(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2015年01月16日

成約率を上げることが最も重要



あなたの会社の成約率は何%でしょうか?

今まで7500社のコンサルティングを行ってきましたが、
その平均は、5〜10%程度が多いです。

多くの会社が、成約率すら意識をせずに、
営業を行っていることが多く、

また測定していても、数パーセントという会社が、
95%ほどを占めているのが現実です。

売上を上げるために、私が最も重視しているのが、
この「成約率」です。

成約率が低い段階で、
集客をいくら行っても、
忙しくなるばかりでモチベーションも徐々に下がっていきます。

成約率が5%というと、
20人に会って1人成約です。

その状況で仕事は楽しいでしょうか?

決して、仕事は楽しくなく、
モチベーションも低い状態。

つまり悪循環になってしまっているのです。


成約率を5%から30%に向上させるだけで、
売上は6倍に向上します。

集客を6倍行うことは難しいですが、
成約率を上げて売上を6倍にすることは
決して難しくありません。


先日も海外のコンサルティング先から
来店時の成約率が35%→50%に向上し、

売上が2億5000万円アップしたと
嬉しいご報告をいただきました。

このように劇的な成果を上げるためには、
成約率を上げることが一番です。


私のコンサルティング先では、
「絶対に断れないストーリーを創り、
 成約率を100%にする」ことを目標にします。

社員の皆様とワークショップ形式で、
成約率100%になるストーリーを明確にすると、
実際の現場では、その半分の50%程度までは
成約率を上げることが可能になります。


すると、接客や営業をするモチベーションと自信ができ、
好循環に転換し売上を劇的にあげることが出来るようになるのです。


ぜひ、成約率を上げ、
劇的な売上を一切コストを使わずにあげることに
挑戦してみましょう。

成約率をあげるストーリーに、
会社の強みや経営資源の全てを集約すると、
会社が全て良くなります。

成約率とは、あなたの会社の実力そのものなのです。

そして、売上をあげる最重要のポイントです。



(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事画像
イノベーションを起こす発想法「イーロン・マスクの第一原理思考」
大谷翔平の二刀流デビューに見るアメリカの真剣勝負
全ての答えは現場にある。
ベストグローバルブランド2017
生産性を高めるにはどうしたら良い?
「私たちは何を求めて働いているのか?」
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事
 イノベーションを起こす発想法「イーロン・マスクの第一原理思考」 (2018-04-12 00:05)
 大谷翔平の二刀流デビューに見るアメリカの真剣勝負 (2018-04-02 23:53)
 全ての答えは現場にある。 (2018-02-28 00:05)
 ベストグローバルブランド2017 (2018-02-15 00:05)
 生産性を高めるにはどうしたら良い? (2018-02-06 08:06)
 「私たちは何を求めて働いているのか?」 (2018-01-25 01:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。