(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2015年10月01日

世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへVOL.2

ヨセミテのキャンプ場を拠点にトゥオルーミ・メドウから世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルのトレッキングをスタートしました。

ジョンミューアトレイルは、バックカントリーと呼ばれる「手つかずの自然を残したエリア」になります。

車が走りまくっている日本の国立公園とは違い、バックカントリーでは、人間と馬以外は立ち入り禁止です。

しかも、日本の登山道と違い「人工物」がほとんどありません。

実際にジョンミューアトレイルを歩いてみて、日本の登山道との違いをかなり感じましたので、
ご紹介します。



●自然をそのまま残しているため、人工物を徹底的に排除している。

山小屋もなくトイレもなく、あるのは最低限の標識のみ。


●登山道が分かりにくく迷う可能性大

日本のような登山道あるわけではなく、自然の中を自分の判断で歩く判断が必要。


●GPSは必ず携帯した方が良い

何度も迷うほど、登山道が分かりにくくGPSは必ず携帯した方が良い
iPhoneのオフライン地図アプリでもOK

●乾燥が凄く喉がやたら乾く

日本はどの山に行っても湿度が高く喉はあまり乾きませんが、
アメリカ西海岸は乾燥が凄く日本の数倍の水が必要になる


●寒暖の差が激しすぎる

昼間は強烈な太陽の日差しで30度近くまで上がるが、
9月でも2〜3度まで最低気温が下がり温度調整と日差し対策は必須

●クマ対策

とにかくクマ対策が重要です。
食べ物や飲み物はもちろん化粧品や歯磨き粉などすべての匂いがするものは、
フードストレージと呼ばれるクマ対策の倉庫に入れておかないと、
車は壊されテントまで襲撃をされます。

車がクマから破壊されるとアメリカ政府から罰金5000ドルを請求されるという、
泣きっ面にクマ状態(笑)になるので、さらに注意が必要。




●バックカントリーに入る人数を制限

日帰りの場合は許可が要らないが、
バックカントリーでキャンプを行ったり釣りを行う際は、
パーミットと言われる許可を取る必要があり、
人数制限を行うことで自然を保護している

●登り方は多種多様

手ぶらで登っている人や上半身裸の人(笑)、
340kmを歩いている重装備のスルーハイカーなど多種多様のスタイルで楽しめる。

●キャンプする際は何もないと思った方が良い

国立公園公園内のキャンプ場には、最低限のトイレしかないのは当たり前で、
バックカントリーでは何もないため、すべてを自己責任で自分で準備するしかないサバイバル状態。

●高度差が実は凄い

トレイルは山頂を目指すことなく日本でいう縦走の感覚で登山を行うイメージだが、
実はジョンミューアトレイルの最高峰は、Mt.ホイットニー(4,418m)。
米国本土最高峰という山も登るため、高低差が激しい。

●大人が大自然を満喫できるアウトドア天国

日本のなんちゃって売店の雰囲気や子供っぽい雰囲気、残念な登山道のイメージは全くなく、
「大人が大自然を舞台に人生を楽しめる」アウトドア天国という印象です。

さすが、アウトドア天国であり先進国のアメリカです。



という形で日本でもかなりの調査を行ってジョンミューアトレイルに行きましたが、

現地に行かないとわからない情報ばかりでした。



ジョンミューアトレイルの写真の一部をご覧ください。

実際に現地に行ってみると、写真では全く収まらない圧倒的な迫力と魅力があります。




















絶壁の岩をロッククライミングしている人も数多くいました。







私の夢に「ジョンミューアトレイル340kmをスルーハイクする」という項目を追加いたしました(笑)

人生一度限りです。

仕事も遊びも真剣に世界中で堪能したいものです。



  

Posted by 脇田勝利 at 09:42Comments(0)冒険家として旅日記

2015年09月30日

世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへ

シリコンバレーへの仕事の傍ら、今回は時間を捻出して、世界のトレイルの聖地と呼ばれている、

ジョンミューアトレイルへと行って来ました。







まず、びっくりさせられるのが、アメリカの大自然の雄大さです。

日本とはスケールが全く違います。


ジョンミューアトレイルは、340キロメートルですが、その大部分が含まれている

パシフィック・クレスト・トレイ(Pacific Crest Trail)は、

なんと、メキシコ国境からカナダ国境まで、アメリカ西海岸を南北に縦断し、

総延長は約4,000キロメートル以上(!)に達するのです。


アメリカには3つの大きなトレイルがあり、

残り2つも、

アパラチアン・トレイル(Appalachian Trail)は、約3,500km。
コンチネンタル・ディバイド・トレイル(Continental Divide Trail)は、4100km。

と想像を絶する壮大な規模です。

アメリカでは、全区間を1シーズン内に歩き切ることをスルーハイキング(thru-hiking)する人々が年間に300名もいるというから更に驚きです。

この旅には4ヶ月から6ヶ月を要し、成功を収めるのは6割ほどいるというから、

まさにアメリカ人は「遊びを死ぬ気でやる開拓者スピリット」に溢れた人が多いということが分かります。


本当にアメリカに行く度に良い意味で「クレイジー」な人が多く(笑)、行く度に驚かされます。

私も彼らに負けずに、世界中を冒険しようと決意を新たにさせられました。


今回は、キャンピングカーを借りて10日間、
シリコンバレー&ヨセミテ&ジョンミューアトレイルを移動しましたが、

シリコンバレーからヨセミテまで片道400km離れており、

10日間のトータルの走行距離は1800km(!)という走行距離をあっという間に走ってしましました。

今回移動した1800kmの移動した範囲は地図の西海岸の赤い線の範囲です。

スケールが違いすぎるぜ。アメリカ。




ジョン・ミューア(John Muir、1838年 - 1914年)は、世界のナチュラリストの草分けで、

作家で植物学者、地質学にも精通し、シエラネバダ山脈の地形が氷河作用に深く関わっている事を発見。

また西部開拓の嵐が吹き荒れていた頃、ゴールドラッシュで人口が急増した西海岸の人々が、豊かな森に豊富な水をたたえたこの地に目を付け開発しようと、森林伐採・ダム建設を計画する中、真っ向から異議を唱えシエラネバダの大自然を命懸けで守り続けた人物であり、『自然保護の父』と言われています。

ジョンミューアの愛したヨセミテは、1864年、州立公園に指定。1890年、国立公園に指定されています。

日本ではその頃は、江戸時代でちょうど幕末の混乱期、新選組の池田屋事件が起こった頃です。

その時期にすでに自然保護をしていたジョンミューアも素晴らしいですが、

ルーズベルト大統領と二人だけで3日間自然を語り合い、世界で初めて国立公園を設立したというから、

世界でも先進的な活動をしていたことに驚きます。







ヨセミテ渓谷から端を発する「ジョン・ミューア・トレイル」は彼の業績を記念し造り上げた登山道です。


そんな世界の自然を変えたジョンミューアに敬意を払いながら、

ジョンミューアトレイルを歩き始めました。

(続)


  

Posted by 脇田勝利 at 20:42Comments(0)冒険家として旅日記