(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2014年04月15日

商店街活性化「商店街よろず相談アドバイザー就任」のお知らせ




「商店街よろず相談アドバイザー」に就任いたしました。

商店街は地域コミュニティの中心的な役割を担う重要な存在であり、少子高齢化社会を迎えてその求められる社会的な機能は多様化しています。

こうしたニーズ・課題に対応するために、商店街は新たな経営戦略を構築し、実行していくことが求められています。

「商店街よろず相談アドバイザー」制度は、商店街等に専門家を派遣し、商店街の課題解決やイベント事業などについて商店街の活性化を図るためのアドバイスをおこなうものです。

その「商店街よろず相談アドバイザー」に就任いたしました。

派遣申込みのできる方は、次の組合等の代表者の方です。

(1)商店街振興組合
(2)商店街の事業協同組合(商店街協同組合、協同組合、ショッピングセンター)
(3)法人格を持たない商店街組織

お申し込み希望の方は、本ブログ末尾よりお申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これまで14年間でのべ7,000件の経営コンサルタントや700件の講演の中で、商店街の活性化や経済産業省の認定支援機関として、数多くの支援実績と成功事例を有しております。

 また、小さな頃から商店街が大好きで、地域の人達が数多く集まるコミュニティを改めて活性化する事こそが、日本を元気にする事と感じており、応募をさせていただきました。

 個店の売上向上などの活性化はもとより、商店街全体の活性化を全力でお手伝い出来る知識とネットワークを通じて、今回、応募の商店街よろず相談アドバイザーとして、私のこれまでの支援ノウハウを十分に活かせる場であると考え、応募いたしました。

これからの日本の地方では、商店街の活性化は必須であると考えています。
商店街の活性化なくして地方の活性化はないという思いで、改めて地域のコミュニティとなる商店街の活性化に向けて全力でご支援をさせていただきたいと思います。

 そのためには、今までのべ7,000社で実施してきた私の売上向上のノウハウや、活性化のために知識やネットワークが必要だと考えております。

 商店街の皆様と膝を突き合わせて、現場主義で具体的な行動に落とし込み、商店街の皆様から感謝をしていただけるご支援をご協力させていただければと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございます。


【得意な分野・専門分野】

●個店の売上向上

今まで業種・業態や規模 を問わず7,000社に向けて売上を上げてきた実践的なノウハウを活かし、個展の誰もが売上を上げるための具体的な行動プランを明確に出来る。

●商店街全体の活性化

講演やワークショップ形式で誰もが興味深く成果を上げるノウハウを提供すると共に、商店街全体の活性化のためのイベントや売上を上げる仕組みづくりを実施出来る。

●外国人インバウンドによる売上向上

海外進出のコンサルティングも得意で、海外 50カ国と連携しているため、海外から来る外国人から売上を上げる各種施策について、実践的な支援が得意である。

●商店街への集客カアップ

商店街にお客様を集めるための集客も得意である。Facebookや ITなどを駆使して、コストを最小にしながら最大の成果を上げる事が出来る。




【今までの商店街コンサルティングの実績の一部】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●黒崎地区中心市街地活性化(北九州商工会議所)

黒崎地区の中心市街地活性化に向けて、新規創業を目指すチャレンジショップ6店舗の売上向上策と経営のサポート全般を継続的に行い、成果を上げる事が出来た。

黒崎中心市街地活性化プロジェクト
http://marketing.yoka-yoka.jp/e379625.html

黒崎中心市街地活性化コンサルタント 全店売上向上を実現 http://marketing.yoka-yoka.jp/e443689.html

「北九州市黒崎」の中心市街地活性化企画 http://marketing.yoka-yoka.jp/e144652.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●門司港栄町商店街(北九州商工会議所)

門司港栄町商店街全体の活性化 と個店の売上向上に関して具体的な指導・助言を継続的に行い、成果を上げる事が出来た。講演とワークショップ形式の勉強会を継続的に開催し、誰でも分かりやすく開催をすることが出来た。

門司港栄町商店街活性化プロジェクト
http://marketing.yoka-yoka.jp/e381073.html

門司港栄町商店街コンサルティング
http://marketing.yoka-yoka.jp/e393416.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e399694.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e400357.html

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.6&7~ http://marketing.yoka-yoka.jp/e438461.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e442999.html
門司港栄町商店街活性化プロジェクト・スタート
http://marketing.yoka-yoka.jp/e265198.html
門司港栄町商店街活性化プロジェクト
http://marketing.yoka-yoka.jp/e274201.html
「門司港栄町商店街」活性化コンサルタントに就任
http://marketing.yoka-yoka.jp/e130969.html
「門司港栄町商店街」活性化コンサルタントに就任 プロジェクトスタート http://marketing.yoka-yoka.jp/e149075.html
第2弾 http://marketing.yoka-yoka.jp/e153012.html
第3弾 http://marketing.yoka-yoka.jp/d2008-10.html

「門司港栄町商店街」活性化第5弾 http://marketing.yoka-yoka.jp/e169136.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●伊万里市内商店街(佐賀商工会議所)

個店の売上を向上す るために、業種や業態の違 う複数店に向けて実践的な指導・助言 を行い、成果を上げる事が出来た。

●伊万里市でコンサルティング
http://marketing.yoka-yoka.jp/e578007.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e510689.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●波佐見焼を営む皆様(長崎県窯業技術センター)

個店の売上を向上するために、講演 と個別指導を組み合わせて2年に渡り実施 し、数多くの成果を上げる事が出来た。

長崎県波佐見焼の個別相談コンサルティング
http://marketing.yoka-yoka.jp/e944802.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●商店街個店の皆様(財団法人福岡県中小企業支援センター)

個店の売上を向上するために、業種や業態の違う複数店に向けて実践的な指導・助言を行い、成果を上げる事が出来た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【参加申し込み】

参加申し込みは、
下記フォームにご記入の上、ブログの左側にあるメニュー

「脇田勝利へメール」から、
メールにてお申し込みをお願い致します。

折り返しご連絡をさせていただきます。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・

■申し込みフォーム 

「商店街よろず相談」お申し込み

【お名前(フルネーム)】
【組合名】
【連絡先】
【E-Mail】
【ご要望】


・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・  

Posted by 脇田勝利 at 09:43Comments(0)商店街活性化

2012年09月20日

トルコと日本を結ぶ“非常識な”パートナーづくり



イスタンブール3日目朝3時起床。

未だにトルコで最も賑やかなタクシム広場では、コーラン風のトランスミュージックが重低音とともに鳴り響き、クラクションや若者の雄叫びが町中に響き渡っている。

その爆発的なパワーは、誰にも止められない世界の沸騰都市を感じさせてくれる。

しかも、そのパワーは他の国とは違い、常にバランスを失わない良い意味での「したたかさ」と「しなやかさ」が備わっている。

これが世界を席巻したオスマンの底力なのか。

朝方になるといつの間にかトランスミュージックが、コーランに変わり男どもの歌声と猫のじゃれ合う声に変わる。

トルコは本当に奥深い国だ。

今日もたくさんの出逢いがあり、
新しいビジネスも進んでいますが、
日本人にとってトルコをはじめ中東やイスラムは
文化の違いが大きく、やはり現地パートナーといかに連携をするかが
より重要な地と言える。





現地トルコ人に聞いた情報を簡単に紹介しよう。

●右肩上がりの緩やかな経済成長がトルコ人を元気にしている。

●やはり、経済的な裕福さが最も大切

●アメリカが好きかどうかはケースバイケース。経済的なメリットがあえば付き合い、なければ付き合わない

●トルコには小さなシアワセがたくさんある。

●日本のトルコ進出はスピードが遅すぎる。中国や韓国に完全に負けている

●航空会社がまずはルートをつくらないと始まらない

●中東で民主的な体制が維持されているのは、トルコとイランのみ

●アメリカ的ではない、多様な成長の仕方がトルコにはある

●愛することは完全な人間になるための最も安全な近道である

●オスマン帝国から常に「公正」を理念としている。

●ヨーロッパが立ち直るのは難しい。

●トルコはヨーロッパ危機でやや影響を受けているが、成長を抑えることでコントロールしようとしている。

●ヨーロッパ&中東はトルコを中心に動いている







さて、モスクをシルエットにして、
朝日が上がって来た。

日本時間でちょうど昼の12時ということは、
同じ瞬間に同じ太陽を見ていることになる。

それほど、地球は小さく、今や全てが繋がっている。

しかし、そこには日本人が長年“常識”と考える全てのものを超越した、
“非常識”だらけな世界が広がっている。

全てを無にして、今日もトルコを五感で体感し、
海外進出の連携を進めていきたい。

強いものが生き残るのではなく、
変化に対応出来る者だけが生き残るのだ。

これからの、時代に日本人が小さくなった地球でどう生きていくかを
更にトルコの深部に入って探し求める一日になりそうだ。

(続)

  


Posted by 脇田勝利 at 11:31Comments(0)商店街活性化

2011年04月11日

成功するまちづくり・商店街活性化事例「ひびきJC4月度例会」



監事として参画をしている私の故郷の青年まちづくり組織の

社団法人ひびき青年会議所の4月度例会へ参加をいたしました。


今回は楽しみにしていた大分県豊後高田市のまちづくりに成功をされた立役者、

社団法人ツーリズムおおいた 事務局長の金谷俊樹(かなやとしき)さんをお招きして、

「巻き込み力 人の心を動かすのは人」というテーマでお話をお伺いいたしました。


現場で起こった9年間のまちづくり&商店街活性化のお話をリアルにお話をしていただきました。


そのポイントをご紹介させていただきます。




●豊後高田市は人口が激減しており、18,000人という全国で9番目に人口が少ない市

●商工会議所の会頭自らが認めるくらい寂れていた犬と猫しか歩かない悲劇の商店街

●平成4年大手広告代理店に1000万円支払い商店街活性化構想を作ってもらったが一夜にしてお蔵入り

●そのプランは、どこでも同じもので「文化センター・スポーツセンターを作りなさい」というバブルの後遺症

●ほとんどの人から愛想をつかされたが、あきらめない20人でスタート

●まちづくりには「主役・バックアップ役・コーディネイト役」が欠かせない

●失敗の答えは簡単だった。大都会に追いつこうとしていたのが、最大の原因

●まちの個性探しを始めた。今回の活性化で一番大変だったのが「個性探し」。5年かかった。

●ようやくたどり着いた答えが「元気だった昭和30年代を取り戻そう」というテーマ

●その時店主から聞いた言葉が忘れられない「毎日笑顔で、誇りを持って商売をしていた」

●最も大切な人を巻き込む力は「どんなテーマ(=コンセプト)を選ぶか」。

●テーマを探すときは、みんなで話し合ってもダメ。思いをもった人が少人数で深掘りすること。

●仲間から賛同を得ることが出来ず、客観的な裏付けが必要だと感じた

●全国から事例を集め昭和30年代のネタが全国300件見つかった。この調査に2年かかった。

●全てに電話をして資料を送ってもらい、壁一面の資料があつまり、良い物や本物が分かってきた。

●その時凄いと思ったベスト3

北名古屋市歴史民族資料館 →ゴミを集めて人気の博物館

新横浜ラーメン博物館 →ご存じラーメンの殿堂

タイムスリップグリコ →コンビニでバカ売れ

●そして、本物と感じた所、全国100箇所全てに訪問

●ここまでやれば、誰が考えても方向性が明確になり、成功の確信をすることが出来た。

●大手のスーパーが出店してきて、誰もが駄目だと感じていた。

●ボトムアップでは駄目だと感じ、市長へ直談判しそれから市の職員が動き、予算が付くようになり加速

●まちづくり&商店街活性化のポイントは4つ

(1)店づくり

古い店がちゃんと残っていた

改装費平均300万円三分のニは補助金が出て自己負担100万円

(2)昭和の歴史再生

一店一宝 その店のお宝を展示 歴史を再生

(3)昭和の商品再生

一店一品

(4)昭和の商人再生(一番大事)

●最初は、9軒の店舗+観光案内人(語り部)からスタートし、JTBの協力で客が増加

●1年目は1日5台程度だった観光バスが、4~5年で1日最高60台来るようになった。




・・・・・

私もまちづくりや商店街の活性化でコンサルティングをさせていただいていますが、

納得できる部分がたくさんありました。


私のコンサルティングの基本になっているマーケティングの原理原則(ブランディングとコミュニケーション)を10年か

けて成果を上げた実例だけに、とてもリアルでとても貴重なお話をお伺いすることが出来ました。


私が特に感じたのは、下記の3点。

常に感じていることを実証された金谷さんのお話をお伺いし、下記の3つを改めて確信いたしました。



(1)成果を上げるには、結果的に非常識になることが大切

(2)オンリーワンからスタートし、日本一を目指すこと。

そして日本一には10年かかかるという視点と、誰もが10年あれば日本一になれるということ。


(3)人を動かすのは、人生をかけた使命・ミッションが最も大切。それを夢という。


素晴らしいお話をいただきました、金谷俊樹さんありがとうございました。

もっと深くお話を聞いてみたい、そんな講演でした。

ありがとうございます。


■メンバー同士で結婚した佐々木亮子さん、原田貴之くん、おめでとう!  


Posted by 脇田勝利 at 10:03Comments(2)商店街活性化

2010年04月26日

中心市街地コンサルティング~96カフェのお店紹介~



黒崎地区の中心市街地活性化のコンサルティングをさせていただいております。

全国でも珍しいスイーツによる「96カフェ」のお店を紹介します。


「96カフェ」とは、

北九州で「No1のスイーツショップ」が集まったお店で、
スイーツショップ開業を志す個性的なオンリーワンの商品が並んでいる「スイーツの駅」です。

今回ご紹介するお店は、チョコレート専門の「Ed-Road(イーディーロード)」です。


店主の緒方雅紀さんは、世界中のチョコレートを食べ歩き、博多の名店チョコレート・ショップでも修行をされたショコラティエ。

チョコレートにかける強い想いと情熱は誰にも負けません。

東京のスィーツショップを1日で食べ歩くほどの、熱心な研究家でもあります。


緒方さんが追求されているのが、

「世界中のチョコレートの中から選んだ、
 そのチョコレートの一番美味しいスイーツ」

例えば、ベルギー産チョコレートは、
ガトーショコラが一番美味しい!

といった形で、世界中から集めたチョコを
最適な形で提供しています。

世界中のチョコを知り尽くした緒方さんだから出来る
スイーツショップです。

お店で一番人気なのが、

ベルギー産チョコをふんだんに使った
ガトーショコラ。



濃厚なチョコの香りと美味しさが口の中に広がり、
チョコ好き(私も大好きです)には、たまらないスイーツです。

高級なチョコレートをふんだんに使いながら、
価格はかなりリーズナブルです。

この価格でこの品質は、
とても他店では真似の出来ない逸品です。

緒方さんのキャラクターもとても親しみやすく、
お店に行ったらぜひチョコレートのことを
聞いてみてください。

きっと熱く語ってくれますよ(笑)。

緒方さん、北九州でNo1のチョコレート・スイーツショップとして
これからも多くの方に美味しいスイーツを提供されてください。

ご馳走様でした。ありがとうございます。


●チョコレートケーキ専門店の「Edロード」

TEL:093-644-0070
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-7 
長島ビル1F(旧トポス跡)96Cafe内
営業時間:10:00~19:00

ブログ

http://ameblo.jp/96cafe/theme-10017018898.html

・オーガニックコーヒーの「スローロックカフェ」
・チョコレートケーキ専門店の「Edロード」
・白神天然酵母使用のパンの「ミーカール」
・二人で食べきれるサイズのタルトを中心に多種類の洋菓子を提供する「GOD」
・国内産小麦と合馬の天然水で作るベーグル専門店
・和のスイーツ和菓子専門店「笑」


●北九州市黒崎地区 中心市街地活性化協議会

http://www.kitakyushucci.or.jp/kurosaki/index.html  


Posted by 脇田勝利 at 10:22Comments(0)商店街活性化

2010年04月15日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.7~



---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------
(今までの記事)
商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街~
●Vol.1
http://marketing.yoka-yoka.jp/e393416.html
●Vol.2
http://marketing.yoka-yoka.jp/e399694.html
●Vol.3
http://marketing.yoka-yoka.jp/e400357.html
●Vol.4
http://marketing.yoka-yoka.jp/e415603.html
●Vol.5
http://marketing.yoka-yoka.jp/e416677.html
●Vol.6
http://marketing.yoka-yoka.jp/e438461.html
---------------------------

■今までのまとめ

あっと間の最終日。

かもめホールに集合し、報告会を行いました。

今回の5回の間に下記の項目を店主の皆さんと一緒に構築をしていきました。(順不同)

●目的・目標設定
●内部環境分析
●外部環境分析
●問題点の明確化・ボトルネックの把握
●競合調査
●商品・サービスの明確化
●商圏の設定
●ビジネスモデルの再構築
●ターゲット設定
●顧客のベネフィット
●売上が上がるために成功要因設定
●強み分析・差別化分析
●3年後に向けた戦略立案
●コミュニケーションを設計(市場→見 込客→顧客→常連客→信者化)
●組織・アライアンス戦略
●システム
●心をわしづかみに出来る1本のストーリー

突破口は見えました!

商売繁盛へ向けてのプランの全体像は出来上がりました。

そして、「上手くいきそうなイメージ」を思い描き、光の差してくる突破口を見出すことは出来ました。

後は、日常の毎日の業務の中でいかに、
時間を作り出し、改善を行える行動が出来るかが勝負です。

最後の報告会では、出席をしていただいた皆さんで
お互いのお店のマーケティングプランをもとに、「いち消費者の視点」で気づいたことをアドバイスし合う
有意義な勉強会になりました。

私が拝見すると、本当に皆さんのお店は魅力的なお店ばかりです。

その魅力をさらに磨き上げ、
商品・サービスを更にこだわりのあるものに改善し、地元と観光客のお客様が「わざわざ行きたくなるお店」にすることが出来るか。

■小さな会社やお店はチャンスです。

そして、お店の魅力をコストを使わずに
もっと多くの方に知っていただき、
顧客満足を高めリピートをしていただけるか。

今の時代は、中小企業や小さなお店にとって、とても有利な時代です。

パソコンや携帯が発達し、IT の力を借りると本当に安くて良質なコミュニケーションが行えるし、高価なマーケティング費用が必要ありません。

デフレといわれて久しいですが、もっともっと価値を高めれば、決して安売店や量販店に負けないものを私たち中小企業やお店は持っているのです。

消費者の満たされていない需要を改めてじっくりと考え、それを需要にしっかりと応えることが出来る商品やサービスを提供できれば、どんな時代でも生き残っていけます。

つまりは、全ては自分次第。

■小さな会社やお店はチャンスです。

自分の頭の中でどう考え、毎日の仕事の中でどう行動するかが勝負なのです。

デフレや不況は全く関係ありません。

圧倒的な価値を持つお店として今までの強みを明確にし、店主自身が本当のプロとしてブランド化し、コストをなるべくかけずに効率よく顧客とのコミュニケーションを取ることでしか、我々のような小さな店は生き残ることが出来ないと認識をし、毎日を行動していきましょう。

今まで、数多くのマーケティングの現場を見てきましたが、誰にでもチャンスは無限大です。

あなたを待つ多くの方に
胸を張って自信を持って
あなたの素晴らしい光り輝く、
商売を提供してきましょう。

皆様の商売繁盛を、心より願っております。

ぜひ、今後とも皆様のお店の商売繁盛や
門司港栄町商店街の活性化へ向けて
力を合わせていきましょう。

ありがとうございました。  


Posted by 脇田勝利 at 08:29Comments(0)商店街活性化

2010年04月08日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.6~



---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------
(今までの記事)
商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街~
●Vol.1
http://marketing.yoka-yoka.jp/e393416.html
●Vol.2
http://marketing.yoka-yoka.jp/e399694.html
●Vol.3
http://marketing.yoka-yoka.jp/e400357.html
●Vol.4
http://marketing.yoka-yoka.jp/e415603.html
●Vol.5
http://marketing.yoka-yoka.jp/e416677.html
---------------------------





■30秒コマーシャルを創ってみる

前回に引き続き、各お店の課題の洗いし出自店の強みを最大限活かし、顧客視点で差別化されブランド化するために、
マーケティングの要素が全て盛り込まれた顧客の心をわしづかみにする1本のストーリーをご紹介いたします。

【音と映像の専門店ニッチク】

家電・映像・オーディオは、圧倒的なアフターサービスと実績を誇る
ニッチクへどうぞ

家電量販店、ネットなどで安売り商品を購入すると“危険”です。
多くのお客様が言われていることは
「ニッチクで買うと、商品の価値が上がり、長い目で見ると結局安くなる」ということです。
ネットで買い物をして、ムダな商品を買ったり、商品の使い方が分からなかったりというトラブルが急増しています。
購入を考えた際は、まずはニッチクへお問い合せください。
あなたにとって最適なご提案をさせていただきます。

【手づくり菓子工房 ドルチェ】

門司港を心から愛する夫婦が
安全安心な無添加素材と地産地消の素材にこだわり、心を込めてつくった『門司港スイーツ』。


本当に美味しいケーキを
大好きな門司港でつくりたい!

そう考えた私たち夫婦は、
その夢をついに実現させました。

一つひとつ愛情を込めて、
手作りケーキにこだわって毎日つくっています。

愛する方が安心して美味しいケーキを
笑顔で食べていただくことが、
私たちの最高の喜びです。

【山口酒店】

“お酒に弱い店主がお薦めする”お酒の楽しみ方満載の低アルコール専門店。
毎日飲めるお酒から、門司港のお土産になる商品も取りそろえています。

お酒に弱い私は酒屋に向いていない?
いえいえ、そんなことはありません。

お酒が弱くても、お酒をもっとカジュアルに楽しむ方法はたくさんあります。
お酒が弱くても楽しめるオリジナルのカクテルや、
ワイン・日本酒など「あなたの知らなかった新しいお酒の楽しみ方」が満載のお店です。

「門司港土産」のお酒や商品も取りそろえておりますし、
カフェでドリンクやソフトクリームなどを味わいノンビリすることも出来ます。
ぜひ一度ご来店下さい。

【丸三本店】 

あなたにとって本当に似合う品質の高い
あなただけのオシャレな洋服屋さん。

精一杯オシャレをしたい女性に圧倒的な支持をいただいていた
丸三本店が新しくなりました。
カフェスタイルのお店に、
お母さんと娘が一緒にご来店していただき、
思う存分、オシャレをするためのお時間を
ゆっくりと過ごしていただけるように
なりました。

【メガネのマツイシ】

あなたに最適なメガネをお薦めする眼鏡ソムリエ。

眼鏡は本当に価値ある商品を購入し、
正しくメンテナンスすれば長持ちし、
カラダの一部として毎日の生活を心地良くしてくれます。

また、きちんとした知識なしに眼鏡を扱っているお店では、
様々なトラブルが起こっています。

正しい知識・技術、そしてあなたに最適な眼鏡をお薦めできる
当店にお気軽にお越しください。

(次号に続く)   


Posted by 脇田勝利 at 08:09Comments(0)商店街活性化

2010年03月12日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.5~





---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------

■各店舗の突破口を見出す。

前回に引き続き、各お店の課題の洗い出しと突破口について、下記の3店舗を訪問し打ち合わせを行い、今後の突破口を見出しました。

(山本文具店)

●顧客の視点でわざわざ訪問する魅力あ る商品・お店
●コンセプトが明確でなく強みが活かさ れていない
●顧客にお店の良さが伝わっていない

(山口酒店)

●他のお店との明確な違い・価値
●現在のコミュニケーションが売上につ ながっていない
●お酒が飲めない酒屋さんをどう強みに 変えるか

(音と映像の専門店 ニッチク)

●競合店との差別化が明確でない
●顧客にお店の良さが伝わっていない
●勝てる戦略とお店のコンセプト・シス テムを明確化



「強みの明確化、目的の明確化、課題の明確化、商売繁盛への突破口」を見出し売上向上へ向けてのプランの概要が出来上がりつつあります。

そろそろ各お店に「わざわざ行く価値」をなるべく短い文章で表す

「強みを活かした勝てるコンセプト」づくりを行う時期です。

例えば、テレビ局が取材に来てくれたら30秒で何を伝え、お店に来店をしていただくか、もしくは「もっと話を聞いてみたい」と思わせるかということです。


■コミュニケーションで売上を上げる。

その30秒に、お店の魅力(=ブランディング)になり、顧客とのコミュニケーションの柱になります。

逆にいえば30秒で見込み客に話をし、興味を持ってもらわなければ、いくら長時間説明しても無駄になってしまいます。

チラシでもホームページでも、お店の看板でも、全てのコミュニケーション・ツールの柱になる重要なメッセージです。

もう少し聞きたい方には、その後に説明文を追加して入れてもOKです。

店主の皆さんと一緒に導き出したコンセプトは、次号にご紹介いたします。

■30秒コマーシャルを創ってみる

各お店の課題の洗い出自店の強みを最大限活かし、顧客視点で差別化されブランド化するために、
マーケティングの要素が全て盛り込まれた
顧客の心をわしづかみにする1本のストーリーを
ご紹介いたします。


(山本文具店)


創業100年、文房具ソムリエが選ぶ文房具のセレクト・ショップ。

文房具は仕事や勉強の大切な武器。
本当に価値のある持つだけでワクワクする文房具は
毎日の生活を楽しくしてくれます。
あなたの知らない素晴らしい文房具を
文房具ソムリエがお薦めします。


(次号に続く)   

Posted by 脇田勝利 at 09:42Comments(0)商店街活性化

2010年03月10日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.4~





---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------

■勝てるコンセプトを見出す

各お店の強みが明確になったところで、「強みを活かした勝てるコンセプト」を見出します。

改めてお店を訪問し、今度は少し時間をかけてじっくりと、お店の方向性を店主と一緒に作っていきます。

ここで、今回のプロジェクトの目的を改めて明確にしておくと、目的は下記の通りになります。

●売上向上・商売繁盛を実現する
●他店との違いを明確にし差別化・ブラ ンド化
●自店の強みを再認識し、最大限活かす
●行動出来る成功出来るプランを見出す
●成果の出る行動をスタートする

この目的を明確にし、まずは各お店の
「課題を明確」にしていきます。

■自分では課題が冷静に見えにくいもの

マーケティングや経営に関して今までのべ5000名の社長や店長に相談をいただきましたが、共通するのは、

「課題が明確でない」ということです。

正確にお伝えをすると「顕在化された課題(売上など)」は当然皆さん分かっているのですが、その本質である「真の潜在的な課題」が明確になっていないことが非常に多いのです。

エステの方に伺ったことがあるのですがエステも全く同じだそうです。

最初は、「ダイエットしたい」「肌をきれいにしたい」ということで来られてもよくよく話を伺うと、必ず「真の隠された課題」があり、彼氏や旦那さんの悩みに行き付くそうです。

その真の課題を解決しない限りエステも商売も上手くいかないということです。

逆にいうと真の課題が明確になれば
80%は突破口が見えたのと同じなのです。

この部分が間違っていると、いつまで経っても成果が上がらないばかりか、無駄なコストや時間を費やしてしまうので注意が必要です。

■課題を明確にすれば解決間近!

例えば、病院に行って先生に症状を伝えきちんと診察をした上で「真の原因となる課題」(=診察結果)が間違ってしまうと、間違った治療をしてしまうのと似ています。

経営も同じで、現在の課題(=症状)と現場をチェックし、本質的な真の課題(=病気)を正確に把握し、その会社やお店の経営資源(=体質)をチェックし、最適な改善(=治療)を行う必要があるのです。

今回、課題の明確化を行ったのは、

①手づくり菓子工房 ドルチェさん
②丸三本店さん
③メガネのマツイシさん

 の3店舗。

(ドルチェ)

●お店の良さが顧客に伝わっていない
●コミュニケーション不足で機会損失が 発生
●新店舗出店に向けてのマーケティング
●商店街内に立地しているため客層が限 られている。
●観光客需要・ギフト需要の開拓

■(丸三本店)

●はじめてのお客様に対して、コミュニ ケーションする方法がない
●お店の強みが明確でなく顧客に伝わっ ていない
●お店のシステムやPOPなどが少なく入り にくいお店

(メガネのマツイシさん)

●時代・消費者のニーズに合わせたお店 づくり
●強みが明確になっておらず、顧客に伝 わっていない
●気軽に来店する仕組み作りが必要

(次号に続く)   

Posted by 脇田勝利 at 21:38Comments(0)商店街活性化

2010年03月05日

カフェ・マーケティング~黒崎中心市街地コンサルタントとして~



国策でもある中心市街地活性化プロジェクトのコンサルタントとして、

黒崎の中心市街地の活性化のお手伝いをさせていただくことになりました。

今回のプロジェクトは、中心市街地活性化の一環でオープンしたスイーツの駅「96Cafe」(クロカフェ)のマーケティングです。

スイーツの駅は国、県、市の支援のもと、黒崎エリアにオープンし、黒崎でスイーツやカフェでの本格開業を目指すチャレンジャーを集め、オープンする全国でも類を見ない取り組みです。

現在、6店舗の個性的な“チャレンジャー”がお店をオープンしています。

●オーガニックコーヒーの「スローロックカフェ」
●チョコレートケーキ専門店の「Edロード」
●白神天然酵母使用のパンの「ミーカール」
●二人で食べきれるサイズのタルトを中心に多種類の洋菓子を提供する「GOD」
●国内産小麦と合馬の天然水で作るベーグル専門店
●和のスイーツ和菓子専門店「笑」6店舗

まずは、それぞれの店長と膝をつき合わせて

現在の課題の本質を把握し、

より一層の商売繁盛を実現して
もっと多くの方に喜んでいただきたいと
思います。

その成果も本ブログにてご報告させていただきます。

皆様も、ぜひ黒崎の「96Cafe」をご利用されてください。

買い物をすることでも、まちづくりに参画出来ますよ。


●「96Cafe」ブログ
http://ameblo.jp/96cafe/

●「96Cafe」

TEL:093-644-0070
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-7 長島ビル1F(旧トポス跡)
営業時間:10:00~19:00

●北九州市黒崎地区 中心市街地活性化協議会

http://www.kitakyushucci.or.jp/kurosaki/index.html

  

Posted by 脇田勝利 at 09:08Comments(2)商店街活性化

2010年02月19日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.3~





---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------

どんな会社でも
どんなお店には強みがたくさんあります。

前回の6店舗の強みを整理してみます。

歴史が100年(!)を越えるほどの会社やお店も多く
本当にたくさんの“宝の山”といえる強みがたくさんあります。

その代表的なものを整理してみました。

この強みが地元客30万人や観光客に伝わっているか?もしくは
どういう風に新しい価値をプラスし、
わざわざ行きたくなるお店に変えるかが勝負になります。

「山本文具店」

●今までの歴史・実績
●商店街の人通り
●観光客が多い
●店舗周辺に社会インフラが集まってい る
●商店街のつながり

「無添加手作りケーキ ドルチェ」

●無添加素材・愛情たっぷりの手作りケ ーキ
●夫婦二人で力を合わせ門司港に根ざし たお店
●「安心安全な食べ物を子供たちに食べ させたい」という愛情
●今までのプロフィール・ケーキ作りへ の思い
●門司港商店街などのまちづくりに参画

「メガネのマツイシ」

●バス停近い
●眼科と提携
●商店街の中にある
●めがね学校での学びと資格(眼鏡士)
●品揃え 安い~高い 年配の女性が欲しがる商品

http://www.glass-mm.com/

「山口酒店(栄町カフェ)」

●今までの歴史・実績
●お酒が飲めない店主によるお酒の販売
●情報発信力・企画デザイン力
●低アルコール(ワイン・リキュールなど)の商品の充実
●カフェスタイルのオシャレな店内

http://www.sakaemachi-cafe.com/

「丸三洋服店」

●高い接客手法・高い営業力
●家族を中心にした全員が販売スタッフ
●カフェスタイルのゆっくり出来る店内
●じっくりとオシャレが出来るお店
●イベントの出来る広い店内

「音と映像の専門店ニッチク」

●広い商品構成
●今までの実績
●顧客との強い心のつながり
●オーディオとビジュアル両方とも品揃え
●商店街
●音楽教室

http://www.nitchiku1911.com/

(次号に続く)  

Posted by 脇田勝利 at 08:46Comments(0)商店街活性化

2010年02月18日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.2~



脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。


■商店街の環境を分析

まず、門司港栄町商店街の環境を分析しました。

「門司港」に注目してみると「門司港レトロ」の知名度は抜群。

知らない人がいないほどの知名度を誇り誰もが一度は足を運ぶ福岡県内・九州でも有数の観光地。

最近では、トロッコ列車が絶好調で大人気。

下関の唐戸市場や関門峡などとセットで考えると、その知名度やブランドは全国区で海外からの観光客も増えています。

しかも、昔からの歴史があり、100年前から九州の一番の大都会は、門司港だったのです。

最近では高齢者化してきたとはいえ、その街の魅力を感じ若い方をはじめ外部から移り住む人も増えてきました。

歩いていて感じるのが、オシャレなお婆ちゃん、お爺ちゃんが多いこと。

天神にも負けていないほど、センスがあって上品な方が多い。

そんな「観光客需要」と「地元客需要」の両方を意識しながら、両方の需要を取り込むための戦略が必要です。



■どんなお店を目指す?

キーワードは「わざわざ行きたくなるお店づくり」。

一般消費者の視点で考えると「商店街で買い物をしたいけど、わざわざ行く店がない」と感じている。

お店に魅力があってもその魅力が伝わっていないのです。
つまり、個店活性化を実現するためには「(1)お店の強みを明確にするブランディング、(2)その魅力を伝えるコミュニケーション」を行い(3)来店客を増やす、という3つのステップが不可欠なのです。

初日は、6店舗の「強みの再発見」をテーマに各お店を訪問し、店主の皆さんと膝を突合せて打ち合わせを行いました。

(次号に続く)  

Posted by 脇田勝利 at 08:55Comments(0)商店街活性化

2010年02月09日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.1~



脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。

本ブログにて十数回の特集記事にて、ご報告させていただきます。

ありがとうございます。


■今年度のテーマは個店の活性化

昨年度は勉強会を中心に開催を行ってきましたが、より効果的な成果を上げるために、今年度は「個店の商売繁盛」に集中し改善を行うことになりました。
1店でも商売繁盛の成果を上げ、成功事例を作りだし、個店の活性化が商店街全体に波及するように全力を尽くしていきたいと思います。

今年度は、個店の来店者数UP・売上(利益)UPを行い個店の魅力・レベル向上を図ることを重点的に実施する予定です。

昨年行ってきたお店独自の強みを更に強化するために、一店舗ずつ訪問を行い、店主と膝をつき合わせて突破口を見出していきたいと決意を新たにしてのスタートです。

■個店を元気にするプロジェクト・スタート

お店の商売繁盛を目指す6店舗の売上向上をテーマにスタートをいたしました。

「元気な商売繁盛 成功プロジェクト」に参加をいただいたのは、

山本文具店の山本さん、合資会社門司日蓄商会 音と映像の専門店ニッチク田中さん、手づくり菓子工房 ドルチェの窪田雅英様さん&優子さん、(株)ヤマグチ 山口酒店の山口さん、丸三本店の大澤さん、メガネのマツイシの松石さんです。

それぞれのお店の強み(埋もれた“宝の山”)を最大限活かし、それをお客様にどう伝え、商売繁盛に活かしていくかが最大の課題。

今までのマーケティングのノウハウを活かしながら、各お店に最適なマーケティングの全体像を描き、日常の業務の中でどう行動していくかを企画し、お手伝いをするコーディネーターをさせていただくのが私の仕事です。  

Posted by 脇田勝利 at 08:51Comments(0)商店街活性化

2010年02月04日

「商店街活力アップ支援事業」の第1回報告会に出席



福岡市主催の、2009年度「商店街活力アップ支援事業」の第1回報告会に出席してきました。

商店街活性化は、私もコンサルティングをさせていただいている私の重要テーマの一つでもあります。

どの「まち」も金太郎飴のような「同じようなまち」になってしまっています。

小さなお店が集まる商店街は、
子供の頃は「ワクワク出来る活気」がありました。

魅力的なお店、心温まるコミュニケーション、様々なイベント。

多くの人を笑顔にしてくれる・・・正に「まちづくり」そのものでもあります。

報告されたのは、福岡市から助成を受けた商店街のうち既に事業の完了した6商店街。

どの事業も、ワクワクする内容が盛り込まれたイベント。

ただ、どの商店街も「マーケティング」の要素がやはり課題なようです。

私の得意分野でもあり、毎日24時間研究&実践しているマーケティングは、やはり「ひと」「企業」「まち」を元気にしてくれる最大のポイントですね。

報告をしていただいた商店街の皆様ありがとうございました。

もっと、「商店街を元気にする」と決意を新たにした脇田でした。



<報告内容>

 1.大橋西口並木通り商店街 サマーフェスティバル
    (地域団体と連携したプロレスイベント)

 2.今宿商工業協同組合 『第2回今宿 彼岸花の郷づくり』
    ~農業と商業のコラボレーションで町おこし~
    (田んぼアートと彼岸花の鑑賞イベントの開催)

 3.新天町商店街商業協同組合 新天町3ヶ国語マップ制作委員会
    (福岡釜山姉妹都市20周年を記念して、交流ともてなしの
    街内マップ制作)

 4.大橋西部商店街 OH!箸(大橋)でエコマイ箸
    (飲食店来店者にエコ箸贈呈、ガイド制作)

 5.壱岐・野方商店連合会 花いっぱい!活力いっぱい!
    (街内にプランターの花を植える、マップの制作 ほか)

 6.花みずき通り商店会  花みずき通り商店会マップvol.2
    (地域情報を掲載したマップの制作)  

Posted by 脇田勝利 at 09:12Comments(0)商店街活性化

2010年01月22日

門司港栄町商店街活性化プロジェクト



現在、門司港栄町商店街活性化プロジェクトの
コーディネイト&コンサルティングのお手伝いを
させていただいております。

今年のテーマは個店の活性化です。

6店舗をモデルケースに、
店主の皆さんと膝をつき合わせて

お客さんが集まるお店へ向けて
突破口を見出してきました。

その過程と
それぞれのお店の突破口は、
改めて本ブログでもご紹介をさせていただきます。

ここでは、各お店を拝見して気づいたことをご紹介します。

実は私が感じたのは、
商店街のお店は日本の中小企業の縮図だということです。

それぞれのお店の店主とのお話から、
日本の中小企業の実像と現状が見えてくるのです。

日本経済の源泉である多くの中小企業の現状とは、
下記のようなものです。


■日本の中小企業の一般的な課題&現状

●特にリーマンショック以来、売上が減少傾向
●今までのビジネスモデルが古くなっている
●7割が赤字、3割が黒字
●売れる仕組みが出来ていない
●下請け体質で直接受注する仕組みが必要
●マーケティングの仕組みで売上向上が急務
●他社との連携(アライアンス)は、ほとんど出来てない
●ITを使った経営の効率化が出来てない
●強みが明確でなく、顧客にも伝わっていない


門司港栄町商店街の場合は、
強みがいくつもあり、
この日本の中小企業の例が当てはまらない部分もたくさんあります。

後は、強みという宝の山をどう活かし、どう魅せるか?

そして、今の時代や消費者に支持をされる突破口をどう見出し、
コストをなるべくかけずに顧客にその価値を伝えていくかに
ポイントがあります。

そのマーケティングの仕組みが出来ている企業は3%。

その3%のノウハウを、多くの中小企業に活かすことが
私の仕事です。

また、徹底的に、コーディネーター役に徹して、
成果を上げるお手伝いをすることが私の使命です。

詳しくは、また後日のブログにてご紹介をさせていただきますね。

まだまだ、可能性は無限大です。

客観的な視点で突破口を見出すコーディネーター脇田からのご報告でした。

ありがとうございます。  

Posted by 脇田勝利 at 10:07Comments(0)商店街活性化

2010年01月21日

スイーツの駅「96カフェ」



黒崎中心市街地活性化の一環でオープンしたスイーツの駅「96カフェ」に行ってきました。

「96カフェ」は、チャレンジショップ。

お店の本格的なオープンに向けて、
商工会議所やコンサルタントなどの支援を受けながら、
2年間限定で入居(?)するスイーツのチャレンジショップなのです。

店主こだわりのお店で、
良い材料を使っているのにかなり割安で販売しています。

チョコケーキ専門店Edロードの店主は、お手伝いをしてくれている母親と一緒に仕事をされていました。

「夢のお店オープンに向けて、頑張っています。
 毎朝6時から仕込みをしているんですよ!」

と元気よく語ってくれました。

多くの商売人がこうやって見えないところで本当に頑張っています。

私たち消費者も「店主こだわりの商品」を理解し購入することで
小さなお店を応援することも大切ですね。

そして、もっとマーケティングの力で、
店主の皆さんが頑張っているこだわりの部分を
伝えて商売繁盛が出来るように、
お手伝いをしたいと決意した“ひととき”でした。

美味しいケーキをありがとうございました。



・GOD(ゴット)洋菓子・タルトの店~ケーキ1ホール500円で提供。

・”GO!BAGLE WORKS”ジオベーグルワークス~無添加で健康に良いベーグル

・Mikal(ミーカール)酵母パン~バター・牛乳・卵を使用しない白神こだま酵母のパン

・笑(しょう)和スイーツの店~あんと生クリームの生どら焼き・和菓子・羊羹

・Edロード チョコケーキ専門店~ガトーショコラ・チョコレートケーキ

・Slow Rock Cafe オーガニックコーヒー~有機無農薬コーヒーや紅茶



●スイーツの駅「96カフェ」

TEL:093-644-0070
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-7 長島ビル1F
営業時間:10:00~19:00

  

Posted by 脇田勝利 at 20:17Comments(0)商店街活性化

2010年01月20日

黒崎中心市街地活性化プロジェクト



天神で全国展開しているホームページのマーケティングの打ち合わせをした後、
黒崎に向かいました。

黒崎中心市街地活性化の企画打ち合わせです。

黒崎は来る度に寂しさを感じてしまいます。

小学生の頃は、

「黒崎といえば、憧れの大都会」でした。

小学生ながらに九州最大規模を誇った「そごう」の大きさにびっくりし、
初売りのときは、身動きが取れないほどの人の多さ。

もう一度、黒崎を元気にするために、
今までのマーケティングのノウハウを最大限活かし、
出来ることを精一杯チャレンジしたいと思います。

スイーツやカフェでの本格開業を目指すチャレンジャー達が集う
チャレンジショップであるスイーツの駅「96Cafe」の
皆さんも頑張っています。

「いつの日か、夢のお店を持ちたいんです!」

と語ってくれた店主の声に感激いたしました。

まだまだ夢は叶います。

夢を忘れずに前進していきましょう。  

Posted by 脇田勝利 at 08:58Comments(0)商店街活性化

2009年07月16日

門司港栄町商店街活性化プロジェクト~現状分析~



門司港栄町商店街活性化プロジェクト第一弾。

この日は丸一日かけて、
お店を一店舗一店舗訪問し、
現状の分析をさせていただきました。

マーケティング&顧客視点でお店の魅力をチェックしたり、
今の消費者に受け入れられるビジネスモデルになっているかを把握し、
現状の宝の山(経営資源)を明確にしていきました。

私がマーケティングを追求し続けて10年が経ちますが、
どの中小企業にもマーケティングが残念ながら非常に弱いのが現実です。

マーケティングは大きく
「競合に負けない強みを差別化しブランディングすること」と
「その魅力をコミュニケーションを最適化することで売上を上げる」
2つのステップに分けられますから、
そういった視点で私独自のノウハウで
分析をしていきました。

ほとんどのお店に共通をしている点は下記の通りです。

これは、日本の中小企業のほとんどに共通している課題でもあります。

●今まで長年培ってきた信頼がある(門司港の場合創業100年!は当たり前)
●顧客が高齢化しており徐々に減っている
●40代以下の消費者は量販店・安売店・チェーン店に流れている
●その店独自の魅力や強みは十分あるが、認識されていない
●売上を上げる唯一の方法=情報提供(コミュニケーション)が不足
●どうやって稼ぐかというビジネスモデルが古くなっている



私の経験から、日本の8~9割の中小企業はこの状況に陥っていると言えます。

改善するためには、
顧客視点で「わざわざ利用したくなるお店」を創り出し、
コミュニケーションを最適する改善を行うことです。

自信を持ってお伝えをしたいことがあります。

『必ず上手くいく突破口はある。』

ということ。

これは、今までの経験から自信を持って言えます。

後は、考え方をいかに変え、行動を変えられるか。

その成功のプランを一店一店企画し、
皆様と新しいお店づくりへと改善を行っていきたいと思います。

販売の現場で試行錯誤を繰り返し、
成果を上げたノウハウを
それぞれのお店に落とし込み、
二人三脚で成果を上げるお手伝いをしたいと
改めて決意をいたしました。

皆様も商店街に対して先入観を捨て、
買物をされて見てください。

きっと、地元に埋もれた宝の山を発見出来るはずです。

ありがとうございます。

  

Posted by 脇田勝利 at 08:07Comments(0)商店街活性化