(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2008年11月28日

1380円の美容室(新ビジネスモデル)



ニューオータニの向かい側にあるアパホテル1階にある「ヘアデザイナーズ138」は、非常に参考になる低コスト美容室。

店内は飾り気のない5坪ほどの広さ。

予約は一切受け付けず、来店した際にリストに名前を書き込み、空くのを待つスタイル。

店側は来たお客さんを一人ひとり、カットしブローまでしてくれる。

シャンプーなどは一切なしで、よくある1000円カットの店かと思いきや、きちんと差別化をされており、リピーターが非常に多い店。

その人気の秘密を探ってみました。

●カットの技術的には通常の美容室・理髪店と大差ない
●待ち時間がほぼ30分以内と適度に我慢できる
●ブローもきちんとしてくれて女性客が多い
●最低限だがコミュニケーションも上手
●平日20名、休日30名という回転率

一度、1000円の格安カットに行ったことがありますが、
誰が見ても明らかに「変」な髪型になったことがあります(笑)。

美容室としてムダを省き、カットに集中しているだけに
この「ヘアデザイナーズ138」は、満足度が非常に高い。

現実、他の格安店に行ったお客さんは
結局この店に戻ってくるようです。

「ちょっと髪をそろえたい、切りたい」という
コンビニエンスな美容室というポジションで
成功されています。

お客さんが増えると困るのですが、
ぜひ一度試してみてください。

■「ヘアデザイナーズ138」

福岡市中央区清川1丁目10-1-1F

TEL: 092-522-3456
アクセス: 渡辺通駅から徒歩約6分
【営業】9時~21時 ※要確認
【定休】無休※要確認

  

Posted by 脇田勝利 at 09:34Comments(2)

2008年11月27日

HISで営業研修



旅行代理店HISのアクロスにある店舗「No1トラベル」でマーケティング研修を行いました。

毎回宿題をお出ししていますが、きっちりとやっていただき、全員の意見をまとめてくれています。

きっちりとやる気がある方には、私もより一層モチベーションがあがります。

現在のボトルネック(主要な問題点)は、「残業が多く効率が良くない」ということ。

どの職場もそうですが、私から見ると「宝の山」がザックザクで、突破口が必ず見えてきます。

後は、スタッフの皆さんがモチベーションを上げ「必ず変えてやる!」と決意し、行動をすることだけです。

前回は、「成果を上げるための成功要因」を明確にし、優先順位をつけるところまで。

その中で最大の成功要因・問題点「顧客とのコミュニケーション」に集中をして改善を行います。

今回はそれプラス、「ムリムダムラの削除」にも取り組みます。

日本は、生産現場での生産性は世界でも一流ですが、ホワイトカラーの生産性は非常に悪い。

今まで私が培ってきた「生産現場での生産性向上」を事務仕事に活かしていこうと思います。

今後の重点的な課題は、

●店舗の10秒コマーシャル作り
●一人一人のプロフィール
●顧客視点の感動コミュニケーションの設計

を行っていきます。

皆さん、楽しみながら改善していきましょうね。

■福岡No.1トラベル

福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3階

TEL 092-761-0957 / FAX 092-761-5869

URL: http://www.no1-travel.com/fuk/index.html

営業時間 
平日  10:00-18:30
土   11:00-16:30
日・祝  休み

  

Posted by 脇田勝利 at 10:52Comments(0)

2008年11月26日

「門司港栄町商店街」活性化第5弾





今回は実践的な売上を上げるチラシの勉強会。
しかも、様々なチラシの中から「顧客の心を鷲づかみにするチラシ」の感性を磨く内容です。
今回も、いろんな“気づき”がたくさんありました。

まず、前回の「自店コマーシャル」のおさらい。
自店の強みを棚卸した隠れた宝の山を基本に、相手の心を鷲づかみにする30秒コマーシャルを創りだしました。

マーケティングでは、大きく分けて「ブランディングとコミュニケーション」を設計していきますが、この30秒コマーシャルにそのマーケティングのエキスが凝縮されています。

この一言で、自分たちの思いや差別化、そして顧客視点で相手の心に届くコミュニケーションといった様々な要素を盛り込む必要があります。
定期的に見直し、更にムダをそぎ落とした中にも効果的で本質的になるようにブラッシュアップしていく必要があります。

その後、私が今まで追及している「売上を上げるしくみ」を心理学的な観点からお店全体のコミュニケーションの全体像を構築する実践的な方法を分かりやすく具体的に解説いたしました。

市場から自分たちのお店に来て欲しいお客様をどう効率良く集め、その集まったお客様に対してどんなコミュニケーションを行えば、リピート化・常連客化するかの実践的な方法について、レクチャー&ディスカッションいたしました。

そして、チラシのワークショップ。

様々なチラシは、正に企業の生命線。

売上を創るチラシに各社、様々なノウハウを投入しています。

チラシ1枚で、数百万・数千万・数億の売上を上げる企業やお店にとっては当然だといえますし、どの企業にとっても『トップシークレット(最高機密)』なノウハウが満載だとも言えます。

ほとんどの企業にとってここまでチラシ1枚のために、力を注ぎ込むことは難しく、デザイン会社や印刷会社に任せてしまっている方がほとんど。

しかし、これは社長や経営者にとって『最も大切な仕事』なのです。

チラシ1枚に自社の全てのノウハウを注ぎ込む!くらい作り込むと間違いなく売上は上がります。

自社の顧客とのコミュニケーションの力が向上するとともに、自社の強み・差別化・売れるしくみ・消費者の動向など様々な要素を考えなくては効果的なチラシは作成出来ないし、そもそもチラシ1枚作成出来ない状態で売れる販売方法を確立することは不可能です。

急がば回れ、売れるチラシ1枚を作りこむことが売上を上げるために最も大切だといっても過言ではないのです。

売れるチラシ1枚が出来れば、接客方法、売れるホームページ、ダイレクトメールなど様々なコミュニケーションツールの費用対効果が劇的に向上することは間違いありません。

という観点で、様々なチラシを見ながら「工夫している点・素晴らしい点・逆に改善した点」などを一人ひとりに発表していただき、私が解説をするという形で進行いたしました。

皆さん、さすが素晴らしい!視点をお持ちです。

360度の視点を持ち、商売人と様々な消費者から1枚のチラシを観察してみるといろんな気づきがありますし、この段階で「気づくか、気づかない」かは天と地ほどの差があります。

自店のチラシを創るときに必要な視点を学ぶことができ、来週はいよいよ「自店と商店街の売れるチラシ創り」です。

今まで培ってきた全てを1枚のチラシに注ぎ込みます。  

Posted by 脇田勝利 at 09:47Comments(0)

2008年11月25日

今週土曜日開催「社長カフェ」



モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとした多くの芸術家、
また相対性理論で有名なアインシュタインも、
右脳の能力がずば抜けていました。

エジソンの言う、"1%のひらめき"も右脳をフル活用した成果だと言えます。

しかし、私たちのビジネスの世界では、
難しい顔をして、分厚い資料を見ながら
会議室で筋の通っていると思われる
左脳的な考え方を求められます。

つまり、「もっと右脳を使えばビジネスは上手くいく」ということです。

そのためには、まずは環境を変えましょう。

クリエイティブなカフェは最適な場所です。

そして、右脳を活性化する様々な工夫を準備して、

頭の中をすっきりと気分良くイメージを広げながら
今後のプランを考えていく・・・。

今の中小企業が突破口を見出すには、
最適な場です。

今年をじっくりと振り返っても良いし、
来年のプランを、右脳を使いながらワクワク考えることも可能。

参加された皆さんが「わきあいあい」とした交流を深めながら、
ともに協力をし合えるような工夫も。

新しい自分の可能性を思う存分発見されてください。

目からウロコの連続で「来て良かった」と感じていただけるはずです。

お気軽にお申し込みください

 
■詳しい情報・お申し込みは下記まで
http://marketing.yoka-yoka.jp/e166966.html

●3万円相当の無料コンサルティング+1万円相当の音声教材付

このブログを見られた方は下記の特典を提供させていただきます。
参加申し込みの際に「よかよかブログ」を見ましたとお伝えください。

(1)無料コンサルティング(3万円相当)
 
 あなたの気づいていない会社や個人の宝の山を再発見し、
 2009年のマーケティングプランの企画をさせていただきます。

(2)音声教材のプレゼント

 さまざまな音声教材の中から、あなたに最適なものをプレゼントいたします。
 
(3)2008年のビジネス環境の流れが分かる新聞切り抜き

 私がスクラップしている新聞切抜きの2008年度版をすべてプレゼント(データ)
 これを見れば、今年一年の時代の流れが一目瞭然です。

  

Posted by 脇田勝利 at 11:48Comments(0)

2008年11月21日

「門司港栄町商店街」活性化第4弾





 コンサルタント&コーディネーターとしてお手伝いをさせていただいている「門司港栄町商店街」活性化プロジェクト第4弾です。

 今回は、売上を上げる実践的なコミュニケーション術について学びました。

 今回のテーマは「売上を上げる実践的なコミュニケーション術」。
 皆さん今回も積極的に参加をしていただき、本音で勉強して商売繁盛につなげようという迫力を感じます。
 今回も楽しみながら勉強してまいりましょう。
 緊張をほぐすため、最初にウォーミングアップをして「最近嬉しかったこと」を魅力的に相手から引き出し、プレゼンテーションの練習をいたしました。
 商売の基本も全く同じです。
 自分がワクワクしながら商売をし、お客様にもっと喜んでもらいたいから販売という「コミュニケーションやプレゼンテーション」を行い、相手の心を鷲づかみにして行動してもらうことが商売の原点。
 皆さん、とても嬉しそうに上手にプレゼンしていただきました。
 その後、自店の強みと商品・サービスをプレゼンテーション。
 お客様から見ると「なぜ?」と感じていることを質問形式で洗い出していきました。
 商売とは、お客様からの「なぜ?」に応えることです。

お客様の視点で見ると、
「なぜ?」という質問ばかりなのです。

「なぜ、今の商売しているのですか?」
「なぜ、その商品を買わないといけないのですか?」
「その商品を買ったら、どういうメリットかあります か?」
「もっとワクワクさせてくれるのにどんなことを考え ていますか?」
「忙しい私の心をもっとつかんでくれるには、どんな メッセージを伝えてくれる?」

という顧客視点での疑問を、言葉を変えて分かりやすく洗い出しました。
 徐々に、皆さんの「商売人魂」に火が着いてきました。
 今までくすぶっていた心の何かに火が着いたようなパワーを感じます。
 普段考えないことですが、質問されたら答えないといけないので、強制的に(笑)答えが導かれることになります。
 徐々に迫力のあるプレゼンテーションに変わってきました。


自店の30秒コマーシャルを発表

 その燃えるような商売人魂をもとに、30秒コマーシャルをつくっていただきました。
 これは、店舗の売上を上げる唯一の媒体であるコミュニケーションの中心に来るものです。
 30秒で伝わらないことは、何分、何十分説明しても相手の心を捉えることが出来ません。

一部ご紹介させていただきます。

●門司港栄町銀天街で、手作り菓子工房ドルチェをしています。
子供からお年寄りまで、安心で安全、し かも季節感のあるものを創っています。
 一番人気は子供たちの好きなキャラクターの入ったバースデーケーキです。
 食べて安心、もらって嬉しい、ドルチェのお菓子をどうぞ。          ドルチェ

●バナナを練りこんだ「門司港レトロール」、お土産にいかがですか?
 他では絶対にないスポンジのしっとり感を味わってください。
                                      ドルチェ

●当店は音と映像の世界で感動を伝えるために、商売をしています。
 お客様一人ひとりに合わせたご提案で安心と満足のひとときを提供します。
                                      ニッチク

●文具のことなら「もうすぐ100周年を迎える」当店にお尋ねください。
 今、話題の消えるボールペン 字がうまくなる筆ペン、
 贈る人の気持ちを大切に伝える祝儀袋など、優れものの文具が見つかります。

                                      山本文具店

●門司港レトロ地区に一番近い商店街「栄町銀天街」にある山口酒店。
 門司港のおみやげとして人気のある日本酒や焼酎などのオリジナル商品も充実しています。
 また店内にはいこいのスペースとして「栄町カフェ」も併設。
                                      山口酒店

 皆さん、かなり自信を持ってプレゼンテーションが出来るようになってきました!
 もっと強力な差別化をメッセージに込めて、今後より実践的なコミュニケーションツールへの落とし込みを行っていきます。
 次回は「実践!相手の心を鷲づかみにするチラシの創り方」というテーマのもと、商売に直結するコミュニケーションについて学びます。


参加された皆様の声

●もっと勉強するための時間が欲しい。
 非常に勉強になるのでもっと多くの方に参加してもらいたい。
                    「門司港栄町商店街振興組合 理事長大澤幸雄様」

●「地方の小さな店が生き残っていくためには、どうするか?」と日々考えていることですが、
 この答えが少しずつ見えてきました。自己主張によるブランドづくり、コミュニケーションの方法をどうするか 思案中です。
                              「山本文具店 山本俊樹様」

●売る商品によって、販売の方法が違うのでもう少し整理して欲しい。

                               「ドルチェ 窪田雅英様」

●商店街の商業者の皆さんの生の声が聞けて有意義でした。
 コミュニケーションのとり方のルールづくりが参考になった。

                     「北九州市産業経済局商業振興課 田中善邦様」

参加された皆様、ありがとうございます。  

Posted by 脇田勝利 at 17:33Comments(0)

2008年11月20日

11/29右脳を使った経営塾「社長カフェ」開催



モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとした多くの芸術家、
また相対性理論で有名なアインシュタインも、
右脳の能力がずば抜けていました。

エジソンの言う、"1%のひらめき"も右脳をフル活用した成果だと言えます。

しかし、私たちのビジネスの世界では、
難しい顔をして、分厚い資料を見ながら
会議室で筋の通っていると思われる
左脳的な考え方を求められます。

つまり、「もっと右脳を使えばビジネスは上手くいく」ということです。

そのためには、まずは環境を変えましょう。

クリエイティブなカフェは最適な場所です。

そして、右脳を活性化する様々な工夫を準備して、

頭の中をすっきりと気分良くイメージを広げながら
今後のプランを考えていく・・・。

今の中小企業が突破口を見出すには、
最適な場です。

今年をじっくりと振り返っても良いし、
来年のプランを、右脳を使いながらワクワク考えることも可能。

参加された皆さんが「わきあいあい」とした交流を深めながら、
ともに協力をし合えるような工夫も。

新しい自分の可能性を思う存分発見されてください。

目からウロコの連続で「来て良かった」と感じていただけるはずです。

お気軽にお申し込みください。



  

Posted by 脇田勝利 at 15:23Comments(0)

2008年11月19日

「成功する開業計画」の重要性・フードビジネス専門学校で講義



飲食店専門学校「フードプロ総合アカデミー」での講義です。

前回に引き続き、「開業計画」です。

私の得意な『マーケティングの視点で右脳を使った開業計画』を心がけ、

受講生の皆さんの人生→理想の店舗イメージをビジュアル化→コンセプト立案

という流れで、徐々に皆さんのお店を形にしていく段階です。

ただ、
20数名の受講生の中でスピードの差がありますから、
今回は「個別相談」の時間を設けました。

一人ひとりと膝を突き合わせ、
いろんな相談を受けて、
実践的なアドバイス。

細かな相談というよりも、
大きな方向性で悩んでいる方が多い。

店舗戦略の部分でもあり、
もっと真の部分では、
「一人ひとりのライフプラン」に行き着く。

つまり、「自分の人生で何が大切か?」という部分で
悩んでいるため、店舗の方向性が見出せない。

そんな皆さんにアドバイスを差し上げた。

『自分が好きで好きでしょうがないこと』
『世の中の消費者が潜在的に満たされていない欲』
『競合他社が提供できていないサービス』

を考えて、自分の方向性を見出してみようと。

皆さんの目の輝きが、お逢いするたびに増していることを感じます。

夢に近づくってこういうことだと実感する至福のひと時です。



■今回の満足度調査

大満足 :9名
満足  :7名
やや満足:0名
普通  :1名
やや不満:0名
不満  :0名  

Posted by 脇田勝利 at 09:48Comments(0)

2008年11月18日

11/29右脳を使った経営戦略セミナー「社長カフェ」開催



今までのセミナーや異業種交流会で満足できない方へ

社長や社長になりたい人のための全く新しい実践セミナー・ワークショップ

あなたに埋もれた宝の山を磨き上げる
右脳をフル活用した最強の経営者育成セミナー
「社長カフェ」開催のお知らせ
 
会議室で考えていても、これからのビジネスへの突破口は見えてきません。
カフェで右脳を使いビジネス戦略を考える----。
プラス思考の仲間たちと共に、最新マーケティングの手法を取り入れた「経営者を育成する全く新しい勉強会」です。
年間300社、セミナー・講演50件のマーケティングコンサルタントが今までのノウハウを活かし、
あなたの中に埋もれた宝の山を再発見し磨き上げ、今日から使える実践的な売上向上・利益向上のノウハウを分かりやすく伝授いたします。
 同じ志を持つ経営者と共に、貴重な第一歩を踏み出しましょう。

■社長カフェの内容

社長や社長になりたい方を対象にした、右脳を使った新しい経営塾です。
カフェを使い、会議室では出ない右脳をフル活用した実践的な社長カフェです。
参加される方のメリットは下記の通りです。

(1)最強の経営者になるためのカリキュラムによる学び
(2)明日からすぐに使える「実践マーケティング」プラン作成
(3)マーケティングなど業界トップの専門家によるコンサルティング・セミナー
(4)右脳を使った実践的なワークショップ
(5)異業種交流と人脈のつながり
(6)自己啓発
(7)参加者同士の仕事の紹介


■参加費用
3,000円(会場代・コーヒー代込み)

■対象者

・社長
・将来社長になりたい人

■定員
先着8名限定

■ところ

cafe∩bar breath (ブレス)

福岡市中央区港3-3-20
tel&fax;092-202-0011

■日時

11月29日(土)15:00~18:00

■参加申し込み

メールにて件名を「社長カフェ参加希望」とご記入の上、
まで、「社名・氏名・住所・会社TEL・FAX・携帯電話」
をご記入の上、申し込みください。

warky@wakita-net.com

■会場までのアクセス

当店では、駐車場をご用意できておりません。
お車でご来店の際は、店舗近隣のコインパーキングを
ご利用下さい。
お手数をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

<5台駐車可能>
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E130.22.53.3N33.35.42.9&ZM=12&CI=R

<2台駐車可能>
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E130.22.49.1N33.35.43.3&ZM=12&CI=R

<10台駐車可能>
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E130.22.53.4N33.35.30.6&ZM=12&CI=R

公共機関は、西鉄バスの「給油センター」が最寄のバス停となります。
天神方面からバスでご来店の際は、以下をご参照下さい。

【発着バス停】天神から福浜or医療センター行き、給油センター下車
【行き先番号】68番
【所要時間】約17分
【バス停から当店まで】約5分
【詳細情報】西鉄バスナビ、をご覧下さい。 
http://jik.nnr.co.jp/cgi-bin/Tschedule/jun.exe?pwd=h/jun.pwd&from=RA0001&to=511190&yobi=H&kai=&ji=12&fun=29

タクシーで当店へお越しの際の目安です。
西鉄天神福岡駅から、980円程
地下鉄赤坂駅から、850円程
地下鉄大濠駅から、550円程 (ワンメーター)  

Posted by 脇田勝利 at 08:29Comments(0)

2008年11月17日

福岡県経営アドバイザーに就任いたしました。



社会福祉法人などの就労支援事業所の経営アドバイザーに正式に就任いたしました。

障害者の皆さんなどが一生懸命働かれている職場がたくさんあります。

そんな職場や事業所をマーケティングの力で支援させていただくことになりました。

障害者の皆さんが働く喜びを知り、自らの給料を自分たちで稼ぐためには、マーケティングのノウハウが活きてきます。

今まで培った様々なマーケティングの力を皆様のお役に立てるよう全力を尽くし、売上向上・利益確保をするとともに、働く方の給料が上がるようにしていきたいと考えています。

まずは、他店に勝てる差別化を徹底的に行い、できることから改善していきます。

皆さん、本当に心を込めて仕事をされて頑張っています。

必ず結果は出ますので、一緒に汗を流して楽しみながら成果を上げていきましょう。
  

Posted by 脇田勝利 at 11:48Comments(0)

2008年11月14日

フードビジネス専門学校で講義「開業計画」



大好きな飲食店・カフェ専門学校「フードプロ総合アカデミー」でいよいよ開業計画のカリキュラムに入りました。

来年1月に自分の夢のお店の発表です。

そのための準備をじっくりと2ヶ月かけて支援をすることになりました。

とはいっても、皆さんまだまだ自分のお店のイメージが漠然としていますので、慎重にスタートを切りました。

ワークショップ形式で、一つ一つ今まで体験してきたことを整理していくかのように、じっくりと自分と向き合う時間をとり、たっぷりと自動的にマーケティングの観点からお店のイメージを確立していきます。

右脳を最大限使う講義を心がけているため、皆さん授業中はなんとも言えない良い顔(笑)をしています。

イメージ!イメージ!イメージ!

とにかく、紙に描いていきながら右脳を使いながらイメージを大切にした授業。

シンプルなお店のプランの骨格が出来れば後はしめたもの。

その最も大切な本質を具現化する「しくみ」を考えていくため、自動的にビジネスプランを創ることが出来ます。

皆さん、一人一人が夢に向かって近づいていくのが実感できます。

その瞬間が私にとって至福のひと時でもあります。

皆さんの夢のお手伝いが出来て私も幸せです。

ありがとうございます。

■本講義の満足度調査

大満足:9名
満足:7名
やや満足:1名
普通:0名
やや不満:0名
不満:0名

  

Posted by 脇田勝利 at 08:19Comments(1)

2008年11月13日

東京マーケティング・レポートVol.6「椿屋珈琲店」



銀座喫茶店の名店「椿屋珈琲店」に行ってきました。

椿屋珈琲店のテーマは、銀座の古きよき時代の洋館、コンセプトは脱日常感。

大正時代をモチーフにしたシックなインテリアと、静かに流れるクラシック音楽が落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。

店内に一歩足を踏み入れると、そこは大正ロマンの面持ち、東郷青児のB0サイズの絵画、高級感溢れるインテリアや素材を利用した演出。

入店前の期待は入店後にも裏切られません。

ゆったりと流れる時間が経っていきます。

常連客がいるかと思えば、大人の銀座のカップルが利用したり、ほの暗い片隅で黙々と執筆する小説家がいたり、話題を呼んだドラマ『白い巨塔』のロケに使われたりと話題豊富なカフェです。

雑誌BRUTUSの銀座特集号で、着物姿の椎名林檎嬢の背景となった空間にもなっているようです。

黒いスカートに白いエプロンというスタッフの制服もクラシックで心地良い。

しかも、彼女たちには一定の落ち着いたトーンがあります。

黒髪で、穏やかな声の調子、折り目正しい立ち居振る舞い。

アイス珈琲を注いでくれるときにも、絶妙なモデル具合。

はにかみ具合が最高です。

文化的で右脳が全開になりますね(笑)。

素晴らしいお店は、最高に心地が良い。



■「椿屋珈琲店」

東京都中央区銀座7-7-11菅原電気ビル2・3F
TEL: 03-3572-4949
営業時間: 平日 10:00~翌4:30
土・日・祝 10:00~23:00
  

Posted by 脇田勝利 at 09:47Comments(0)

2008年11月12日

東京マーケティング・レポートVol.5「メイド美容室」



秋葉原のメイド系のお店を体験しようと思い、
髪が伸び気味だったので「メイド美容室」に
潜入、体験してみました。

秋葉原の「MOESHAM(もえしゃん)」。

料金は、通常のカットで6,300円。
5割程度割高といった印象の料金体系です。



場所は秋葉原のメインストリートから
一本入った雑居ビルの2階。

結構ひっそりやっている印象です。

店内にドキドキ&ニンマリしながら入ると
「旦那様、お帰りなさいませ~」という
例の甘えた声(笑)。

「今日はどうされますか~?」と
メニューを渡され、簡単なカルテを書きました。

店内は、思いっきり手づくり。

手書きで書いたアニメ系のイラストなどが
一杯手づくりで貼り付けられています。



あとは、メイド服を着たスタイリストの方と
トークをしながら
ゆる~~いカットの開始です。

・全員美容室の資格を持っている
・お客さんは良い人が多い
・同じ趣向の人が多いため、クレームなどはない
・リピーターが非常に多い
・老若男女いろんな方が来る

『ターゲットを明確にし、
 同じ価値観に共感した方と
 なるべく低コストで粗利益率を高く維持しながら
 コミュニティを創る』という
これからどの企業にも求められる
マーケティングの手法を取り入れた店だと言えます。

仕上がりは、1,000円などの格安理髪店と通常の4,000円近くする理髪店の
中間の技術レベルだといえるでしょうか。

接客などのレベルをもっと上げ、
より圧倒的なブランディングを行えば
もっと上手くいきそうなメイド美容室でした。

これはこれで、特定の客層には満足度が非常に高いお店だと言えます。
  

Posted by 脇田勝利 at 10:06Comments(0)

2008年11月11日

東京マーケティング・レポートvol.4「ミシュランの名店」



東京の親友に「美味しい店よろしく~」と伝えておいたら、予約が取れない伝説の有名イタリアンがたまたまキャンセルが出ました。


アロマフレスカ、アソと並んでイタリアン3強とされる東京・青山の『リストランテ濱崎』です。

ミシュランで星を獲得したお店で、二十数名という少ない席数で徹底的なサービスと料理を楽しむことが出来ました。

しかも、一つしかない個室が空いていて更にモチベーション・アップ。

料理が楽しみです。

コースは「9000円と1万500円」の二つ。

折角ですから、高い方を注文したところ、正に至福の料理のオンパレード。

とても文章に表現することが出来ないかの料理の数々です。

特に、「前菜の盛り合わせ」とメインの「うずら」が最高です。

旬の食材を一品一品大切に大切に調理し、「うずら」は生まれてはじめての味です。



接客も素晴らしく、シェフ濱崎龍一さんともいろいろなお話をすることが出来、頭の上から足のつま先まで全身が大満足のお店でした。

こんなお店を「名店」と呼ぶのでしょう。

素晴らしい。ご馳走様でした。


●リストランテ濱崎

TEL 03-5772-8520
東京都港区南青山4-11-13 サンライトヒル青山



  

Posted by 脇田勝利 at 09:42Comments(0)

2008年11月10日

東京マーケティング・レポートvol.3「築地超人気店の秘密」



今回はじめて東京の台所・築地に行ってきました。

銀座から徒歩十数分程度の好立地に、
都心にあるとは思えない活気のある
市場が広がっています。

まずは何はなくとも腹ごしらえ(笑)。

築地に
行列の出来るお店は多数ありますが、
いろいろと調べてみると、
お鮨よりも「魚料理」が旨いらしい・・・。

ということで、
『日本中から集まった新鮮な魚を低価格ながら
料亭の技術で追求しているお店 高はし』に行ってきました。

朝10時にお店に行ってみると、
すでに大行列。

店頭には「行列の並び方」と表示があり、
「4列に並んで整列してください」ということです。

並んで待っているところに
大将が丁寧に今日の仕入れの状況を
丁寧に正直に説明をしてくれました。

・今日の刺身は最高です
・きんきの残りは2尾
・あなごはとても品薄

・・・などなど。




1時間ほど並んでようやくカウンターのみの店内に通される。

注文したのは、迷いつつも
『刺身定食』1300円と『むつの煮魚定食』2200円。

注文が来る前に店内をいろいろと観察してみました。

丁寧に整理整頓され、ムダのない動き。

しかも、活気がある。

出てきた料理を食べてみると、
今までに食べたことのないほどの旨さ。

特に、『むつの煮魚定食』は今まで食べた煮魚の中でも
一番美味しかったです。

店内は本当に質素で飾り気のない店ですが、
「旨い魚をお客様に提供するために全てを注ぎ込む」
という一点突破の執念さえも感じるお店でした。

正に“切磋琢磨”という言葉が相応しい良店でした。

ご馳走様でした。


  

Posted by 脇田勝利 at 15:56Comments(0)

2008年11月07日

東京マーケティング・レポートVOL.2



続いて、代官山に新しく出来たイタリアの高級スーパー「EATALY」(イータリー)に行ってきました。

同店は、イタリアのトリノで創業したスーパーで、生鮮品やチーズ、サラミ、ワインなどの酒類、ピザやパンなどの総菜を品揃えした店舗と、レストランやカルチャースクールを一体にして運営されている。

商品を生産者から直接仕入れる独自の流通網を持っており、高級食材など値ごろ感ある価格で提供している。

一部店内で食事をする行列は出来ていたものの、店内はそんなに込み合ってなく、ショッピングをすることが出来た。

価格的には、通常の価格の4~5倍程度の商品が多かったが、イタリア伝統の製法での食材を扱っているため、とても“信頼感”の高いブランドを構築できているという印象だった。

これから先は「あなたが提供するものなら買います」という絶対的な信頼と売り手自信がブランドになる商売が当たり前の時代になってくるし、ライフスタイルやポリシーに共感したコミュニティを創ることが重要になってくる時代。

そんな世界的な時代の風を感じる店でした。

●イータリー
http://www.eataly.co.jp/welcom.html





  

Posted by 脇田勝利 at 00:47Comments(0)

2008年11月06日

東京マーケティング・レポートVOL.1



今回は銀座を拠点に東京のマーケティング定点観測を行いました。

まずは、最近話題のH&M。



開店が11時にも関わらず、朝10時の時点で300名程度の行列が数百メートル出来ていました。

世界第3位のアパレル・メーカーが、地域密着の戦略をとっている珍しい例です。

つまり、地域ごとの店舗によって品揃えを変え、店頭にある商品の売り切りです。

顧客は、「今買わないと絶対に変えない」という意識になり、飢餓感をあおる商法の一つ。

世界規模の大手がここまで巧みで繊細なマーケティングを行う徹底振りを我々も学ぶ必要があります。

その行列には並ばずに次の店舗に向かいました(笑)。

(次号へ続く)  

Posted by 脇田勝利 at 12:30Comments(0)

2008年11月05日

東京で25年ぶりの再会



(前回からの続き)

ハワイミーティングでの話の途中に
こんな話になりました。

『今日は、福岡から来ました。』

「福岡から来ている人も数名いるよ!
 今日も福岡県の遠賀から来ているプロレスラーが・・・」

『あっ、実家のすぐ近くですよ!』

ということで、遠くに見えたプロレスラーとは、実家の遠賀郡芦屋町の5軒程度しか離れていない、小学校時代からのご近所さんでした。

正確にいうと、兄の親友とも言うべき人。

お互いに顔を見合わせて、
「お~、久しぶり!」

ということになり、
昔話から最近の話まで盛り上がりました。

彼は「富豪富豪夢路」(FUGOFUGO YUMEJI)さんといって、大学時代からプロレスの道に目覚め、故 橋本真也 さんに弟子入りし、現在「地下プロレス」などで活躍中の現役プロレスラーです。

●「富豪富豪夢路」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E8%B1%AA%E5%AF%8C%E8%B1%AA%E5%A4%A2%E8%B7%AF

●地下プロレス

http://www7.plala.or.jp/EXIT/exit%20sub1.html  

Posted by 脇田勝利 at 12:35Comments(1)

2008年11月04日

ハワイ進出への足がかりに





現在、弊社(株)ドリームマーケティングでは、海外へ

のビジネスのサポートもお手伝いをしております。

そのハワイのビジネスを支援しているワイキキ中心にコ

ンサルティングをされている小林さんの会に参加をして

きました。

場所は、東京赤坂。

ハワイで知り合った小林さんと東京で再開しました。

海外志向の皆さんの集まりというだけあって、話が早い



海外でのビジネスや夢を語り合うとても有意義な方ばか

り。

現在話題の映画レッドクリフのCGデザイナーだったり、

200億円を投資中の再生ファンドの社長だったり、小川

直哉とも対戦したことのある現役のプロレスラーだった

りと、皆さんとても個性的でそれぞれの分野ではオンリ

ーワンの方ばかり。

これからは、中小企業もより一層オンリーワンという圧

倒的な差別化を行う必要があると感じました。

今後も、中小企業の海外支援も含めてより一層マーケテ

ィングの力をつける必要性を感じました。

皆さん、ありがとうございました。

  

Posted by 脇田勝利 at 08:59Comments(0)