(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年02月10日

アメリカの入国についての準備とESTAの申請




トランプ大統領になり、入国が厳しくなると思いましたが、
日本人にとっては今のところ、全く問題ありません。

逆に入国がスムーズになったかと思うほど、
あっさりと入国出来てしまいますが、

世界で一番入国が厳しい国には変わりがありませんので、
事前にきちんとした準備をすることが大切になります。


下記のサイトが良くまとまっておりますので、
アメリカ入国に慣れていない方は、ご確認してみてください。


●もう何も怖くない!渡米前にチェックしたい入国審査マニュアル
http://blog.iknow.jp/posts/5274

特に「渡航目的は何ですか。」と聞かれた時は、

Sightseeing.(観光です。)

と必ず答えてください。



まず、すべての旅行者は、米国へ旅行する前に電子渡航認証システム(ESTA)を介して承認を得る必要があります。

日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要です。認証を受けていないとアメリカに入国することができませんので、忘れずにESTAの事前申請を行ってください。

ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。

エスタへの申請は、自分でエスタのホームページにアクセスし、手続きを行う必要があります。

アメリカ政府は、平成22年9月8日以降、ESTA申請時に、一人当たり14米ドルを課しています。

支払いはクレジットカードまたはデビットカードを通して行います。

支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)とのことです。

日本語のページもありますが、すべての回答を英語(ローマ字)で入力してください。

名前・生年月日・性別、パスポート番号、飛行機の便名やアメリカ滞在中の住所などを入力し、いくつかの質問に「はい」か「いいえ」で答えます。

一度エスタでの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって認証は無効になります。

アメリカ政府は、飛行機などに乗る72時間前までの申請を勧めています。申請自体は、具体的な渡航スケジュールが決まっていなくてもできますので、アメリカを訪れる予定がある人は、それよりも余裕をもって申請しておくことをお勧めします。


●ESTAの申請は下記ホームページより

右上の言語で日本語を選ぶと日本語表示に切り替わります。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/


(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(海外進出・グローバル化コンサルティング)の記事画像
「日本人が知らない北欧の秘密」ダイジェストVol.1
9/11「香港&深センで圧倒的な成果と売上を上げる成功のポイントとは?」 【世界プレゼン】東京和僑会 月例会
8/25東京「宇宙視点で世界を舞台にビジネスモデルを創る実践的講演会&ワークショップ」
東京和僑会の動画サイトに映像がアップされます。
海外進出したい起業家・経営者の方の「世界プレゼン」したい方募集
新規コンサルティング受付(NY・ボストン・コペンハーゲン・オスロ・ストックホルム・バンコク・全国)
 「日本人が知らない北欧の秘密」ダイジェストVol.1 (2017-08-21 00:05)
 9/11「香港&深センで圧倒的な成果と売上を上げる成功のポイントとは?」 【世界プレゼン】東京和僑会 月例会 (2017-08-17 04:22)
 8/25東京「宇宙視点で世界を舞台にビジネスモデルを創る実践的講演会&ワークショップ」 (2017-08-02 18:43)
 東京和僑会の動画サイトに映像がアップされます。 (2017-07-25 22:25)
 海外進出したい起業家・経営者の方の「世界プレゼン」したい方募集 (2017-07-19 22:45)
 新規コンサルティング受付(NY・ボストン・コペンハーゲン・オスロ・ストックホルム・バンコク・全国) (2017-07-14 17:22)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。