› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › 冒険家として旅日記 › アメリカのキャンプが最高すぎて、かなりお勧めです。
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2018年02月02日

アメリカのキャンプが最高すぎて、かなりお勧めです。

アメリカに住んでほぼ1年が経ちました。

アメリカでお勧めなのがキャンプです。

アメリカに住んでキャンプを堪能していますし、
今までもシリコンバレーやLAなどでホテルを借りずに、
キャンプ場から仕事をしていたこともあります。(笑)



キャンプ場の多くが国立公園内にあり、まさに大自然を独り占め出来るのです。

アメリカは世界で最初に国立公園制度をつくった国で、1872年のイエローストーン国立公園創設から8年前にさかのぼる1864にはリンカーン大統領の署名によりヨセミテがカリフォルニアの州立公園に指定されています。

日本はまだ幕末の頃であり、またアメリカもまだ南北戦争の最中だった、そんな時代にすでにこの国の政府関係者が自然の保護について真剣に考えていたというのは驚くべきことです。


19世紀から20世紀初頭にかけ、カリフォルニアやアラスカの山野を歩き、生活し、大自然から多くのことを学びとった「アメリカ自然保護の父」ジョン・ミューアは、活動の基本的姿勢として、「自然の美しさ、すばらしさを多くの人々に知ってもらうこと。」を旨としていました。

「知らない人に自然保護を訴えてもわかってもらえない。」と考えたミューアは当時放置されていた森林の伐採、家畜の無制限な放牧などの危機的状況を新聞を通じて世に訴える一方で、多くの人たちを大自然の中へと誘い、自らが自然ガイドとなって自然の大切さを、「体験を通じて」知らしめたのです。

アメリカの国立公園の運営方針の原点はこの「体験を通じて」と言うところが原点です。

「立ち入り禁止」として遠ざけるのではなく、むしろ積極的にふれあって実体験してもらい、その大切さを実感し、利用者の「自然とのふれあい活動」に政府として積極的に関与していく方針がみられます。

その考えが根底にあるため、

アメリカのキャンプ場は正に「世界最高の自然を堪能出来る大人のリゾート」になっているのです。



日米の国立公園の違い日米の国立公園で大きく異なるのは、アメリカの国立公園はすべて連邦政府の所有する国有財産です。

日本の国立公園・国定公園は法律に基づいた地域指定であり、この中には国有林や公有地、民有地などが多くの面積を占めていて、土地利用の規制をかけているだけにすぎないのです。


ほとんどの国立公園が有料であるという点も日本とは異なっており、ゲートでレンジャーに入園料を支払うしくみになっている。これらの収入は国立公園の維持管理に充てられるのだ。さらに、両国の国立公園にかける国家予算(日:36億円、米:1900億円)公園管理を担当する公務員の数(日:110人、米:9,500人)などを比べてみても、アメリカの国立公園の充実ぶりには脱帽せざるを得ません。


日本の残念なキャンプ場とは違い(笑)
アメリカのキャンプ場が最高な点は下記があげられます。

【アメリカのキャンプが最高なところ】

●圧倒的な大自然を堪能出来る。
●周りにトレッキングやドライブコースが数多くあり何日も楽しめる。
●乾燥しているためお風呂に入らなくてもOK
●シャワーがついているキャンプ場も多くコインで利用出来る
●雨がほとんど降らないエリアも多く降っても限定的
●トイレが清潔で匂いがほとんどない
●車椅子の方の対応も出来ており誰でも利用しやすい
●インターネットで予約でき、ホテルのようにいつでもチェックインできる
●サイトの面積が広くプライベートが確保出来ている
●アメリカ人のアウトドアライフを観察でき面白い
●焚き火はどのサイトでもOK
●街中にも近く仕事をしながらキャンプも可能
●料金も手頃でどこでも20ドル代
●アウトドア大国なのでアウトドア用品が安く手に入る
●「先着順に受付」のキャンプ場も多く一度キープすればそのまま連泊可能
●料金や受付はポストに入れると完了するので効率的
●車で横付け出来るので荷物移動の手間がかからない

などなど、本当に書ききれないほど、アメリカのキャンプには魅力が十分にあります。


下記のサイトでアメリカ中のキャンプ場やアウトドアが予約できます。

かなりお勧めです。

https://www.recreation.gov/


ぜひ、一度アメリカのキャンプを堪能してみてくださいね。

今までのアメリカでのキャンプの写真をご紹介致します。


































(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(冒険家として旅日記)の記事画像
世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへVOL.2
世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへ
同じカテゴリー(冒険家として旅日記)の記事
 世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへVOL.2 (2015-10-01 09:42)
 世界のトレイルの聖地ジョンミューアトレイルへ (2015-09-30 20:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。