› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › 経営が良くなるノウハウ › 最大の成果を上げるTOCシンポジウムに参加しています。
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2016年11月10日

最大の成果を上げるTOCシンポジウムに参加しています。

「最大の課題を1つだけ発見し、
 そこに集中してその要因を解決すれば最小の労力で最大の効果を発揮できる、
 小手先の手法ではなく問題解決の根本的な考え方」

このTOCの発想をマーケティングや売上向上に活かし、
今まで16年間で8000社のお手伝いを日本と世界で行ってまいりました。

そのノウハウをブラッシュアップするために、
年に一度のTOCシンポジウムに参加して日本&世界中の同志と共に、
連携を深めています。


中小企業の改善は、大企業と違い、
改善をするための経営資源(人・もの・お金・ノウハウなど)が足りずに、
いくら良い改善プランを作っても絵に描いた餅になってしまうからです。


私も東証一部の上場企業で改善活動を行ってきましたので、
そのノウハウを実家の家業で実践して大失敗した経験を持っています。

問題点を全て洗い出して、それを全て解決しようとした結果、
その改善が全く進まずに、改善に失敗した経験があります。


そのため「今の最大の課題に集中し、一点突破で改善をして、成果を上げる」独自の、
現在のコンサルティングへと行き着いたのです。

その考え方は、全体最適とも言われTOC(制約理論)として、確立をされています。

その考え方を売上向上やマーケティングに当てはめて実践して成果を上げているのが、
私の売上向上の基盤になっています。


TOCとは、theory of constraintsの略で、日本語に訳すと「制約理論」になります。

あるシステムの目的(ゴール)を継続的に最大化することを狙う、全体的な管理哲学のことで、
様々な分野に応用可能です。


TOCに関しては、下記のブログに詳しく書いておりますので、
参考にしてください。

●TOC(制約理論)の第1人者、村上悟さんと今後の連携に向けて合意しました。
http://marketing.yoka-yoka.jp/e983863.html

●最短で売上を科学的に上げるTOCマーケティングを実践します。
http://marketing.yoka-yoka.jp/e910204.html

●全てのゴールはどこにあるか?最短で成果を上げるノウハウ
http://marketing.yoka-yoka.jp/e1061692.html

●あなたが最短で成果を上げるのに必須の大切な考え方
http://marketing.yoka-yoka.jp/e1061676.html

●TOC(制約理論)を活用して最短で成果を上げる
http://marketing.yoka-yoka.jp/e1156875.html


今年も年に1回のTOCシンポジウムが開催されます。

私も2日間参加し、TOCマーケティングを更に進化させ、
現場で成果を上げるノウハウを更に構築して、
日本全国&世界中で成果を上げるお手伝いを更に進めます。

ありがとうございます。

今回のプログラムは下記の通りです。

ビジネスはもちろん、ありとあらゆる分野で成果が上がっていることが分かります。

まさにこれこそ時代や国が変わっても成果を上げることが出来る原理原則なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●「失敗から学ぶ」から始めよう
 ~当会理事によるパネルディスカッション~

パネリスト
 理事長  金田 光人
      (NECネクサソリューションズ株式会社 営業パートナーセンター長)
 理事   渡辺 薫(株式会社日立製作所 ITビジネスサービス本部 本部主管)
 理事   宮田 一雄(株式会社富士通システムズ・ウエスト 代表取締役社長)
 理事   本多 正幸(株式会社メディアテック 取締役)

コーディネーター
 吉田 裕美子(株式会社ジョイワークス 代表取締役)

●TOC実践事例発表

教育に投資すべきか、設備に投資すべきか?
 株式会社セイバン 
 代表取締役社長 
 泉 貴章

マルチプロジェクトのフロー改善
 株式会社メディアテック
 プロジェクトマネジメント事業部
 竹添 芳孝

変革への長く険しい道のり
 富士通株式会社
 ミッションクリティカルビジネスグループ
 FUTURE CENTER 統括部長 
 奥川 彰一

生産管理手法の改善「たくさんつくれば安心!」からの脱皮
 株式会社椿本チエイン
 生産管理部 
 部長 光山 和男

民事再生・・・負債総額54億円
 自力再建を目指した原動力は・・・
 株式会社アスコーテック
 代表取締役社長 佐々木 猶裕

TOCでオリンピック出場
 ボート リオオリンピック日本代表
 中野 紘志
 飛田 基

普通の人から、想像を超えるレベルのパフォーマンスを引き出す人材育成プロセス
~「教育のためのTOC」拡大のヒミツ~
 ゴールドラットコンサルティング
 安田 悦子

らくらくワクワク アクティブラーニング
 NPO法人教育のためのTOC 日本支部
 事務局長 
 松山 竜蔵

矢田工業所におけるTOC実践事例で描く中小企業の未来
 株式会社矢田工業所
 常務取締役 
 野村 昭郎

『TOCはどこまで使えるか』
-お金を使わず知恵を使って問題解決を-明治大学 公共政策大学院 教授 (元内閣府参事官)
 全体最適の行政マネジメント研究会
 理事長 
 田中 秀明

TOCで会社経営株式会社ユニフロー
 代表取締役社長 
 石橋 さゆみ

●TOC-ICO 2016 全体報告

 理事  渡辺 薫

●TOC最新情報

ゴールドラット博士が亡くなって5年が経ちます。
博士という巨人の肩の上に立って、世界中の実践者が現在もTOC知識体系を進化し続けています。
今回は、博士が遺した「TOCとは何か」という論文でTOCの進化をたどりながら、さらなる進化について新しい知識体系、新しい領域と事例について紹介していきます。

「TOCとは何か?」
ゴールドラット博士によるTOCの進化と
     博士亡き後のさらなる進化のエンジン
・ゴールドラット博士によるTOC進化の歴史をたどる
・未開拓な分野―パワフルな答えは新たな実りある質問を生む
・新しい知識開発アップデート
・新しい領域とソリューションアップデート
・どうやって新しい知識体系が正しいと言えるのか
・ゴールドラット博士の後継者について博士の言葉

専門家会員
岸良 裕司(ゴールドラットコンサルティング 代表)

●DBR、S-DBR、CCPM2.0、CCPMの使い分け

専門家会員
村上 悟(ゴール・システム・コンサルティング株式会社 代表取締役)


(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事画像
マレーシア&渋谷での講演で満員御礼「思い込みを無くしゼロベースで成果を上げる重要性」
お金を儲けることは正しいこと?
IKEAのアメリカでのブランド力
低成長時代に更に成長するには?
災害に備えてBCP・FCPを準備しよう(ダウンロード可能)
6/17福岡 無料【国策を知らずに、経営は出来ない】「九州志士の会 関係省庁 横断政策勉強会」のご案内
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事
 マレーシア&渋谷での講演で満員御礼「思い込みを無くしゼロベースで成果を上げる重要性」 (2017-07-28 00:05)
 お金を儲けることは正しいこと? (2017-07-24 00:05)
 IKEAのアメリカでのブランド力 (2017-07-20 00:05)
 低成長時代に更に成長するには? (2017-07-12 16:51)
 災害に備えてBCP・FCPを準備しよう(ダウンロード可能) (2017-07-07 12:50)
 6/17福岡 無料【国策を知らずに、経営は出来ない】「九州志士の会 関係省庁 横断政策勉強会」のご案内 (2017-06-14 00:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。