(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2010年01月29日

iPadにみる売上向上策



私の大好きなアップルCEOスティーブ・ジョブズが
iPadを発表しました。

iTunesのアメリカのラジオを聴いていたら
英語で「アイ・パッド」という言葉が聞こえ、

アメリカでは、「iPod(アイポッド)」のことを

「アイパッド」と発音するのか~、と感心していたら

本当にiPadのニュースでした(爆)。


ジョブズの発表する
新製品は毎回本当に度肝を抜かれる。

膵臓ガンで命が危ないほどの体調から無事に復活し、
未だにそのパワーは衰えない。

しかも、
「誰も欲しいと言わないけど、
 目の前に新製品が出てくると、
 誰もが欲しくなる」商品を次から次に生み出し、
市場を作りだしていること。

●革新的なコンピュータのMac
●音楽業界を根底から変えたiTunes&iPod
●ディズニーを負かしたピクサーのアニメ
●携帯を変えたスマートフォンiPhone

そして、マルチ携帯情報端末iPad。


その秘密は、
「100%欲しくなる商品を創る絶対の自信」。

消費者は自分が欲しいものが分からない。

そこで、「これが欲しいんでしょ!」と
新商品を見せるとみんなが一斉に
「それが欲しかった!」と飛びつく・・・

そんなイメージです。

売上を上げるには、そんな成約率100%を目指す
姿勢にヒントがあります。

「これが欲しいんでしょ!」と
顧客が潜在的に欲しがっているものを
100%自信を持って勧めてみよう。

きっと、売上は上がります。  

2010年01月28日

“世界一経営”



福岡では本日21時に放映されるカンブリア宮殿。

テーマは“世界一経営”。

どんな中小企業も理想にする経営です。

世界一ではなく、「地域一番経営・福岡一番経営・九州一番経営・日本一番経営」

と一歩一歩進めていってもいいんです。

印象的だったのが、
「やらないことを決めること」。

マニーの松谷貫司社長が語る
「世界一になるために、やらないと決めていること」とは、

●やらないと決めていること

①専門以外はやらない
②技術・ノウハウを持っていないことはやらない
③世界一の品質にならないことはやらない
④ニッチ市場以外はやらない
⑤世界中に販売出来ない商品はやらない

●カンブリア宮殿
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20100125.html  

2010年01月28日

胃の病気を防ぐ~商売の原点を見つめる~



先日、NHKの「ためしてガッテン」で放映されたピロリ菌のお話です。

「ためしてガッテン」で放映された
衝撃の内容は下記の通りです。

●日本人の6000万人がピロリ菌に感染している。

●ピロリ菌は、胃がん、胃潰瘍の原因となることが昨年分かった。

●胃の病気を防ぐには全員除菌しないとリスクがある。

●こんな方は特に注意!ピロリ菌と組み合わさるとこんなリスクが。

(1)ストレス(胃潰瘍になるリスク大)対象者4800万人
(2)高血糖(胃がんにかかりやすいリスク 4倍)対象者445万人
(3)喫煙(胃がんにかかりやすいリスク 11倍!)対象者1200万人
(4)塩分とりすぎ(胃がんにかかりやすいリスク 3倍!)対象者3600万人


ピロリ菌の検査は、胃の病気になれば保険が適用されますが、
残念ながら、通常の検査は保険適用外。

簡単にピロリ菌に感染しているかチェックする方法は
下記のチェックリストを試してみて下さい。

■あなたのピロリ菌チェックリスト

□胃潰瘍や十二指腸潰瘍、もしくは胃炎と診断されたことがある。
□少し胸がムカムカして、胃の上部に痛みを感じることがある。
□空腹時や疲れているときに、吐き気が起こることがある。
□胃の不快感を感じ始めてから、長期間(6ヶ月以上)経過する。
□薬を飲んでも一時的な快復で、胃の不快感が再発する。
□1970年より以前に生まれている。
□衛生環境の悪いところに在住していた経験がある。
□家族(同居していた経験がある)にピロリ菌の感染者がいる。
□胃の調子が優れない、遺伝的な傾向がみられる。
□ピロリ菌の除菌をした経験がない。

上記の項目であてはまるものが3つ以上あれば、
ピロリ菌に感染している可能性が高いです。
(あくまでも目安としてご利用していただければ幸いです)


・・・最近、食や健康ビジネスについての
相談が多く、私も研究していますが、
私たち一般の消費者は知らないことばかり。

もっと、健康になりたかったら、
健康について学び、
「賢い消費者」になることが大切ですね。

ピロリ菌になぜ詳しいかというと、
現在「明治乳業」さんの特約店(牛乳配達屋さん)と一緒に
商品拡販のマーケティング勉強会で「売れるツールづくり」を
行っているからです。

薬事法を考慮しながら
商品購入までの「ストーリーづくり」を行いました。

そのストーリーとは、

(1)胃潰瘍や胃がんの病気の原因(=ピロリ菌)を減らす重要性

(2)ピロリ菌を除菌する方法は、二つある。
 ①薬を飲む(5万円ほどの実費)
 ②明治乳業の保有する「LG21乳酸菌」により除菌

(3)具体的な提案

という流れです。(あまり詳しくは書けません;笑)

お客様が知らないことを
プロとしてきちんと伝えて、
それを解決してあげるお手伝いをすることが
あらゆる商売の基本ですね。

可能性は、やっぱり無限大です。  

Posted by 脇田勝利 at 09:04Comments(0)コンサルティング事例

2010年01月27日

本日20時必見「胃の病気防止へ」



緊急のご案内です。

本日20時からNHK「ためしてガッテン」にて、

「ピロリ菌感染6000万人 がんと胃炎の分かれ道」が
放映されます。

日本人のおよそ半数が感染しており、

胃がんや胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの
原因として注目されています。

私がなぜピロリ菌に詳しいかというと、
その答えは明日のブログにてご紹介いたします(笑)。

胃の病気を防ぎたい全ての方は、
ぜひ今夜のためしてガッテンをご覧ください。

●ためしてガッテン「ピロリ菌感染6000万人 がんと胃炎の分かれ道」
http://www9.nhk.or.jp/gatten/schedule/index.html

●ためしてガッテン
http://www3.nhk.or.jp/gatten/  

Posted by 脇田勝利 at 09:47Comments(0)コンサルティング事例

2010年01月27日

大反響の生きた野菜ジュース



コンサルティングでお手伝いをさせていただいている
朝倉の「生きたフルーツ&野菜のジュース屋さん」の
ジュースは本当に凄い!

今まで飲んだ野菜ジュースは何だったの?と思わせるほど
栄養たっぷりです。

私たち現代人のカラダに足りないのは
ビタミン・ミネラル。

野菜を食べたり、ジュースにして飲んでいる方でも、
こんな衝撃的なデータがあります。

 「野菜を70回噛んで食事をしても吸収率はたったの10%」
 
通常の野菜ジュースも、摺り下ろして時間が経っているため、
多くの栄養素が失われています。

「生きたフルーツ&野菜のジュース屋さん」のジュースは、
注文をしてからその場で摺り下ろすため、

栄養素そのままほぼ100%
免疫力を高める酵素ほぼ100%
ビタミン・ミネラルほぼ100%

一番お薦めの青汁をいただきましたが、
その場で新鮮なケールを摺り下ろし、
巨大なミキサーで濃厚なジュースを摺り下ろし!



こんなに濃厚で旨い青汁ははじめてです。

NYのファーマーズ・マーケットで販売をしていた
無農薬の青汁にそっくりです。

NYは小さなコップ(このコップの5分の1程度)で5ドルでしたが、
「生きたフルーツ&野菜のジュース屋さん」のジュースは
5倍近く入ってて、400円。

これは、安すぎます。

飲んだ後は、大満足の後味。

五臓六腑に染み渡るのが感じられます。

他にも、旬の朝倉の無農薬フルーツ・野菜を使った新鮮で美味しいジュースばかり。



●人参・りんごジュース
●バナナミックスジュース
●野菜ミックスジュース
●青汁(ケール生葉)
●ゴーヤ・りんごジュース
●他にもトマト・小松菜・セロリ・人参・りんご・キャベツなど

絶対のお薦めのジュースです。

一度お試しください。

飲まれている方は、
たくさんの人が健康になり、
病気も回復に向かっている方が多いそうです。

こんな素晴らしいお店が近くに出来て欲しいですね!

ご馳走様でした。

健康ブログときどき更新中:http://himawarisan.yoka-yoka.jp/

※下記チラシを提示すると50円引きになります。





●生きたフルーツ&野菜のジュース屋さん(平日営業)

℡:080-5274-8273

福岡県朝倉市甘木1064-1
甘木アーケード商店街 コミュニティーセンター内

開店10:00~閉店18:30 
店休日:水・土・日曜日・祝日

●三連水車の里あさくら (土・日・祝日営業)

℡:0946-52-9300

福岡県朝倉市山田2192番地1
http://www.sanren-suisha.com/


  

Posted by 脇田勝利 at 09:30Comments(0)コンサルティング事例

2010年01月26日

目の前で火事



門司港栄町商店街活性化で訪問をしていた際に、
商店街の中で火事が発生。

付近は騒然とした中で
消防の皆さんのお陰で無事に沈静化しました。

しばらく町が煙にまかれて大変なことになりました。

この時期は火事がとても多いので皆さんも、
火の元に注意しましょう。

私も昔煙草を吸っていたときに、寝たばこをしてやけどしたり、
火がついたガスコンロが壊れてパニクったりと(笑)、
ヒヤリハットをしたことがあります。

私のお客さんの何名かも、お店や会社が火事で燃えてしまっています。

誰でもどこでも起こる可能性のある火事防止の気持ちを込めて
火災原因のワースト6をご紹介します。

■火の用心!火災原因ワースト6

●たばこ

たばこ火災で恐いのは無炎燃焼。引火後、数時間経って燃え出すため手遅れになることも。

●こんろ

コンロ火災の約90%が油なべからの出火。ちょっと目を離したスキに油は加熱して発火する。

●放火

深夜の車庫や階段・玄関などの紙くずや新聞紙が狙われやすい。

●たき火

出火原因は、周囲に燃え移ったり、火の粉の飛び火など。とくに飛び火は思わぬところで火災を発生させるので要注意。

●火遊び

発火元の大半がマッチやライター。好奇心旺盛な子供に火の恐さを教えておこう。

●石油ストーブ

使用中の給油や衣類・布団への着火などが主な出火原因。正しい取り扱いを。

  

2010年01月25日

男前家飯(赤海老のパスタ)



お逢いする方からリスクエストが多いのが、
料理の話しや旨いお店、そして赤裸々なプライベートの話し(笑)。

これからもブログは、
週に1日はプライベートのお話し。

毎日の仕事の話しを週に2日。

そして、皆様の仕事に役に立つ話しを2日のペースで書いていこうと思います。


週に一回の料理。

最近1時間で、どの位美味しい料理がつくられるかにチャレンジしています。

いつも作るのは、イタリアン。

寒い日はスープも作りますので、

●新鮮な刺身と生野菜のカルパッチョ(スーパーの割引品優先)
●旬のスープ(冷蔵庫にある野菜などの食材を使用)
●旬のパスタ(同じく、その日の割引品+冷蔵庫の食材)
●メイン(食べたいものを、なるべくヘルシーに)

という4品を作ることが多い。

大体メインを食べる頃には、かなりお腹いっぱいで酔っぱらい状態(笑)。

いつも食べ過ぎてしまいます。

先日のメニューは、

●たいらぎ貝のメガ・サラダカルパッチョ
●大根&ベーコンのスープ
●赤海老のパスタ
●豚バラでイタリアン!バルサミコソース



最高に旨かったのが、赤海老のパスタ。

今まで作ったパスタでも自己ベストでした。

スーパーで半額だった198円の刺身用赤海老をふんだんに使い、
下記のレシピで作ってみました。

これはお薦めです。

海老のエキスが口の中に広がり、最高に幸せになれます(笑)

原価は300円ほどですが、イタ飯屋さんで食べると2人前で3000円でしょうか(笑)

■赤海老のパスタ レシピ

赤海老 6匹(頭殻つき) / ホールトマト缶 1個 / たまねぎ 1/8個 / 塩 適量 / あらびき胡椒 適量 / エクストラバージンオイル 適量 / 白ワイン 大さじ2 / 生クリーム 大さじ2 / にんにく 1かけ

(1)頭をとって、殻をとって、(頭)(殻)(身)の3つに分ける。
(2)鍋に千切りのにんにくを入れ香りを出す
(3)海老の頭と、殻を全部いれ、よく炒め白ワインを入れる。
(4)ホールトマトをいれ20分煮込む
(5)ざるに上げて徹底的に、こして海老のエキスを絞り出す
(6)絞り出したエキスをエクストラバージンで乳化させ生クリームを入れる
(7)海老の身は、オリーブオイルでさっといためて、白ワインを大さじ1くらいたらしてくさみをとる。軽く塩コショウしてとりだしておく。
(8)茹でパスタをソースにからめ、海老の身を乗せて完成!  

Posted by 脇田勝利 at 09:51Comments(0)脇田勝利の日常

2010年01月22日

門司港栄町商店街活性化プロジェクト



現在、門司港栄町商店街活性化プロジェクトの
コーディネイト&コンサルティングのお手伝いを
させていただいております。

今年のテーマは個店の活性化です。

6店舗をモデルケースに、
店主の皆さんと膝をつき合わせて

お客さんが集まるお店へ向けて
突破口を見出してきました。

その過程と
それぞれのお店の突破口は、
改めて本ブログでもご紹介をさせていただきます。

ここでは、各お店を拝見して気づいたことをご紹介します。

実は私が感じたのは、
商店街のお店は日本の中小企業の縮図だということです。

それぞれのお店の店主とのお話から、
日本の中小企業の実像と現状が見えてくるのです。

日本経済の源泉である多くの中小企業の現状とは、
下記のようなものです。


■日本の中小企業の一般的な課題&現状

●特にリーマンショック以来、売上が減少傾向
●今までのビジネスモデルが古くなっている
●7割が赤字、3割が黒字
●売れる仕組みが出来ていない
●下請け体質で直接受注する仕組みが必要
●マーケティングの仕組みで売上向上が急務
●他社との連携(アライアンス)は、ほとんど出来てない
●ITを使った経営の効率化が出来てない
●強みが明確でなく、顧客にも伝わっていない


門司港栄町商店街の場合は、
強みがいくつもあり、
この日本の中小企業の例が当てはまらない部分もたくさんあります。

後は、強みという宝の山をどう活かし、どう魅せるか?

そして、今の時代や消費者に支持をされる突破口をどう見出し、
コストをなるべくかけずに顧客にその価値を伝えていくかに
ポイントがあります。

そのマーケティングの仕組みが出来ている企業は3%。

その3%のノウハウを、多くの中小企業に活かすことが
私の仕事です。

また、徹底的に、コーディネーター役に徹して、
成果を上げるお手伝いをすることが私の使命です。

詳しくは、また後日のブログにてご紹介をさせていただきますね。

まだまだ、可能性は無限大です。

客観的な視点で突破口を見出すコーディネーター脇田からのご報告でした。

ありがとうございます。  

Posted by 脇田勝利 at 10:07Comments(0)商店街活性化

2010年01月21日

スイーツの駅「96カフェ」



黒崎中心市街地活性化の一環でオープンしたスイーツの駅「96カフェ」に行ってきました。

「96カフェ」は、チャレンジショップ。

お店の本格的なオープンに向けて、
商工会議所やコンサルタントなどの支援を受けながら、
2年間限定で入居(?)するスイーツのチャレンジショップなのです。

店主こだわりのお店で、
良い材料を使っているのにかなり割安で販売しています。

チョコケーキ専門店Edロードの店主は、お手伝いをしてくれている母親と一緒に仕事をされていました。

「夢のお店オープンに向けて、頑張っています。
 毎朝6時から仕込みをしているんですよ!」

と元気よく語ってくれました。

多くの商売人がこうやって見えないところで本当に頑張っています。

私たち消費者も「店主こだわりの商品」を理解し購入することで
小さなお店を応援することも大切ですね。

そして、もっとマーケティングの力で、
店主の皆さんが頑張っているこだわりの部分を
伝えて商売繁盛が出来るように、
お手伝いをしたいと決意した“ひととき”でした。

美味しいケーキをありがとうございました。



・GOD(ゴット)洋菓子・タルトの店~ケーキ1ホール500円で提供。

・”GO!BAGLE WORKS”ジオベーグルワークス~無添加で健康に良いベーグル

・Mikal(ミーカール)酵母パン~バター・牛乳・卵を使用しない白神こだま酵母のパン

・笑(しょう)和スイーツの店~あんと生クリームの生どら焼き・和菓子・羊羹

・Edロード チョコケーキ専門店~ガトーショコラ・チョコレートケーキ

・Slow Rock Cafe オーガニックコーヒー~有機無農薬コーヒーや紅茶



●スイーツの駅「96カフェ」

TEL:093-644-0070
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-7 長島ビル1F
営業時間:10:00~19:00

  

Posted by 脇田勝利 at 20:17Comments(0)商店街活性化

2010年01月20日

黒崎中心市街地活性化プロジェクト



天神で全国展開しているホームページのマーケティングの打ち合わせをした後、
黒崎に向かいました。

黒崎中心市街地活性化の企画打ち合わせです。

黒崎は来る度に寂しさを感じてしまいます。

小学生の頃は、

「黒崎といえば、憧れの大都会」でした。

小学生ながらに九州最大規模を誇った「そごう」の大きさにびっくりし、
初売りのときは、身動きが取れないほどの人の多さ。

もう一度、黒崎を元気にするために、
今までのマーケティングのノウハウを最大限活かし、
出来ることを精一杯チャレンジしたいと思います。

スイーツやカフェでの本格開業を目指すチャレンジャー達が集う
チャレンジショップであるスイーツの駅「96Cafe」の
皆さんも頑張っています。

「いつの日か、夢のお店を持ちたいんです!」

と語ってくれた店主の声に感激いたしました。

まだまだ夢は叶います。

夢を忘れずに前進していきましょう。  

Posted by 脇田勝利 at 08:58Comments(0)商店街活性化

2010年01月19日

今年も男前手料理



年を明けて何かとバタバタして、
休みの日も企画の仕事が多い。

朝から一日じっくりと
「クライアントをどう成功に導くか」を
考えていると
途中で頭から煙が出てくる(笑)。

「もうこれ以上考えられない!」

と叫んでしまうほど、

一人ひとりの社長の顔を思い浮かべながら、
最適な方法を考える。

そんなときこそ、
スポーツか手料理。

どちらも、今は趣味・・・
いや、なくてはならないものになっている。

両方とも頭の中が真っ白になって、
夢中になって、キレイにリセットをすることが出来る。

スポーツの後はビール、
手料理の後はご馳走というご褒美が待っているからかもしれない(笑)。

今年も目標は
スポーツは週に3日、
手料理は週に1日。

今日のメニューは、

●ホタテのメガ・カルパッチョサラダ
●セロリとニンジンのスープ
●タコと茄子&アスパラのトマトパスタ
●牛肉のステーキ・バルサミコソース&人参のグラッセ

う~ん、今日も夢中に料理をつくり、
その後の料理とワインが最高に旨い。

ご馳走様でした~。  

Posted by 脇田勝利 at 00:04Comments(0)脇田勝利の日常

2010年01月18日

輝く女性プロジェクト「登録プロジェクト会議」



咲ら化粧品森咲子さんが代表になり、
福岡の女性を元気にする活動をしている
「輝く女性プロジェクト」。

そのはじめての「登録プロジェクト会議」に
参加してきました。

私も「福岡の女性を応援するサポーター」として
参加をさせていただきました。

会場に到着すると、凄い熱気!

20~30代の女性が8割、残りの数名がサポーターの男性です。

これから先の「輝く女性プロジェクト」活性化と
第2弾イベント2月10日成功へ向けて、
男性陣がタジタジになるほどの、
女性パワーを感じました。

打合せの内容は、

●輝く女性プロジェクトの発足経緯
●ミッション
●今後の活動
●お手伝い頂く登録スタッフ
●女性を応援してくださる男性サポーター

使命を担った同じ志を持つメンバーが集まり、
知恵を出し合うと、凄いパワーを発揮できる見本のような
会議でした。

会議終了後、同じ男性サポーターから

「いろんな会に出席しているけど、今福岡で一番元気が良い会ですね!」

とお伺いし、私も納得しました。

混沌とした2010年ですが、
こんな形で力を合わせて前進していき、
適切なフィードバックが得られれば、
元気になると感じた素晴らしいひと時になりました。

みんなで、元気を出して毎日を精一杯生きることで
見えてくるものがたくさんあります。

参加された皆様、ありがとうございました。

興味がある方は、下記のイベントに参加されてみてください。

きっと、新しい“何か”を感じるはずです。

自らの生きる道を知り、
一生懸命行動している女性は、
本当に光り輝いています。


●2/10輝く女性プロジェクト イベントのお知らせ
http://kagayaku.yoka-yoka.jp/e369334.html

●咲らいふ
http://www.saku-ra.com/sakulife/

●咲ら化粧品
http://www.saku-ra.com/

  

Posted by 脇田勝利 at 13:09Comments(0)講演・セミナー

2010年01月15日

輝く女性プロジェクト第2弾イベント決定



サポーターとして支援をさせていただいている
輝く女性プロジェクト第2弾のイベントが決定いたしました。

前回は、伝説のホテル鶴岡さんに講演をしていただき、
熱狂的な状態にてスタートをしました。

今回の講演は、有名な
IAAインターナショナルエアアカデミー 代表 永江靜香さんです。

『一瞬で相手の心をつかむ‘魅力学’マジック』

これは、マーケティングや営業の現場、
そして日常生活でも使えるすごい内容になりそうです。

●輝く女性プロジェクトin福岡
http://kagayaku.yoka-yoka.jp/e369334.html


「輝く女性プロジェクト」とは、

咲ら化粧品 代表 森咲子が、「自分の中にある可能性に気づいて、行動に移せるようなきっかけを作って、人と人のつながるきっかけも作る」ことが出来たらと、福岡の女性達と共に立ち上げた「女性を元気にする会」。

男性陣も「サポーター」として参加・協力することが可能です。

私もサポーターとして、女性の活躍を支援させていただいております。

間違いなく、
より一層盛り上がる一年になることでしょう。

女性のパワーは本当に素晴らしい。


詳しくは、咲ら化粧品 代表 森咲子さんが主催している
「咲らいふ」イベントページをご覧ください。

●咲らいふ
http://www.saku-ra.com/sakulife/info/event.html

●イベント詳細

日時 2010年2月10日(水) 19:00~21:00

場所 福岡市男女共同参画推進センター・アミカスホール4階

〒815-0083福岡市南区高宮3-3-1 TEL:092-526-3755
http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/

金額 2,000円 (前売り:1,800円)

●お申し込み
お問い合せ 輝く女性プロジェクト事務局 (株)Kan-Z(カンジ)内
TEL:092-432-6316 FAX:092-432-6317 
E-mail:kagayaku@saku-ra.com   

Posted by 脇田勝利 at 08:18Comments(0)セミナー・イベント告知

2010年01月14日

営業マン研修の現場から



マーケティングや売上向上のコンサルティングを行う際、
必ず課題となるのが「営業マン研修」。

「営業」って、体系的に学ぶことが難しく、
昔ながらの、「KDD」とか「GNP」と言われる手法が、
いまだにまかり通っている世界でもあります。

KDDは「勘・度胸・出たとこ勝負」、
GNPは「義理・人情・プレゼント」(涙)。

もちろん、「KDD」とか「GNP」も大切ではありますが(特に九州では?!)
これからの時代は、マーケティングや心理学の手法を取り入れ、
顧客満足を高める体系的で戦略的、そして毎日の業務に活かすことが出来る
実践的な「営業」が求められているのは言うまでもありません。

しかし、現実の営業の現場では・・・

完全にポイントがずれていることが、とても多い。

間違った営業に対する考え方をして、
間違った行動をして、
成績が上がらず、
でも、本人は一生懸命頑張っている。

営業の上司や社長は、
昔ながらの「営業の常識」を押しつけ、
若手営業マンは「今の時代の営業はちょっと違う」と思っているにも
関わらず、成果が上がっていないので、
毎日今までの手法を疑いの心いっぱいで必死に頑張る・・・

という悪循環に陥っている営業現場が非常に多い。(経営も同じかもしれません)


私がアドバイスや営業現場で実践していることは、

●会社全体のマーケティングの仕組みを設計・構築
●見込客発見とクロージング(契約)の流れを設計・構築
●課題抽出と売上向上へ向けての成功要因の洗い出し
●売上必達へのプラン・仮説構築
●各種コミュニケーション・ツールの作成
●営業マンの心理学的な営業研修・モチベーションアップ
●マーケティングと営業のマネジメント手法の確立
●テストマーケティング
●売上向上・必勝パターンの発見
●レバレッジを使ったスピード売上向上策
●売上向上・目標達成!

という流れになります。

残念ながら
毎日、ムダな営業活動を行っている企業がほとんどです。

今まで5000社の企業の現場を拝見してきた経験で、
客観的で皆様の気づいていない視点で、
実戦可能なアドバイスをすることを
私は、得意にしております。

現在、無料で「マーケティング・営業診断」と
「マーケティング全体像&売上向上のプラン設計」を
させていただいておりますので、
お気軽にお問い合せください。

私から拝見すると、
どの会社にも“宝の山”がたくさんあり、
チャンスは無限大の企業ばかりです。

皆様の会社成長のために、
少しでもお役に立つのが私の使命です。

皆様にとって、最適なプランをご提案させていただきます。

規模の大小(1名~300名規模の企業)・業種は問いません。
創業前の方も大歓迎。

素晴らしい2010年にするために、
勇気を持って一歩を踏み出しましょう。

■無料で「マーケティング・営業診断」と
「マーケティング全体像&売上向上のプラン設計」
を希望される方は、

脇田勝利までメールをお願いします。
warky@wakita-net.com

ありがとうございます。  

Posted by 脇田勝利 at 08:33Comments(0)マーケティング・経営

2010年01月13日

ジャマイカな2次会



義弟の披露宴。

無事に司会を全うし、いざ2次会へ。

披露宴の2次会も、大いに盛り上がりました。

青年海外協力隊時代のジャマイカでの知り合いが
大人数出席していました。

「新郎新婦&ジャマイカ・クイズ」を演出してくれて、
参加者もかなりの盛り上がり。

特にジャマイカのダンスを当てる場面では、
お酒も入り、老若男女かなり壊れ気味(笑)。

ジャマイカで知り合った友人知人が
北海道から鹿児島まで、
全国から駆けつける友情って素晴らしいと感じました。

隣に座っているジャマイカに2年間住んでいた
元協力隊隊員は、

家具作りをジャマイカで教えていたそうです。

私が、

「ジャマイカに行ったときに、
 レゲエライブで拳銃で脅され10ドルくれっと言われましたよ。
 結局お金は渡さずにその後仲良くなって一緒に記念撮影しましたけどね~」

と話すと、
2年間住んでいたけど、危ない目には一度も合わなかったそう。

世界で3本の指に入るほど殺人事件が多い国と言われている危ない国と
思っていたけど、どんな国、どんな町でも

「住めば都」なのかもしれません。

また、ジャマイカに行ってみたくなりました。

インドもそうでしたが、
無茶苦茶なことが数多くおこり、
打ちのめされるのですが、

時間が経つと不思議とまた行きたくなり、
たくさんの人と触れあいたくなるのが不思議です。

素敵な披露宴と2次会、そして友情をありがとう。  

Posted by 脇田勝利 at 09:18Comments(0)脇田勝利の日常

2010年01月12日

義弟の披露宴に出席



義理の弟、田中雄平君の披露宴に出席してきました。

といっても、弟から

「ぜひ、司会をお願いします!」と頼まれていたので、

はじめての体験の「披露宴の司会者」としての出席です。

新婦は中間市市長の娘さんということで、
とても多くの方にお祝いをしていただいた
盛大な披露宴となりました。

まずは、お腹が空かないように
千草ホテル近くの“蕎麦の名店 芭蕉庵”で
たらふく腹ごしらえをした後、
会場に早めに到着。

会場を下見したり、
会場のスタッフやピアニストの方と
打合せをしたりと
準備は万全。

会場内にたくさんの方が入場され、
ドアがしまり、いよいよ司会者デビュー。

テーブル上の新郎新婦からのメッセージなどを
説明した後、

「それでは、新郎新婦のご入場です!

 皆様、盛大なる拍手でお迎えください!」

と景気良く発声してもドアが開かない(汗)。

ホテルスタッフの方が横に寄ってきて
「まだ、準備中です。」
とのこと(涙)。

「もうしばらく準備が掛かっておりますので、
 ピアノの演奏をお楽しみください。」

と披露宴のスタートから、
予期せぬハプニング(汗)。

そのお陰で(?)ある意味ふっきれて、
あまり緊張することなく、
司会という大役を務めることが出来ました。

司会をしていると面白かったのが、
披露宴の裏側が全て分かるということ。

「料理が少し遅れ気味なので、
 15分時間を繋いでください」と

スタッフの方の耳打ちで、
皆さんにアドリブでインタビューをしたり、
新婦のご両親にケーキをお互いが食べさせてあげるファースト・バイトをサプライズで演出したりと、
私自身も披露宴を司会者という立場で
満喫をすることが出来ました。

披露宴がお開きになったときに、
たくさんの方から声をかけていただいた
ことが特に嬉しかったです。

新郎新婦には、
いつまでも、幸せな夫婦として
そして、新しい家族として
これからもよろしくお願いいたします。

ご協力をいただいた皆様、
ありがとうございました。







  

Posted by 脇田勝利 at 08:11Comments(0)脇田勝利の日常

2010年01月08日

1/9・10リフォーム最大80%OFF新春リフォーム大感謝祭



夢の家づくりを追求すると、
こんなリフォーム店にお願いするのが一番だと確信する
会社があります。

上記写真は、

「リビングから愛車が見える
 木の香りがする天然素材の家」。

こんな夢の家づくりのお手伝いをしていただける
(株)長崎材木店さんの増改築事業部が

「新春市民住宅リフォーム大感謝」

を開催しますのでご案内いたします。

現在、
マーケティングのお手伝いをさせていただいておりますが、
素晴らしい所がたくさんあるリフォーム会社です。

この長崎材木店さんの凄いところ。

●自然素材を追求
●循環型環境リフォームを追求
●圧倒的な価値を提供しながらもリーズナブルな価格
●材木店として明治30年に創業
●チーム&プロジェクト制による提案力
●グッドデザイン賞を受賞するデザイン力
●小さなことまでフォローできるアフターメンテナンス
●お客様相談室の設置

他にもたくさんありますが、
こんなに素晴らしいリフォーム会社は
今まで拝見をしたことがない位、
素晴らしい所がたくさんあります。

更に私の心に響いたのが、

「趣味やライフスタイルを、とことん追求しているところ」

モデルハウスがありますので、
ぜひ一度訪問をして欲しいですね。


女性はもちろん、男性の皆さんは、

「こんな家が欲しい!」とかなり感じるはず。

暖炉やビリヤード台、オーディオが並んだ男性向きの部屋や、
サーフィン向きのモデルハウス、
天然素材を使った深呼吸をしたくなる家
など、ワクワクする体験をすることが出来ます。

http://www.howsetop.com/studio/koga.php

他にもリフォーム事例集がたくさん掲載されています。

http://www.howsetop.com/works/

リフォームや家造りに興味がある方は、
明日あさって、
ぜひ足を運ばれてみてくださいね!

私もお伺いしますよ。



●長崎材木店 増改築事業部「HOWSETOP」

http://www.howsetop.com/

●専務のブログ

http://www.howsetop.com/blog/readers/index.php?ID=97


●イベント内容

最大80%OFF! 新春市民住宅リフォーム大感謝祭

日時:1月9(土)10(日)10:00~17:00 
   
場所: 福岡県古賀市天神5—10—3 長崎材木店総合展示場

TEL : 0120-30-0354

詳細:
  
今年は過去最大「キッチン13台、ユニットバス13台、洗面化粧

台9台、トイレ8台、オール電化商品8台、サッシ・エクステリア

関連13台、」の展示品大処分市を開催します!!

なんと最大80%OFF!先着順とさせていただきます。
この機会をお見逃しなく!!  

Posted by 脇田勝利 at 09:57Comments(0)セミナー・イベント告知

2010年01月07日

新年賀詞交歓会に参加して感じたこと



ちょうど北九州に行く予定があったので、
北九州商工会議所の新年賀詞交歓会に出席をしてきました。

会場には、750名の出席者で
身動きも取れないほどの盛り上がり。



昨年は小倉リーガロイヤルホテルで開催されていたのですが、
今年は黒崎クラウンパレスホテルでの開催。

なのに、
昨年と同じ人数の出席者があったということで
商工会議所のスタッフの方も
少しビックリしていました。

それほど、経営者の今年に立ち向かう意識の強さが
表れているのだと感じました。

たくさんの知り合いも出席をしていましたし、
新しい出逢いもあり、
とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

近況を語り合うと、
皆さん本当に「チャレンジ」をしています。

いつの時代も、
時代を切り開くには
「このチャレンジするパワー」が必要だと感じました。

私も今年は、
もっと多くの方のお役に立つために、
「アグレッシブにチャレンジ」したいと
考えております。

お逢いした皆様、勇気とチャレンジ精神を
ありがとうございます。  

Posted by 脇田勝利 at 08:35Comments(2)まちづくり

2010年01月06日

超ダイエット法~130kg-50kg=80kg~



年末年始はみなさん、いかがお過ごしでしたか?

私の年末年始は、
友人や家族と一緒にみんなと一緒に交友を暖めました。

といっても、そうなると
毎日飲み会ばかりになってしまいます。

クリスマス辺りから1月3日まで、
毎日のように・・・(笑)。

●中学校の同窓会
●毎年恒例の大学時代の同窓会
●姫に一年間の感謝の温泉プレゼント
●実家に帰り夕食会
●実家に帰り昼食会(笑)
●姫の高校の友人と

という怒濤の楽しい正月が過ぎ去りました。

その中で、印象的だったのが、
毎年恒例の大学時代の友人との久々の再会。

学生の頃から
昨年まで彼は体重1/8トン(笑)。

つまり、130kg近くあったのですが、

今年はなんと80kgまで減量に成功。

ほとんど別人でした。

久々に再会した瞬間は
「あんた、誰?」状態(笑)。

空港に迎えに行った両親も気づかないほどの変わりようだったそうです。

ダイエットをしたのは、
健康診断の際、血糖値が非常に高く

「このままでは、あなた入院だよ」

と言われ、心機一転。

(もっと早く気づきそうなものですが・・・・)

そのマイナス50kg、三分の二に体重を落とした方法とは・・・

●毎日40分歩くこと
●晩ご飯は、タンパク質と炭水化物をとらない
●普段はお酒は飲まない

という「3つのことだけ」だそうです。

今は、数値も正常値に戻り、
ほっと一安心してたらふくビールを飲んでいました。

正月明けで、まだ体が重たいので、
今週は私もカラダを動かし、
食事はなるべく軽く済ませたいと思います。

やっぱり健康が一番と感じると共に、
友達や家族って、良いな~と
改めて実感した年末年始でした。

みんな、ありがとう。  

Posted by 脇田勝利 at 08:28Comments(4)脇田勝利の日常

2010年01月04日

明けましておめでとうございます



皆様の益々の商売繁盛と夢の実現を
心より願っております。


本年は今まで以上に

誰も気づいていない「ひと・企業・まち」の素晴らしさを

最大限活かすことが出来るマーケティング・プランを創造・実践し

「ひと・企業・まち」を元気にすることで

夢の実現のお手伝いが出来る

“夢と情熱コンサルタント”として全力を尽くすことを
お約束いたします。 

本年も宜しくお願いいたします。

                         脇田勝利