇宙です。

世界の経済の中心であり、最新ブランドやトレンドが集中していますから、
ニューヨークを知れば世界が分かります。

特に起業家や経営者は観光でなく、ビジネス視点でニューヨークを体感することが重要です。


東京23区の10分の1に満たないマンハッタンには、23区の人口の6分の1以上に相当する人が住んでおり、
マンハッタンの人口密度は、東京23区の倍近くになる世界でも有数の人口集中都市です。

マンハッタンに住む人口の半分がアメリカ以外の移民というデータもあり、
まさに世界の縮図が凝縮されたのがマンハッタンと言えます。

この小さな島に世界中からアメリカンドリームを求め、
多くのチャレンジャーや企業が集まってきているため、

世界中どこにもない独自のカルチャーを構築しています。

つまり、マンハッタンを見ると、世界の流れが手に取るように分かるのです。



海外進出はこれからの日本人にとって、
誰もがチャレンジすべき重要なテーマです。

今まで多くの海外進出のご支援をしてきて、
多くの方が感じているのは、下記のような課題です。


◽︎「海外進出をしたいが、どうやって進めたら良いか分からない」
◽︎「外国語が出来ないので、海外ビジネスは出来ない」
◽︎「海外にパートナーがいない」
◽︎「騙されたという話をよく聞くので海外が怖い」
◽︎「日本で成功してから、海外に進出すれば良い」
◽︎「多くの外国人が日本に来ているが何もビジネスが出来ていない」
◽︎「社内に海外ビジネスが出来る人材がいない」
◽︎「海外旅行でしか海外に行ったことがないので自信がない」



上記に一つでも当てはまる方は、

残念ながら、海外進出に対して間違った認識を持っていると言わざるを得ません。


海外で成果を上げている人は、上記の課題を私たち専門家に相談していただき、

「簡単に成果を上げている人」

も多いのが現実なのです。


多くの成果を上げた人は、その成功のノウハウを紹介することなく、
実はこっそりと儲かっているのが現実なのです。


そこで今回、東京でニューヨーク&アメリカ海外進出セミナーを開催することにいたしました。


参加をしていただくと、

「目からウロコが落ち、ニューヨークやアメリカの海外進出がより簡単に、
 しかも具体的にその日から何をやったら良いのかが、
 分かるようになる実践的なセミナー」

です。

海外を目指すと、日本でも圧倒的な成果を上げることが出来ます。

その具体的な方法を伝授させていただきます。


滅多にないチャンスですから、
ぜひお気軽にご参加をお待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/23東京 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時:2017年3月23日(水)18:30から21:00(18:15開場)

■プログラム
18:15 開場
18:30 セミナー1部・2部 & 質疑応答
21:00 セミナー終了

セミナー終了後は、希望者のみで懇親会開催の予定です。
(会費は当日実費精算)

当日は新刊「日本人のためのクラウドファンディング入門」、
と「クラウドファンディングで夢をかなえる本」をサイン入りで販売いたします。

■場所:シェアオフィスassets

住所:東京都中央区日本橋人形町1-2-12 3階
1階がヤマト運輸
人形町駅徒歩3分 (日比谷線・都営浅草線)
*A5出口、またエレベーターの利用の方、A6出口
水天宮前駅 徒歩5分(半蔵門線 )*8番出口
http://cf-ri.com/

■参加費:6000円

■定員:20名

●講演内容

【1部 板越ジョージ Global Labo(NY) CEO】

(1)アメリカ進出でのビジネス成功とその具体的な進め方

(2)アメリカで生き残っていくための会社設立方法とビザ取得やサバイバル術の最新情報

(3)ニューヨーク&アメリカでのビジネスのメリットとその実践ノウハウ


【2部 脇田勝利 株式会社ドリームマーケティング 代表取締役】

(1)NY・シリコンバレー・LAなどアメリカ最新情報&成功事例

(2)アマゾン・スターバックスなど世界的企業の最新ブランド構築&仕事術のご紹介

(3)あなたもすぐに出来る!ニューヨーク&アメリカで成功するためのブランドづくり&進出方法


●受講をお勧めしたい方

◆ニューヨーク・アメリカに進出したい方
◆世界最先端の最新ブランドやマーケティングについて学びたい方
◆海外進出を進めたい方
◆日本でも売上を上げたい方
◆ニューヨーク視察ツアーに興味がある方

後援:税理士法人ASSETS



●講師プロフィール




【板越ジョージ】

Global Labo(NY) CEO、クラウドファンディング総合総合研究所所長、中央大学政策文化総合研究所準研究員

1968年東京生まれ。高校卒業後、バイク便でお金を稼 ぎ1988年に単身渡米。バックパックを背負って貧困の街、内戦地区など世界35カ国を遊訪。1995年に出版・広告業のITASHO AMERICAを設立。7つの会社を経営し、資金調達を 成功させ米NASDAQへ上場を試みるが2001年同時 多発テロの影響で倒産。多額の借金を背負った。現在は、アメリカに進出する企業や起業家へ会社設立や資金調達な どのコンサルティングを行っている。日米のクラウドファンディング事情に精通しているということで、特に最近は クラウドファンディングに関するコンサルティング依頼が 急増している。サウスカロライナ大学国際政治学部卒、中 央大学ビジネススクール(MBA)修了、同大学院総合政 策研究科博士後期課程修了(学術博士)。坂本龍馬財団理事。在NY日本国総領事館海外安全対策連絡協議会委員。元ジャニーズJr.
著書に「クラウドファンディングで夢をかなえる本」「結局、日本のアニメ・マンガは儲かっているのか?」「アニ メ・グローバル競争戦略再考」等多数。






【脇田勝利】

(株)ドリームマーケティング 代表取締役
3分の1をアメリカ・アジアなど世界50カ国に滞在しながら、世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。

売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

http://www.dream-marketing.jp/
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/




◇お申し込み先

下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー名】3/23東京 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】
【参加人数】  人

※人数追加の場合は下記をコピー&ペーストしてご使用ください

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

2017年01月18日

「ベストグローバルブランド2016ベスト30」に見るアメリカの強さ

米ブランドコンサルティング大手、インターブランドが「ベストグローバルブランド2016」を発表しました。

同ランキングはグローバルな事業展開を行う企業を対象に、各ブランドの価値を金額換算して算出したものです。




インターブランドのグローバルCEO ジェズ・フランプトンは次のように語っています。

「Best Global Brandsにランクインしているブランドは、いずれもただ変化を乗り越えるだけではなく,自ら変化を起こしています。

そして,”Anatomy of Growth(成長の解剖学)”がいかに複雑で,ユニークで,パーソナルなものであるかを理解しています。

ブランドとビジネスを成長させるために,ブランドの内外に目を向け,新たな市場に進出し,より良いブランド体験を創り出しているのです。」



それでは、ベストグローバルブランド2016 ベスト30をご紹介いたします。




ーーーーーーーーーーーーーーーー
●ベストグローバルブランド2016 ベスト30
Best Global Brands 2016 Best 30(単位:100万ドル)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

1 Apple アップル (アメリカ) 178,119
2 Google グーグル (アメリカ) 133,252
3 Coca-Cola コカ・コーラ (アメリカ) 73,102
4 Microsoft マイクロソフト (アメリカ) 72,795
5 TOYOTA トヨタ (日本) 53,580
6 IBM アイビーエム (アメリカ) 52,500
7 SAMSUNG サムスン (韓国) 51,808
8 Amazon アマゾン (アメリカ) 50,338
9 Mercedes-Benz (メルセデス・ベンツ (ドイツ) 43,490
10 GE ジーイー(ゼネラル・エレクトリック)(アメリカ) 43,130
11 BMW ビーエムダブリュー(ドイツ) 41,535
12 McDonald’s マクドナルド (アメリカ) 39,381
13 Disney ディズニー(アメリカ) 38,790
14 Intel インテル (アメリカ) 36,952
15 Facebook フェイスブック (アメリカ) 32,593
16 Cisco シスコ (アメリカ) 30,948
17 Oracle オラクル (アメリカ) 26,552
18 Nike ナイキ (アメリカ) 25,034
19 LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン (フランス) 23,998
20 H&M エイチ・アンド・エム (スウェーデン) 22,681
21 HONDA ホンダ (日本) 22,106
22 SAP エスエイピー(ドイツ) 21,293
23 Pepsi ペプシ (アメリカ) 20,265
24 Gillette ジレット (アメリカ) 19,950
25 American Express アメリカン・エキスプレス (アメリカ) 18,358
26 IKEA イケア (スウェーデン) 17,834
27 ZARA ザラ (スペイン) 16,766
28 Pampers パンパース (アメリカ) 16,134
29 UPS ユーピーエス (アメリカ) 15,333
30 Budweiser バドワイザー(アメリカ) 15,099

なお、100位以内にランクインを果たしている日本企業は以下の通り。

42 Canon キヤノン (日本) 11,081
43 NISSAN ニッサン (日本) 11,066
58 SONY ソニー(日本) 8,315
68 Panasonic パナソニック (日本) 6,365

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

企業の実力を表すものとして分かりやすいブランドランキングだが、国別にランキングを見てみると、下記の通りになります。

(1位)アメリカ 20社
(2位)ドイツ 3社
(3位)日本 2社・スウェーデン 2社
(4位)フランス 1社・スペイン 1社・韓国 1社

と圧倒的なブランド力の強さを誇るアメリカ。

今までにアメリカ企業のブランディングの手法を体系化し、
日本企業が実践できるようにプログラムを作っています。


今後は圧倒的な成果を上げるためには「高く売れるブランドづくり」は必須であり、

「ブランディング力+マーケティング力」が経営で最も大切な要素になる時代になっています。

ブランド力を上げることこそ、企業にとって最も重要な時代になっています。



「ブランド力を上げたい方」はどうぞお気軽にお問合せをお待ちしております。  

2017年01月16日

NYで裸一貫で飛び込んでチャレンジする日本人唯一のラッパーR-naby

ニューヨークで知り合ったラッパーでありHipHop artistのR-naby。

裸一貫で英語も全くできない中で、
単身HipHopの本場ニューヨークに飛び込んでいき、
今やニューヨークで活躍する「唯一のアジア人ラッパー第1人者」に登りつめています。

ニューヨークでお会いして「夢は何ですか?」と聴いたところ、

「明日が目標、明日の成功、次のライブの成功、ただそれだけ」という答えが帰ってきました。

海外でチャレンジをする日本人にとって、この姿勢もとても重要。

毎日がサバイバル、毎日が人生そのものです。

貴重なインタビューが届きましたので、
ご紹介させていただきます。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本場のHipHop業界に旋風を巻き起す若き開拓者- HipHop artist R-naby
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニューヨークに来てわずか三年、並々ならぬ努力を重ね、数々の苦難を乗り越えて年間150本のステージを披露するまでに成長。本場のHipHop業界でアジア人として前人未到の高みに挑戦する27歳。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●24歳本場ニューヨークでの挑戦へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― どうして海外に出ようと思ったのですか?

R-naby
当時の若かった勢いですね。それしかないでしょ。今から思えば「俺、海外でできるんじゃねえ!?」って言うバカな勘違い、変な自信があったんだと思う。

― 勢いで飛び込んだって感じなんですね。

R-naby

20代はまだ勢いで飛び込める。それが30代になると悩んだり、本当に大丈夫かななんて思ったりするようになる。でも、結果を出すかどうかはその先の話で、実力はやっていくなかでついてくる。
要は、やるかやらないかの選択を迫られた時に、やると決めて飛び込める勢いがあるかどうかですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●24歳〜27歳本場での挑戦・苦難を超えて最高の自分へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― そこから上京して、成功して、さらにNYにまで来られますが、海外に出て初めて気づいたことはありましたか?

R-naby

日本の音楽の世界には年功序列があって、音楽を「あれは良い、これは良くない」と評価し過ぎ。こっちでは音楽は生活に根ざしているもので、そこに良いも悪いもない。

アメリカ人にとっての音楽は、日本でいう「いただきます」「ありがとう」「こんにちは」っていう挨拶と同じくらい、当たり前のものとして身近に存在しているんです。

これはもうこっちに来て、アメリカ人のコミュニティに入っていかなければわからない感覚なんすけど、例えば黒人の家に遊びに行ったら、お母さんとかが音楽に乗ってノリノリでダンスしてたりするんすよ。

こっちの奴らはそんな環境で育っている。そこからして日本とは感覚が全く違いますよね。

― 本場の音楽業界はどうでしたか?

R-naby

こっちは頑張った分だけ結果に反映される、それも早いスピードで。

日本よりもチャンスが多いから、努力した分だけお金でもなんでも早く反映されて返ってくる。

だから一度その波に乗ると、面白いほど結果が早くついてくるんです。

― 生活面では何かギャップはありましたか?

R-naby

こっちの奴らは適当すぎる笑。良い適当さもあるんすけど、時間にルーズだから待ち合わせなんてあってないようなもの。これはいまだに疲れる笑

― 英語は問題なかったですか?

R-naby

全然ダメでしたよ。

俺、中卒だし、学校でもテストで0点取ることを義務にしていた位やから、全くできなかった笑。

でもこっちに来たら、クラブでステージやらしてほしくて連絡取り合うのでもなんでも、当然英語でやらなきゃ生きてけないわけですよね。

だからもう開き直って、取り繕うのでも、誤魔化すのでもなく、学ばせてほしいっていう気持ちで接していったんです。俺、全くわからへんから、教えてくださいって。

で、わからない言葉が出て来たら、それどういう意味?って素直に聞く。

そしたらみんな受け入れてくれるし、ちゃんと教えてくれます。

でもやっぱり大変だったから、これから挑戦する人には、せめて英語だけは勉強しておけよって言いたいですね笑

― ニューヨークでの崖っぷち体験はありましたか?

R-naby

最初の4ヶ月間ですね。

自信満々で来たのに、蓋を開けたら4ヶ月間ライブが一回もできなかった。

こんなこと日本でもなかったし、はじめての経験だった。

毎日努力はしていたけど、本場は思っていた以上に甘くなかった、誰がアジア人に振り向くかって話ですよ。

自分の出来なささにどうしたらいいのかわからなくなり、現実的に金銭面でも正直キツイと思った。

もう無理だ、やめようと思って相当悩んで、親父に電話をしたんです。

そしたら「帰って来たらいいやん。悔いが残らないならな」って言われた。その言葉がムカついたんです。

親父はいつもこういう何か裏のあるような言い方をするんすよね。

単純に帰って来たらいいやん、だけ言えばいいのに、そのあとになんかムカつくようなことをあえて言う。

でも、それがムカついたからこそ、このままじゃ終わらないと思って帰るのを思いとどまった。

そしてその一週間後に、歌わせてくれって飛び込み営業をかけたクラブで初ライブをさせてもらえて、そこから毎週来いと言われ、そのクラブで出会う人が増えて、ハウスパーティに行ってってどんどん道が拓けて行った。

もしあの時、親父のムカつく一言がなくて「帰ってきたらええやん」だけだったら、本当に諦めて帰ってしまっていたかもしれない。

だから親父にはすごい感謝してる。


― その辛かった経験が、今に生きているわけですね。

R-naby

その後も、泣きたいことも挙げればきりがないくらいあったし、悔しい思いも経験してきた。

でもこの最初の4ヶ月があったお陰で、絶対に諦めないこと、そのための頑張り方を教わった。

― 例えば、どんなことがありましたか?

R-naby

はじめてブロンクスでイベントのレギュラーを掴んだ時は、ステージに上がって俺がマイクを持った瞬間に、150人いた客が全員引いていった。

それでも最後まで歌いきったけど、本当に悔しかった。

その時のライブのメンバーたちは俺のことを舐めてかかってきてたんですよね。

だから、そいつらに「見とけよ、絶対に見返してやるからな。アジア人を馬鹿にすんな、俺のことを舐めんなよ!」って思った。

その次のイベントにも出て、客が全員引いている中で言ったんすよ、「お前ら全員引くぐらいなら、ちゃんと見ろよ、聴けよ!」って。そしたら戻ってきたんすよね。だから、そこでへたって出ないとかじゃなくて、そういうことはやっぱり言わないといけない。

振り返っても、悔しいことだらけ、失敗だらけ。でも名前が売れている人は絶対そういう思いをしてきてる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●現在並外れた努力で築き上げた前人未到の地位
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― NYに来られてわずか三年という短期間で、年間150本以上のステージを披露されるなど、日本人ラッパーとしてはまさに前人未到の位置まで来られたのは何故だと思いますか?

R-naby

誰よりも努力してきたこと。そこには自信がある。365日一日も欠かさずにひたすら努力を重ねてきた。本当に毎日欠かさずに努力を続けられる人ってそうそういない。でもそれを俺はしてきた。「よくやったな俺」って自分で自分を褒められるくらい。

そして、波が来た時にはちゃんとしっかり乗ること。つま先立ちじゃなくて、ちゃんと腰を据えて両足で立って乗りこなす。タイミングが来た時にちゃんと波に乗れるように、毎日努力して準備をしておくことが大切。普段努力していない人は、準備運動ができていないから、波に乗ったとしてもすぐに倒れてしまう。

これをしてきたからこそ俺は今ここまで来れたと思う。今年7月の超大御所レコード会社Def Jam『Def Jam private event』への日本人初出演、8月のNY HipHopラジオ局Hot97のイベント出演という日本人としての快挙を成し遂げられたのも、誰よりも努力を続けてきたから。

― どうしてそこまでストイックに努力を重ねることができるんですか?

R-naby

人生は一回きりだから納得がいくまでやる、そう思ってるから。やるからには極めたい、そこはブレないし、自分を信じている。自分を信じていないとやってられないでしょ。他の誰でもなく、自分がやるしかない。だからスーパーストイック。

人生は一回きりってことは当たり前なんだけど、だからこそ意識していない人が多い。「人生は一回きりだから」、そのことを本当によく考えて欲しい。

Akimi Okuda― 人生は一回きり、そうですよね。

R-naby

俺は一回きりだからこそ、この人生にかけている。自分がもし悩みを感じたとしても、失敗したとしても、そこからどうしたら成功するか、うまくいくかを考えアクションを起こす。

例えばライブでミスしたら、それで悩んで止まるのではなく、練習すればいい。

それから、思い切り努力している姿は絶対に誰かが見ていて、そこからいろんなチャンスにつながっていく。

これは、思い切り努力をして失敗したとしても成功したとしても同じ。思い切り努力することに意味がある。

だから、俺は夢を追っている者として、人の悪口は言わない、人のせいにしない、自分にルーズにならない、ただひたすらストイックに努力するんです。

人のせいにした時点で、それは自分のせいだと認めていることと一緒。努力を極めた人だけに見える世界がある。このモチベーションキープもアーティストの仕事だと思ってます。

― 他に心がけていることはありますか?

R-naby

悩まない、早く決断する。

やりたいことをやっているんだから、悩む必要なんてないと思っている。

考える間も悩む間もなく決断する。俺は来た仕事は全て即決で取るし、来てないものすら掴もうとしにいく。

そうすると勝手に前に進んでいく。

それから、約束は必ず守ること。

結局、この世界は人と人との関係で成り立っている。

約束を守ることは、信用問題に関わってくる。

信用できない人とは仕事はできないですからね。


― そんな並々ならぬ努力を重ねたR-nabyさんの目の前には、今どんな景色が見えていますか?

R-naby

言葉にならないくらい、体の底から湧き上がる喜び、感情を味わってます。

毎日が楽しくて仕方がない。

今見ている景色はヤバいくらい最高で、いつ死んでもいい、今日死んでも悔いはないって言えるくらいの幸せを感じています。

最高の人生を送ってきたし、これからも絶対そんな人生を送っていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●未来 人が認める成功者になる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
― これからの夢、野望、目標はありますか?

R-naby

ないですね笑。明日が目標、明日の成功、次のライブの成功、ただそれだけ。

だって人生には明日しか来ないじゃないっすか。それを続けたら、自然と昔描いていた自分になっていましたしね。

これは目指す生き方にも関係してきますが、今は今しかない。

だから今を生きるだけですね。音楽にゴールはないって思ってます。

― じゃあ、ただひたすら今を生きる、その積み重ねですね。

R-naby

そう。でも、人が認める成功者になりたいっていう思いはありますね。

お金をたくさん得るとかじゃなく。

海外に出て来てさらに日本が好きだという気持ちが強くなったし、若い人たちがどんどん挑戦していくきっかけを作っていきたい。

そのために努力して、誰もが挑戦しやすい道を作るのが、俺の第一人者としての役目だって思ってます。

365日努力するっていうのは、正直言って結構辛い。

でも、頑張ってきたからこそ言えることがあるし、努力してきたからこそ発する言葉に重みがある。

だから今まで努力してきた中で無駄だと思うことはひとつもないです。そこで出会った人、経験したこと全てが、お金にならない財産のようなもの。

もうここまで来たら日本に戻ることもないと思います。

いつか「昔、R-nabyっていう人がいて、その人はアジア人が今まで入り込めなかった本場のHipHopの世界に道を作ってくれて、何十年以上もみんなに愛されたんだよ」なんて言われたいっすね笑。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●メッセージ人生は一回きりだから、自分の気持ちに正直に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― これから海外へ出ようか迷っている人にメッセージを送るとしたら、どんな言葉をかけますか?

R-naby

自分の気持ちに正直に生きればいい。

人生一回きりだから。心から挑戦したければすればいい、行きたいと思ったら行けばいい。

全てを犠牲にしてどうなってもいいという気持ちがあるのなら、今すぐ挑戦すればいい。

お金とかビザとかそんなものはあとからなんとでもなる。

でも、もし1%でも不安があったり、中途半端に悩む気持ちがあるのなら、それはどこかで挑戦したくない自分がいるということ。その自分の心に素直になればいい。

でも、自分が変われると思うのならそうなれる。

夢を叶えられると思えば叶えられる。

あとは、それを50%の力で信じるのか100%の力で信じるのか、変わることや夢を叶えることに対する本気度の違いが、そこから変わっていくかどうかを決めていくと思います。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



インタビューの全文は下記をご覧ください。
http://tamariba.jp/lives/5149.html
  

2017年01月13日

「稼ぐことは正しいこと」アジアの諸国に抜かれる悔しさをバネに

私の人生のミッションの一つとして

「日本を元気にしたい」

があげられます。


そのためには、

「日本人は今、とにかく稼ぐことが最も大切」

とあえて言い切ってしまいます。


稼ぐことは悪いと思っている人が多いのですが、

「稼ぐことでしか、世の中に貢献できない」

と考え、徹底的に顧客に喜んでいただき、
その対価として売上が上がり、給料をいただくため、
まずは、

「稼ぐことは正しいこと」

という認識を持つ必要があります。


長時間労働の問題が現在日本の社会問題になっていますが、

日本の多くの問題は「稼ぐことを追求すること」で解決出来ます。


私のコンサルティング先の皆様にお願いすることの一つとして、

「時間当たり付加価値、つまり時給」を計算していただきます。


単純に「粗利益/働く時間」での計算でもOKです。

これが思った以上に低すぎます。

低価格での販売、長時間労働が続くと悪循環になり、

時間当たり付加価値がどんどん下がっていき、

下手をすると最低賃金を下回る給料で働かざるを得ない人が多いのが日本の現状です。


これを改善するためには、

「ブランド力を高め高く売り、
 短い時間で良い意味で楽して稼ぐ」

ことが重要です。





現在、滞在している香港・深センの一人当たりのGDPを調べてみました。


●香港一人当たりの名目GDP(USドル)
42,963.40USドル → 日本円換算で494万円 

●深セン一人当たりの名目GDP(USドル)
9,823.52USドル → 日本円換算で113万円

●日本一人当たりの名目GDP(USドル)
37,304.14USドル → 日本円換算で429万円 

●引用先
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDPDPC&c1=HK&c2=JP&s=&e=





と言っても、香港は都市国家ですので、日本も都道府県で比較をするとその実態が分かってきます。



日本の都道府県別の総生産ランキングで一人当たりの総生産は下記の通りです。
http://todo-ran.com/t/kijis/10709

人口1人あたり総生産(万円)

(1位)東京都 692.60万円
(2位)愛知県 426.96万円
(3位)滋賀県 426.22万円

となっており、実は日本の平均の一人当たりGDPを超えているのは東京都のみです。

つまり、日本の一人当たりGDPが高いのは、東京都のみが突出しており、

それ以外の地方都市は残念ながらかなり生産性が低いことが分かります。



一人当たりGDPが最低ランクの奈良県253.53万円で考えると、
リアルな現状が伝わってきます。



また、香港の隣の中国深センは円換算で、一人当たりのGDPは113万円まで高まっており、

1982年の日本と同等レベルです。

その後、日本の一人当たりGDPが現在と同じレベルになるまで、
12年しかかかっていませんので、

この10〜20年で、深センの一人当たりGDPが日本と同等レベル、または抜かれる可能性も十分にあります。




もちろん、お金だけでは判断出来ませんが、

人が幸せになるためには「お金も重要な要素」です。


私の人生をかけたミッションである、

「日本の宝の山を活かし、
 ブランド化・差別化し世界のチャンスを獲得することで、
 日本人の売上・収入を増やし、
 多くの皆様の夢を実現させる」

ために、今後も全力でチャレンジしたいと思います。


悔しさが人生を変える原動力です。

オールジャパンで一緒に「悔しがりながら、チャンスを獲得して参ります」

  

2017年01月10日

1/14深セン「シリコンバレー流スタートアップで、深センで起業して成功する必勝パターン!」

深センでの講演の正式な内容が決定いたしましたので、
ご案内させていただきます。

香港にも近く中国のシリコンバレー&産業集積の進んだ世界の工場深センは、
多くの日本人が気づいていない、とても起業に向いた場所です。









1月14日(土)に深センで講師を務めることになりました。

今まで16年間で800回以上の講演をさせていただいておりますが、

海外での講演は、深セン6回、ニューヨーク3回、ロサンゼルス3回、 シアトル1回、香港11回、北京で2回、上海で3回、広州で3回、東莞で2回、タイで1回、セブで1回の海外で36回目の講演になります。


今回は特に「深センでの起業をして成功する」テーマで講演をさせていただきます。


「中国のシリコンバレー」と言われる深センは、1980年頃までは人口9千人にすぎない漁村だった場所が、
鄧小平氏の政策で経済特区に指定されるや見る見る成長を遂げ、
今では深セン都市的地域の人口は1,447万人になっており、約30年で驚異的な変貌ぶりを見せています。

私がよく行くシリコンバレーの起業家の中では、
最近は深センに移り住み、
深センでプロトタイプを開発して、クラウドファンディングでお金を集め、再び深センで製品開発を行い、シリコンバレーの投資家からお金を集める――というハードウェアスタートアップにとってのエコシステムができつつあるのです。

また、中国で富裕層が最も多く住むのが深センのある広東省で、
超富裕層「ビリオネア」が住む世界の街ランキングで12位にランキングしており、
マーケットとして世界的に注目されています。

深センに住んでいる在留邦人数は2011年、4730人で現在はこの数より減っているものと思われます。

ということは、

深センは「世界的に見ても起業するには最適な場所」ということが言えます。

その深センで「起業して成功する必勝パターン!」の講演をさせていただき、

参加された皆様がその日から「起業に成功する具体的な行動」を起こせるような、
人生を変える1日にしたいと思っております。

深セン&広東省の皆様のご参加お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これから起業したい方や経営者の方、必見の講演です。

「シリコンバレー流スタートアップで、深センで起業して成功する必勝パターン!」
〜16年間で8000名の起業家と構築した深セン起業家養成講座〜 のご案内です。


世界中で、圧倒的な売上を上げ続ける“現場主義・実践・経営コンサルタント脇田勝利”による講演&ワークショップの開催です。

今回は、シリコンバレー流スタートアップのノウハウを生かし、
世界中で成果を上げている「起業家のための実践的な事業プラン構築のノウハウ」を惜しみなく、
公開させていただき、参加された皆様がすぐに起業に向けて具体的に進めることが出来るように工夫されております。

たった10ページの事業プランを作るだけで、
世界中で売上を上げ、ベンチャーキャピタルから億単位の出資もしてもらえる実践的なノウハウになります。

これから起業したい方、現在経営をされている方はぜひこの機会にご参加お待ちしております。

上場を目指す起業家、前年比50%売上アップのファッション小売店、全店舗前年比20%アップの飲食店、海外で急成長企業など、
世界中で16年間で8,000社のコンサルティングを行い、
起業準備中の方から上場企業まで業種業態や規模に関係なく、日本全国&世界中の現場で圧倒的な売上・成果を上げ続けている
「起業成功のノウハウ」を誰にでも分かりやすくお伝えする内容です。


今回は、その日から起業成功へ向けて具体的に行動できる実践的な内容です。

具体的には、

1、誰もが起業に成功する原理原則を学び、何から始めたら良いのか分かる知識を学び、
2、成功事例を学ぶことで、さらに深く理解し、
3、ワークすることで、その日から起業成功へ向けて行動が出来る。

といった流れになっております。

しかも、今回はハーバード大学などで取り入れられているアクティブラーニングのノウハウを入れて能動的に講演に参加して最も効果的な
形で学び実践することが出来るように工夫されています。

そして、参加者にはもれなく特別価格にて個別相談をしていただくことも出来ます。

ぜひ、お気軽にご参加していただき、これからの時代に誰もが必要な「起業家のノウハウ」を学んで、
その日から起業家としてスタートしましょう。




●講演タイトル
「シリコンバレー流スタートアップで、深センで起業して成功する必勝パターン!」
〜16年間で8000名の起業家と構築した深セン起業家養成講座〜

●講演内容

講師 脇田勝利 実践売上向上コンサルタント

「シリコンバレー流スタートアップで、深センで起業して成功する必勝パターン!」
〜16年間で8000名の起業家と構築した深セン起業家養成講座〜

(1)誰も教えてくれなかった、世界から見た深センで起業する価値とは?
(2)世界中で成果を上げている、起業してすぐに売上を上げた2〜100倍の成功事例
(3)シリコンバレーの起業家が語る世界的な視点で見た深センのポジションとは?
(4)深センを拠点に創業しブランドを作り売上を上げる実践的な方法
(5)シリコンバレー発、世界中のスタートアップで劇的な成果を上げている起業家育成ワークショップ

●講演スタイル
創業を成功させるノウハウを実践的に講演でお伝えしながら、
自分の創業を成功させる具体的な行動が明確になる体験型のワークショップ

●対象者

下記に当てはまる全ての方にご参加していただき、
個別に質問をいただきながら進めていきたいと思います。

(1)これから起業したい方
(2)駐在しているけど起業家マインドを身に付けたい方
(3)これからもっと成果を上げたい起業家・経営者

●日時

2017年1月14日(土)

15:00~受付開始
15:30~講演開始
17:30 講演終了
18:00 懇親会開始(食事有り)
20:00 懇親会終了

●場所

講演会場:深セン粤海酒店11階会議室
 住所:深セン市羅湖区深南東路3033号
 地図:http://j.map.baidu.com/U0zXH

懇親会:羅湖区日本料理屋「酒田」
 住所:広東深セン市羅湖区南湖路3009号国貿商住ビル3階DE室
 地図:http://j.map.baidu.com/1u6o9
 お店の電話番号:0755-8223-9998

●会費

参加費:300元(講演会、懇親会(食事)費用込み)

●講演者プロフィール




脇田 勝利(わきた かつとし)氏

世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/

夢と情熱コンサルタント: 売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、ニューヨーク・シリコンバレーを始めアメリカ、アジアや世界中で16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、世界でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

・(株)ドリームマーケティング 代表取締役
・経済産業省 認定支援機関など各種コンサルタント登録
・一般社団法人東京和僑会 監事&公認海外進出アドバイザー
・NPO法人まちづくり支援機構 理事長
・(社)ひびき青年会議所 第34代理事長
・冒険家
その他のプロフィールは、こちら
http://www.dream-marketing.jp/company/index.htm

【著書】
「売上向上の必勝パターン!」
「ブータン人が欲しがるものがなぜ日本でヒットするのか?」


◇講演者著書
 「売上向上の必勝パターン!」
 「ブータン人が欲しがるものがなぜ日本でヒットするのか?」



・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー名】1/14深センセミナー 参加申し込み
【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】
【参加人数】  人

※人数追加の場合は下記をコピー&ペーストしてご使用ください

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

2016年12月27日

3/21東京「世界で圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法、全て公開します」



日本の経営に足りていないものは、ブランディングやマーケティングなど

「より顧客に喜んでいただき、より高く永続的に買っていただくこと」

の他にマネジメントも重要なテーマになります。

マネジメントとは、下記のように定義出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マネジメントとは、様々な資源・資産・リスクを管理し「効果を最大化する手法」のこと。

具体的には、主にビジネス上における様々な資源や資産・リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする手法のこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


つまり、いかに良いビジネスを行っていても、

マネジメントが上手くいっていないと、人・もの・設備・ノウハウ・技術などの経営資源が上手くいかされずに、

「死んでいる」状態になっていると言えます。


逆に、マネジメントが生かされている職場は、人・もの・設備・ノウハウ・技術などの経営資源が上手く活かされ、

「生き生きと全てが活用されると共に最適化され、最大のパフォーマンスを発揮できる」

ということになります。



欧米の優良企業では、ブランディング・マーケティング・マネジメントが経営の中心になり、

経営を設計すると共に、優秀なマネージャーは現場で働くワーカーの5〜10倍、時には社長以上の給料をもらい、

現場を最適な形で回していくため、マネージャーの価値が圧倒的に高く優遇されています。


日本の問題点の一つは「マネジメント不在」だったり「マネージャー育成」がされていないことが上げられます。

今後は、日本企業も「マネジメント」「マネージャー育成」が重要なテーマになります。


本来、私から見れば、日本人はマネジメントは得意です。

例えば、旅館の女将さんです。

女将さんはマネジメントのプロとしてきちんと仕切っているから、
お客様は満足し、現場はスムーズに進んでいるのです。

その女将さんのノウハウを現代流にアレンジして成果を上げているのが、
星野リゾートです。




私たちも「本来日本人が得意だったマネジメント」を、
実際の経営の現場に生かしていくことが大切です。

それが実践できれば、日本でも更に成果を上げることが出来ますし、

海外進出を考えている企業なら、なおさらマネジメントは必須になります。




「日本的マネジメント」で海外で成功した起業家がいます。

中国の工場、広東省東莞で世界最高レベルの光学部品を製造されている東莞田中光学科技有限公司 董事長の石野千尋さんです。

石野さんは、当時毎年赤字だった工場に日本から出向し仕事をスタートします。

彼以外の全てが中国人のスタッフの前で彼が行ったことが、この工場を根底から変えたのです。

トップのポジションにいながら、彼は、

「雑巾を手に膝をついてトイレ掃除を始めた」のです。

中国人のスタッフはびっくりして「頭がおかしくなったのではないか?」と思い、
彼を手伝うことは無かったのですが、石野さんは毎日掃除を止めませんでした。

半年後、ついに中国人スタッフの幹部が、同じように掃除を始め、
一人ずつ掃除をするようになりました。

すると、業績も徐々に向上を始め、
赤字から脱却し黒字化をしています。

今では、毎朝全てのスタッフが掃除を行い、
中国では有りえないほど「非常識に綺麗な工場」になっています。

中国では掃除をせずに汚い工場が当たり前なため、

今では、この工場に毎日のように見学者が訪れ、
見込み客のうち、7割の方が「この工場なら注文したい」と契約に繋がっています。


つまり、「掃除がブランド化」され、その手法をきっかけにマネジメントに成功し、

人材育成がされ、品質管理のレベルが向上し、

「この工場で製造して欲しい」と顧客の心を鷲掴みにし売上・利益を上げているのです。


日本人がこれから日本と海外で成果を上げる重要なポイントがここにあります。

日本人のDNAとなっているマネジメントをベースに、
成果を上げていくことが大切になっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記でご紹介した東莞田中光学科技有限公司 董事長の石野千尋さんに、

3月21日、東京で講演をしていただくことになりました。

「世界で圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法、全て公開」していただきます。

滅多にない機会です。


下記に一つでも当てはまる方は、ぜひご参加お待ちしております。

◽︎ 世界と日本で圧倒的な成果を上げるマネジメント手法を学びたい方
◽︎ 世界で成果を上げる成功事例を聴きたい方
◽︎ 日本人が世界を舞台に成果を上げる必勝パターン!を学びたい方
◽︎ 文化の違う外国人とコミュニケーションをする必要がある方
◽︎ 海外で売上を上げたい方
◽︎ 日本人によるチャイナドリーム実現に興味がある方
◽︎ 中国や海外ビジネスにリスクを無くして参入しチャンスを手にいれたい方
◽︎ 今後の成功モデルにご支援や投資などをしたい方
◽︎ 今後一緒に世界で夢を実現したい方



海外からの情報は失敗した話が多く、
「中国で騙された」「海外ビジネスは上手くいかない」「キレイごとばかりで現地の生の情報が少ない」というお話をよくお伺いします。

それは当たり前のことで、
「海外で成功している人は、あえて日本に向けてその事例を紹介することなく、
 こっそりと儲かっている」のが現実なのです。

今まで50カ国に訪問・滞在し、現地でコンサルティングや講演をさせていただき、
気づいた点は、

「成功している人は、わざわざその手法を日本に向けて情報発信しない」

ということです。

つまり、日本にいる日本人に伝わる情報は「間違った情報が多い」というのが現実です。


今回の講演は「数少ない日本人が海外で成功している真の情報」です。

滅多にないチャンスです。

ぜひ、この機会に真の成功する「日本人の海外進出の成功必勝パターン!」の原理原則を学び、

共に、世界を舞台に成果を上げて参りましょう。



当日は、香港と中国のチャンスを掴むための、投資スキームやパートナーの募集も行います。

香港や中国でのビジネスを展開されたい方にとって、最適な機会です。

どうぞご参加お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●講演タイトル

東京和僑会『グローバル・ビジネス実践委員会』月例会・御案内

世界で成功している海外ビジネス実践講演会
「世界で圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法、全て公開します」

●日時

2017年3月21日(火)18:30~22:30 (開場受付・18:15)


<タイムスケジュール>

18:15 開場~名刺交換 (会費徴収&懇親会参加確認)
18:30 開会の辞:小川正 (東京和僑会・副理事)
18:35 1部/講師:“石野千尋氏”
      「世界で圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法、全て公開します」

19:55 次回予定の御案内他  
20:00 2部/懇親&ディスカッションタイム~
22:20 閉会 




●講演内容

石野千尋氏 講演 東莞田中光学科技有限公司 董事長

「どのように世界最高レベルのマネジメントが出来ているのか?」
「日本人が世界で通用するマネジメント力の秘密」
「あなたにも出来る!圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法」
「今後の更なる成長へ向けてのあるべき姿・ビジョン」
「今後のパートナー募集について」

●会費

「6,000円」 東京和僑会会員&非会員共に同額)
   (会費領収書は、東京和僑会『グローバルビジネス実践委員会』発行)
   懇親会とのセットとなりますので、御了承願います。

●開催場所

『スターコート豊洲・1階:パーティールーム』

●主催 

一般社団法人 東京和僑会 グローバル・ビジネス実践委員会

●講師プロフィール

石野千尋氏

東莞田中光学科技有限公司 董事長




10年以上海外現地子会社の駐在員としての経験を活かし、毎月50社以上の工場経営者や
幹部が訪れる奇跡の工場を作り上げた実績は様々な業界からその手腕が注文されている
今話題の経営者。

また、この5月からは赴任先の工場を自費で買い取り、更なる飛躍をするべく今も海外で
縦横無尽に活躍中。

「中国文化を変える」をモットーに自社製品の販売拡大はもとより、日本食品の販売、工場運営
のコンサルタント業務まで手掛け、着々と成果を上げている。



【お申込先】

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/


ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

3/21東京「世界で圧倒的な成果を上げる非常識な実践マネジメント手法、全て公開します」参加申し込み

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先(携帯電話)】
【E-Mail】
【通信欄】




・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・
  

2016年11月24日

「日本発エンターテインメントをNYへ」オールジャパンで進めます。

ニューヨーク&ボストンに11日間滞在しております。

現地でコンサルティングや市場調査、多くのニューヨーカーとの連携を進め、
世界のブランドと経済の中心地NYで具体的に様々なプロジェクトを立ち上げ、
オールジャパンでNYを拠点に世界展開を更に進めて参ります。

11月21日(月)に現地NYのMBAホルダーの皆様が主催するNY MBAの会に参加し、
現地MBAの皆様と起業家の皆様との連携を具体的に進めてきました。

現地の起業家Japan Entertainment NYC代表である齋藤晃さんと、
プロのスタントマンとしてご活躍中の羽賀亮洋さんのお二人のプレゼンテーションを参加者全員で聴き、

参加者全員でディスカッションを進めるミートアップです。


私もアドバイスをさせていただき、

「オールジャパンで連携し、NY日本のサブカルチャー好き集め見込客化&ビジネスモデル化する」

という提案で皆様から承諾をいただき、


齋藤晃さん、羽賀亮洋さんと連携をして「日本のコンテンツや文化」をNYで展開していくことになりました。


これからがとても楽しみです。

私のこれからのテーマの一つは、

「オールジャパンで世界に横串を指し、
 日本人が苦手なブランディングとマーケティングで成果を上げ日本を活性化する」

です。

更にNYを拠点に実践して参ります。


先日のNY MBAの会の内容は下記にMBAの会の皆様よりご報告をいただきました内容をご覧ください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月21日(月)に第22回 NY MBAの会を開催いたしましたので、講演内容をご報告いたします。

今回は、『日本発エンターテインメントのNY市場参入ケーススタディ』と題し、この春より日本人アーティストによるパフォーマンスイベントや戦隊ヒーローのアクター達が独自に生み出したキャラクター『サムライド』による各種公演などをプロデュースしてきたJapan Entertainment NYC代表である齋藤晃さんと、プロのスタントマンとしてご活躍中の羽賀亮洋さんをお招きし、NYでエンタメビジネスを成功させるための市場分析、ポジショニング、ターゲットセグメント分析、レベニューストリーム等について、Japan Entertainment NYCが直面している課題を踏まえ活発な議論が展開されました(参加者19名、うちMBAホルダー6名)。

齋藤さんは長年コンサルタントとしてビジネスプランを提案されてこられた経験を活かし、この春よりJapan Entertainment NYCを立ち上げ、アメリカでの成功を夢見てNYでチャレンジする若手日本人パフォーマーに焦点をあて、イベントの企画・運営をされてきました。

他方、羽賀亮洋さんはパワーレンジャーのレッド役などを務めてきたプロのスタントマンで、現在はNetFlixの専属スタントマンを務める傍ら、週末のキッズ向け体操教室などを通じて将来的にはアメリカで日本のキャラクターショーを常時開催できる劇場をつくることを目標とし、NJを拠点にご活躍中です。

今回のケーススタディは、この両者がビジネスパートナーとしてタッグを組み、『サムライド』というAIに支配された人類を救う戦隊ヒーローをNYで売り出すための新規参入戦略・マーケティングプランについて、参加者の皆さんと考察を深めました。

アメリカのエンターテインメント市場は2位の日本の2.7倍もある世界一の巨大マーケットで、ライブパフォーマンスに関してはNYが全米一の市場規模があるそうです。

その中で新規参入を成功させるためには、個性が光るユニークさが必要である一方、ニッチすぎると誰からも評価されないため、的確でかつピンポイントのポジショニングをすることで一程度のマーケット規模を確保することが重要になると齋藤さんは分析されていました。

また、ブロードウェイミュージカルの演目別収益を比較し、有名作品を除いてその大半が赤字または初期投資の回収ができない演目ばかりであることから、費用の大半を固定費が占めるライブイベントビジネスで収益を上げることは新規参入モデルとしては非現実的であるという結論に至りました。

エンターテインメントビジネスで利益を上げる理想的なモデルは、ライブイベントをカスタマーリレーションや広告宣伝と位置付け、楽曲やパフォーマンスビデオの販売促進ツールとする一方、ベースの収益はキャラクターグッズの販売や関連サービス等を多様化することで安定的に確保していくことにあります。

参加者の皆さんからは、『サムライド』の露出を増やし、付加価値をつけることが第一に必要なことではないかという意見が多数出ました。

そのためにYoutubeに動画をアップして露出を増やす案や地下鉄や路上の同じ場所で毎日同じ時間にライブを行うことで口コミとビジビリティでSNS拡散をねらう案等が出ました。

一方で、現状は羽賀さんがお一人でパフォーマンスをされていることから『サムライド』を毎日露出するための人材不足等課題も浮き彫りになり、同じことを継続することの難しさ、またその価値について再認識しました。

また、羽賀さんのゴールが和製キャラクター用の劇場づくりであることから、サムライドにこだわらず日本のアニメ好きを集めてファンクラブを作り、日本のキャラクタービジネス業界に売り込む案も出ました。AKB48に倣って「身近に会える戦隊ヒーロー」のようなブランディングコンセプトを決めるのもメッセージ性がありファンの心をつかみやすいのではないか等実りあるディスカッションは尽きることがありませんでした。

齋藤さんからは、ビジネスモデルやマーケティングプランを考えることは本業のコンサルタント経験を活かすことができるが、実行フェーズになると何が一番手堅い手法なのか覚悟ができず投資の規模が小さくなってしまうこと、またエンタメ業界やメディアとのネットワーク構築不足もボトルネックになっている等、Japan Entertainment NYCの運営を通じて感じられた本音もお話しいただき、参加者一同で今後の発展に期待を膨らませました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

2016年11月22日

12/21熊本 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー

ニューヨーク&アメリカに進出をしたい方に最適な講演のご案内です。

11月にニューヨーク視察ツアーに参加していただいた
熊本の4名の起業家の皆様の報告をしていただき、
「ニューヨークの体験&これからのNY進出プラン」を発表していただくと共に、

誰でもNYを活用しブランド力を構築し、NY&アメリカ進出が出来るようになる実践的なセミナーです。

このセミナーに参加していただくだけで「NY&アメリカ進出に一歩踏み出すことが出来る」ようになります。





次のニューヨーク視察ツアーの日程と内容は下記の通りです。

●2/2・3ニューヨーク進出ビジネス&最新ブランド視察ツアー
http://marketing.yoka-yoka.jp/e1966765.html

私が世界中の現地に精通したプロフェッショナルの方と連携して開催している
今まで100名以上に参加していただいた「人生を変える視察ツアー」です。

下記に一つでも当てはまる方は、ぜひご参加されますことをお勧めいたします。

(1)実際にNY&アメリカでのビジネスを展開されたい方
(2)いつかはNY&アメリカでビジネスをしたい方
(3)まずは現地NYの最新情報を体験したい方

NY視察ツアーに参加されたい方も是非セミナーにご参加をお勧めいたします。




このセミナーに参加していただくと、たった2時間で

「今まで日本で生きてきた発想を、一気にニューヨーク視点で発想が出来るように」なります。


ニューヨークやシリコンバレーなどアメリカを始め、
世界50カ国以上で成果を上げるコンサルティングを行って参りましたが、
やはりアメリカは必ず押さえておかないといけない重要なポイントです。

なぜ、アメリカなのでしょうか?

(1)世界最大の市場でありアメリカンドリームは健在

依然としてアメリカは成長する世界最大の市場です。
GDPを購買力評価で換算すると、米国は世界経済の21%であり、圧倒的な購買力のある巨大市場です。

しかも、今後も右肩上がりで成長をしていく市場です。
日本のGDPが横ばいと考えると市場としては、アジアとアメリカの市場は日本人にとって今後獲得しなくてはならない必須の市場です。

世界中からアメリカンドリームを求めて多くのチャレンジャーが集まるチャンスに溢れた今でも魅力的な国がアメリカです。

1980年から2016年の間に、アメリカのGDPは6倍になり、今でも成長を続ける国です。






(2)日本人にとってもチャンスが多い国

日系企業による米国への進出の波は1980年代から本格的に始まり、1980年代後半から加速し、大企業だけでなく、多くの中小企業も米国へ進出しています。

「日系企業の海外直接投資先国の中では、米国が20.4兆円で全体投資金額の33.8%で第1位」(日本の外務省及び米国の商務省より)と、日本からの投資も活発です。

また、日本では当たり前のビジネスが大人気になったりと、日本人が活躍出来るチャンスがたくさんあります。

最近でも、アジアに進出した企業が「やっぱりビジネスはアメリカだ」と考え、アメリカに再チャレンジする例が増えています。


(3)世界的ブランド、世界最先端のビジネスモデルが常に生まれる場所

ニューヨークやシリコンバレーなどは、世界最先端のビジネスが生まれるイノベーションの聖地です。

世界的なブランドやビジネスモデルはアメリカを拠点に始まることが多く、
アメリカの先進的なモデルを参考にすれば、日本でもまだまだチャンスがあります。



今回は世界の経済の中心であるニューヨークがメインのテーマです。

ニューヨークの魅力は、一言で言うと、
世界中のモノ、ヒト、食、文化、宗教など、すべてがぎゅうっと凝縮された小宇宙です。

世界の経済の中心であり、最新ブランドやトレンドが集中していますから、
ニューヨークを知れば世界が分かります。

特に起業家や経営者は観光でなく、ビジネス視点でニューヨークを体感することが重要です。


東京23区の10分の1に満たないマンハッタンには、東京23区の人口の6分の1以上に相当する人が住んでおり、
マンハッタンの人口密度は、東京23区の倍近くになる世界でも有数の人口集中都市です。

マンハッタンに住む人口の半分がアメリカ以外の移民というデータもあり、
まさに世界の縮図が凝縮されたのがマンハッタンと言えます。

この小さな島に世界中からアメリカンドリームを求め、
多くのチャレンジャーや企業が集まってきているため、

世界中どこにもない独自のカルチャーを構築しています。

ビジネスやブランドもマンハッタンに集中しているため、
世界最高レベルのとても効率の良い展開をすることが出来るのがニューヨークの魅力です。

つまり、マンハッタンを見ると、世界の流れが手に取るように分かり、世界展開の拠点としては最適なブランドの聖地なのです。



海外進出はこれからの日本人にとって、
誰もがチャレンジすべき重要なテーマです。

今まで多くの海外進出のご支援をしてきて、
多くの方が感じているのは、下記のような課題です。


◽︎「海外進出をしたいが、どうやって進めたら良いか分からない」
◽︎「外国語が出来ないので、海外ビジネスは出来ない」
◽︎「海外にパートナーがいない」
◽︎「騙されたという話をよく聞くので海外が怖い」
◽︎「日本で成功してから、海外に進出すれば良い」
◽︎「多くの外国人が日本に来ているが何もビジネスが出来ていない」
◽︎「社内に海外ビジネスが出来る人材がいない」
◽︎「海外旅行でしか海外に行ったことがないので自信がない」



上記に一つでも当てはまる方は、

残念ながら、海外進出に対して間違った認識を持っていると言わざるを得ません。


海外で成果を上げている人は、上記の課題を私たち専門家に相談していただき、

「簡単に成果を上げている人」

も多いのが現実なのです。


多くの成果を上げた人は、その成功のノウハウを紹介することなく、
実はこっそりと儲かっているのが現実なのです。


そこで今回、熊本でニューヨーク&アメリカ海外進出セミナーを開催することにいたしました。


参加をしていただくと、

「目からウロコが落ち、ニューヨークやアメリカの海外進出がより簡単に、
 しかも具体的にその日から何をやったら良いのかが、
 分かるようになる実践的なセミナー」

です。

海外を目指すと、日本でも圧倒的な成果を上げることが出来ます。

その具体的な方法を伝授させていただきます。


滅多にないチャンスですから、
ぜひお気軽にご参加をお待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●講演内容

(1)熊本の起業家が語る「ニューヨークの体験&これからのNY進出プラン」

(2)NY・シリコンバレー・LAなどアメリカ最新情報&成功事例

(3)アマゾン・スターバックスなど世界的企業の最新ブランド構築&仕事術のご紹介

(4)NYの実践的活用方法。あなたも出来る世界的ブランドづくり

(5)あなたもすぐに出来る!誰も教えてくれなかったNYで成果を上げる必勝パターン


●講師 脇田勝利



3分の1をアメリカ・アジアなど世界50カ国に滞在しながら、世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。

売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

(株)ドリームマーケティング 代表取締役
http://www.dream-marketing.jp/
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/



◇ 開催日時:2016年12月21日(水)18:00〜20:00

 ※講演会終了後、近隣にて希望者のみ講師を囲んで懇親会を開催します(別途実費・20:30〜22:30)

◇ 開催場所 :くまもと県民交流館パレア(予定)

 〒860-0808 熊本県熊本市中央区手取本町8−9
 TEL: 096-355-4300

◇講演会参加費:3,000円

 ※講演会参加費の一部を熊本地震復興支援に義援金として寄付いたします。

◇お申し込み先


お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

お申し込みフォーム
http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー名】12/21熊本 ニューヨーク&アメリカ海外進出セミナー

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】
【参加人数】  人

※人数追加の場合は下記をコピー&ペーストしてご使用ください

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

2016年11月19日

ニューヨークのマーケットを狙えば世界中にアクセス出来る。




ニューヨークは人種のるつぼと言われます。

ニューヨーク市の人種別の人口構成は下記の通りです。(2010年のアメリカ国勢調査)


●NYC人種別人口構成(総人口 817万人 2010年のアメリカ国勢調査)

白人               272万人(構成比 33.3%)
ヒスパニア・ラテン系       233万人(構成比 28.6%)
アフリカ系            186万人(構成比 22.8%)
アジア系             102万人(構成比 12.6%)
ネイティブアメリカン&アラスカ系   1.7万人(構成比 0.2%)
南洋系(ハワイ・グアム・太平洋諸島) 0.3万人(構成比 0.0%)
その他 非ヒスパニック        5.8万人(0.7%)
混血 非ヒスパニック        14.8万人(1.8%)


私たちがニューヨークと聞いて、真っ先に思い浮かべる金髪白人女性(笑)など、
ヨーロッパをルーツに持つ西洋人は実はNYC全人口の3割強しかいません。

現在増加しているのが、メキシコなど中南米・アルゼンチンなどの南米のスペイン語圏のヒスパニック・ラテン系。

西洋人の次に多く約3割です。

10年前と比べ、8%も増加しています。

その次が、アフリカ系アメリカ人2割強ですが、2000年と比べると、5%減っています。

この10年で最も増加しているのが、アジア系。

10年前より31.8%も増えています。

そのうち、中国系が半数を占めます。続いて、インド系、韓国系。

日系は、比率でみるとアジア人の中でも2%強の24000人しかいません。



●ニューヨーク市のアジア系の人口 (2010年アメリカ国勢調査より)

中国系   48.7万人
インド系  19.2万人
韓国系    9.6万人
フィリピン系 6.7万人
日系     2.4万人
ベトナム系  1.3万人
その他   15.7万人


ニューヨーク市の中で日系の人口は、0.3%とかなりの少数派です。

逆に言うと、


日本人としての価値をブランド化出来れば、

チャンスがかなり多いことになります。  

2016年11月17日

やはりアメリカの成長と市場の大きさはズバ抜けている。




今日からニューヨークに滞在しますが、
行けば行くほど、アメリカの強さを感じています。

日本復活のためには、アメリカのマーケットやブランド力を活用し、
いかに取り込むかを実践し、

アメリカでのブランディングを行いながら、
アジアや日本のマーケットへ展開するのがベストな戦略です。


アメリカの強さをデータから見てみましょう。


2016年分の名目GDP上位国、そして世界全体に占める各国の名目GDPの比率を算出したのが下記のグラフです。






世界の名目GDPの順位は下記の通りです。

(1)アメリカ合衆国 24.5%
(2)中国 16.1%
(3)日本 5.5%
(4)ドイツ 4.6%
(5)イギリス 4.0%
(6)フランス 3.3%

アメリカと中国だけでも世界のGDPの40.6%、
上位6国で世界のGDPの54.0%を占めており、

いかにアメリカと中国、日本を含めた先進国に市場が集中しているかがわかる。


上位10カ国の1980年からの名目GDPの水位は下記の通りです。




アメリカ合衆国の安定したしかも力強い成長ぶりが凄い。

1980年から2016年までの成長は、
実に6倍!

中国も急激にGDPを伸ばしており、
2006年から2016年の10年だけで4倍になっている。

アメリカ以外のGDPは下記の通りです。






そして一人当たりGDPを見ると、
これもアメリカの強さが実感できる。





アメリカに行くと最近悔しいのが、

「日本の強みを上手くパクって、
 アメリカ発のブランドとしてブランディングを行い、
 それをマーケティングのパワーで日本やアジア、そして世界でビジネス展開を行い、
 楽して儲かっている」

ことがよく分かります。

この悔しさをバネにオールジャパンで、
アメリカや中国、アジア、そして世界で、

日本人によるブランドづくりやマーケティングを行い、

日本を復活へ向けて実践的に進めて参ります。


  

2016年11月16日

世界中どこでもホーム〜明日からニューヨーク滞在〜




明日からニューヨークに行き11日間の滞在です。

今回の目的は、

・現地でのコンサルティング
・視察ツアーのアテンド
・アメリカ展開の事業計画の立案
・サンクスギビングデー&ブラックフライデーの視察
・市場調査
・ブランド視察
・ニューヨーク近郊の市場調査

などが主な目的です。

最近、アジアはもちろんシリコンバレーやニューヨークに行く時も、
国内出張と同じ感覚になっています。

当初はアメリカに行く時は、アウェイ感がありましたが、
最近はホームのような居心地の良さです。

サッカーでもアウェイはかなり不利になり、
ホームは有利な試合が出来るのがもはや常識になっていますが、

「世界中どこでもホーム」にすることが、

私の目標です(笑)

日本全国、今はホームになっておりますし、
アジア各国どこに行ってもホームの感覚で仕事やライフスタイルを送ることが出来るようになっていますので、

次はニューヨークやシリコンバレーなどアメリカをホームにしたいと思っております。

世界中のブランディングを研究・実践していますが、

ニューヨークはブランドづくりに必須の場所であり、
世界最高のブランドの聖地です。

ニューヨークでブランドを構築し、
アジアをはじめ世界中でマーケティングを展開するビジネスモデルを、
多くの日本人起業家と連携してオールジャパンで成果を上げて参ります。  

2016年11月08日

1/12広州にて講演「世界的ブランドに学ぶ、広州でブランド力を上げ売上アップを実現する実践講演会」




1月12日(木)に広州で講師を務めることになりました。

当日は、広州在住の米国公認会計士 金海満博先生とのコラボ講演です。

私が売上向上、金海先生がコスト削減の2本立ての講演で、
広州で売上向上、利益を最大化する実践的なお話をさせていただきます。

今まで16年間で800回以上の講演をさせていただいておりますが、

海外での講演は、広州で3回、香港11回、ニューヨーク3回、ロサンゼルス3回、 シアトル1回、深セン5回、北京で2回、上海で3回、東莞で2回、タイで1回、セブで1回の海外で35回目の講演になります。



広州市は、香港から高速鉄道で2時間ほど、深センからは1時間ほどの便利な場所にあり、
広東省のみならず、華南地域全体の経済、文化、教育、交通などの中心都市の一つであり、国務院により、国家中心都市の一つに指定されています。

実際、広州からアフリカのフライトもあり、アフリカ人など世界中から広州に物を仕入れに来る世界への貿易の入口でもあります。

常住人口は1,270万人、市内総生産は1兆0604億元(約13兆円)であり、地下鉄、高速道路網が発達している交通のハブでもあります。

2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第66位の都市と評価され、中国本土では北京市、上海市に次ぐ第3位です。

「食は広州に在り」といわれる広東料理の中心地で、香港の方が洗練はされているが、歴史的には広州が本場です。

在留日本人は2万人ほどとなっており、ほとんどが駐在員のため、日本人起業家は比較的少なく、
参入すると一人勝ち出来る穴場スポットと言える魅力的な都市です。

現地で活躍されている皆様の成果を上げるために、下記の内容で企画を進めております。

広州周辺の皆様のご参加お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これから起業したい方や経営者の方、必見の講演です。

「世界的ブランドに学ぶ、広州でブランド力を上げ売上アップを実現する実践講演会」

日本全国&世界中で、圧倒的な売上を上げ続ける“現場主義・実践・経営
コンサルタント脇田勝利”による講演&ワークショップの開催です。

前年比50%売上アップのファッション小売店、全店舗前年比20%アップの
飲食店、海外で急成長企業など、16年間で8,000社のコンサルティングを
行い、起業準備中の方から上場企業まで業種業態や規模に関係なく、日本
全国&世界中の現場で圧倒的な売上・成果を上げ続けている「成功のノウ
ハウ」を誰にでも分かりやすくお伝えする内容です。


今回は、あなた自身や会社のブランドづくりを実際に実現し、
売上を上げる実践的な内容です。

具体的には、

1、世界的なブランドづくりの基礎知識を学び、
2、成功事例を学ぶことで、さらに深く理解し、
3、ワークすることで、その日から売上を上げることが出来る。

といった流れになっております。

世界中を渡り歩き確立した「日本的禅アプローチ&欧米的アプローチ」の
両面からワークショップ形式で参加をすれば誰もが自分や会社のブランド
を創ることが出来るように工夫されています。

日本人はブランドを創るのが苦手ですが欧米では全く違ったアプローチで
ブランドを上手く創り成果を上げています。

これから、起業したい方や経営者として「ブランドを創る」ことこそが、
生き残り圧倒的な成果を上げる唯一の道だとも言えます。

日本人の強みを活かしながら、欧米流の科学的なアプローチでブランド
を創る「和魂洋才ブランディング」を日本や世界で初めて、公開させて
いただきます。

しかも、今回はハーバード大学などで取り入れられているアクティブ
ラーニングのノウハウを入れて能動的に講演に参加して最も効果的な
形で学び実践することが出来るように工夫されています。

そして、参加者にはもれなく特別価格にて個別相談をしていただくことも出来ます。

ぜひ、お気軽にご参加していただき、これからの時代に生き残り、
圧倒的な成果を上げるブランドを創ってください。




●講演タイトル(案)
「広州 売上向上&利益最大化 実践会」
〜8000社と創り上げたノウハウであなたの売上と利益を劇的に上げる実践的な講演&ワークショップ〜

●講演内容

1部 講師 金海満博 米国公認会計士

 コスト削減によりリスクを最小化しながら利益を最大化する方法

(1)直ぐに利益が10%アップする?掛け算でコスト削減を行った事例
(2)中国・香港・日本の拠点を使い節税をしながら最適にお金を増やす方法
(3)中国で知らない間に逮捕される?!直ぐにできるリスク対策


2部 講師 脇田勝利 実践売上向上コンサルタント

「世界的ブランドに学ぶ、広州でブランド力を上げ売上アップを実現する実践講演会」

(1)中国&日本&アジア&シリコンバレー&キューバなど世界50ヶ国の最新成功事例
(2)世界中で成果を上げている、売上2〜100倍の成功事例
(3)現地に行って分かったエルメスやアップルなど世界の一流企業が実践しているブランド構築法
(4)広州を拠点に世界で圧倒的なブランドを構築し売上を向上する実践ワークショップ
(5)誰もが世界視点でビジネスを成功させ夢を実現するノウハウ


●講演スタイル
売上を上げるノウハウを実践的に講演でお伝えしながら、
自分の売上&利益を上げるポイントと具体的な行動が明確になる体験型のワークショップ

●対象者

下記に当てはまる全ての方にご参加していただき、
個別に質問をいただきながら進めていきたいと思います。

(1)中国ローカル企業(B to B)
(2)中国人(B to C)
(3)中国の日系企業&日本企業(B to B)
(4)中国在住の日本人&日本在住日本人(B to C)

●日時

2017年1月12日(木)19:00〜21:00

 ※講演後、懇親会を開催予定です。

●場所

広州市内(広州東駅近く)

※参加申し込みの方にご連絡させていただきます。

●会費

200元

 ※講演後、懇親会を開催予定です。懇親会費は別途実費が必要です。

●講演者プロフィール

脇田 勝利(わきた かつとし)氏

世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。
ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/

ホームページ「ドリームマーケティング」

夢と情熱コンサルタント: 売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、16年間で8000社以上のコンサルティングや800以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

・(株)ドリームマーケティング 代表取締役
・経済産業省 認定支援機関など各種コンサルタント登録
・一般社団法人東京和僑会 監事&公認海外進出アドバイザー
・NPO法人まちづくり支援機構 理事長
・(社)ひびき青年会議所 第34代理事長
・冒険家
その他のプロフィールは、こちら
http://www.dream-marketing.jp/company/index.htm

【著書】
「売上向上の必勝パターン!」
「ブータン人が欲しがるものがなぜ日本でヒットするのか?」


◇講演者著書
 「売上向上の必勝パターン!」
 「ブータン人が欲しがるものがなぜ日本でヒットするのか?」



・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー名】1/12広州セミナー 参加申し込み
【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】
【参加人数】  人

※人数追加の場合は下記をコピー&ペーストしてご使用ください

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【携帯電話】
【E-Mail】

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・