(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年11月17日

ニューヨークのエグゼクティブな仕事術・ライフスタイルに学ぶ

現在、ニューヨークを中心に世界中で世界的なブランドづくりを構築したり、売上向上のご支援をしています。

そこで出会うのが、「世界最先端の働き方やライフスタイル」です。

日本でも働き方改革や生産性を上げようという議論がようやく国策でスタートをしていますが、
世界的企業では、全く違う次元で実践されていることにびっくりさせられます。

今回は私が拠点にしているニューヨークのエグゼクティブな仕事術・ライフスタイルをご紹介いたします。




まず、ニューヨーカーの年収です。

マンハッタンの所得を合計し、働く人数で割り算をした「マンハッタンの平均年収」はどの位と思いますか?

ちなみに日本の中で最も年収の高いエリアは、
東京都港区で、平均所得は902万円です。

港区といえば、六本木、白金・高輪、麻布、青山・赤坂、白金台など、土地のブランドイメージは23区一だ。六本木ヒルズやミッドタウンはもちろん、東京湾に臨む品川~田町のベイエリアなど数多くの高級な高層マンションが立ち並んでいるエリアです。


ニューヨークのマンハッタンの平均所得は、

14万ドルです。

1ドル110円で計算をすると、1540万円となります。


更にニューヨークの企業の社長やマネージャークラスになると、
年収5000万円から1億円は超える年収をもらっている人は当たり前という世界です。

これが世界的に活躍する企業、世界的なブランド力を持つ企業の力とも言えます。



夜遅くまで残業をしているかというと、
平日は定時に帰り、週末はきっちりと休むエグゼクティブが多いのが現実です。

特にニューヨーカーは健康に気をつけており、
朝一番でジムに行き、ランチの時もまずはジムで汗を流し、
食事は簡単にサンドウィッチを食べる人も多いのがニューヨーク流です。

「最大のパフォーマンスを徹底的に追求」している点がニューヨーカーの特徴です。


しかも、金曜日は15時〜16時には仕事を終え、
「Have a nice weekend!」と仲間に声をかけて、
退社をする人もいるほどの仕事の効率の良さです。

とにかく短時間で徹底的に集中をして仕事をするのが、
世界最先端の仕事術の特徴と言えます。

週末は、ニューヨーク郊外の家族が住んでいるロングアイランドのお城のような家に住み、
平日はマンハッタンのマンションに一人で住み仕事の集中するエグゼクティブも多いのが、
ニューヨークです。






ロングアイランドはニューヨーク東側の島で、
富裕層の多さと生活水準の高さで有名であり北海岸、南海岸共に富裕層の住まう町が点在しています。

例えば、ロングアイランドのオヘカ・キャッスルは、全米で2番目に大きな私邸であり127部屋、敷地面積93,000平方メートルを持ち、東京ドーム2個分の面積を誇っています。

このような彼らでも成果を上げないと、あっという間にクビにされている厳しさもあるのがアメリカです。

徹底的に成果を上げる一人ひとりがプロフェッショナルであり、一人ひとりが社長という意識が徹底されている点が日本と違う点です。




ニューヨークのエグゼクティブに学び、私たち日本人も少しでもその仕事術やライフスタイルを素直に学ぶ必要があります。

まとめると下記の通りです。


【ニューヨークのエグゼクティブな仕事術・ライフスタイル】

●徹底的に集中し、短時間で圧倒的な成果を上げる
●残業をせずに働く時間は非常に短く
●徹底的に稼ぎ、徹底的に高い給料を堂々ともらう
●仕事とプライベートをきっちりと両立させる
●最大のパフォーマンスを発揮するために、自分への投資は惜しまない
●世界的なビジネス、世界的なブランディング、マーケティングを実践している