(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2019年02月04日

夢の実現は「自由」になること

私の夢は「世界中の夢を実現すること」です。

そのためにコンサルティングや講演、そして本ブログを通じて、
お一人お一人の夢の実現をお手伝いしています。

そのためお会いした方の夢を必ずと言って良いほどお伺いします。

「夢は何ですか?」と聴くと、様々な夢をお持ちの方や全く考えたことがないという答えまで、
千差万別ですが共通点があります。

それは「自由になりたい」ということです。




心身ともに健康で、お金についても一切心配なく、言葉も理解し誰とでも仲良くなり、
仕事も自由、家庭も自由、人間関係で悩むことなく、明日から世界を舞台に何をやっても良いという状態を創ることが、
突き詰めると、多くの方の夢なのです。

つまり、多くの方の人生のゴールは「自由を手にいれる」ことであり、
「自由を手にいれる」ことが夢とも言えるのです。


それでは、「自由」の反対を考えてみたことはあるでしょくか?

自由の反対語は何でしょうか?

不自由?

違います。もっと明確です。


私の考える、自由の反対語は、

「安全」です。




笑い話ですが、この世の中で最も安全なのは「独房の中」です。

誰からも襲われず、3度の食事が出てきて、病気になれば治療をしてもらえ、何の心配もいりません。

それが「自由」の正反対の「安全」です。

人間も動物の1種なので気をつけないと、
安全な道ばかりを選び、
最終的には犬小屋のような独房に落ち着いてしまう可能性があります。



あなたは、どちらの人生が良いでしょうか?

自由?安全?


私は今、アメリカに住んでいますが、
アメリカは非常に自由な国です。

とにかくアメリカ人の義務や法律を守れば、それ以外は何をやっても良い国とも言えます。

拳銃も普通に持てますし、大麻でさえも合法になっている州が増えています。

もちろん危険なエリアはあり、特に夜の一人歩きは絶対に止めた方が良いです。

海外にいると感じるのは「弱肉強食」の世界です。

きっちりとリスクに対応しチャンスを獲得しダイナミックに生きていく実感が強いのが海外では当たり前です。


日本にいると安全ではありますが「無菌状態」であり、
細胞の半分が眠ってしまう感覚になってしまい、
動物園の檻の中にいる感覚を覚えてしまいます。

もちろん日本にも素晴らしいところがたくさんあり、
チャンスも幾らでもありますが、

「自由」という観点では、かなり幅が狭くなってしまい、
どうしても「安全」という印象が強くなっています。

私の中では、日本はお爺ちゃんお婆ちゃんの故郷に帰った懐かしい所という印象になってしまったのです。


そして、アメリカではフリーランスが3分の1、ニューヨークでは80%がフリーランスになっています。

日本のフリーランスの意味とは違い、
一人一人がプロフェッショナルで起業家という点がアメリカなのです。

日本もどんどんアメリカに近くなり、
近い将来、会社やオフィスという概念が根本的に無くなっていき、
全てがプロジェクト制に近い形で仕事のスタイルが変わっていきます。

つまり、日本人も力をつけていきプロフェッショナルな一人起業家&経営者になることが求められているのです。



人生の夢を実現するために、
誰もが今日から下記の2つの大きなテーマを実現するために、
勇気ある一歩を踏み出すことをお勧めします。


「安全」な日本から「自由」な海外&世界へ

そして「安全」な公務員・サラリーマンから「自由」な起業家&経営者へ