(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年07月12日

低成長時代に更に成長するには?

21世紀はアジアの時代と言われています。


ところが、「アジアの終わり」を執筆したマイケル・オースリンによると、

下記の5つのリスクで、アジアの時代が終わると予言しています。

(1)経済成長の失速
(2)人口問題
(3)未完成の政治革命
(4)政治的共同体の欠如
(5)戦争の脅威


確かに、そう言われてみれば、

世界的にみてもアジアの成長は間違いないと考えられるが、

リスクがあるのも間違いありません。


実際、この30年間アジアは劇的に成長してきましたが、
「中間層の罠」と言われる現象で、先進国に入ることが難しくなる現象です。




高い成長を続けているアジアだが、 先進国のステージまで来たのは、日本、韓国、台湾、シンガポールなど、ごく限られた数しかない。

多くの国は、 依然として中所得国にとどまっているのが現実です。


マサチューセッツ工科大学教授だったポール・クルーグマンが、 成長方程式の議論を使ってアジアの成長は持続しないかもしれないという論評をフォーリン・アフェアーズ誌に出して、 アジアの成長持続性が大きな話題になったことがありました。

成長方程式を用いた議論のエッセンスは、資本蓄積や労働人口の拡大だけでは、どこかで成長の限界に来るという研究結果で、下記の2つのいずれかが重要となってきます。

(1)イノベーション

(2)生産性の向上


低所得国から中所得国へは、中国やアジア各国のように、海外からの投資や技術の導入や、

農村部の人口が都市部に大量に移動することで、 製造業を増やすことで達成出来ます。



日本も先進国の仲間入りをしているのは間違いありませんが、

低成長が続く中、アジア諸国と同じように、
イノベーションと生産性の向上が求められています。

そのためには、私が提唱している高く売れるブランディングと売上を上げるコミュニケーションが必須なのです。

  

Posted by 脇田勝利 at 16:51Comments(0)経営が良くなるノウハウ