(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2019年01月09日

【残先着1名】1/24~25テキサス進出ビジネス&不動産視察ツアー

テキサスの現地で成功している起業家や経営者、その世界の一流の専門家にご相談をいただける、
テキサス進出ビジネス&不動産視察ツアーのご案内です。

残り先着1名となっておりますので、
お早めにお申し込みお待ちしております。

テキサスは、
「先進国の中でこのような成長をしているエリアは世界でここだけ」と言えるほどの成長ぶりを体感して、今後の人生を変えていきましょう。

アメリカ進出の入り口としては、非常に入りやすいのが良いところです。

プライベートの旅行や視察では絶対に行けない所ばかりを厳選した視察ツアーです。

滅多にないチャンスですので、ご参加お待ちしております。

今回はテキサス不動産の第一人者、倉石 灯さんにご案内をしていただく日も設けておりますので、
ビジネスはもちろん、不動産投資に興味がある方にもオススメ致します。

倉石 灯さんの著書「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」でご紹介されている、
テキサスの魅力は下記の通りです。


::::::::::::::::::::::::::::::::
トランプ旋風が吹き荒れる中、優良企業が本社をテキサスに移し始めたのは、なぜ?
::::::::::::::::::::::::::::::::

目ざといお金持ちたちがテキサスへの投資を始めている理由とは?
「アメリカ買い」の中でも、テキサス州が特別に注目されるのは、なぜ?
トランプ大統領就任でアメリカはどう変わる?

まだ一握りの日本人しか知らない、
少額からでも可能な「テキサス不動産」投資法。
グローバル化からナショナル化にシフトする今後、
「強いアメリカ」が大きな利益を生み出す!

本書の結論はこうです。
・アメリカはこれから良い。
・そのアメリカの中でも、テキサス州が特に良い。
・なぜなら、テキサスは、
(1)人口が増え続けることが確実で、
(2)土地が安く、家が安い。
投資に理想的な場所は、不動産住宅価格も上がるし、不動産開発(アパートなどを造る)の利益も大きいのが通常です。

●テキサス州は州税がないので、
全米の優良企業が本社をテキサスに移し始めている

●雇用が増える
●家が安い
●気候も温暖
●全米へのアクセスも良い
●高速道路や新幹線などのインフラ投資も旺盛

→アメリカという先進国の中の「新興地域」

アジアなどの新興国は法律面が未整備で不安定
シェールガス・オイルの地下資源が豊富
目ざといお金持ちはすでにテキサスへの投資を始めている

ダラス・フォートワースだけでも過去30年間、1日当たり300人が移住している

テキサスから出発したトラック運転手は、
24時間以内にアメリカ全土の37%の人口へ配達でき、
48時間以内にはアメリカ全土の93%の人口へアクセスできます。

●テキサス不動産をお勧めする理由

(1)価格が圧倒的に安い

ダラス市内で新築2階建て建物面積200平米、敷地面積800平米ほどの住宅が2000~4000万円ほどで購入できる

(2)流動性が高い

(3)減価償却

築年数が22年以上のアメリカの木造の物件は、
4年で建物部分の全額を減価償却費で計上出来ます。

減価償却を使うとキャッシュをコントロールすることが出来ます。

アメリカの場合は、築年数が30~75年の物件が非常に多い

(4)税金(キャッシュ)をコントロールしやすい

・アメリカ不動産の80~90%が中古物件
・アメリカ不動産のほとんどが木造
・日本人または日本法人ならアメリカ不動産を購入すると日本で確定申告(決算)をする際に減価償却出来る

(5)州税がゼロ

テキサス州は法人所得税がゼロです。

(6)ローリスクハイリターン

ニューヨークやカリフォルニアと比較してテキサス州の不動産価格は3分の1か半分で購入できます。

その物件を賃貸で貸すと、家賃収入はニューヨークやカリフォルニアの7割位が見込め、その差額が利益になります。

●日本人でもアメリカの銀行から住宅ローンも組めます。
--------------------------------




また、新刊『トヨタはなぜ、テキサスを選んだのか?』も素晴らしいノウハウが掲載されております。

アマゾンのレビューの評価も高く下記の通り、読者から感想が届いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本で私が学べたことは、次の5点です。

その1:日本で売り上げナンバーワンのトヨタが世界展開を考えぬいた上で、テキサスを選んだ意味がわかり、テキサスの3大魅力を理解できたこと。

その2:トヨタが動くことで、周辺の企業や人々も動き、結果としてのトヨタエフェクトの意味が理解できたこと、これによるAmazon Effectの意味も理解できました。

その3:日本には今後、経済成長は困難だからこそ、大企業は世界各地の市場を求めてビジネス展開する必要があり、その中でも、やはりアメリカが一番安定しての成長力があり、そのアメリカでのナンバーワンがテキサスであること。

その4:トヨタだけではなく、日本の大企業がテキサスで事業展開することで、関係する企業もテキサスに移動するので、多くの人たちが駐在員や出張などでテキサスにドンドン出かけるようになり、投資家も未来の資産を築くためにテキサスの不動産を買い始めること。

その5:2022年にテキサスで新幹線が開通することで、日本人のプライドがテキサスで再び高くなり、同時にアメリカでの日本人の地位が高まり、日本人のスタイルや日本文化がテキサスからアメリカで人気となること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本を読んで、アメリカの
方向性がハッキリしました!!!

そして、以下、
個人的な気づきです。
8点あります。

【1】テキサスはアメリカのへそである。
第三の都市になるポテンシャルを持つ。
NYでも、CA州はもう過去の時代。

⇒とうとう、アメリカ南部の時代の幕開けを感じます。

アメリカの方向性を知らないで、ビジネスや投資をすると、
知らないと大損をくらう可能性を感じました。

方向性だけでも知っていると楽だと思います。
間違った方向にベクトルがあると、的には当たりません。

【2】ダラス圏ですが、

4年前に注目しており、
自分で見つけたダラスの不動産。
ある程度のダラスのエリアの知識があったので、
直観も含め、もちろん、物件も見ずに数日で購入を決断しました。

不動産エージェントにこれ、欲しいですの一言。
結果、その不動産投資で3年で価格は2倍になりました。

つまり、タダで家を手に入れたようなものです。
大きな声では言えませんが、恩恵をモロに受けています。

現地の不動産の専門家に相談したら、
このままだと買った価格の
4~5倍になるポテンシャルがあるとのこと。

そもそも、
不動産で2倍になるとはあまりありません。しかも短期間で。

これからもまだまだ上がるとのこと。

【3】中野氏「ありえない時代が起こり続ける時代に突入」

⇒このことを、考えている人とそうでない人では相当な開きが出るでしょうね。
常識を疑う、非常識なことがこれからバンバン起こるということです。

常識が通じない時代が来ます。もう来ていますが、、、

やはり、時代に合わせて変化をしないといけません。
昔の時代の様に、この先も、同じことをしていたら辛くなります。確実に言えます。

これからの時代は、大企業のように強いものが残るのではなく、
変化に対応できる企業(人間)こそ生き残れるのです。

それは、つまり、人も、企業も進化をし続けるということです。

私は無宗教ですが、

「神様は、進化する人間に褒美を与え、
進化をしない、または現状維持の人間に罰を与える。」

そうだと思います。

つまり、命を受けた時点から(一部の特権階級の階級を除く)
人間は進化をしないといけないのです。宿命なのです。

【4】トヨタが引越ししたらチャンス!!!

半世紀近くトヨタが住みついていたトーランスからダラスへの移動。
これは超絶なチャンスなんです。気づいていない人が多すぎる。

トヨタはデューデリジェンス(調査費用)に恐らく、
リサーチ会社に何億円~何十億円はかけて
土地をやっと探して、そこに建物を建てたのです。

その何十億円の全てとは言いませんが、
調査代金をタダ同然で我々は恩恵を受けることが出来ているのです。

しかも、我々は、タダで。。。

トヨタとしては調査費用に莫大な
コストがかかっているんです。

それを、ネットや口コミで無料で教えてもらえたんです。

あり得ません。

明らかに、素人でも分かるチャンスです。

まだテキサスについて知らない方が、
この書籍の値段1,620円でしれるなんて。。。ありえません。

【5】ロサンゼルスのリトル東京。

行きましたが、正直さびれています。

立派なLAのコリアタウンを思うと、
残念な感じになります。

コリアタウンはこんなに立派なビルや建物、活気があるのに、
リトル東京は(一部、ニジヤがあるモールを除いて)錆びれた街の様な感じです。

交差点にあるお店の看板にかかっている大きな時計が止まっていました。
マンガの世界の様です。

リトル東京は昔、かなり栄えていたようですが、
一時、大不況で、かなり深刻な問題を抱えて、店の撤退が多く、
街として存続が難しかったみたいです。

いまは、開発で少しは栄えていますが、
やはりまだ、さびしい感じはあります。

LAの「スキッドロー」という超治安が悪いところの隣なのも
場所が悪すぎる。一人で歩けません。

テキサスでもダラスを中心に日本人が増えそうです。

【6】オースチン行きました。

もしかしたら、第2のサンフランシスコの様な感じになるかもしれません。
テック関係の優秀な学生が多い。この街は化けるかもしれません。
恐るべし。「あの時、オースチンで投資しておけば良かったのに、、、あはは」と思うかもしれません。
なぜなら、すでに、自分は後悔しています。「4年前、、、買っておけば。。。」

【7】ダラス日本人会。

相当会員が増えたみたいですね
私も、先月ダラス日本人会に入りました。こちらも即決です。
ビジネスをされる人は必須ですね。

【8】その他
とにかく、一般の人がスーパーで、
テキサス良いらしいよ~など言い始めたらもう遅いかもしれません。

まあ、最終的に、
信じるか信じないかは、あなた自身だと思います。

最後に、
面白く、例えて言うならば、

「チャンスの女神の話」をします。

ご存知の方もおられると思いますが、

チャンスの女神は、とてつもないスピードで
あなたの目の前に突然やってきます。

しかも、いつやってくるか教えてくれません。

そのチャンスの女神、
外見はこんなイメージです。

・前髪が長く、後髪はありません。
・顔には、怖いことに「不安」と書かれています。
・相当なスピードで突然走ってきます。
・いつ来るか分かりません。二度と来ない可能性もあります。

★前髪が長いのは、チャンスととらえていた人は、
髪を掴むことが出来ますが、少しでも躊躇した人には、後ろ髪すらつかめません。

★顔には「不安」と書かれており、いったん怖いと思いますが、
それでも勇気をもっている方は関係ありません。
自分のコンフォートゾーンを外さないといけません。
怖いけど、飛び込んでみる勇気を試されます。

★相当なスピードでやってくる。
準備しないと掴めないということ。考えている時間もありません。

以上 気づきでした。

著者の倉石さん、中野さん、出版するのに大変だったと思います。

本の中で、お二人の今後のテキサスの方向性がハッキリしており、
将来性抜群の州であることは再認識されました。

素晴らしい本を世に出して頂き、ありがとうございます。
お疲れ様でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







今回も人生を変える旅のご案内です。

今までこの視察ツアーに参加していただき、
この視察ツアーをきっかけに多くの方が世界中・日本中で活躍をされています。

今回の視察先は、アメリカで最も成長しているテキサス州です。

日本人にはあまり馴染みがないテキサス州ですが、
素晴らしい発展を遂げているアメリカ有数のエリアの一つです。

テキサスという名前の語源は「友人」「同盟」を意味するネイティブ・アメリカンの言葉に由来します。

実際、現地に行ってみると、とてもフレンドリーで日本人にも親しみやすさを感じる、
古き良きアメリカの良さを体感できます。

テキサス州のパートナーと共にテキサスへの進出も本格的に進めております。

現地の市長や経営者など、サポート体制は十分に整えておりますので、
本ブログの末尾よりお気軽にご連絡をお待ちしております。

様々なランキングでテキサス州の都市が上位ランキングの常連となっています。

●プレイノ市 安全な街ランキングで全米1位
https://www.rewardexpert.com/blog/studies/2017s-most-and-least-safe-cities-rewardexpert/full-ranking-of-the-most-and-least-safe-big-cities/

プレイノ市と周辺のフリスコ市、マッキニー市、アレン市は、

全米成長率ランキング トップ10
全米公立学校教育充実度ランキング トップ10
全米治安ランキングで トップ10
です。

プレイノ市は多くの指標で「全米1位」になっているほどです。



なぜ、テキサス州が注目されているのでしょうか?

●生活コストが安い

ニューヨークに比べて総合的に35%生活コストが安い

●人口の急激な増加(2010年から2014年の増加率)

ヒューストン 9.6%増加
ダラス 8.2%増加
ロサンゼルス 3.4%増加
ニューヨーク 2.7%増加 
全米 3.1%増加

●全米・中南米のゲートウェイとして好立地

アメリカ東海岸・西海岸・中南米へもそれぞれ3〜4時間ほどでアクセス出来る。

●テキサス州を一つの国と考えると世界12位相当

テキサス州を一つの国と考えるとオーストラリア並みの世界12位のGDPの規模を誇ります。
なんと、日本のGDPの32%に相当するほどの経済規模があります。





●GDPの伸び率が急成長(2010年→2014年)

ヒューストン 31.3%増加
ダラス 34.2%増加
ロサンゼルス 13.3%増加
ニューヨーク 16.8%増加
全米 16.5%増加

●米国進出日系企業が注目する「今後2〜3年で市場が拡大すると思われる地域」




(上記、ジェトロの資料をもとに編集)


「先進国の中でこのような成長をしているエリアは世界でここだけ」と言えるほどの成長ぶりを体感して、今後の人生を変えていきましょう。

ニューヨークやカリフォルニアは非常に物価も高騰し、投資をする際には慎重にならざるを得ませんが、テキサスはまだまだ投資先としてはリーズナブルで将来の成長も期待できます。

アメリカ進出の入り口としては、非常に入りやすいのが良いところです。

プライベートの旅行や視察では絶対に行けない所ばかりを厳選した視察ツアーです。

滅多にないチャンスですので、ご参加お待ちしております。

現在4名ほど参加のお申し込み予定ですので、早めにご参加お申し込みお待ちしております。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『1/24〜25テキサス進出ビジネス&不動産視察ツアー』

■【日程】2019年1月24日(木)〜1月25日(金)

※ご希望により、前後の日程を伸ばす事も可能です。

テキサスでトップクラスの実績を持つ専門家と連携して実践的な視察&コンサルティングを行い、実践的な海外進出や投資の第一歩を踏み出していただけます。

■【プログラム】

現地アメリカ在住のブランド構築&マーケティングコンサルタント脇田勝利のアテンドで、
テキサス進出・アメリカ進出を実践的にコンサルティング&サポートし、アメリカで最も成長しているテキサス州のビジネス視察や不動産投資を行うことが出来る視察です。

最新ブランドや最新ビジネスなどの視察・体感を行い、参加された方の意識を一気に「世界的な視点」に変えると共に、

今後の日本と世界でのブランド構築方法と売上向上、経営方法を根本から変えるイノベーションを起こすことを目的にしています。

参加された誰もが人生を変えるきっかけにすることが出来ます。

(1)現地テキサス進出&アメリカ進出を個別コンサルティング
(2)実際のビジネス投資や不動産投資を現地で行えます。 
(3)参加者に応じて最適な訪問先&連携先をピックアップ
(4)現地の最新ブランド&最新ビジネス視察
(5)地元テキサスに注目されている店舗を訪問
(6)現地で在住の起業家&経営者との交流
(7)参加される方のご要望に応じてコーディネイト

■【視察先(一例)内容】

実際は、参加される方のご要望を可能な限り反映した内容になります。

全体的な流れのイメージは下記のようになり、参加される方のご要望に応じて調整をさせていただきます。

1/24

ホテル9時集合

9:00〜10:30 テキサスでビジネスを成功させるためのオリエンテーション・ご要望ヒアリング
10:30〜12:30 現地に精通している企業経営者と面談しテキサスのビジネス環境を把握
12:30〜14:30 現地で大成功している飲食店でランチ
14:00〜16:00 多店舗展開している飲食店経営者とのテキサス成功のポイント解説と投資案件ご紹介
16:00〜19:00 現地経営者とビジネスミーティング&視察
19:00~21:00 現地人気店でテキサス流のディナー

1/25

ホテル9時集合

9:00〜10:30  現地No1のテキサス不動産投資会社に訪問
10:30〜12:00 テキサス不動産視察
12:00〜13:00 テキサスの地元客に人気のお店でランチ
13:00〜15:00 テキサス不動産視察
15:00〜18:00 アメリカNo1の安全度テキサスの住環境視察
19:00~21:00 有名店でのディナー&現地在住者との交流

■【定員】

先着5名(残り先着1名)

■【本視察の特徴】

(1)少人数制1人から催行可能のため気軽に参加出来ます。
(2)最短2泊4日(延泊可)だから仕事の合い間にすぐ出発出来ます。
(3)アメリカで最も成長しているテキサスの現場を、自分の目で見る短期集中視察。日本よりも5〜10年先を先取りするアメリカの最新動向をしっかりと把握出来ます。
(4)アメリカビジネスの本質を理解しモチベーションを上げ日本でもグローバルな視点でビジネス展開が出来ます。
(5)少人数制のプライベート・サービスだから安心です。お客様のご要望にあわせて、フレキシブルなプランが組めます。
(6)アメリカ現地在住のニューヨークを熟知したコーディネーターのわかりやすい解説
(7)世界中で成果を上げる有数の実績を誇るブランド構築&マーケティングコンサルタントによる解説
(8)誰もが世界での成功のポイントを理解し、日本や世界でブランドを構築し売上を上げることが出来るようになる。
(9)ツアー後のテキサスでのビジネス成功の個別サポートも可能
(10)現地在住の起業家やビジネスマンとの交流会に参加

■【同行コーディネイター】

ニューヨークを中心に世界的に活躍しているプロフェッショナルが同行し、最新のテキサスをわかりやすく解説。

日本や世界でブランドを構築し売上を上げることが出来るようになることを全力でサポート致します。


●脇田勝利

世界を舞台に売上を上げる「夢と情熱コンサルタント」。

夢と情熱コンサルタント: 売上向上(ブランドづくり・マーケティング)を得意とし、ニューヨークを拠点に世界中で18年間で9000社以上のコンサルティングや850以上のセミナー・講演を行い10,000人以上を集め成果を上げている、全国でも有数の実績を誇る売上向上・海外進出コンサルタント。

マーケティングのノウハウを「ひと・企業・まちづくり」へと応用し、数多くの成功事例を持つ。日本を元気にするために、50カ国以上に視察に訪問し、世界中にパートナーを持ち、世界規模で成果を上げる活動を行っている。

(株)ドリームマーケティング 代表取締役

http://www.dream-marketing.jp/

ブログ「脇田勝利」http://marketing.yoka-yoka.jp/


■【参加費】

200,000円(消費税別途)

同じ会社の方、ご夫婦の場合は半額で参加出来ます。
未成年のご家族同行の場合は無料です。

※旅費・宿泊費・食費・現地移動費などは含まれておりません。
※食費・現地移動費は、現地での実費清算になります。
※事前のお振込をお願いいたします。
※お申し込み完了後のキャンセルは100%のキャンセル料がかかりますのでご了承ください。

■航空券のチケット・ホテルについて

国内最安値の一つである旅行代理店を通じて航空券のチケット・ホテルの手配が、全国からお申し込みをいただけます。
状況により売り切れも予想されますので、お早めにお申し込みください。
ご希望の方は私の方までご一報ください。旅行代理店をご紹介させていただきます。

■お申込先

お申し込みは、下記フォームにご記入の上、
下記弊社ホームページからお申し込みお待ちしております。

●お申し込みフォーム

http://www.dream-marketing.jp/contact/

お逢い出来ますことを楽しみにしております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・
■申し込みフォーム 

1/24〜25テキサス進出ビジネス&不動産視察ツアー

【お名前(フルネーム)】
【会社名】
【連絡先】
【E-Mail】



・・・・・・・・・・・(切り取り)・・・・・・・・・・・・・・・・


下記の確認内容をご確認の上、承諾をいただいた方のみのご参加となります。

※本ツアーの目的は「テキサス進出・アメリカ進出・現地視察&勉強会&現地の方との交流」です。
※上記以外の行動は、全て皆様個別の判断で行ったものであり弊社では責任を負いません。
※参加費は、勉強会の参加費と事前の海外進出の経営コンサルティング料であり、旅費・宿泊費・食費・講演会参加費などは含まれておりません。
※本視察による一切の行為で発生したいかなるトラブル、損失及び損害に対して、責任を問いません。
※参加者は、反社会的な勢力ではなく、日本・米国・諸外国の法律やコンプライアンスを厳守していただきます。