› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › マーケティング・経営 › アマゾン社員の働き方「進化し続ける強さの秘密は?」
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2017年11月20日

アマゾン社員の働き方「進化し続ける強さの秘密は?」

米アマゾン・ドット・コムは、受け取り手の不在時に宅内に商品を届けるサービスを米国で始めると発表しました。


独自のデジタル技術で配達員が家の鍵を開け、家の中に荷物を置くサービスです。




専用監視カメラの併用で配達員の不正を防ぐため不在の家に配達をしてもらっても安全という訳です。

日本では不在時の再配達が宅配事業者の重荷になっているが、こうした問題を解決するサービスを開始したということです。

しかも、家の中にまでサービスを拡充し、
アマゾンエコーなどの音声認識とカメラを連携させて、
将来的には家の中での様々なサービスも一人勝ちを狙っていく戦略なのは間違いありません。




私もアメリカに住んでいますが、アメリカのアマゾンには「不在再配達」がありません。

不在の際は、商品を家の前に置いて帰るからです(笑)


アメリカでは、労働者保護の考え方や合理的な発想が日本以上に進んでいるため、
無駄を徹底的に排除し社員満足度を上げることを重視するため、
長時間労働はタブーになっています。

そのため、付加価値を生まない無駄な仕事は一切しないのがアメリカ流です。


商品が盗まれたら「保険を使い新商品を配達した方が良い」と合理的な経営判断をしている訳です。


11月8日から「プライム」と呼ばれる有料会員を対象に全米37都市で開始しました。

名称は「アマゾン・キー」。

サービスを受けたい人は、無線で解錠が可能なスマートキーを玄関の鍵として使用し、
さらに室内から玄関を撮影できるようクラウドにつなぐ監視カメラを居間の天井などに設置する仕組みです。

アマゾンの荷物を届けに来た配達員はその時だけに付与される暗号通信を使って鍵を開け、荷物を宅内に配達。

宅配の直前からカメラが作動する仕組みになっており、受け取り手はスマートフォンを通じて配達員が家の中で不正を働いていないかなどを遠隔から確認できるという訳です。


アマゾンは同サービスを不在時の宅配だけでなく、ハウスクリーニングやペットの散歩代行などにも広げていく考え。

例えば夜に急な来客が生じた場合、仕事中の昼間であっても夜までの家の掃除をアマゾン経由で専門業者に頼むことが可能になる。


アマゾンはこの日、サービスに必要な鍵とカメラをセットで249.99ドル(約2万8000円)で米国で売り出すと発表しています。


ニューヨークの友人がアマゾンにインターンシップで仕事を一緒にした時に、
アマゾン社員の誰もがとにかく「新しい仕事にチャレンジ」しているのを見て、

「なぜ、そんなに新しい仕事にチャレンジするのですか?」

と聴いたところ、

「世の中が凄いスピードで進化しているので、
 自分たちも新しいことにチャレンジしなければ、
 死んでしまう」

という言われたそうです。

この問題意識とスピード感こそ、
アマゾンが世界で圧倒的な成果を上げている重要なポイントになります。

日本人も根本から仕事のスタイルを変えていかないと、
マーケットの全てを持っていかれる時代が来ます。


(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(マーケティング・経営)の記事画像
最適なHPの創り方
粗利を上げるためには「死守せよ、だが軽やかに手放せ」
営業マン研修の現場から
マーケティング上手なラーメン屋さん
同じカテゴリー(マーケティング・経営)の記事
 最適なHPの創り方 (2010-03-08 07:32)
 粗利を上げるためには「死守せよ、だが軽やかに手放せ」 (2010-02-10 07:24)
 営業マン研修の現場から (2010-01-14 08:33)
 マーケティング上手なラーメン屋さん (2009-08-25 07:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。