(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2012年07月03日

Facebookでインタビューに出演




Facebookでインタビューをしていただきました。

Facebookページでチャットをしながら、
参加した方とリアルタイムでLIVE形式でインタビューを進めていく面白い企画です。

ウーヴル(http://www.oeuvre.jp/)代表取締役の三宅美穂子さんが主催されています。

プロジェクト名をスパイスと名付け、今後さらに多くの方と一緒にスクールを展開されます。

スパイスのご説明は下記をご覧下さい。

スパイスとは・・・専門の知識・技術力を提供して報酬を得るプロフェッショナルのこと。
自分自身の人生が豊かであることはもちろん、クライアントにとっても豊かな“スパイス”でありたいですよね。
私たち、Spice³ はそんな皆さん(主に個人事業主や小規模事業者)に、経営の基本ノウハウの伝授やマネジメントサポート、営業から研修/コンサルティングスキルなどサービスの充実を目指したスクールを展開しています。是非、皆さんも私たち“Spice”の仲間になりませんか?

https://www.facebook.com/oeuvre.spice


下記の通りインタビューをご紹介させていただきますので、
ライブ感を味わっていただければと思います。
参加された方と双方向の情報交換が出来るFacebookのチャットはいろいろと使い勝手が良さそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【素敵なスパイス(講師)紹介】第2弾のお知らせ

第3弾は明日7月2日(月)22時30分~
明日のゲストは、『売上向上の必勝パターン!』
〜「売上を科学」して、あなたの会社にしか出来ない“勝利の法則”を創る〜の著者、脇田勝利さんです。
ここまでのプロセスなど伺えたらと思っています。

インタビュー形式で紹介しますので、時間の合う方は是非ご参加下さい。皆さんからの質問も大歓迎です!!

http://www.dream-marketing.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●脇田さんのお仕事を教えていただけますか?

→いろんな仕事で夢を実現するお手伝いをしています。
主に、売上向上&海外進出のコンサルタントで年間500件近くのご支援をしています。
また、セミナーも年間100回近く行っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●海外情報など、fbでいつも拝見しています。どういった方を対象にどのようなお仕事をされているのか、とても興味をもっていました。主にクライアントさんはどのような方を対象にしていらっしゃいますか?

→主に起業したい方、起業家、経営者、そして社員の皆様が対象です。
まちづくりや商店街の活性化なども応援しています。
そして、これからは日本人のグローバル化を支援したいと思っています。
また、10年計画で今までのノウハウを全て伝える後継者を
全国に育成していきたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ずばり、その行動力の源は何ですか?

→私の夢は「世界中の人の夢を実現すること」です。
そのためには、まず売上を上げる事が出発点です。
「売上を上げる=目の前にいる人を幸せにすること」と考えていますから、
多くの方にその喜びと感動を伝えて実践していただくことが、
行動力の源です。
多くの方の夢の実現が私の元気の源ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●アマゾンで脇田さんの書籍のカスタマレビューで、これほどに具体的でかつ、売上アップにフォーカスされた話をみる機会がなかなかなかった!!とありましたが、まさにそのことですね。
本を書こうと思ったきっかけはどのようなことでしょう?

→多くの方が売上を上げるために悩んでいますので、
「自分の持っている強みを伝えれば、売上を上げることが可能で夢も実現できる」ということを
全国&世界中に伝えたくて出版をしました。
今までコンサルティングの現場でやっていることを、
1冊に凝縮したのが「売上向上の必勝パターン!」という本になります。
本当に真面目に頑張っている良い仕事をしている方こそ、
成果を上げる自分だけの必勝パターン!が必要だとずっと感じていたからです。
私の両親もそうでしたし、それをずっと見て育ちました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●出版記念セミナーなども開催されていましたが、講師を行おうと思ったきっかけは?

→セミナーは、LIVEだと思っています。
目の前にいる方を具体的に行動に移していただくために、
セミナーで直接伝えて、すぐに成果を上げていただくようにしたのがきっかけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●セミナーマニアのままではいけないということですね(^^;)

→そうですね。
全ては行動に移すためのものです。
行動するために学ぶのがセミナーですから、
すぐに実践して行動するのが大切ですね。
アウトプットをするためのインプットです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●行動に移さないと意味がないですね!

→そうですね!
全ては勇気ある一歩で変わります。
拙書「売上向上の必勝パターン!」では、
20秒の勇気あるコミュニケーションという表現でお伝えしています
他の方に働きかける行動が大切ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●年間500件の会社と共に歩かれているからこその書籍だと思いました。

→本の中で書いている事は全て実践していることばかりです。
「人は体験する事でしか語れません」ので、とにかく現場を大切にし、
人と人との出逢いとリアルな場所を必ず体験するようにしています。
世界中50カ国、今まで6,000社の現場を見ていますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●50カ国をご覧になってどんなことをお感じですか?

→日本人はもっと幸せになれる!ということです(笑)
考え方次第ですね。
今周りにある宝の山に気づき、勇気あるチャレンジをすること、そして生産性を上げて、
もっと自分らしく生きる事で日本人は幸せになれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●50カ国!!やっぱり国によって違いも多いのでしょうが、意外と万国共通のポイント!とかもあるのでしょうか?

→ありがとうございます。
万国共通のポイントは「目の前にいる人を幸せにするコミュニケーション」です。
人間は世界中同じですね。
そのノウハウも本書に盛り込んでいますよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●なるほど、では私は“生産性を上げ”るお手伝いをしたいです(^^)!

→ぜひよろしくお願いいたします。
一緒に日本を元気にしていきましょう。
ポイントは「自分の必勝パターン!を創る」ことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●同じくカスタマレビューにあるのですが、林田力さんのメッセージに「金儲け第一の市場原理主義ではないところに好感が持てる。」とありました!
脇田さんの「現場の臨場感がある」お話は、みなさまぜひ書店で!!(^^)
脇田さん、その本の内容を一部ご紹介いただけますか?


→本の前書きにも書きましたけど、下記の内容を全て盛り込みました。

「顧客にメールを送っただけで、1ヶ月で売上が3倍になりました! 」
「3年間毎月赤字だった会社が、黒字化しました! 」
「海外で新しいビジネスモデルを立ち上げ成功しました! 」

最近、こんな歓喜の声が私のもとにたくさん届くようになりました。

私は、12年間で6000社以上の経営者と、
売上を上げるために、営業や経営の現場で試行錯誤し、
汗(冷や汗?)と、涙と、笑顔、喜び、感動など
ありとあらゆる喜怒哀楽を共に味わいながら、
どうすれば、成果を上げる事が出来るかを追求し続けてきました。

最近では、1時間も思索すれば、その会社や経営者の
「売り上げを上げる必勝パターン」
が手に取るようにわかるようになってきました。
そして、この経験をもっと世の中の多くの経営者や起業家に
実践していただきたいという思いで本書を執筆しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●喜怒哀楽、笑顔と涙・・・まさに、現場です!
その内容について少し詳しく教えていただけますか?

→本書の詳しい内容は、下記の目次をご覧下さい。
喜怒哀楽、笑顔と涙・・・を現場で実践すれば、
1年ほどで売上を上げる必勝パターン!が構築出来るというのが本で書きたかったことです。

「売上を科学的」にあげるという視点で、売上を合理的に上げていくノウハウを盛り込んでいます。

【序 章】6000社の実績"で 愛のドSコンサル"が創り上げた、売上向上"たった2つのポイント
【第1章】売上が上がらない要因を知る
【第2章】「売上を科学」し、売上を上げる要因を知る
【第3章】売上を上げるポイントその1「7つの圧倒的なブランディング」
【第4章】売上を上げるポイントその2「9つのコミュニケーション強化戦略」
【第5章】売上を上げるポイントその3「ストーリーづくり」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●現場の意見と第三者から見たときの向かうべき方向性が違う時はありませんか?
そんな時は議論を重ねることが大事でしょうか?

→ありがとうございます。
全ての答えは「顧客が持っています」
マーケティングでは「顧客が感動し喜んでお金を払ってくれること」が正解です。
全ては現場に答えがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●クライアントあっての私たち。求められる自分であるためにどのようなことを日ごろなさっていますか?
脇田さんに続く私たちにアドバイスをお願いします。

→「ただクライアントの役に立つ事」。その一点について、最も自分らしく最も良いベストな方法を追求する事で答えは見えてきます。
全ては、目の前にいる人を幸せにすることに集約されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●脇田先生、ありがとうございます(^^)お客様に感動してもらえるように商品やサービスを磨いていかないとですね!

→ありがとうございます。
お客様の心を揺さぶる感動を目指していきましょうね。
どこも良い商品を売っていますから、ちょっとした工夫をして感動していただきましょう。
その切り口やコンセプトが、顧客の価値です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●脇田先生、ありがとうございます^^目の前にいる人を幸せに…が共通、一貫していることなんですね!

→ありがとうございます。
今目の前にある現実が全てです。
そこに集中すれば、誰もが成果を出す事が出来ますよ!
今目の前に宝の山があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●途中から拝見しています。目の前にいる人が幸せになっているなと感じる瞬間はどんな時ですか?相手が幸せになっていると感じられる仕事をするということ自体が幸せですね!

→ありがとうございます。
目の前にいる方の表情ですぐに分かりますよ。
「こんなに感動したの初めて!」と言っていただくことが幸せですね。
婚活など、人生全ての場面で、世界中で活用出来ますので、
ぜひ実践してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●家族も含めて・・・・・。やはり、人間力を鍛えることでしょうか?
最後に・・・・肝心なことを忘れるところでした。
自分を商品している人たちは、自分に値段をつけることが結構難しいと考えている人が多いと思います。何かアドバイスくださいますか?

→心の感性を磨き、どうやったら目の前にいる人を感動させることが出来るか!
を追求する事ですね。

友達や家族の誕生日に練習すると良いですね。

自分に値段をつける事は「自分の給料を決めること」です。
一ヶ月の働く時間は大体200時間(10時間×20日)です。
月収100万円目標なら最低時給5,000円ですね。
その場合、目標は時給1万円に設定する、そんな感覚を持つと良いと思います。

徐々にセルフイメージを高めて、
自分の付加価値をあげていき、1時間辺りの料金を上げてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●感動のボタンを押すチャンスは、自分がちゃんと握っている!(^^)
いよいよ、最後の質問です。
求められる「講師」として、注意していることがありましたら、教えてください。

→ありがとうございます。

●すぐに成果を上げることができるように実践的な内容にすること
●「参加して良かった!」と言っていただけるアンケートを作成
●セミナーはLIVEと考えて原稿を見ずに自分の言葉で伝えること
●参加者との双方向なLIVEとしてセミナーを位置づけ、参加者も含めて全員で創り上げること
●参加した方に笑顔・喜び・感動、そして行動を強力に促すこと

皆様の売上向上、そして夢の実現に向けて、今日からスタートしてくださいね。

無料相談など承っておりますので、お気軽にメッセージお待ちしております。

本日はありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●脇田さん、本当にありがとうございました!!
予定以上の内容まで伺うことができました!
感動は目の前から!私も追求して参ります。

●みなさん、いかがでしたでしょうか?
まだ、ちょっと気後れして聞きたかったな~~などの、ご質問がある方は、コメントをどうぞ!!
後日、お返事をさせていただきます。

本日も、約90分、本当にありがとうございました!!



(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事画像
パネルディスカッションのモデレーターやコーディネイターを頼まれた際の注意点
働き過ぎの状態をどうやって改善したら良いか?
日本と欧米のリスクと安全に対する考え方の違い
イノベーションを起こす発想法「イーロン・マスクの第一原理思考」
大谷翔平の二刀流デビューに見るアメリカの真剣勝負
全ての答えは現場にある。
同じカテゴリー(経営が良くなるノウハウ)の記事
 パネルディスカッションのモデレーターやコーディネイターを頼まれた際の注意点 (2018-08-31 00:05)
 働き過ぎの状態をどうやって改善したら良いか? (2018-07-25 06:32)
 日本と欧米のリスクと安全に対する考え方の違い (2018-07-10 10:24)
 イノベーションを起こす発想法「イーロン・マスクの第一原理思考」 (2018-04-12 00:05)
 大谷翔平の二刀流デビューに見るアメリカの真剣勝負 (2018-04-02 23:53)
 全ての答えは現場にある。 (2018-02-28 00:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。