› 夢と情熱コンサルタント脇田勝利の公式ブログ › 海外進出・グローバル化コンサルティング › シンガポールで考えたこれからの日本人の戦略
(株)ドリームマーケティング
http://www.dream-marketing.jp/

2012年11月22日

シンガポールで考えたこれからの日本人の戦略



シンガポールの屋台フードコートのホーカーズで
現地の皆さんと一緒にランチを食べながら感じたことをお伝えします。


シンガポールは多民族国家です。

中華系が70%を占めるのですが、ほかにもインド人、マレー人、欧米人、日本人など実にさまざまな人種がいます。

また、世界中から優秀な人材を集めているため、一人当たりGDPは日本を抜きアジアでトップです。

世界中から優秀な人材、企業、ビジネス、富裕層を集め、アメとムチを上手く使いながら、

強力な競争原理を働かせて国を発展しているのが、シンガポールなのです。

チャイナタウンの周辺を歩き回ってみましたが、
平日の夜ということもあり、そんなには賑わっておらず、
以前来た時よりは、潰れいている店や閑散としている店も多く、

シンガポール内でも地域間競争などの競争原理が働いているのだと実感いたします。

そんな過酷な競争のため、中途半端な店はあっという間に退場させられます。

「シンガポールは、明るい北朝鮮」というジョークが飛び出すほど、

世界でも有数の「管理国家」であり、国の文句を公的に発表すると国外退去させられた知人の大学教授もいるほどです。

ペーパーカンパニーにも厳しく対処をしており、

「稼がない企業はいらない」とばかりに、いろんな規制が厳しくなっています。


ここは、何でもありの緩い国、香港との違いを感じます(笑)

良く言われるのが、香港は関西ノリ、シンガポールは東京の格好良さを追求していると言われています。



アジア全体が一つの国になるような自由経済の波が、
あと数年後に迫ってる中、シンガポールを見ると将来の日本が見えてきます。

これからの日本人に重要なキーワードを二つ上げてみました。

●経済合理性
●地球視点の最適化

です。


【経済合理性】


所得格差は、日本が3.4倍なのに対し、シンガポールは9.7倍。

(最上位20%と最下位20%の平均所得比率 出所:Richard Wilkinson, "How economic inequality harms societies")

所得格差は悪いことばかりではありません。

全てはコインの表裏一体。

良い面も悪い面もあります。

良い面は、格差が分業と経済合理性を生み、更なる成長を生むことが出来るのです。

例えば、シンガポールえはメイドが一般的で家事はメイドに任せて、
共働きをした方が合理的なのです。

また、街の清掃員や建築現場では、
インドやバングラデシュなどの外国人の出稼ぎを雇い、
低賃金で仕事をしてもらっているのです。

日本も、今後の大きなグローバル化の波に乗り遅れることは出来ません。

日本人には、経済合理性を無視した考えが美しいとされています。

私も、そう思います。

しかし、その反面、お金以外の部分を大切にしようとすればするほど、
お金も大切になってきます。

これも表裏一体。

お金以外のものを大切にする日本人だからこそ、
経済合理性を今後は追求すべきです。


【地球視点の最適化】

グローカルという言葉が多く語られるようになりました。

グローカルとは、「グローバル+ローカル」という意味の造語で、
海外展開する際に、グローバルに展開していきながら、
地域密着の拠点を創っていくことで、
有名な例では、銀行のHSBCがあげられます。

WORLD'S LOCAL BANK

というスローガンを掲げ、世界有数の銀行でありながら、
世界中でローカルに地域に根ざしています。

最近、欧米で言われているキーワードが「トランスネーション」です。

トランスネーションとは、さらに国家を機能別に分けて、それぞれの得意分野に機能を分散していくことです。

つまり、世界規模での最適化を行うということです。

これは、私がコンサルティングで追求していることであり、
個人・法人両面から研究&実践をしている部分です。

たとえば

「日本で企画・デザイン・本部機能を置き、
会社は金融に強い香港に置き、
マーケティングはシンガポールを拠点に行い、
生産は労働コストが安いベトナムで行い、
英語を話せるフィリピンには世界中の顧客対応電話を集約し、
部品サプライヤーが集積するタイでは各国に輸出する製品の生産拠点を置く」

と言ったことが行える時代が到来するということです。

そんな発想で日本にいる時から、
今の会社でイメージを膨らませて、
プランを練り実践し、
行動することが最も大切なことなのです。


現在製作中の海外進出ポータルサイトも、この発想がコンセプトになっております。

詳しくは近日中に本ブログで紹介させていただきます。



日本以上の一人当たりGDPを稼ぐ国で、
一食300円ほどでお腹いっぱい食べられるランチは素晴らしいですね。

全ては自分次第なのがグローバル化の良い所です。

元気になります!

シンガポール更に深堀りしていきます。



(株)ドリームマーケティング http://www.dream-marketing.jp/
同じカテゴリー(海外進出・グローバル化コンサルティング)の記事画像
10/6福岡「世界に通用する自社ブランドづくり&売上向上実践講座・ワークショップ」
10/9東京「アジア・世界での売上向上&No.1ブランドづくり」講演のご案内
9/27NY MBAの会『MBA取得とキャリア~MBAホルダーによるパネルディスカッション』
11/7~9ボストンイノベーションツアー【12万円分無料コンサルティング特典付き】
10/5ニューヨーク異業種交流会「欲望の遺伝子と神々の生存戦略」講師:井上正康氏(医学博士)
本日はNYからLAへ移動しコンサルティングです。
 10/6福岡「世界に通用する自社ブランドづくり&売上向上実践講座・ワークショップ」 (2018-09-19 02:16)
 10/9東京「アジア・世界での売上向上&No.1ブランドづくり」講演のご案内 (2018-09-18 00:05)
 9/27NY MBAの会『MBA取得とキャリア~MBAホルダーによるパネルディスカッション』 (2018-09-17 00:05)
 11/7~9ボストンイノベーションツアー【12万円分無料コンサルティング特典付き】 (2018-09-13 22:32)
 10/5ニューヨーク異業種交流会「欲望の遺伝子と神々の生存戦略」講師:井上正康氏(医学博士) (2018-09-12 00:30)
 本日はNYからLAへ移動しコンサルティングです。 (2018-09-10 20:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。