(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2010年03月31日

ワキタ・カフェVOL.53 アジアの需要を誰もが取り込める



通常は名刺交換をさせていただきました方に月に一度お送りしている
ニュースレターをブログで掲載させていただきます。

本ニュースレターを希望される方は、
私まで「ニュースレター希望」と書いて
メールをお送りいただけますと今後ニュースレターをお送りいたします。

●メール送り先
warky@wakita-net.com

下記よりニュースレターの本文です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  ~マーケティングの力で夢に近づくニュースレター~
  【ワキタ・カフェVOL.53 アジアの需要を誰もが取り込める】 
                        2010年4月号
                         脇田 勝利
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「鳥が大気の抵抗に逆らって飛び立つように、
逆境に挑む力こそが、人間を飛翔させるのだ。byロア・バストス」

皆様、こんにちは。
最近、アジアを一つの国と考える重要性を感じ、具体的にどう行動すればお役に立てるかを模索している脇田勝利がお送りするニュースレターです。
このメールマガジンが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
いつも、ありがとうございます。                          
                         脇田 勝利
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
海外で初めて、講演をさせていただきました。

●香港和僑会での講演の様子
http://marketing.yoka-yoka.jp/e427458.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/d2010-03-26.html

講演後も、多くの方との提携やコンサルティングのお話をいただきました。

筒井会長をはじめ香港和僑会の皆様、ありがとうございます。

裸一貫で海外に進出し、全力で世界に挑んでいる日本人起業家の皆様の思いをお伺いし、とても感動をいたしました。

今後ともに協力をして日本を元気にしていければと考えています。



そんな現地で活躍されている日本人起業家から面白いお話がありましたので、紹介します。

『香港は過疎の町』だということです。

なぜでしょうか?

香港の面積は、福岡県の5分の1、東京都の半分しかないのに、
人口は700万人・・・。

・ ・・・・では、「なぜ香港が過疎の町なのか?」

皆様も、考えてみてください。





(答えは・・・)

香港に住んでいる日本人が25,000人で、
その日本人向けの商売を行っているだけでは、

25,000人の町で商売をしているのと同じだというのです(なるほど!)。

だからこそ、香港でも中国やアジアの現地の需要を取り込むことが
香港で仕事をしている日本人起業家に必要だということです。

それでは、今の日本はどうでしょうか?

「日本を人口減少している過疎の町」だと考えると・・・・。

今回のワキタカフェは、「アジアの需要を誰もが取り込める」というテーマでお送りいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「アジアの需要を誰もが取り込める」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

アジアの需要を取り込むためには、
「日本にお金を落としてもらうこと」と「海外で収益を得ること」の
二つを考えなくてはならない。

●「日本にお金を落としてもらうこと」

日本に来る外国人は増加の一途である。

2008年の観光白書によると、日本に来る外国人は835万人。
10年前に比べると倍増している。(※1)

この需要をいかに取り込み、
「日本にお金を落としてもらうか」が勝負になるが、

マーケティングの観点からいうと、
まだまだ日本に来た外国人は「買いたくても買えない状態」にあると言える。

試しに、入国の多い「韓国人・中国&台湾人・米英国人」(※2)の視点で、
街中を歩いてみよう。

買いたくても情報が少なすぎるので、買い物が出来ないのである。

魅力的な商品やサービスの情報が乏しすぎて買い物が出来ないのである。

成功事例をご紹介しよう。

ある福岡のアパレル・ショップが思いつきで、中国人の留学生にPOPを書いてもらった所、中国人の旅行者の来店が増え、今や中国のガイドブックに掲載をされて繁盛店になっている。

何事も、第一歩の行動が大切という好例だ。

人民元の切り上げが間近になっており、今後中国マネーを中心に海外のお金を日本に落としてもらうことを、どの店舗・会社も考えなくてはいけない。

(※1 観光白書)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6900.html

(※2 出入国管理統計年報)
http://www.stat.go.jp/kids/datastore/shinki/miniwin/02/16.htm


●「海外で収益を得ること」

次に、海外で収益を得ることを考えてみよう。

マーケティング上、最も重要なのは「誰に売るか?」というターゲットの選定である。

ターゲットは大きく下記の二つに分かれる。

①現地の外国人
②現地在住の日本人

まず、最初に売上を確保しやすいのは、現地在住の日本人を対象にしたビジネス。

平成16年の海外在留邦人数調査統計(※3)によると海外に住む邦人は100万人を超え、増加の一途である。

しかし、そのままでは需要は限られている。

従って、テストマーケティングと割り切って、同時に現地の外国人に対してテストマーケティングを行い、受け入れられるかをテストすると良いだろう。

実際に、中国で化粧品は「無添加」「日本製」というだけで、かなりの人気を得ている。

受け入れられなければ、現地になじむように商品を変える必要がある。

好例が、味千拉麺。

現地に根ざした商品開発で、今や国内103店舗に対し海外447店舗。

社員数82名という規模ながら、海外進出14年で世界的に揺るぎないブランドを確立している。

また、最近ではサービス業の進出も成功しており、世界45の国で成功しているサービス業が公文。世界中の学習者数は417万人にも及ぶ。

(※3 平成16年の海外在留邦人数調査統計)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/05/index.html


■ 今日のまとめ

今まで30ヶ国にマーケティングの視察に訪問し確信したことがある。

海外の需要を取り込むといっても、
日本国内で行っているマーケティングと基本は同じである。

「お客様の心をどう掴むか?」を追求していけば、言語や嗜好の違いはあっても、基本は日本でいかに成功出来るプランを創ることが出来るかが勝負になる。

その後、現地で販売を通じて仮説検証を行うことで、ビジネスモデルは磨かれる。

その法則は世界中、どこにいっても普遍の原理原則だろう。

つまり、「顧客に販売をしてみること」が大切であり、サッカーに例えるならば「ゴールに向かってシュートを打つこと」が最も重要なことなのである。

これからの、日本人は、
アジア全体を一つの国として考え、
共に協力しながら成長することを
目指さなくてはいけない。

国境という人間がつくった概念を一度なくしてみよう。
そこに、新しいチャンスが見えてくる。
可能性は無限大です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【近況のご報告・ご案内】(敬称略)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■香港和僑会にて講演
http://marketing.yoka-yoka.jp/e427458.html
■香港和僑会の皆様からのお便り
http://marketing.yoka-yoka.jp/e427791.html
■黒崎中心市街地活性化コンサルタント
http://marketing.yoka-yoka.jp/e411270.html
■“実践的”営業力倍増セミナーを開催
http://marketing.yoka-yoka.jp/e408282.html
■明治乳業マーケティング勉強会~成約率20%以上~
http://marketing.yoka-yoka.jp/e409715.html
■商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.4・5~
http://marketing.yoka-yoka.jp/e415603.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e416677.html
■若手経営者の実践的な勉強会 福岡TEOに出席「ブランドの作り方」
http://marketing.yoka-yoka.jp/d2010-02-24.html
■ホームページをリニューアル中
http://marketing.yoka-yoka.jp/e413363.html
■福岡の社長.tvから取材
http://marketing.yoka-yoka.jp/e414108.html
■福岡の社長.tvの映像が完成いたしました。
http://marketing.yoka-yoka.jp/e421085.html
■コンサルティング事例~音楽教室&ヒーリング西田和美さん~
http://marketing.yoka-yoka.jp/e415850.html
■香港マーケティング&グルメ・レポート
http://marketing.yoka-yoka.jp/e425193.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/d2010-03-24.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e430536.html
http://marketing.yoka-yoka.jp/e431211.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【皆様からのお便り】(一部抜粋・要約)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
お逢いした皆様や前回のワキタカフェの感想のお便りをたくさん頂戴いたしました。ありがとうございます。
夢と情熱の輪がどんどん広がっていくことを心より願っております。
ご返信いただきました皆様ありがとうございます。お気軽にお便りお待ちしております。
●彼の発するエネルギーに惹かれて夢と情熱コンサルタント脇田勝利氏の「すぐに成果を出す“実践的”営業力 倍増セミナー」行ってきました!
それは私自信が脇田氏から学び吸収した知的財産なので言えませんが・・・。
脇田氏から送られてくるメールには学ぶことありのいろいろなキーワードがあった!さすが!福岡NO1の売上向上コンサルタント!でも!脇田氏のさすがが解る私もさすがかも(笑)
講座でも気づきありのモチベーションめっちゃ上がり自信を持って前進だ!
またお会いしたい人でした~♪
参加の皆さんが感じていない、脇田さんの凄さを感じたWです。
体感した凄さを私流に実践していきたいと思います。
ありがとうございました。
●大牟田で先週、受講させていただきましたKです。
講座の内容は、わかりやすく、実践できるものばかりでした。
日々の仕事に少しでも取り入れて、業績の向上を図りたいと思います。
また、お会いできる日を楽しみにしております。
●旧現役時代の終盤はサービスから営業まで兼務しましたが、
元来は技術系のため何事も原点に戻って勉強中ですので、
今回のセミナーは誠に有意義でありました。
退職後、しばらくは未経験分野を携わりましたが、目下新ビジネスと
併せて、元気老人クラブの結成を模索中です。
今回のセミナーを応用展開していきたいと思います。
有難うございました。
●ワキタ・カフェ、拝読しました。
前回お目にかかってお話を伺い、今回のカフェを拝読して、自分に置き換えて見つめなおし、改める点を自覚しました。当座の目標と長い目で見ての目標を考え、高い志と自信をもって取り組みたいと思います。どうかこれからもよろしくお願い申し上げます。
●こんにちは。
大牟田市で「実践的売上げ向上セミナー」を受講して、
大変感動したOです。今後ともよろしくお願いたします。
●セミナー後も親身なってアドバイスを下さいまして、とても感謝しております。
大変短い時間でしたが、意義ある中身の濃い時間となりました。
何分、私が進もうとしている先は未経験未踏の地ゆえに険しく高いような気がしておりますが、脇田先生が導いてくださったおかげで、勇気を持つ事ができました。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
●90分と短い?・・時間ではありましたが内容の濃い話しとテンポの良さに圧巻です。早速、自社の営業戦略のヒントにさせていただきます。
スペックさんのセミナーも大変、参考になりました。
コラボのセミナーはお得感がありますね・・・。大満足です。
脇田さん、カフェでお話しさせて頂いた件なのですが、ぜひ一度、脇田さんに上司を紹介したいと
思っております。また、脇田さんのお話しを楽しみにしています。
●本日は貴重な時間を頂きまして誠にありがとうございました。
誰かに創業の話をする事は自分自身の理解度が分かり、この創業は既にスタートラインを切ったことを認識できました。私が以前受講した商工会議所主催の無料の創業セミナーでは得るものが見つからず、 講師にもよりますがタダセミナーは内容もタダという印象でした! 残念!
私の様に将来商売で人生設計を考えている人間はビジネスモデル等に投資が必要だと思います。ご提案がその対価に値するものである事を期待しております。
●実は私事ではございますが、4月より静岡の方へ転勤する内示をいただきました。
今まで本当に親身にご指導いただきありがとうございました。
益々のご発展とご健勝を祈念しております。
●香港からのお便りやメッセージもたくさんいただきました。
皆様の喜びの声が声が私の生き甲斐です。ありがとうございました。
http://marketing.yoka-yoka.jp/e427791.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
私が執筆しているメールマガジンのご紹介です。
【夢の種 ~マーケティングで元気になるマガジン~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 登録は下記から、どうぞ。(もちろん無料です)
 http://www.mag2.com/m/0000121780.html
 
 内容は3つの項目について解説をしています。
 (1)売上向上マーケティング
  ~どんな企業・店舗でも応用可能な実践的なノウハウ~
 (2)ドリーム・マーケティング
  ~個人の理想的なライフスタイルの実現~
 (3)ジャパニーズ・マーケティング
  ~日本・地域の素晴らしさをブランド化~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【『あなたの夢』募集中】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 (株)ドリームマーケティングでは、皆様の「夢」をたくさん集め
 ています。
 小さな夢でも大きな夢でもOKです。
 あなたの夢の実現にお手伝いさせていただきます。
 お気軽に下記までメールを送ってください。
 warky@wakita-net.com
 件名は【私の夢】でお願いします。
 必ずお返事お送りします。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【お仕事・コンサルティング・セミナーなどのご依頼・お問合せ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 下記までお気軽にご相談ください。ご予算・ご要望に応じてベス
トを尽くし皆様の夢の実現のお手伝いをさせていただきます。
プロフィール・実績など必要な方はお気軽にお問合せください。
  脇田勝利宛
  mail: warky@wakita-net.com
  携帯メール:warky@softbank.ne.jp
  お急ぎの場合は、携帯までご連絡ください。
  090-2096-9836
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【現在の主なプロジェクト】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
・クライアントの売上向上・利益最大化・顧客増加・売れるツール作り
・全国的なチラシ受発注システムの改善
・マーケティング+ITによる「売上向上システム」の構築
・組織力コンサルティング
・商店街の活性化コンサルティング
・費用対効果向上コンサルティング
・モチベーション向上コンサルティング
・専門学校の感動的な講義
・ボランティア団体向けの広報セミナー・ワークショップetc
・起業希望者向けプライベート・コンサルティング
・海外進出支援
・海外のマーケティング研究
・夢を叶えるお手伝い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【プロフィール】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
   脇田勝利
   〒813-0016福岡市東区香椎浜1-7-3-701
   TEL(092)674-4112 FAX(020)4668-0474
   URL: http://www.dream-marketing.jp/
   ブログ:http://marketing.yoka-yoka.jp/
  
   ・「福岡No1の売上向上コンサルティング」
    (株)ドリームマーケティング 
     代表取締役・夢コンサルタント&情熱マーケッター
   ・「福岡で実績No1の売れる印刷物創ります」 
   ・福岡商工会議所 公認コンサルタント
   ・北九州商工会議所 公認コンサルタント
   ・北九州市八幡西区商連 コーディネーター
   ・北九州市商店街連盟青年部 アドバイザー
   ・門司港栄町商店街 活性コンサルタント
   ・福岡県 就労支援事業所 経営アドバイザー
   ・(財)福岡県中小企業振興センター 専門家
   ・(社)ひびき青年会議所 第34代理事長・監事
   ・NPO法人 まちづくり支援機構 理事
   ・飲食店専門学校 フードプロ総合アカデミー 非常勤講師
   ・若手ベンチャー支援組織 福岡TEO会員
   ・実践的アライアンス 二木会 会員
   ・NPO女性起業家創出 夢プロジェクト21理事
   ・九州まちづくり研究会 会員
   ・芦屋町商工会青年部 監事
 
  私はあなたの夢をお手伝いする応援団長であり続けます。
  
  最後までお読みいただき、ありがとうございます。少しでも皆様
 のお役に立てれば幸いです。
  皆様のご活躍ご多幸を心より願っております。
  脇田に対して、ご感想やご意見などが私のモチベーションの源で
 す。お気軽にメールお願いします。
   warky@wakita-net.com
  *******************************************************
 本メールは、脇田勝利とご縁があった方に、BCCで送付させて頂
 いていますニュースレターです。
 全国・世界中の約2180名の方に送信させて頂いています。
 皆様と一生のお付き合いをしていただけることが私の願いです。
 
 ※今後メールの配信をご希望されない方は大変お手数ですが
 「配信停止」と書いてメールを下記までお送りください。今後の配
 信をストップさせていただきます。
 warky@wakita-net.com
 
 いつも、最後まで読んでいただきありがとうございます。  


2010年03月31日

映画シャーロックホームズを観て感じたこと



20年近く前大学生の頃、
シャーロックホームズにはまり、

全ての小説を読み、
そしてNHKのシャーロックホームズのドラマを全部見ると共に、

ロンドンに飛び、シャーロックホームズ記念館を観に行ったほどです。


そんなホームズに対する熱い思いも全く忘れていた最近、
「シャーロックホームズが映画になった」と聞いても
「ふ~ん」という感じでした。
が、しかし!

少し気になって予告編を何気なく見たところ、

なんと、監督がガイ・リッチーではないですか?!

彼が監督なら話しは別と、
映画館に突撃です。

私は、
クエンティン・タランティーノとガイ・リッチーの大ファンで、

二人の映画だけは、欠かさず観に行くほど大好きなのです。

あの、B級っぽさというか、
ヘタウマの境地を究めたギリギリの外し方と、

会話の妙、間の取り方、笑いのツボ、人間の本音を描く点に
二人の共通点があります。

ガイ・リッチーはロック・ストックやスナッチで完全にノックアウトされ、

毎年アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰する

ゴールデンラズベリー賞を5部門獲得した「スウェプト・アウェイ」も

大好きな映画の一つです(笑)。




さて、映画を見た感想ですが、

全く新しいシャーロックホームズですね。

しかも、違和感がなくあっという間の2時間。

古典を現代風にアレンジして、
新しい価値を伝えることって、
もっと注目されても良いと思います。


映画を観ながら、
昔ホームズにはまったときのことを考え、

今はコンサルタントとして様々な状況を把握し、
問題解決をする謎解きのような仕事をしていることを考えると、

潜在的に
ホームズになりたかったのかもしれません。

しかも、今回の映画のように
「憎めないホームズ」に。

20年来の思いと現在の仕事にラップする、
とても有意義な映画でした。

所々に、ガイ・リッチーのユーモアがちりばめられ、
ニヤッとさせるところは、さすがですね~。

素晴らしい映画が観れる環境に感謝です。

映画って、本当に良いもんですね。  


2010年03月30日

香港グルメ全47品



香港の楽しみは、いろいろあるけど、やっぱりグルメ。

世界中の料理が揃っていますが、
やっぱり本場の中華料理。

これでもか!という具合に、朝から晩まで中華を食べにいきました。

どこで何を食べても美味しい本場の中華を堪能しました。

香港で一番多いのが、広東料理。そして飲茶。

そして、お粥と麺。麺は本当に美味しかった。

細麺が多く少し粉っぽいところが、博多っ子にはお薦めです。

小籠包で有名な上海料理、北京ダックの北京料理、

そして辛いもの好きな私が心待ちにしていた四川料理。

麻婆豆腐は、本当に最高でした。

スイーツも、どれも美味しかったです。

香港の人は本当によく食べます。

日本人の倍以上は食べるんじゃないかという勢いで、
しゃべりながら(笑)延々と食べ続けます。

こんなに食べると太るだろうなあと見ていますが、
ほとんどの方がスリム。

それほどパワーを毎日使っているのでしょうか?

たらふく食べたので帰国後体重増えてると思ったけど、
ほとんど変わりませんでした。

恐るべし、香港パワー!

食べたものを全て写真を撮りましたが、
47品!食べていました。(全て中華です)

全部の写真はご紹介出来ませんが、
その一部をご紹介します。

お腹空いてる方、ご免なさい~(笑)

ご馳走様でした~。















  


2010年03月29日

香港の裏側~香港で感じたこと~



株式会社BAF(バフ)代表取締役の藤修二さんに
香港の裏表をご案内していただきました。

BAF (バフ) という社名は
Bay Area Friendsの頭文字で、

藤さんが4年間を過ごした
San Francisco Bay Area (アメリカ西海岸シリコンバレーの一帯)は、
1980年頃から既成概念にとらわれない"Think Different! (異端児達の発想) "

の新規事業が続々と誕生した地域です。

その感動を与えてくれたアントレプレナー(起業家)達の輪が
世界中に広がってゆけば「きっと世界は変わる」、
という願いをこめてつけた社名。

くしくも、香港(広東語)で「バフ」と発音する漢字が「百富」。

英文で、BAF(バフ)
中文名で、百富(バフ)という社名は本当に
縁起の良い社名です。

藤さんの思いが伝わってくる素晴らしいメッセージがホームページにたくさん

掲載されています。

●(株)BAF・(株)百富
http://www.baf.co.jp/



さて、藤さんから、
快くお休みの日を1日お付き合いをいただき(ありがとうございます)、

途中から合流した妻と母、そして93歳(!)の祖母を
香港の隅から隅まで車で案内をしていただきました。

香港というと高層ビルが所狭しと並んでいるイメージですが、

少し郊外に行くと自然が一杯です。

イギリス人が作った街ですからハイキングコースも一杯。

日本と同じように山有り、海有りの香港の意外な一面を発見することが
出来ました。





香港の物価は、全体的には(特に食費は)日本より安い感じですが、
異常に高いのが、車と住宅。

80平方メートルのマンションで、
家賃が35万円というのは、香港都心部では当たり前のようです。

郊外のビーチ沿いのマンションでも、
購入するには3~4億円ほどするようです(汗)。

香港は、住まいを手に入れたら後は快適に暮らせるそうですね。

でも、日本と違いオーナーの立場が強く、
借りている方は大変。

家賃の一方的な値上げや立ち退きなどは、
ざらにあるようで、オーナーから気に入られないと入居できないようなことも
日常茶飯事だそうです。

そして、貧富の差も非常に激しく資本主義の実態をまざまざと感じます。

お金持ちは途方もなくお金持ち。

そして、中国からのマネーがかなり入ってきており、
旅行に来た中国人がキャッシュでマンションを買っていくそうです。

マンションがまだまだ建設途中で、
活気に満ちあふれています。



「香港の女性とは結婚をするな」と香港男性が言うように(笑)
香港流のライフスタイルは、家事をせずに共稼ぎで仕事に励むようです。

そのため、フィリピン人の住み込みメイドが普通のようで、
月額5万円ほどで多くのフィリピンの方が家事を担当しているようです。

自分の子供をあやすことが出来ずに、
メイドでないと泣き止まないほどの状況も当たり前。

そして、日曜日は街中「メイドさんのピクニック」で
あふれかえっています。

一日中、何かを食べたりゲームをしながら、
情報交換をしているメイドさんで街中がいっぱいになります。



どこに行っても、
元気が良くパワー全開の香港は、
ニューヨークやシンガポールと同じように
世界一パワーのある街だと感じました。

空港から街中まで移動する電車の中で、

Asia's World City ,Hong Kong.

と表示をしているのを見て、
香港の本気を感じることが出来ました。

日本人も、負けちゃあいけないですね。

貴重なお休みの中、
香港のいろんな面をご紹介していただいた、
藤修二さん、ありがとうございました。

今後一緒に、日本を元気にしていければと
考えております。

ありがとうございました。

  


2010年03月26日

香港和僑会の皆様からのお便り



講演を終了後、アンケートをお願いし、皆様の満足度と要望をお伺いいたしました。

写真撮影では、
女性陣に囲まれ・・・


“香港ハニートラップ”状態でした(笑)。


その後の懇親会は、香港日本人倶楽部の美味しい食事。

参加された皆様と熱くお話をさせていただき、
胸が一杯だったので不思議とお腹も空かずに、
ずっとご相談をいただいておりました。

皆さん、本当に裸一貫で起業されていたり、
中国&香港で体当たりのマーケティングをされていたりと、

素晴らしく情熱的な方ばかりで、
本当に嬉しくなりました。

講演後にいただいたメールやお便りの一部をご紹介させていただきます。

香港和僑会の皆様、本当にありがとうございました。感謝感激です。



■皆様からのお便り

○和僑会でのご講演、ありがとうございました。
2点、早速実行してみます。
一つはエレベーター内での自己紹介30秒。
実際に、エレベーターで偶然ふたりのVIPに会いました。
一人は孫正義さん、もうひとりは香港の1番の成功者李カーシンさんです。
次回のため、準備しておきます。

もう一つはチャートですね。
小生は日本出張で参加できませんが、今日の和僑会寺子屋でみんなで、実際に記入してみようと提案されています。
あと、ダーウィンの進化論の言葉も、伝わってきました。
ありがとうございました。
それから、ご家族、特に”おばあちゃん”に喜んで頂けて何よりです。
お母さん孝行、おばちゃん孝行、嫁さん孝行、これからも、頑張って下さい。
次回は博多でお会いできるのを楽しみにしています。

○先日は何かとありがとうございました。講演での内容実施できそうなものは即実施させていただきたいと思います。今後貴社のグローバル戦略、香港を足がかりとして全世界に発展できるお手伝いを微力ながら協力させていただきたいと思います。

○おばあちゃま、お母様、奥様もご一緒され縦軸の家族の絆を拝見し大変感動いたしました。

○大変貴重なご講演をして頂き本当に有難うございました。

○今回、脇田様より教えて頂きましたサッカー選手のシュートの例やメニューを作る(お客様にサービス内容を知って頂く)、成約率を上げるなど、目からウロコの話でした。

○現在、九州には和僑会の準備室がございますがまだ正式な活動は出来ておりません。

是非とも地元の九州で和僑会を宣伝して頂き、元気のある中小企業を集め、地域経済の活性化と海外進出のお手伝いが一緒に出来ればと思っております。

○九州にはよい技術や商品をもった企業がたくさんあると思います。沖縄和僑会としても九州和僑会と一緒にコラボレーションをしたいと思っております。

○先日は大変素晴らしいお時間をいただきありがとうございました。
また、格別のご厚情をたまわり感謝申し上げます。

私は正直今しております仕事は初めてでございまして、
技術の面やノウハウ、精神面でもまだまだ未熟者で勉強が必要ですが、
先日の和僑会を機会にますますのご指導、ご鞭撻を戴き、会社の発展、また自身の成長のために頑張っていきたいと思っております。

また、お仕事でもご一緒をさせていただけるような時もありますと何よりでございます。

若輩者ではございますが、今後とも公私ともにぜひ宜しくお願い申し上げます。

○昨晩は素晴らしい講演と歌声を聞かせて頂くことができ光栄です。
脇田さんの話を聞いて、日本が全体がもっと元気になればいいな、と思っています。 
私も元気をいただきました。
ブログも拝見させていただき、メルマガも登録させて頂きました。
小生にとっても今年は正念場なので、昨日のシートと脇田さんのメルマガで、売上改善を進めていきたいと思います。
売上改善後は町おこしなどのボランティアも進めていきたいと思います。
今後ともヨロシクお願い申しあげます。
香港で何かお困りのことがありましたら、お知らせください。 
たいしたことはできないと思いますが、できる限りご協力させていただきます。

まずはお礼まで。


■セミナーの感想



■特に興味深かった内容



■今回の満足度調査

~常に感動的で満足度の高い講義・コンサルティングを目指しています~

感  動 : 3名
大 満 足 : 7名
満  足 : 11名
やや満足 : 5名
普  通 : 1名
やや不満 : 0名
不  満 : 0名

※講義・セミナー・勉強会などのご要望は、
 脇田勝利までお気軽にメールをお送りください。
 warky@wakita-net.com  


2010年03月25日

香港和僑会にて講演



海外でのはじめての講演です。

講演に参加していただいたのは、50名弱。

講演の終了時には、席が足らないほど、
多くの方にお集まりをいただき、感謝感激です。

海外で起業している、または海外で仕事をしている日本人の方を対象にした講演ですから、もちろん(笑)日本語での講演です。

講演の時間は70分+質疑応答20分。

この時間の中に、
マーケティングのノウハウを凝縮し、

可能な限り受講された皆様が持ち帰るものが多くなるように、
そして楽しんで受講をされるように工夫をして
講演を行いました。

まず、緊張をほぐすためのアイスブレイク。

今回は「本気ジャンケン」で、大きな声とジェスチャアで
ウォーミング・アップを行いました。

懇親会でお伺いしたのですが、
私が「ジャイケン」と言っているのを聞いて、

東京出身の方は「よく分からなかった」と言われていました。

「ジャイケン」とは、西日本で使う方言のようですね。

知らなかったです。標準語では「ジャンケン」。覚えておきましょう(笑)。



さて、講演の本題です。

売上を上げるための
マーケティングの本質的な講義を行い、

費用対効果が100倍になった事例の紹介や、
今日から使える「売上を上げる30秒メッセージ」=エレベータ・テストや
ブランディングの手法、そしてコミュニケーション全体の仕掛け作り。

記念日を活用した手法や、
売れるコミュニケーション・ツールづくりまで、
可能な限りたくさんの事例を紹介しながら、

「すぐに成果を上げるためのマーケティングの全体像」のご説明をさせていただきました。

受講された皆様からは、
具体的なご質問をいただき、
あっという間の90分。

熱心にうなづいていただいたり、
メモをとられたりと私が追求してきたことが

日本以外の国でも必要とされている
原理原則であることが改めて分かって嬉しかったです。

下記、香港和僑会サイト上に、議事録が掲載されていましたので、
ご紹介させていただきます。

熱心に聴いていただいた、
香港和僑会の皆様ありがとうございました。



●第58回香港和僑会 議事録

http://www.wa-kyo.com/previous_02.asp?/129.html

(以下、引用)

今回の講師は、明朗快活な雰囲気で、笑顔がステキな脇田 勝利氏。
福岡から、奥様、お母様、おばあさまとご一緒に和僑会のためにご来港いただいた。

脇田氏の講演スタイルは全員参加型セミナーだった。
まず初めに2人組になり「本気ジャイケン」をした。

方法は、①今までこんな大きな声、ジェスチャーでジャイケンなんてしたことない!というくらい思いっきりジャイケンをする。②勝ったほうも負けたほうも、思いっきりリアクションする。初めから、会場が一気に熱気に包まれた。

普通はジャイケンとは、勝ち負けを決めるゲーム。普通は負けたらイヤだな、と思うがこの「本気ジャイケン」は勝っても負けても、全力でチャレンジするところに意味があるという。次は、もしエレベータの中で、人生を左右するような重要なお客様と一緒になることが出来たとき、30秒のチャンスで、どう自分をPRするか?をそれぞれが考えた。

脇田氏は、これまで5000人以上の社長と話をしたが、どこの会社も宝の山であるにもかかわらず、ほとんどの社長は自分の会社の強みを言うことができないそうだ。自分の強み、またはメッセージをうまくコミュニケーション手段に取り込めるかどうか。また、いかに他との差別化ができるか。

こうやってブランディングをしていき、ブランディングができたら次はレバレッジをかけていく。大切なのは、コミュニケーションとブランディング。そして、マーケティングとは、コミュニケーション+ブランディングである。すなわち、この二つで、お客様に、購入するストーリーを作ってあげ、購入しなくてはいけない理由を作ってあげるのだ。そうすることが売上向上につながる、という具合だ。

最後に脇田氏がコンサルティングをするときに必ず使うという「コミュニケーション&ブランディング企画書」を紹介していただいた。

1つのシートの中に、売上を向上させるために必要なことが全て入っていた。シートの説明で一番強くおっしゃられていたことは、「大切なことは社長の夢」。これがすべての源泉、となるということ。

脇田氏の夢は、「マーケティングで世界中の人、街を元気にして、みんなの幸せのお手伝いをすること」、だそうだ。

脇田氏にとっては、初の海外講演とのこと。日本では日々のコンサルティングに、また講演活動に多忙を極められる氏であるが、このような氏の記念すべき海外初講演を香港和僑会で開催させていただくことができたことは、香港で日本と世界をつなぐ活動を行っている会にとってもとても意味のあることである。

脇田先生、熱く、そして温かい講演、ご指導、本当にありがとうございました。  

2010年03月24日

香港二日目~香港で起業20年500名の社員~


■米里益男さん(左)・私(中)・三國直行さん(右)



(前日からの続き)

翌日はリーフラス(株)三國さんのオフィスにお伺いいたしました。

三國さんが出向されている会社、

精工研香港有限光司のCEOで、
リーフラス(株)社外取締役の
米里益男(よねさと・ますお)さんとお逢いいたしました。


米里さんは、20年前香港で創業され
今では香港を本社、東京にオフィス、そして中国の深センに工場を
持たれています。

今や
社員数は500名近いとても大きな会社に成長されています。

取り扱っている商品は、

、玩具に使用されるギアボックスをメインとして量産しているほか、OA機器、カメラ、自動車などに使用されるプラスチック製の成形品も生産。

日本人が香港で事業展開をする際に多いのは、

製造業か貿易、そして最近ではサービス業が増えているようですね。



米里さんのお話をお伺いすると、

香港で工場を立ち上げた後、
タイで現地法人を立ち上げ、
その後整理統合し、中国への工場を新設したり
とてもダイナミックな仕事をされています。

もともとは、
精工研が開発したプラスチック製プルバックぜんまいギアボックスの技術で

チョロQ(懐かしい~)が開発をされたらしいのです。

海外で起業されている方のお話をお伺いすると、
本当にダイナミック。

香港でも、米里さんのように20年を超えた
ベテラン起業家の方も多く、中には40年(!)近く香港でビジネスをされている
日本人の方も多いそうです。

若手起業家から尊敬のまなざしでアドバイスを求められている所が印象的でした。

講演後もご一緒させていただき、
とても有意義なお話をお伺いすることが出来ました。

米里益男さん、ありがとうございました。

(続)  

2010年03月23日

香港で熱く語り合う~香港初日の夜~



香港から先日夜、帰国いたしました。

現地で活躍されているたくさんの日本人の方とお逢いすることが出来ました。

まず、到着してお逢いしたのが、

スポーツ業界で今や日本有数の会社に成長されているリーフラス(株)の
香港支社長=三國直行さん。


■リーフラス(株)三國直行さんと香港屋台の元気親父(笑)


■私と香港屋台の元気親父(笑)

もうお付き合いをさせていただき、8年近くになります。

今は、香港でのスポーツを通じた社会貢献のため、
市場調査の真っ最中です。

そして、三國さんのご紹介でお逢いした
現地香港・中国で古くから創業されている
M.G.B.MARKETING LTDの商品企画部長の武田淳さんとの3名で、

地元香港人に人気の屋台で食事をしながら語らいました。


■武田淳さんと私


三國さんも、武田さんも香港を拠点に、

中国の奥地で仕事をしているせいか、
凄い話しが目白押し。

日本人の想像を超えた「中国の現実」がそこにはあります。

(ここでは、書けない内容ばかりですが、せっかくですから一部を紹介;笑)

・現地中国人の給料は1~2万円ほどで、半分を実家に仕送り、その半分で生活
・人間関係を作るために現地ワーカーと同じ食事を食べ、いつもお腹を壊す
・肉を買いに行くと、裁いた肉がぶら下がっていてハエが一杯たかっているのを切り売り
・食事は楽しむというよりも生きるために食べるエサの感覚
・身の危険(命?)を感じることも多々ある

通常であれば、ビジネスをする以前の問題で、正に命がけです。

しかし、彼ら現地で仕事をしている彼らは、
このようなビジネス環境の中で「何とか成果を出す」方法を模索していて、
実際に行動に移しているのです。

そのハングリー精神に「感動するほどの尊敬」を持ちました。

熱い情熱を持った日本人が世界中で活躍をしていることを考えると、

日本でのんびりしている暇はないと感じます。

海外に住んでいる日本人は約100万人に及び、
増加の一途となっています。

内向きと言われる日本人ですが、
海外で活躍されている日本人とお逢いすると嬉しくなります。

私を含め、これからは海外や世界を常に意識し、
グローバルな市場で戦っていくことが求められていることは
間違いありません。

これからの人生や仕事、そして日本について遅くまで3名で熱く語り合った
香港での初日の夜でした。

三國さん、武田さんありがとうございました。


●平成16年の海外在留邦人数調査統計
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/05/index.html

●リーフラス(株)
http://www.leifras.co.jp/

■MGB Marketing Ltd.
www.mgbmarketing.com  


2010年03月19日

福岡の社長.tvの映像が完成いたしました。



西日本最大の社長紹介番組「福岡の社長.tv」の映像が完成しました。

取材をしていただいた中島社長や
編集をしていただいた徳永さんをはじめ
スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。

3時間以上の取材をし、
その内容を15分にまとめていただきました。

その本質を見抜く能力は、
私が今まで接してきた中でも
最高レベルの素晴らしさです。

映像を見た印象は、
以前からなんとなく感じていましたが、

かなりバタ臭いです(笑)。

トップの映像からドアップで見ている皆さん、
引かないようにぜひ最後まで見ていただけますと
とても嬉しいです(爆)。

今までいろんなことを仕事でしてきましたが、
明日公開予定の新しいホームページといい、

今回の福岡の社長.tvといい、
本当に自分が行っていることを

多くの方に伝えることは、
難しいことですね。

客観的で独立した、そして親身なアドバイスは、
誰にとっても必要だと逆の立場になると
更に良く分かりました。

私が行っている仕事も、

独立した客観的な、何のフィルターもかかっていない
アドバイスで、成功に導く仕事ですから、
今回の体験でより一層今後の方向性が明確になりました。


くしくも、
今日はある意味私の「新しい出発点」になりそうです。

本日2010年3月19日は、

●海外での初の講演
●ホームページをリニューアル
●福岡の社長.tv動画公開
●5年目の結婚記念日
●新しいビジネスモデルのスタートの日
●海外ビジネス展開へのスタート

という、記念すべき一日になりました。

新しい出発点と考え、

携わる方に対してもっとお役に立てるように
全力を尽くしていきたいと香港の地で
決意を新たにいたしました。

これからも、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

■福岡の社長.tv「脇田勝利のページ」

http://j-president.net/data/data185.html  


2010年03月18日

香港で活躍される「和僑会」会長の筒井修さん


■「和僑会」会長の筒井修さん(左)と「がんばれ社長!」の武沢信行さん(右)





3月19日に講演をさせていただく「和僑会」会長の筒井修さんとは、
九州ベンチャー大学の栢野克己さん、

そして
親しくさせていただいている日本一の社長向けメルマガ
『がんばれ社長!今日のポイント』を発行されている
武沢信行さんと一緒に

福岡でお逢いしたのが最初の出逢いでした。

筒井会長は、
名古屋の名鉄百貨店で長くバイヤーを務められ、
40歳で香港名鉄の責任者として現地に赴任。

そして香港名鉄の撤退に伴い、私財を投じて事業を引き継ぐという、
普通のサラリーマンでは絶対ありえない起業をされました。

53歳での起業後、日本企業の中国進出をずっとサポートされています。

「和僑会」は、世界中で活躍する日本人起業家のネットワークで、
その本部が香港にあり、その会の会長が筒井修さんという訳です。

香港にも日本人起業家は1000人いて、
その中の3分の1は「和僑会」に入会されているようです。


筒井会長の講演の内容に感銘を受けましたので、ご紹介させていただきます。

明日筒井会長をはじめ、
「和僑会」の皆様と
お逢い出来るのが楽しみです。

●『がんばれ社長!今日のポイント』2009年09月17日より引用

和僑会の筒井修会長の講演。『香港からみた日本の近未来』
というテーマで30分ほどお話しいただいた。こんな内容だった。

・・・
私はときどき、こうして日本に戻ってきますが、毎日日本のテレビを
見ていると自分の頭がパーになるような気がします。誰と誰が付き合
ったとか別れたとか、朝から晩までお笑い系の人が司会するワイドシ
ョー番組のオンパレード。それをずっと見ていると、こちらの頭だけ
でなく、マインドまでもがおかしくなるのを感じる。
日本の国際競争力がどんどん低下している要因のひとつにテレビ番組
の質が上げられるのではないかと思うんですね。
大前研一氏が「知の衰退」ということを言っているが、皆さん、そん
なテレビ番組に慣れちゃっているから気づいていないだけなんですね。

もちろん香港にもワイドショーはありますが、朝から晩までやってい
るようなことはない。特に朝と昼は、どのチャンネルを回しても国際
ニュースや、経済・マーケットに関する情報番組が主流。香港では、
そういう番組の方が視聴率が高いんだから。

どうかグローバルに視野を広げていただいて、これからのビジネスリ
ーダーは時間軸と地軸での大局観を養ってもらいたい。日本という国
で、今住んでいる場所で、今のビジネスを今のやり方でやることが果
たして最善なのかどうかをもう一度確かめてほしい。

日本はとっくの昔に鎖国を止めたのだから、起業家はもっともっと国
外に目をむけて勉強し、交流し、ビジネスしていってほしい。そのた
めにも「和僑会」のネットワークをフルに活用してもらいたいと思っ
ている。
・・・


■太陽商事
http://www.jcdirect21.net/

■香港和僑会 
http://www.wa-kyo.com/  

2010年03月17日

香港講演&マーケティング視察



明日から、香港です。

時間に余裕を持たせていますから、
香港でお逢い出来る方は、
メールをお送りいただければ現地でお逢い出来ればと思います。


明日は、現地で活躍されているお客さんとお逢いします。

香港のビジネス環境などをいろいろとお伺いしたいと思います。


また、現地で起業を準備されている30代の方も
一緒に来ていただけるようです。

世界中で日本人が活躍していると考えると
もっと視野を広げ、世界規模で物事を考える時代が来たと実感します。


明後日19日は、和僑会さんでの講演をさせていただきます。

現地で起業されている方に対して、
私の持っている全てを提供し、

世界中で通用する原理原則を踏まえた
マーケティング・ノウハウを分かりやすく双方向でお伝えし、

その日から、成果を出せるようにお手伝いをさせていただきたいと
考えております。


機会があれば、いろんな会社を訪問したり、

中国の窓口である香港の熱気を

五感を通じて感じてきたいと思います。

また、戻って来たら、本ブログなどでご紹介をさせていただきます。


香港でお逢いする皆様との出逢い、とても楽しみです。

ありがとうございます。  

2010年03月16日

香港でセミナーがいよいよ開催



世界中で活躍されている日本人起業家ネットワークの和僑会本拠地である香港でのセミナーがいよいよ3月19日に迫って参りました。

私自身、海外でのセミナーは初めての体験です。

当日配布していただく資料も、
香港で担当していただく
松本博明さんに本日メールでお送りいたしました。

松本さんは、香港を拠点に中国華南地域(深セン・東莞・広州)に特化した人材紹介サービスを展開されている華南ワークスの社長です。

●華南ワークス
http://kananworks.com/

当日の講演は1時間、質疑応答が30分という時間の中で、
お集まりいただいた方になるべく多くの内容を持ち帰っていただきたいと
厳選した具体例を交え、大いに盛り上がる内容にしたいと思います。

最近のセミナー&勉強会は、
8時間かけてマーケティングの仕組みを構築することに馴れているし、

80名近く集まっていただくということで、
可能な限り会場を巻き込みながら

全員で熱くなるライブになればと考えております。

皆様とお逢い出来ることを考えると、
本当にワクワクしています。

今回の香港でのセミナーをきっかけに、
福岡・九州を中心にしながら海外展開を
スタートしたいと思います。

講演内容は下記の通りです。

●第58回香港和僑会
http://www.wa-kyo.com/advance_name.asp?/549.html

●和僑会
http://www.wa-kyo.com/


■講演テーマ:「1時間で創る、売上向上の必勝パターン法則」
~5000名の社長と実践したマーケティング手法を、あなたの会社で実践~

●5000名の社長と粗利益を稼ぐ「売上向上」を15年間現場で実践
●会社の中には“宝の山”があるが、誰も気づいていない。
●“宝の山”を顧客視点で磨き上げる「ブランディング」手法を体験
●顧客の心を鷲づかみにする「コミュニケーション」手法を体験
●売上を上げる唯一の要素である「ブランディング」&「コミュニケーション」を最適化
●30秒で売上を上げる具体的な方法
●マーケティングの全体像を描き、今日から売上を向上させる方法
●夢を明確にし、それを仕事で実現させる重要性


■今回講演会に参加することで得られるメリット:

●その場で「自分の会社のマーケティング全体像」を描き、持ち帰ることが出来る。
●今日から売上向上の行動が出来る。
●売れるツールづくりのヒントを持ち帰り、顧客とのコミュニケーションが変わる。
●社長・社員の行動が変わり、成約率の向上のきっかけとなる。
●その場で「売上向上」の出発点となる「30秒のメッセージ」を作成
●自分の周りにある“宝の山”に気づき、可能性は無限大であることを知る。
●見込客・顧客を増やす方法が見つかり、すぐに営業に活かすことが出来る。
●リピートの仕組みづくりを理解し、顧客と長い取引が出来、信者化することが出来る。
●忘れていた夢を再認識し、今日から夢に向かって再スタートをすることが出来る。


■講演者プロフィール:夢と情熱コンサルタント 脇田 勝利氏

私の人生のミッション
「あなたの気づいてない“宝の山”を再発見し磨き上げ、夢実現のお手伝いをさせていただきます。」

(略歴)
九州工業大学卒業後、東証一部上場企業の積水グループに入社。そこで究極の生産システムを
目指す改善活動(TPM)を実践し、コンサルタント・ノウハウの原点を得る。しかし、就職後一年で
印刷業を営む父親が悪性リンパ腫を患い、辞表を提出。急遽家業の会社に舞い戻ってきた。

印刷の機械オペレーション・営業・デザイン・広告企画を
学び、専務取締役役に。効果の高い印刷物を作っていく中で「会社と顧客のコミュニケーションを最適化」する
マーケティング手法を研究・実践し、数多くの成果を上げる。より本質的な売上向上・マーケティング手法を
現場で追求する中で、マーケティング・コンサルタントとして起業。

コンサルタント歴8年、年間500件のコンサルティング、50件の講演をしながら、中小企業を元気にするために、
活動中。マーケティングのノウハウを、「ひとづくり」や「まちづくり」にも活かす活動もしている。
またインドなど世界30カ国にマーケティング視察経験あり。今後は、アジアで講演やコンサルティングなどの
仕事を積極的に活動の予定です。

今後、海外を舞台に仕事をすることを夢にし、皆様のお役に立つために情熱を持って毎日を精一杯生きています。

●(株)ドリームマーケティング 代表取締役
●福岡商工会議所・北九州商工会議所 公認コンサルタント
●商店街活性コンサルタント
●NPO法人まちづくり支援機構 理事
●(社)ひびき青年会議所 第34代理事長


■会社website:
(現在リニューアル中)
http://www.wakita-net.com/dm/

(ブログ)
http://marketing.yoka-yoka.jp/


■その他:
その場で皆様の売上向上策を作成する時間をとりたいと思っております。
テーブルに座ってワークシートなどを使い記入してもらいます。


皆様のお越しを香港和僑会一同、心からお待ちしております。
どうぞ、よろしくお願い致します。

香港和僑会 事務局
3月の講演会実行委員  
http://www.wa-kyo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第58回香港和僑会 

◇テーマ : 「1時間で創る、売上向上の必勝パターン法則」
~5000名の社長と実践したマーケティング手法を、あなたの会社で実践~

講演者:脇田 勝利氏

◇日時: 2010年3月19日(金)
<受付>18:30~ <講演会>19:00~20:30 <懇会>20:30~22:00

◇会場:香港日本人倶楽部

◇定員:80名

◇参加費:講演会・懇親会合わせてHK$400
       (和僑会年間会員の方は無料となります。)

◇申込・お問合せ:和僑会事務局高橋(mtakahashi@wa-kyo.com)までご連絡下さい。
--------------------------------------------------------------------  


Posted by 脇田勝利 at 08:30Comments(0)セミナー・イベント告知

2010年03月15日

世界最高レベルのエンターテイメント~コルテオ~



コルテオに行ってきました。

間違いなく世界最高レベルのエンターテイメントの一つです。

NYやロンドンでミュージカルを見てきましたが、
今回のコルテオも決して負けていない

サーカスを超えたミュージカルのような内容でした。

前回の「ドラリオン」は、
お腹を抱えて笑わせてもらいましたが、

今回は2時間が「夢の中のような体験」。

ストーリーはあってないようなものですが(笑)
個人的には好きなストーリーです。

前回の「ドラリオン」で知り合った
オーストラリア人のサイモンとも再会。


■「コルテオ」スタッフのサイモン

前回はこっそりバックステージを見せてもらいましたが、

今回は次のステージがあったため、残念ながら挨拶だけでした。


サイモンは、シーホークに泊まっていて、
「福岡大好きなので、また来たい」と熱く語ってくれていました。

福岡は4月4日までで、その後仙台・ロシアへと旅立つようです。

世界中でこれだけ多くの人を魅了し、
人を集めるコルテオのパワーは、やはり凄い。

世界最高レベルのものは、
どんな時代でも生き残っていくと感じた一日でした。


■「コルテオ」ペイントされたCopenが大人気


サイモンをはじめ、
コルテオの皆さん、とても素晴らしい体験をありがとうございました。

●コルテオ

http://www.fujitv.co.jp/events/corteo/index.html  

Posted by 脇田勝利 at 09:06Comments(0)脇田勝利の日常

2010年03月12日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.5~





---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------

■各店舗の突破口を見出す。

前回に引き続き、各お店の課題の洗い出しと突破口について、下記の3店舗を訪問し打ち合わせを行い、今後の突破口を見出しました。

(山本文具店)

●顧客の視点でわざわざ訪問する魅力あ る商品・お店
●コンセプトが明確でなく強みが活かさ れていない
●顧客にお店の良さが伝わっていない

(山口酒店)

●他のお店との明確な違い・価値
●現在のコミュニケーションが売上につ ながっていない
●お酒が飲めない酒屋さんをどう強みに 変えるか

(音と映像の専門店 ニッチク)

●競合店との差別化が明確でない
●顧客にお店の良さが伝わっていない
●勝てる戦略とお店のコンセプト・シス テムを明確化



「強みの明確化、目的の明確化、課題の明確化、商売繁盛への突破口」を見出し売上向上へ向けてのプランの概要が出来上がりつつあります。

そろそろ各お店に「わざわざ行く価値」をなるべく短い文章で表す

「強みを活かした勝てるコンセプト」づくりを行う時期です。

例えば、テレビ局が取材に来てくれたら30秒で何を伝え、お店に来店をしていただくか、もしくは「もっと話を聞いてみたい」と思わせるかということです。


■コミュニケーションで売上を上げる。

その30秒に、お店の魅力(=ブランディング)になり、顧客とのコミュニケーションの柱になります。

逆にいえば30秒で見込み客に話をし、興味を持ってもらわなければ、いくら長時間説明しても無駄になってしまいます。

チラシでもホームページでも、お店の看板でも、全てのコミュニケーション・ツールの柱になる重要なメッセージです。

もう少し聞きたい方には、その後に説明文を追加して入れてもOKです。

店主の皆さんと一緒に導き出したコンセプトは、次号にご紹介いたします。

■30秒コマーシャルを創ってみる

各お店の課題の洗い出自店の強みを最大限活かし、顧客視点で差別化されブランド化するために、
マーケティングの要素が全て盛り込まれた
顧客の心をわしづかみにする1本のストーリーを
ご紹介いたします。


(山本文具店)


創業100年、文房具ソムリエが選ぶ文房具のセレクト・ショップ。

文房具は仕事や勉強の大切な武器。
本当に価値のある持つだけでワクワクする文房具は
毎日の生活を楽しくしてくれます。
あなたの知らない素晴らしい文房具を
文房具ソムリエがお薦めします。


(次号に続く)   

Posted by 脇田勝利 at 09:42Comments(0)商店街活性化

2010年03月11日

凄い人 音楽教室&ヒーリング西田和美さん



私は逢って1時間話しをすると、

その方の「天才的な才能」を引き出し、
「その強みを最大限活かした成功するプラン」が見えてきます。

現在マーケティングのお手伝いをさせていただいている、
音楽家西田和美さんもその中のお一人です。


素晴らしい才能をお持ちです。

●海外での音楽活動
●中間市にて音楽教室&音楽ヒーリングが大人気
●教師としての経験
●会話・コミュニケーションを重視
●心を癒す日本でも有数のチェンバロ&ピアノ奏者

そんな才能を「満たされていないニーズ」に対応させる必要があります。

西田さんから30秒コマーシャルをするとしたら、
こんな風にまとめられます。


--------------------------------
■西田和美さんから皆様へのメッセージ

「音楽ヒーリング」
・・・音楽を通じて、もっと多くの方に豊かさを感じて欲しい。
日本で唯一の癒し音楽家 西田和美の願いです。

音楽には無限の可能性があります。
音楽を通じて日本中・世界中の多くの方と接してそう確信しています。
子供達から大人まで、本当に多くの方が、
自分の個性を最大限に活かし、
豊かな生活を過ごすきっかけになったのが音楽なのです。

私が確立した独自の「音楽ヒーリング」によって、
多くの方が心の中から元気になって欲しいと願っております。
--------------------------------

音楽を中心に仕事をされていますが、
どんな方でもマーケティングによって
才能や強みを最大限に活かすことが可能です。

西田和美さん、音楽を通じてもっと多くの方を
ハッピーにしていきましょう。

ありがとうございます。

■コンサルティング満足度調査

 コンサルティングについて → 感動





●西田和美さんプロフィール


響ホールチェンバロ教室、引野上の原チェンバロ教室講師
北九州音楽協会理事
北九州国際音楽祭市民企画委員
北九州市民通訳協会役員
北九州日米協会会員

北九州市戸畑区出身。
兵庫県立姫路東高等学校、大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
明石市立中学教諭、Mプロダクション音楽事務所を経て、青年海外協力隊より南米エクアドルへ派遣、元エクアドル国立音楽院ピアノ科教授。滞在中「第8回エクアドル国際フルートフェスティバル」の専属伴奏ピアニスト、HCJBエクアドル放送局主催「公開生放送西田和美ピアノリサイタル」等、後進の指導の傍ら演奏活動も行う。

エクアドル国立音楽院任期満了帰国後、モスクワ国立音楽院セミナー、ウィーン国立音大春期セミナー、故ハワイ大学名誉教授ピーター・コラッジオ「アートオブセミナー」などで研鑚。

その後、フランス国立地方ペルピニャン音楽院へ。後に師となったカロール・パレーとの出会いがチェンバロを勉強するきっかけとなる。2005年7月、チェンバロ・ピアノ室内楽・ソルフェージュのディプロムを取得して帰国。
これまでにピアノを土井充子、故渡部澄子、菊池るり子、P.コラッジオ、T.ストヤノフ、M.タリエンティ、C.デュランに、ピアノのマスタークラスで、A.セメツキー、F.ノエル、A.コックスに、ピアノ室内楽をJ.-P.セネデズ、N.ジュショーに、チェンバロ独奏と通奏低音をC.パレーに、ディミニュシオンをJ.-C.ルベルに、チェンバロ室内楽をC.パレーとD.ブレビアに、またマスタークラスでチェンバロ、クラヴィコード、フォルテピアノをM.ハドゥジマルコスに、音楽史及び楽曲分析をM.トージィの各氏に師事。

神戸音楽芸術協会主催第2回ジュニア音楽コンクールピアノ部門最優秀賞、第5回長江杯国際音楽コンクールピアノ成人部門入賞。

近年出演した演奏会に、北九州音楽協会主催「第17&19回会員演奏会」、在福岡アメリカンセンター主催「Summer Concert 2007」、北九州市芸術文化振興財団主催「響ホール室内合奏団演奏会」などがあり、2009年9月には、「宮武きみえとN響の仲間たち」シリーズに賛助出演し、NHK交響楽団首席ファゴット奏者の水谷上総氏と共演した。また、文化庁の「学校への芸術家等派遣事業」や「北九州市内の小学校と特別支援学校への訪問演奏」など、音楽の普及のための演奏活動や、ピアノとチェンバロの教室で後進の指導にも力を注いでいる。  

Posted by 脇田勝利 at 08:02Comments(0)ひとづくり

2010年03月10日

商店街活性化に夢と情熱を燃やす~門司港栄町商店街Vol.4~





---------------------------
 脇田勝利がコンサルティング&コーディネイトをさせていただいた
「門司港栄町商店街」活性化プロジェクトの報告です。
---------------------------

■勝てるコンセプトを見出す

各お店の強みが明確になったところで、「強みを活かした勝てるコンセプト」を見出します。

改めてお店を訪問し、今度は少し時間をかけてじっくりと、お店の方向性を店主と一緒に作っていきます。

ここで、今回のプロジェクトの目的を改めて明確にしておくと、目的は下記の通りになります。

●売上向上・商売繁盛を実現する
●他店との違いを明確にし差別化・ブラ ンド化
●自店の強みを再認識し、最大限活かす
●行動出来る成功出来るプランを見出す
●成果の出る行動をスタートする

この目的を明確にし、まずは各お店の
「課題を明確」にしていきます。

■自分では課題が冷静に見えにくいもの

マーケティングや経営に関して今までのべ5000名の社長や店長に相談をいただきましたが、共通するのは、

「課題が明確でない」ということです。

正確にお伝えをすると「顕在化された課題(売上など)」は当然皆さん分かっているのですが、その本質である「真の潜在的な課題」が明確になっていないことが非常に多いのです。

エステの方に伺ったことがあるのですがエステも全く同じだそうです。

最初は、「ダイエットしたい」「肌をきれいにしたい」ということで来られてもよくよく話を伺うと、必ず「真の隠された課題」があり、彼氏や旦那さんの悩みに行き付くそうです。

その真の課題を解決しない限りエステも商売も上手くいかないということです。

逆にいうと真の課題が明確になれば
80%は突破口が見えたのと同じなのです。

この部分が間違っていると、いつまで経っても成果が上がらないばかりか、無駄なコストや時間を費やしてしまうので注意が必要です。

■課題を明確にすれば解決間近!

例えば、病院に行って先生に症状を伝えきちんと診察をした上で「真の原因となる課題」(=診察結果)が間違ってしまうと、間違った治療をしてしまうのと似ています。

経営も同じで、現在の課題(=症状)と現場をチェックし、本質的な真の課題(=病気)を正確に把握し、その会社やお店の経営資源(=体質)をチェックし、最適な改善(=治療)を行う必要があるのです。

今回、課題の明確化を行ったのは、

①手づくり菓子工房 ドルチェさん
②丸三本店さん
③メガネのマツイシさん

 の3店舗。

(ドルチェ)

●お店の良さが顧客に伝わっていない
●コミュニケーション不足で機会損失が 発生
●新店舗出店に向けてのマーケティング
●商店街内に立地しているため客層が限 られている。
●観光客需要・ギフト需要の開拓

■(丸三本店)

●はじめてのお客様に対して、コミュニ ケーションする方法がない
●お店の強みが明確でなく顧客に伝わっ ていない
●お店のシステムやPOPなどが少なく入り にくいお店

(メガネのマツイシさん)

●時代・消費者のニーズに合わせたお店 づくり
●強みが明確になっておらず、顧客に伝 わっていない
●気軽に来店する仕組み作りが必要

(次号に続く)   

Posted by 脇田勝利 at 21:38Comments(0)商店街活性化

2010年03月09日

福岡の社長.tvの皆様から取材



西日本最大のインターネット社長紹介番組「福岡の社長.tv」の
中島一明さんから取材をしていただきました。

取材の時間は約3時間。

その時間の大半は、きっちりと仕事の内容を理解し、
視聴者の方の視点で「価値ある情報提供」を意識しながら、

きっちりと引き出していただけました。

まさに「天才的な取材とヒアリング能力」です!

素晴らしい!

こんなにじっくりと自分のことを引き出していただいた経験は、

先日のブログでもご紹介した
ITジャパン吉富太郎さんと中島一明さんが初めてかもしれません。

彼は24歳(!)で本当に尊敬できる好青年です。

実際の映像は、3時間の取材の中から、

15分程度のまとめていただけるそうですから、

かなり私の本質と赤裸々な根底にある思い(笑)を
表現していただけると思います。

自分のことを本当に知るためには、
客観的な立場で、アドバイスをいただくことが大切だと
改めて感じるとても有意義な取材でした。

もっと、たくさんの方に「福岡の社長.tv」に出演していただければ、
新しい突破口が開けると確信いたしました。


「福岡の社長.tv」さんから、
「脇田さんの紹介であれば、ぜひ掲載を検討させていただきます」と
お伝えをしていただいておりますので、

自薦他薦は問いませんから、

「福岡の社長.tv」から取材を希望される方は、
私までメールを送っていただければ、
推薦させていただきます。

本当の素晴らしい体験でした。

できあがってくる映像が楽しみです。

「福岡の社長.tv」の皆様、ありがとうございました。


●福岡の社長.tv
http://j-president.net/  

2010年03月08日

最適なHPの創り方



現在、弊社(株)ドリームマーケティングのホームページを
全面的にリニューアル中です。

一緒に
戦略的なWEBビジネスモデルを一緒に構築していくことになった
(株)イットジャパンさんと協力して作成をしていただいています。

イットジャパンさんは、ご存じの通り福岡No1の戦略的なウェブ戦略とホームページ・プロデュースを行っている会社です。

担当していただいているのは社長の吉富太郎さんと、
ディレクターの河野昌平さん。

このお二人の仕事ぶりは、「天才的」です。

言われたことをそのままホームページに反映するのではなく、

「ウェブを使ったビジネスモデル構築」

の視点から、リアルなビジネスを最大限活かすウェブ戦略を

ゼロベースで企画していただけます。


ホームページを創り出すまでのヒアリングがとても上手で、
こちらがしたいことを上手に引き出してくれるのです。


私も、マーケティング・コンサルタントとして、
その方の持っている強みを、
満たされていないニーズと市場・競合の動向を考慮しながら、
突破口を見つけることは得意ですが、

自分のことは、客観的に見ることは非常に難しいと感じていました。


そこで、イットジャパンさんとの

「客観的で適切なアドバイス」をいただくことで、

かなり自分のことと進むべき道が明確になってきました。

もっと多くの方のお役に立つためには、

『自分以外の人から客観的にプロデュースをしてもらうことの重要性』

を感じることが出来た素晴らしい体験になりました。


私の周りには「天才的な才能」を持った方が多く、
その毎日に感謝の連続です。

ありがとうございます。

もっと多くの方のお役に立つために、
新しいホームページを通じて加速していきたいと考えております。

●(株)イットジャパン

http://www.itjpn.co.jp/

●(株)ドリームマーケティング新URL(現在リニューアル中)

http://www.dream-marketing.jp/  

Posted by 脇田勝利 at 07:32Comments(0)マーケティング・経営

2010年03月05日

カフェ・マーケティング~黒崎中心市街地コンサルタントとして~



国策でもある中心市街地活性化プロジェクトのコンサルタントとして、

黒崎の中心市街地の活性化のお手伝いをさせていただくことになりました。

今回のプロジェクトは、中心市街地活性化の一環でオープンしたスイーツの駅「96Cafe」(クロカフェ)のマーケティングです。

スイーツの駅は国、県、市の支援のもと、黒崎エリアにオープンし、黒崎でスイーツやカフェでの本格開業を目指すチャレンジャーを集め、オープンする全国でも類を見ない取り組みです。

現在、6店舗の個性的な“チャレンジャー”がお店をオープンしています。

●オーガニックコーヒーの「スローロックカフェ」
●チョコレートケーキ専門店の「Edロード」
●白神天然酵母使用のパンの「ミーカール」
●二人で食べきれるサイズのタルトを中心に多種類の洋菓子を提供する「GOD」
●国内産小麦と合馬の天然水で作るベーグル専門店
●和のスイーツ和菓子専門店「笑」6店舗

まずは、それぞれの店長と膝をつき合わせて

現在の課題の本質を把握し、

より一層の商売繁盛を実現して
もっと多くの方に喜んでいただきたいと
思います。

その成果も本ブログにてご報告させていただきます。

皆様も、ぜひ黒崎の「96Cafe」をご利用されてください。

買い物をすることでも、まちづくりに参画出来ますよ。


●「96Cafe」ブログ
http://ameblo.jp/96cafe/

●「96Cafe」

TEL:093-644-0070
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-7 長島ビル1F(旧トポス跡)
営業時間:10:00~19:00

●北九州市黒崎地区 中心市街地活性化協議会

http://www.kitakyushucci.or.jp/kurosaki/index.html

  

Posted by 脇田勝利 at 09:08Comments(2)商店街活性化

2010年03月04日

一つの道



最近コンサルティングやいろいろな仕事を通じて
感じていることがありますので、
お伝えしたいと思います。

「全てはその人の人生の道」だということです。

私たちには全て役割があります。

会社、家庭、地域、日本、世界の中という
いろいろな関わり合いの中で
いろんな役を演じているといえるでしょう。

でも、もともとは一人の人間です。

毎日いろんなことをしていても、
結局は、その人にとっては
時間という一つの「ストーリー」の中で行っていることなのです。

つまり、その人の道を毎日作っていることになります。

今日創った道が明日につながり、
最後はその人の「人生の道」になる。



毎日行っていることを

「自分の人生の一つの道」だと考え、

「どんな人生の一本道」を創るのかを
考えることが大切だと考えています。

道に迷うことがあったり、
目標を見失うことがあっても、
大丈夫。

いつの日か全てがつながる「あなただけの道」になるのです。

「あなたの人生の道」のガイド役となるような
仕事を更に追及したいと考えている、
今日この頃です。

素晴らしい道を一緒に創っていけることに感謝します。

ありがとうございます。